2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/11/17 (Sat) 「N/S Eyes On」 と 「ステラ」

来週の水曜も又「ステラ」のお世話になりましょう。

来週の 「ステラ」の表紙は Gackt氏です (影虎じゃないの  つまんなーい! )
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/index.html

インタも掲載されるそうです。 「それは恋なのか 上杉政虎と伊勢」 ←どっちでもいいからチャンとした話にして! あの脚本家氏の好みだと、「こいつにも一つ恋話でも」 ってな扱いにされたら困るぞ! 成田氏との逸話に絡めるんならシッカリ書いてくれ!(期待薄~~)  でも、こうやってインタが残ると、本人はどうゆうつもりで演じて(成り切って)たかが明らかになって嬉しいよね  唯一の救いになるかも? 高野山再びか??
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/toku_1.html



さて、昨日は松山くんのお陰でと~っても盛り上がったんだけど、今日は色々メイルが来たりetc…他人様のご意見ってーのが聞けたのね。 それで再度確認したんだけど、私ってばやっぱツボがずれてる様で…。
昨日の「N/S Eyes On」発売で盛り上がったのは、緒形氏のインタが掲載される事で、撮影時の話や役柄をどうゆう気持ちで演じたか?とか、二人でどの位相談しながら場面設定ごとの役作りをしたか?なんかを知れるかも?! な期待がある事。 Gackt氏の「漢の美学」についてのインタが、今までオンナを売り物にしている女性ばかりを撮って来たカメラマンにとって、いかに彼が斬新な被写体だったか? んでもってそうゆう人の美学とはどんなんか? そりゃあ興味があっただろうな。 と思って楽しみなワケ。 野村氏がカメラマンとしても「神」かどうかは、ハッキリ言ってあれだけじゃ分かりません。

表紙の写真はどーでもよかったの。 「龍の化身」の表紙写真は格別な作品だと思うので、「神」として神棚に上げる予定 (本棚のスペシャル・スペース行き)。  けど、「N/S Eyes On」の表紙写真が「キレイだよねー!」「見直したよあの美しさ」とかメイルを貰った時に、初めて自分のズレを再確認しましたのさ。 「キレイ???うっそー!全然本人が出てないじゃん!」 とか返信するのは鬼でしょうか?  当然 「キレイだよ!オカシイんじゃない?眼ぇ腐ったんとちゃう?」 とか返って来たけどね(笑)  

あの場所設定や色彩や気だるい危なさの演出は、Gackt氏ファンが敬愛する塚越健治氏のセンスより好きですむしろ。 でも、あの場面にあの衣装でいいのか? とか、その顔自体見飽きたとか、人形じゃないんだから魂映そうよ!とか、あれが美しいとは思わないんだよね。 どれを観ても同じ、まるで判で押したがごとくの隙の無い写真はつまらないと思ってしまいます。 隙も無いけど魅力も無いのよ。個人的には。 だから中身の写真はあんまり期待しないでおこうと思います。 

でも野村氏は新たな世界の開拓者になってくれるかもしれないから要チェック!って事にしておこっと。 写真じゃないけどいつも楽しみで、結果も満足なのはやっぱり広瀬 充 氏だな  彼はもうず~~っとGackt氏を追いかけているライターで、自分の仕事も投げ捨てて、彼の内側を覗かせてくれる唯一の人物だと思います。 毎ツアーごとに発売される「ツアー・ドキュメント本」こそ「神棚」行きのシロモノなのです。

一人はよく知らないけど、Gackt=景虎=シャア なのかも?? と思いたち、赤い彗星とやらの名言を調べてみたら、
「俗人は、自分はついついこう言う人を知っていると言いたくなってしまう嫌な癖があるのさ。」
「人の心の中に踏み入るにはそれ相応の資格がいる。」
「見える・・・私にも敵が見えるぞ 」 等などいっぱい出て来たけど、それモンだわ~(笑)

16:55 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(5) | 【PAGE TOP】↑


<<「風林火山・46」 伝兵衛 出兵 | TOP | 宇佐美 景虎を語るだってー!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/17 20:44 | [ 編集 ]


 

又、北野駄

前のコメしている間に、文章が増えていた・・・
同時に書いていたのか(汗)

最近のファンは(汗)美しく、ドールみたいに写っていれば満足して称えるから(わーい敵が増えたな)
私もそれが美しいとは思わない人のお仲間なんで(笑)

そうだなぁ~ 今年、山龍さんの着物を纏って表紙になったじゃない。あれは良かった。あれは買ったよ。
魂が入っていたもん。気が伝わってきた。

2007/11/17 20:56 | 松山 [ 編集 ]


 

 皆さん、感性が鋭いですね。自分がいかに頭でばっかり考えてるばかりか身に染みる今日この頃です。もっと感性及び感覚を磨かないと。私はあの表紙見て第一印象が「あ、ファッション雑誌の表紙」ですからね~(苦笑。だって凝った服着てますし)個人的にはステラの景虎もとい、政虎の写真を見て喜んでいます。伊勢姫も美人で二人並ぶと眼福♪
 それにしましてもRueさんには見抜かれてますね。はい、とってもこの雑誌の緒形さんのお話楽しみです。景虎and宇佐美の関係が大好きなのとGacktさんand緒形さんの関係も何だかとっても素敵に見えるからです♪
 それではまた寄らせていただきます。どうぞ、明日の演出があんまり変では無いことをドラマの神様に祈ってます。

2007/11/17 21:36 | 漣 [ 編集 ]


 

飢える噛む!
あ!一緒に書いてたんだ(笑)
敵は多勢だよ(爆) けどさ、前に松山くんが書いてくれた「アンビバレンス」あれが無いんだよね。あれを求めて三千里ってヤツよ。 (勘助が脱線してあの話が書けなくなったさ/ゲンナリ)  
着物のは画像だけゲットした(買えって!)あれいいよね♪久々のヒットだよね!「入魂」モノは好きv 眼が違うもん。
 
景虎は、景虎って気ぐるみを着る事で、実は己を晒してしまってるから好きなの!だからハマったのv 「久し振り~!」って感じだったのよね。

「大陸的」それ今日ちょっと観たよ。舞台俳優と映画俳優って表現法が真逆だけど、自分を誇張しないで、広い空間に存在しても自然な存在って、前出のどちらでもないアーティストだと思うのね。 だからハマったんじゃないのかな?あの大地に。 例えば巧妙な今川家はあの狭い空間がいいワケよ。 でも景虎は朝廷に出向いても「ソレモン」で似合ってるんだけど、とことん面白くないのは、実はそこにあるべき次元の人じゃないからかな?と思ったり。

おハイド様はね、こーんなに「心」の無いファンは居ないね(笑) ああゆう健康的な思考回路の人って苦手なの。 平気で自分を晒せる人って羨ましいから(写真作品も含めて)誰かさんと同じ次元で好き(笑)ありゃ一種の憧れだよね?
ここの名前もね、こっ恥ずかしい事書くには、「かくれんぼ」の意味で、対極のおハイド様の名前を絡めたの。 でも曲は大好きだよ♪

願!脱ドール!野村氏は景虎の着ぐるみを脱いでも中身を撮れてるか? それがカメラマンとしての注目点よね♪ 

2007/11/17 21:48 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


 

漣さんこんばんわ♪

斬新なのは漣さんの物の観方でしょう(笑)
>第一印象が「あ、ファッション雑誌の表紙」
これが聞けるのは、彼をミュージシャンとしてあんまり知らないし、興味を持った事も無い方のみ!!率直なご意見が聞けて嬉しいですぅ☆

ファッション雑誌の表紙と言うのは、モデルさんの個や我が出てはダメなワケです。 洋服が目立って、お洒落な雰囲気が出て、購買意欲をそそる「いつも”らしい”同じなこの人」と言う、個性を消した別キャラである必要があるんですね。 エビちゃんとかマキちゃんとか、いっつも同じでしょ?彼女達の人間性とか内に秘めてるものなんてどーでもいいし、むしろ写真に出たらダメダメなんですよ。毎回一定のイメージでないと!

と言う意味でも、野村氏のあの写真は「ドール写真」だったワケです。 漣さんのお陰で、偏っていない意見が聞けていつも収穫収穫!!

うふふっ!でも表紙に関係なく、中身のインタビューは楽しみよね~~♪(ハ~トが飛び交う脳内)
ドラマの神様は見捨てないでくれるでしょか??演出に負けない存在であればいいんだけど、脚本はもー変えようがないので、どのくらいガチャガチャになってるか?この際注目する事にします(笑) 小田原城はバカ殿のお城のお花見になりそうですね。宇佐美はどんな顔して観てんだろ??

2007/11/17 22:08 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/65-f8979ae4

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。