2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/12/02 (Sun) 「風林火山・48」 未だ決戦前夜だよ

こんばんわ。 めちゃめちゃテンション低いです。

本編観てから、公式サイトに行ったら、川中島ロケインタが全員アップになってました  (テンションちょっと上がる) 政虎さまの来週からが楽しみになるんだけど、その撮影の様子なのか?お屋方様を観ながら喋ってる宇佐美のコメントが  なんでそんなに気に入ったんだろ ←実は嬉しい。 よしっ!今日はこれで完結したな 

だってテンション上がらないんだもんあれじゃ。 いつも戦となると血ぃ滾らせる武田側を、お世話になったあの方に感謝と労いの言葉をかけ、んでもって 「帰って来てね」 な回…しかも中途半端だったんで、この何って言うんでしょう? それこそ 「武者震いがするぜ」 な感が全く無いのよね。 いざ川中島へ! どじょうでもすくいに行くのかい?!ってな感じだわ。 
どす黒く策略練ってへっへっへな上層部と血の気が多い若いもん達のキャラをなんでここで生かさないんだろ? あ、馬場ちゃんだけ出陣しよう!って言ってたな。 今更「なんで?」はもう無いな。

「 ヒトの戦ならば我らが負ける。 神の戦ならば我らが勝つ。」 アーティスティックな表現ではありますが、政虎さまの天論は、おふくが予言(予報か)した霧にあり。 勘助が先にそれを知りますが、おふくを勘助に会わせる為に鬼美濃を行方不明にしたんだったら、この婆さん(最後に濃いのが出たよ)何をやらかすんだろ?? 勘助の軍師としての策略がどうやって上杉方に読まれるのか?このおふくはそれに拘わるのか? 全くドキドキしないんですけど…。

でもって、両軍の布陣が実に美しいと賞される川中島第四戦。 鉄砲の介入によってその美しい戦の方式はぶち壊れたらしいんだけど、その稀に見る美しさとやらは来週いきなり画面で確認すればいいのかな? 今週時間あったんだからちょっと説明すればいいのに。 それこそ 「様式美」 を教えておくれ!



今日はメイン武田に期待して観てたのよ! それでも武田側の描き方も最後にこれかい? でびっくり。 越後側に至っては、未だにお屋方様と家臣のコミュニケーションがとんでも行き違ってる感を出すのって変じゃないかぁ? 宇佐美と平蔵の関係はもぉどーでもいい。 なんだかあんなに感動して来た自分がバカみたいなんですけど…。 もぉそのカリスマだの何だのは充分表現出来てるんだから、前回と前々回で (こんにゃろ~!)と思っても自己補足までして、そうよね覚悟したのよね! 越後はこうやて結束を固めたのね! って思い込んだんだから、今回はそれを活かそうよ! その為の我慢して観た2回じゃなかったのかなぁ? 可愛そうな役者さん達と視聴者…。 誰が満足してんだろ??

こうなると方法は一つしかないわ! 一機打ちの一発撮りを拝む事。 ここまでやって来たのは全てこのシーンの為と譲らなかった誰かさんの気持ちはよ~~~く解ります。 ここ でも書きましたが、只の覚悟では無い事、そして簡単に危険な撮影をOKして下さった亀さん (N/S EYE ON」より) の勇姿を確認出来る幸せを取りましょう ここで投げるのは勿体無いので、あの暑い最中にロケした成果を観ましょう  

今の時点でキャラがハッキリしている役者さん達は、どんな脚色にもメゲず、己を戦国に導いてその人に成り切った人達だと思います。 その努力はやはり鑑賞される事で報われなくてはなりません 

ドラマとしての感想なんて今日はありませんでした。 勘助ファンにとっては、由布姫登場があの程度で済んでよかったね~!(しみじみ)な事かな。 ところで東山氏は編集のどの辺を手伝ってみえるんでしょうか?? 先週の予告で観た微かな期待は、由布姫の発光体が勘助を照らした光だったのね。 取り敢えずはここの製作は 「客観視 」 って言葉を忘れてると思う今日この頃、ではなくず~っとか。 忙しく作ってる自分に満足して、誰の為に作ってるのかを忘れてる気がするのは私だけでしょうか? 又何か思いついたら書きませう。

23:36 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(7) | 【PAGE TOP】↑


<<昨日がおもしろくなかった理由 | TOP | 「龍の化身」 と 「NS/EYES ON」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

ども へ?テンション低めなんですか?
違う意味でテンション高いようにお見受けいたしまする(笑)
だぁ~~~清水くん やっちまっただよ。
もうこうなると期待しないほうが良いね。これであと2回・・・しかも最後はまた幽霊ですぞ。
もう写真集で風林火山は終わったのかもしれない(涙)川中島の戦いを1年ずーっと待っていたんだけれどね。
脚本も中途半端で(涙)蒔いた伏線の回収であたたしているし・・・。オリキャラ出しすぎだし、しかも使い切れていない(爆)
そんなもの出したり余計なエピ入れるなら、両方の家臣のことや信玄や政虎のこと(成しえた事)をエピで入れて人物を厚くしたほうが良かった。
ただひとつ良いことは、Gacktも政虎も両極に針が振り切っちゃう人だけれど、緒形とうさんと宇佐美が現れたことによって均衡を保つ事ができたことだと思う(未知の世界から戻ってこれた)
写真集のロケ時と後日撮影の写真、オーラの色は違うけれどすごく生命に満ち溢れて良い精神状態に見える。だからこそ写真からのインプレッションがあるんだと思うんだけど(てれ)

2007/12/03 00:33 | 松山 [ 編集 ]


No title 

あっ!松山くんだ!も一回来てよかった♪
そだね、別の意味でテンション高いわな(笑)

>もう写真集で風林火山は終わったのかもしれない(涙)
■ 松山くんの大予言は当たったかもね~(涙返し) ま、兎に角あのシーンはこの眼で確認しよう!あんだけさ、拘ったんだもん。 

>伏線の回収であたたしているし・・・。オリキャラ出しすぎだし、しかも使い切れていない(爆)
■ これはほんっと==にその通りっ!だと思う!今回の脚本って評判いいらしいけど、その 「伏線流し」 の何処がいいのか解らん。 オリキャラ平蔵だけでもどうにかすれば良かったのに。
私も、絞って徹底的にそのキャラを描くべきだと思ったさ。今更駒井くんになんたら言っても取って付けた感は拭えなかったよね。二人で話すチャンス無かったから入れた感が丸見えだった。 
逸話は、例えば川中島で武田の兵が謙信を観に行ったとか、見とれて刺された逸話とか(笑)入れてくれた方が、伝兵衛のギャグも活きただろうに?あれは伏線じゃなかったんだね(爆 / この際一方的さ)

>緒形とうさんと宇佐美が現れたことによって均衡を保つ事ができたことだと思う
■ うさみんの演技って必要以上に、そっけない程に自然であろうとしてたでしょ? 大芝居に対抗するかのように。 あれが素人をあっちに引っ張られないようにしてくれたんだと思うな。 内野さんもかなり亀さんとのバランス気にしてギリギリの線だと思うから、それが正当だと思って取り入れたら大変な事になってたよ。 うさみんありがとう。 流石軍師だ! でも何がそんなに気に入ったんだろ?(笑)

>すごく生命に満ち溢れて良い精神状態に見える。
■ 確かに瞳の輝きとか、全体が潤ってるなって印象はあるんだ。 肌の水分量が多いのかと思う程。 そっか、それは精神状態なんだ!それ考えてなかった(アホ!) 多分野村氏も相当気合入ったもんだからその気迫が先に出て、なんだかこの世のものとは思えない写真になったのかな?とも思ってたんだけど、大分慣れた(笑)
ほら、あの感じの写真って最近ありそうでなかったでしょ?特定のカメラマンしか使ってなかったから。 
今回はホントに凛としてる! そうかあの凛とした佇まいは精神状態なのかぁ(感心してるからテレなくていいよ/笑) そんでもって緒形パパじゃないけど、可愛いんだよね。見た目が可愛いじゃなくって(笑)若くなったみたいに見えるの。妙に構えたトコが無くって素直な感じなのに、オーラは出まくりだし毒も出てしまうってのが不思議だったんだ。
だからグラビアっぽい写真はどう解釈すればいいのか未だ解ってなかったの。 そうやって観ると又違って見えるかもね。 又いい事教えて貰ちゃったよ!ありがとう☆☆☆(星三つ) でもそこまで考えて観てる人居ないと思うよ(笑) 昨日チラッと回ったけど、「綺麗」 「かっこいいー」 「よだれー」のオンパレードだったもん。 文になってるものさえそうそう無かったさ。 折角いい時期に撮った大作なんだから、色々教えて貰って、もっといい感じで観れた方がいいよね♪ 今日も迷える旅人さんがコメント下さってるもん。 拍手コメにもグラビア風の写真がどうしてカラコン入れてるのか分らないってのいくつか頂いたのよ。 今ドラマが充実してたら「龍の化身」の感じ方は絶対違ったと思うよ。 
とにかくありがと!重要参考人として又恋(笑)

2007/12/03 01:32 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


No title 

又、北

緊張感がない!(急に)
決戦を前にして緊張感がないんじゃぁ~
演出悪すぎじゃぁ!
よーくよーく考えたのだけど、なぜ最後の方に
政虎の針が振り切る回を作ったのか?
もちろんその後に諭され反省して、人として成長するのを見せたかったのがあると思う。
でも、脚本で描ききれなかった(時間がなく)上杉軍の脅威と政虎が越後の龍と呼ばれる雰囲気というか、内に秘めている荒ぶる魂の部分を見せて
、それで最後の戦いにむけての脅威を描きたかったのでは・・・。
そうすれば武田側が上杉側を迎え撃つ緊張感が高まると脚本家は思ったんじゃなかろうか。
でも・・・演出が追いつかない・・・
政虎の斬るようなオーラと対しているのは勘助だけのような感じを受ける。
だから政虎と勘助だけが浮いて見える。
それにBGMがCD宣伝のように流れるのはなぜ(涙)
昨日はちょっとライティングばマシだったけど(ここで東山参入か)
時間もなかったのだろうけど、政虎が布陣して琵琶を弾く場面とか、上杉側が山から見下ろす場面とかロケで撮っておけばよかったのに(涙)
そうすると全然違った印象だよね。

2007/12/03 14:32 | 松山 [ 編集 ]


No title 

きちゃった♪南蛮鎧で。


続きで素だ
Rueさんが写真集を見て、ロケでの写真はもちろん、後から撮ったモデルのようなのもコラーゲン摂取したみたいにぷるぷるお肌で・・・ちょっといつもと違うと感想書かれたでしょ。
それは精神状態がすごく良いとそれでオーラの出方が・・・と言ったんですけど。
写真集を見ても感じたし、それと数日前にGacktの日記で、中国でのリハでやった女の子相手にイタズラっ子みたいな遊びを書いていたの。
そういうのひさしぶりだなぁ~って思った(笑)ここ何年なかったよ。
う~~んうまく言えないけれど昔はそういうエロカワイイことしてたじゃない?そういうのも彼の魅力のひとつだったんだよね。それなかったもの。

魔王さまとか呼ばれていろいろやっているけど、
それってサービスっぽく感じていたの松山は。
みんなに対しての。
でも、日記で書いていたのは自分の遊び。子供の一人遊び(笑)
それがずーっと欠けていたよね。すごく色気が抜け落ちて(浪~ぃ)パサパサのブロイラーになってきたなと心配していたんだが(笑)
光があたるとリスペクトしていろいろな面を魅せるのが彼なんだけれど、そういう面が欠けるほど余裕がなかったのかもよ。
見ていると精神的に追い詰められている感じだった(汗)
政虎を演じる事で自分の中のもの吐き出したんじゃないかな。海で砂浜走りながら「ばかやろ===」って青春するのと一緒で(笑)
その上、緒形パパに出会って「よしよし」ってしてもらったから精神状態が戻ったのかなと思う松山です。なげ~~~~スマン

2007/12/03 20:51 | 松山 [ 編集 ]


No title 

松山くん 南蛮鎧がガッチャンガッチャン♪

演出についてね。 脚本がおかしいのは「龍の化身」のインタや緒形氏の突っ込み、平蔵の存在意義が途中で全く変わったらしい事、等などど「伏線流しの大森くん」譜割りが出来てなかったと思う。何に重点を置くか絞れば良かったんだよね。 要素混ぜ過ぎてバランス感覚無し!
それは置いといて、「龍虎激突」があんなに良かったのは演出のお陰と思うと、昨日の「もしも東山氏だったら~v」を考えてみた。 上杉陣営が下を見下ろしながら、あれこれ言ってる場面は実は深かったよね。台詞も良かったし、皆表情も良かった。宇佐美は戦どーとかじゃなくって、我が子の成長が嬉しい感じだったよね。直江も好きさ! いいシーンだったんだよ多分おそらく。 そーだね、あれを引き立てるにはロケかライティング技術しかないよね。ロケならそりゃあいいよなー(妄想) あとカメラアングルがおかしいのここず~っと。それと「間と溜め」。「決戦前夜」でやっちゃった「それが守護としての覚悟にござりまする」の切り方!あの溜めが全然違うと思ったよ昨日も。 緊張感…ゼロ!同感!誰か武者震いして欲しかった。泣き入れるから戦モードにならなかったんだよね。馬場ちゃん一人で戦モードやってたもん。

日記♪  今読みに行って来た!あーー!やっぱ出るんだね表に!ちょっと感動しちゃったよ。だからなんか可愛く見えたんだ!ヤダヨヤダヨ!おばチャン達テレるじゃないか!(びょ~き)
蝋人形に潤いが出たのは満たされたんだ。拠り所ってトコだと思うな。 元々よしよしして貰いたいのに、弟の面倒ばっかり見てる長男みたいだもんね。 ここずーっと凄い事やっても「これが普通」みたいにムキになってたトコあったけど、ひっさびさに「どーだ!凄いだろー!」って言えたんだ。しかもどーでもいい事に(爆) よろしいんじゃないでしょうか?幸せそうで(笑)
それを念頭に置いて「龍の化身」を観ると…きっと近所のおばチャンが復活すると思われます(-_-)

やっぱあれだね。ツアー出来ないアルバム作るより大河出て良かったよね。うさみんありがとだわ♪ でもうさみんはなんであんなに気に入ったんだろ?あの人も昔から変わってるからな。同じ匂いがしたのかな? 本編がヘンテコになってるけど、得たものが大きいみたいだからOKさ!って事にしとこう。 なげ~のは歴史モノとGacktモノには付き物さっ(笑) あぁよか知らせありがと☆☆☆

2007/12/03 21:58 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


No title 

>Rueさんが写真集を見て、ロケでの写真はもちろん、後から撮ったモデルのようなのもコラーゲン摂取したみたいにぷるぷるお肌で・・・ちょっといつもと違うと感想書かれたでしょ。
 はぁ、そういうことだったのか、とRueさんと松山さんの文章を読んでいて、感心いたしました。実は写真集を見ていて、綺麗で綺麗過ぎて現実感がないくらい、と思ってました。雰囲気とか演出、はともかくとして何故そう感じるのかしら、と考えてみた所、Gacktさんの肌が凄く綺麗だからと、気が付きました。染み皺肌荒れなし!さすが食事制限を徹底的にやっておられる方は違う!さぞかし内臓も奇麗なのだろうと思いました(肌は内臓の鏡と言いますから)
でも肌が綺麗に見えたのも精神状態が良いからだったのですね。
私は「風林火山」分しかGacktさんを知らないのですが、見ていて、この方はこのドラマをやって、大きなものを得て良い意味で変わって行ってる最中なのではないかしら、と思ってました。インタビューとか読んでいて、Gacktさんが演ずることを楽しいと思ってるみたいと感じたので。それに緒形さんのことでとても嬉しそうだったので♪
 ということで緒形さんのコメント動画見ました♪「わが殿は」ってせっせと言ってらしてて良いの?とか思ってしまいましたが、緒形さんとGacktさん二人で居ると幸せそうだから、良いんだろうな、と思いました(苦笑)それにドラマ内だと笑顔ばかりではないですが、二人で居ると見ている私も幸せです(爆笑。放送前からこの二人に注目はしていましたが、まさかこんなにコンビとして好きになるとは思いもよらないことでした)

 それではまた寄らせていただきます。

2007/12/05 00:37 | 漣 [ 編集 ]


No title 

漣さん こんばんわ♪

>綺麗過ぎて現実感がないくらい、と思ってました
■ 実は漣さん驚いて下さい(笑) 現実感が無いのは 「龍の化身」 以外の写真の方で、人形度が高いです。 今回の写真はグラビアモノでも自然な潤いが出てたんですよ。人間としての。 いつもがどんなもんか怖いでしょ??(笑)

>肌が綺麗に見えたのも精神状態が良いからだったのですね。
■ これは松山くんのご指摘の通りだと思います。 確かに彼は今「風林火山」やる前と随分違うと思いますよ。 うさみんのお陰で、いい意味で他人に寄りかかる事を知ったのかも?

>見ていて、この方はこのドラマをやって、大きなものを得て良い意味で変わって行ってる最中なのではないかしら、と思ってました。
■ これを漣さんが感じ取るってみえるのは凄い感性だと思います。 ホントは漣さん感覚人間かも! 今日の「ステラ」でもうさみんは過剰に景虎贔屓振りを発揮してらっしゃいましたが、多分この人の存在と、一応未知の世界で認めて貰えた事、そしてあの謙信と自分が似てた事も大きいと思います。

>緒形さんのコメント動画見ました♪
■ あれ笑っちゃいますよね!「我が殿は」って撮影の方向いて、「いいんですよ」。 緒形氏ってモダンでお洒落な方だから、ああゆう人に抵抗感じず、光る部分を評価出来る方なんでしょうね。 しいたけも一緒に食べたし(笑)

>まさかこんなにコンビとして好きになるとは思いもよらないことでした
■ 私もまさかこの二人がこんなに仲良しになるとは思いませんでした。 あー良かったと一安心&感謝!
写真集は好みの問題なので、正解は無いと思います。それぞれ好きなショットがあればよしとするのがいいと思いますが、あれいいよねー♪とか、私こっちが好き♪とかって話は面白いものです。お互いもちょっと見慣れたらお話して下さいね!
いつも漣さんのご意見にはハっとするものがあるのでありがたいです。 ず~っとあんな変な人を基準に観てると普通が分らないんですよ。(ねー!松山くん!/笑) 今なんかホント~に人間らしくなったんですよぉ。 彼は以前から、肝心な部分は語らず、解る人だけ解ればいいの精神なので、理解しにくい部分がいっぱいあると思いますが、ちょっと背中のチャックが見えると面白いですよ♪ 

2007/12/06 00:08 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/80-28d5448d

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。