2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/11/29 (Thu) 危険な未完の大器、あれは景虎

やっと「龍の化身」が来ました! でへっ!かと思ったら、神妙になっちゃって、もんの凄く静かに鑑賞して、緒形氏のインタを読んだとこです。 謙信でも政虎でもなく、あれは景虎ですわ  (泣くなってば!)

取り敢えず、記者会見の動画だけペッタンコして出かけて来ます。
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00038/v01367/v0136700000000416341/

さて、今聖書を拝読したわたくし、又しても 「でへっ!」 ではなく、椅子の上に正座しております。

いい時期に出たなぁ  今まで、特にここ何話だ? 高野山の後からずっとよ。 しっかり描かれていなかった部分が、本人のコメントによって明確になり、そして川中島への期待でいっぱいになりました  写真も川中島決戦撮影中のショットが一番イイっ  (拝むよもぉ) あれは景虎その人に違いありません  (どうだっ!突っ込みたくもないイタさでしょ)

これは只の写真集ではありません。 「美意識の哲学」 を言葉と写真で解り易く説いた哲学書と申してしまいましょお  (再度拝む) この取材と文担当の朝妻氏、ほぼ広瀬氏と同化したがごとく、「パターン」にハマっておられます。 そして読んでる方も又してもその「パターン」にハマるのです。 「スター」などと言う単純な言葉では括って欲しくない (最高の褒め言葉として選ばれている事はよ~~く解るけど) この人の美意識ではちょっと違う言葉だと思います。 スターなんて、そんなにすんなり理解されるのは面白くないと考える人だと思うのよね。 この写真集で浮いているのは、「スター」と言う言葉と、実際の現代のスター達の名前。 一瞬にして景虎の世界観が消えています。

そして、緒形氏すらも 「素をみせればいいのに」 と思われていらっしゃるようです。 そうゆう意見は昔からありました。 広瀬氏がそれをメディアが利用するのを怖れていらしたように、超弱小一ファンの意見として、それはもっと歳とってからでもいいんじゃないかと思います。 彼の美意識に置いて、一つの芸術を完成させるに当たり、ある種の気ぐるみを着る必要があったら着ればいいと思うのです。 己を晒す事が表現の全てではありません。 その代わり、自分の求める創作の過程に置いては全てのセッティングを完璧にする為に己を晒しまくるんだから。 「Seven」(FC限定ビデオ)はその為に自分をシニカルに観せた、いつもと逆のサプライズだったと思っています。

おそらく、意外な面を観て、「勿体無いから、それを見せればいいではないか!」と思う方が多いのだと思います。 只、彼の設計図は余りに綿密で明確なので、それを狂いなく作り上げる為に、ある種 「自分をプロデュースするもう一人の自分」 の存在が必要で、本来の彼は時と場合によってどちらにも入り込めるのです。 そして、その「本来の彼」は、たまーに見え隠れするから 「ドキっ」とするのであって、いつも大っぴらに晒していたら案外つまらないかもしれません。

ちょっと勿体ぶったこの手法が個人的には大好きです。 着ぐるみの後ろにファスナーを見つけた時の喜びを知ったら辞められません(笑)

彼の追求するものは、今も昔も一貫して変わりなく、その異彩から誤解を受けがちだけど、誰よりも基本的で普遍的なものを追求しているんじゃないでしょうか? 今回数々の縁が重なり、景虎とGackt氏自身が実はよく似ていたという結果は、偶然ではなく、必然だったのかもしれません。

今まで謙信に関して、好きではあれどつかみどころがなく、理解出来ない部分は全て 「変わった人だったんだろな」 で終わっていた方は多いと思います。 今回 「風林火山」 によって、景虎は何故そこまで極端に生きたんだろう?の疑問が自分なりに納得出来、そして着ぐるみの後ろのファスナーがちょっと開いてました。 「いい意味で大人にならなくてもいい」 初めてそう思う事で、景虎とその中の人の縁は呼び合ったのかもしれません。 見事にそれが写真というアートになりました。

週末に又じっくり観て、今度は萌えよ~っと(笑) てかなんか意味が分んない話になちゃった。


Yさん&Mくん! 情報ありがとうございます♪ 読むもの多くて嬉しすぎ! (アマゾンは大変遅れております。12/3発送予定に変更になってるよ。) 折角お二人から情報を頂いたので、分け合いましょう~♪
http://www.nichigei-bungei.info/archives/2007/11/2.html
内野氏のインタとっても興味深いです。 勘助も又途中から人物設定が曖昧になって来ました。このインタを読んで川中島に臨む事をお勧めします☆ やっぱり役者さんは違うわ! 高野山の撮影現場の写真も楽しめますよ♪

明日早いのでコメントのお返事明日になります。ごめんなさい! コメントありがとうm(__)m

18:32 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


<<景虎ヌーヴォー解禁 | TOP | 「龍の化身」前夜>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

「龍の化身」が届きましたか!Rueさんの感想楽しみにしています♪私の方は「N/S EYES ON」の発売が早くなっていたのに懲りて、念のため本屋に昨日行ったら…有りました(苦笑)いえ、早く手に入って嬉しいんですが、発売予定日って…(苦笑)
 写真集はうわっうわっと思いながら見て、インタビューはこんな風なこと考えていたんだ、と読みました。ところどころ、意図不明な写真があって頭を捻りましたが、写真で改めてじっくりと見て、景虎、政虎の服装や持ち物類の意匠の美しく凝っていること、それを身に纏っているGacktさんの佇まいの綺麗なこと、本当になんて、大切に景虎、政虎が形作られてたんだろう、と思いました。
公式サイトのこと教えてくださってありがとうございました。同じようなことは読売新聞の特集でも書いてありましたが、やっぱり何度読んでも凄いな、と思います。10年近くお米を口にしていない、と言いながら本当は大好き、とか睡眠時間2~3時間って、一般的な生活している人間から見れば驚異的な精神力です。それから同じく大河三昧の28日更新分、Gacktさんのですが、読んでいて思わず、緒形さんの気持ちがわかったような気分になりました。Gacktさんのようなひとににあんなふうに慕われたら、息子みたいに可愛く思っちゃうだろうなぁと。「大丈夫だ、パパがついてる」と言ってもらったってところで特にそう感じました。それが嬉しくて思い返すと顔がにやけます(苦笑)
それから「N/S EYES ON」で予測していた部分と予測してなかった部分と言うのは、そもそも私がGacktさんのことを碌に知らないと言うことで、全然大したことではないんです。知ったらきっとがっかりすると思います(苦笑)
「龍の化身」を読んで、Gacktさんの言う狂気って?と意味をもっと考えないとわからないかも、と思いました。何だか狂気の意味の幅が広く感じられたので。
 それではRueさんの感想楽しみにしています。
 また寄らせていただきます。

2007/11/29 22:45 | 漣 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/29 23:11 | [ 編集 ]


No title 

龍の化身の表紙の写真はもちろん。
Rueさんが次に萌えたのは最後の写真だと思うね(笑)
ちょっと目を細めて髪が額にかかっている・・・
表紙の写真と対の目をしている。
またそれもGacktのアンビバレントな魅力ですよ。
いつぞや見せていただいた写真にも通じないかな?

2007/11/30 00:48 | 松山 [ 編集 ]


No title 

他人のブログを掲示板と化している松山です。
ども すみませぬ
本日30日より2日まで渋谷のスクランブル交差点で写真集のプロモ480回流れるそうです。
必ず見れるはずと野村カメラマンは言っております。
野村誠一さんブログのBBSに注目してくだされ。
http://nseyesserver.aa0.netvolante.jp/new/pv0/index.html

2007/11/30 20:22 | 松山 [ 編集 ]


No title 

漣さん♪ キましたねーーー!

緒形氏のインタは、(あ~これ漣さんニタニタして読んでみえるに違いない!)と思いながら(笑)
研ぎ澄まされた感覚を長い間培った来た俳優さんが、最初から勘で理解する事ってのは大抵が当たってるんでしょう。 けどこの話ってば出来過ぎてる位のご縁を感じますね。
大河三昧の最終blogも読んでる方が恥ずかしくなって…でも彼にとってあの位歳の離れた尊敬出来て信頼出来て、刺激も貰える存在はかつて無かったので、大きな財産になったと思います。

小道具や、衣装がクローズアップしてあった事は私も一番嬉しい事の一つでした。 あの懲りようってば尋常じゃないですよね! 景虎は漣さんのおっしゃる様に、本人のインタにもある様に、周囲の人たちによってカリスマになり得た事がちゃんと写真でも表現されていますよね。 
「狂気」も普通の意味でない事は確かなので、川中島でもそれを探してみましょう!多分探さなくっても充分伝わって来ると思いますよ♪

>碌に知らない
これ程新鮮な事ってばありません!ファンって色々目の当たりにし過ぎたり、考え過ぎたり、充分して来ているので、漣さんのコメントはいつもとっても興味深いし、「人ってこうやって特定の人物に興味を持って行くんだな~」って己の過去を客観的に観るような不思議な思いです。 是非是非どんな小さな事でも感じた事を教えて下さいね!

あ!それから「N/S EYES ON」は未だ読んでないんですが(アマゾンめ~~!) 昨日YさんとMくんが教えてくれた日大芸術部の機関紙の中にもあったプロデューサーのインタも重複ですよね。 多分みんな忙しいからネタは一つなんでしょうと。私もちょっとガッカリしました。ので、店頭での二重買いは辞めて、呑気に待ってます。
いえいえ、こちらこそお気遣いありがとう♪ 私「さん付け」にしないで、気軽にカキコしてね~☆

2007/11/30 22:56 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


No title 

松山くん♪
あはは(テレ)アンビバレントだよね~☆ あれは普段観れない写真だよなー。 
あ!そうかもね!あの写真も無意識だから好きなんだ☆ カメラ目線じゃない写真をもっと入れて欲しかったのが正直なトコです。

おぅおぅ!どんどん私物化して頂戴! 何?!物凄い人数がずっと立ってたら笑えるね(怖いわ)
480回のプロモ代は何処が出すんだろ?(すぐこーゆー事を考える)
ま、大河ってかNHKとしてはある種事件だよね。 これを機に何がウケるのか各社(意味を取り違えた会社もあるけどさ/大笑) 考えて、緒形氏提案の「陰陽師」でもやってくれ!大河だと時間取るから映画でお願いしますわ。 当分いいけどね(笑)

2007/11/30 23:06 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/76-f030d6ca

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。