2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/08/20 (Thu) 北欧ぶぁんぷの新作ゲット!

the 6.9 e.y.e.s 待望のニュー・アルバムの先行配信が海外で始まりました(i-Tunes Store は未定)
アルバムを買うなら日本製(だって品質が大違いだもん)って事で、早く手に入るUS盤やユーロ盤の値段が定まらない事もあり、DLして来ました♪

もーもーもー別の意味でここ何ヶ月か牛になりっ放しだわよ!
どーーしてあっちもこっちも名盤出してくれるかね?!
こーなるとお隣の次回作はもーもーレコーディングに入る前から牛になるわよ。
んで私はどーして出してくれないFCとかに入って万が一保険なんて掛けてるんかね?(自分に訊きましょう)

この新作ある意味ご近所のV.A.M.P.Sのアルバムに非常に似ています。
曲が似てるとか、誰かメンバーの演奏スタイルが似てるとかではなく、何て言うのかなー?
今この時代、このCDが売れない時代にロックミュージシャンとして何を考えてるか?が非常に似てると思うんです。
勿論バンドのトータル・イメージである「V.A.M.P.I.R.E」が同じなので、根本的にシュミが似てる事は実際あると思います。
んが!一番大事なのはV.A.M.P.Sの時も同じ事を感じたんですが、まず6つの大きな魅力があります。

① 「自分達が何処から来て何処に行こうとしているか?」が音として、曲として明白に提示されている部分。

② 自分達の音楽に揺ぎ無いポリシーを持ち、自分達が好きな音楽の傾向を激しいまでに主張する。 若い世代に対して「これ、カッコイイだろ!」って迫って来る元ROCK小僧の圧倒的パワーが在る。

③ 「何処へ行こうとしているか?」は暈してナンボのバンドも在るし、実際暗中模索で演ってるバンドも多いのは事実。 それはいいとして、「自分達が何処から来たか?」これは明確なはずです。
今の自分に自信があるミュージシャンは平気で過去の愚かで迷っていた自分を笑いながら語り、何処から来たか?只のROCKERに憧れていた普通の少年時代があった事を晒します。 

その自覚がしっかりあった上での今の活動になっているワケです。 それが音からよーーく伝わって来ます。 彼らは「誰にも影響なんてされてないよ」的な発言はしないでしょう。 「誰々が大好きっ!だからこのカッコ良さを解ってくれよ!」ってアルバムから痛い程伝わって来るんですね。
これはある意味衰退が危惧されている音楽業界にあって、伝統を次の世代に伝える純正統派だと思います。

④ 曲の作り、配置がROCKが輝いていた時代を彷彿とさせますが、完全にオリジナルとして消化されている上に、技術のみならず、各パートの可能性の領域が広がっている! 
6.9のヴォーカリストはこの金太郎飴を売りにして行くつもりだと思ってましたが、今回こんなに唄える人だった事にビックリしました。 これは嬉しい誤算です。 
その上演奏陣の成長も著しく、ギタリストのリフ・メイカーとしての天才振りも特筆すべきものがあると思います。 レスポールを使っての鋭いカッティングで、キャッチーなセンスとHR&HMの王道とも言えるリフをオンパレード状態にする太っ腹に思わずノリノリ!

⑤ プロデュースが素晴らしい! 洋楽の場合、プロデューサーというポジションが別にあり、彼らの力によってバンドの色がかなり変ります。 このプロデューサーは知らない人なんですが、アメリカを意識した乾いた音(所謂「抜け感のある音」ってのですね)で仕上げながらも、彼らの持つ独特のダークな個性を随所にちりばめる能力は抜群!

「これも新しくてイイけど、もちょっとアノ感じを…」と思った瞬間に「いつものアレ」が出て来るタイミングなんてもーもー犯罪! 曲の傾向のバランスや配置もファンのツボに入る心憎い演出です。

⑥ ライヴ想定のアルバムで、1曲目から「ライヴ行きたいなー!」と思わされ、2曲目では踊ってしまいます(笑) 兎に角「カッコイイ!」これに尽きるアルバムです。


余談ですが(ホントは一番肝心) ギタリストってのはライヴでは技術のあるギタリストが居ないと辛いものがあります。 が、センスのいいリフ・メイカー兼リズムギタリストって物凄く大切! 居ないと居るとでは大違い!(ご近所の場合は兼用出来る曲作りがされているのでOK)
そして6.9の場合、ドラマーがLAメタルに相当洗礼を受けたタイプだと思われる拘りがあって、北欧のバンドからどーしても漂ってしまうクサさを消す効果(消臭剤か?)も担っていて貴重な存在だと思います。

機会があったら是非ご一聴を!
尼損での予約は今のところこれが一番お得ですよ。 US盤で8月31日発売予定。

19:05 |the 6,9 e,y,e,s | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2009/08/17 (Mon) ヘ.ル.シ.ン.キ方面 速報!

どっから出て来たんだろ?
本国でも未だ発売されてないハズの北欧のヴ.ァ.ン.プさんの新曲が3曲アップされてました♪
■ご注意!■ 発売まで聴きたくない方はスルーして下さい。

■ We Own The Night (2曲目に収録) 

■ Dead And Gone (3曲目) 

■ The Good The Bad & The Undead (4曲目)

ほほほ!行け行けこのまま行くのじゃ! 聴くモノが無い今、ほんと~に在り難いっ!


んでもってこのうっぷ主の他データはきっと面白かろうと思ってチェックしたら、やっぱり面白そうでした。
絶望的なルックスを無視すればイケてるよ♪
Deathstars スウェーデンのバンドです。 北欧頑張るなー!

こうゆうギター・リフ聴くと今現在は残念な人の曲では 「S.p.e.e.d M.a.s.t.e.r」 を思い出すでしょ?
けど、この手のノリがとことんダメな雄蝶さんは、いっそこんくらいゴスにデコラティヴにしても良かったかも?って思いました。
ライヴDVD観て下さい!もーカッコ悪いのってもー!とことん自分のジャンルじゃないから不自然この上ない。 その上 「君.の.こ.と.を.愛.し.て.い.る.よ」ってもーもーもー牛になるよ。

こうゆう路線って海の向こうでは、低音で無機質なヴォーカルが好まれてるようだけど、声域があって表現力があると又違った色合いが生まれると思うんだけどな。
男子ファンが欲しいなら、この手も一つアリかと(かぐや姫級の夢物語!)

所詮歌謡曲チックなヴィジュバンドよりこっちの方が好きだな。
あ、そー言えば残念な人はとんでも酷いタイミングで和製なんとかを演るんだったよね? 
お腹に昆布巻いて北欧漁りに行こっと。
国内は町内会でよし!


あ!!今発見!忘れてた! このブログもお陰様で2歳になりました(1日にだけど/笑)
米俵も3000俵をとうに突破しております。 皆さまのお陰! どうもありがとうございますm(__)m
2年で状況が怖ろしく変りましたが、元々何かしら似た感性の持ち主同士! 
これからも宜しくお願い致しますm(__)m
いつも貴重なお時間を使って頂いて感謝してますm(__)mm(__)m

22:49 |the 6,9 e,y,e,s | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2009/08/15 (Sat) お!結構イケてるじゃないの♪

いよいよもって半分は洋楽の世界に戻る準備もしませう!と、ヘ.ル.シ.ン.キ方面のお方達をちゃんと観てみようと思いましたの(邦楽はお隣さんもご近所さんも清○も居るし♪)

あら!インテリなだけじゃなくって結構観られたものかもよ? (だって、折角カッコエエぞ~!と思って行ったらダサイオッサンの集団だったらちょっと残念だもん)←それより来るんだろうか???

前々から6.9.e.y.e.sの事を書くと、拍手を沢山頂くんですよね♪ありがとうございますm(__)m 結構似たシュミの方が集まって来てみえるのかなあ??

で、以前も頂いてたんですが、ここのところ「1枚買うならどのアルバムがいいですか?」的な拍手コメを幾つか頂いているので、ここでお答えします。

その方のシュミもあるし、最初から聴いて行くのがいいのかもしれませんが、「取り敢えずハズレ無しで一枚聴いてみたい!」って方用には、個人的に「Devils」をお勧めします。
某残念な方の昔の曲が好きな方の感性には合ってるんじゃないかな?と思います。
名曲揃いだし、あの声が好きな方にも丁度いいと思います。

「Devils」

① Devils        ★
② Feel Berlin
③ Nothing On You
④ Sister of Charity
⑤ Lost Boys     ★
⑥ Jimmy       ★
⑦ August Moon
⑧ Beneath the Blue ★
⑨ Christina Death
⑩ Hevioso
⑪ Only You can Save me
⑫ Dusk 'TklDawn
⑬ Pitchblack     ★

★の辺りをつべなんかで聴いてからお買い求めになるのが良いかと思います♪
(このアルバムはi-Tunes Storeでは配信されていません)

あ!これってカワイコちゃんの夢の13曲入を先超してやってたんね(笑)

えー今日は開き直ってヘ.ル.シ.ン.キ方面よりお送り致しました。

 

23:49 |the 6,9 e,y,e,s | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/07/29 (Wed) 続報 ・ 勝手に盛り上がり中

みなさま! 己がバディー・ケアのモチベーションはどーなってますか~?
え? 泥沼に沈んで見えないのはワタシだけだったんかしら??

今日、目出度くいきなりモチベーションのメーターが振り切れそうになりました!
んが、うーーん、すぐに冷静になってしまうお年頃。
てか不可能&最早未知の世界(爆) 
だから一応「モチベーションアップ用」として保存しておきませう。
どっちかと言うともーオヤジ目線で大喜びでおネエさん達を観察してしまいます♪
これは80年代LAメタルPVの王道パターンだなー(懐)

これを今も変らず演ってるんだけど、古くないのはやっぱりご近所さんと同じく自己消化出来てるからなんだと思います。

「De.a.d G.i.rls A.re E.as.y」 PVが何故か?Pla.yb.oy.comでワールドプレミア公開中

アルバムはヨーロッパ版が一番早くて8月26日発売ですね。 予約しとこっと(日本版はどうなんだかは知りません)

昔ならなー…黒いエナメルの衣装見繕って 「Dead ! Dead ! 」ってノリノリだったんだろうけど、今は「その言葉はちょっとイケナイわよ」とか思ってしまうお年頃になっちまいました(よしっ!正常??)
こうゆう歌詞も単に一種の様式美的なものなんだけどね。

でもこのカッコよさだけは今も変らず大好物☆

そう言えばご近所にお手伝いに行ったきり帰って来ない某氏のブログ。
アメリカン・ツアー中とても充実しています。
文面のあちこちから本音を超えた、音に関わる人達の究極の喜びと、その存在意義が伝わって来ます。
彼も又ヘ.ル.シ.ン.キのヴ.ァ.ン.プ達と同じような感性を持っている人なんだなーと思わされます。
やっぱりこー、己の欲をそのまま音にしなきゃ伝わらない時代が又来た! と思う今日この頃。

その点ジャンルは全く違うし、ほぼ歌謡曲なんだけど、ヤ.スの新曲も正直に彼らしくて微笑ましい。

22:19 |the 6,9 e,y,e,s | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/07/29 (Wed) New Album 発売決定!

ヤター!ついに出るわ~☆

わ~~い!! 今年の夏はこれだー♪ 来日しないかな~☆

My space で 新曲「D.e.ad G.ir.ls A.re E.a.sy」 が聴けます。
前よりずっと80年代のHR色が濃くなってまんなv
低音ばかり強調しない曲の方が良かったんで、今回はこの感じだと楽しみです♪
「Hey!」ってのはこーやって使うんだしぃ。

この初っ端に女性の声と言い、アルバム名と言い、ご近所さんと被ってるね(笑)
ま、あちらはヘ.ル.シ.ン.キのヴ.ァ.ン.パ.イ.アだし。

デヘッ!メンバー曰く、これまでで最もゴスくてロールな作品だって♪

あ、そう言えば、ここのヴォーカリストってヘルシンキ大学の薬学修士号取ってるんだって。 
意外にインテリだったわ(ウットリ)

収録曲
1. Back In Blood
2. We Own The Night
3. Dead N' Gone
4. The Good, The Bad & The Undead
5. Kiss Me Undead
6. Lips Of Blood
7. Dead Girls Are Easy
8. Night Watch
9. Some Kind Of Magick
10. Hunger
11. Suspiria Snow White
12. Eternal
(公式サイトより)

00:38 |the 6,9 e,y,e,s | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


<< back | TOP | next >>

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。