2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/07/23 (Thu) 雑感・ギ.タ.リ.ス.ト 増.刊.号

さて、今回はいよいよ雄蝶さんと出会っちゃう前後の諸々のお話(連続ドラマか?)
今日は音楽的な事より、ミュージシャンとは言え必ず付いてまわるお仕事の話に近いかもしれません。

誰が神かって、雄蝶さんの言ってる事が誰も解らず、困った挙句の果てにc.h.a.c.h.aに助けを求めた王冠のディレクター氏かもしれません。 「言ってる事が解らない」……凄い世界ですねー!芸術ですねー??(ただの迷惑?)
以前、五.十.嵐.公.太.氏が「雄蝶くんに『もっとヨダレを垂らすように!』って言われて、こ…こんなもん?」 とドラムスを録り直したら、『うん、さっきよりヨダレが垂れて来た』って言われた。 どう違うのか解らなかった(爆笑)」 みたいな発言があったんですよ。 想像を絶しますね、彼らのレコーディング。
雄蝶さんってクラシック出身だから専門用語で機械的に指定して来るのかと思いきや、ヨダレですと!

ひょっとしたらギタリストの候補は他に何人か存在したのかもしれません。 例の「ロ.ー.ラ」で共演した橘.高.氏の加入も考えられなくありませんが、あの曲のジョイントは素晴らしいとして、固定メンバーとなると、あれだけ我の強いギタリストでは巧くいかなかったと思います。 雄蝶さんなら最初からそんな事は解っていたでしょう。 
只、ギタリストというのは我が強くて当然で、バンドの花形的存在としては、ヴォーカリストより注目される場合も多々あります。 スターが2人居て困る場合、ソロワークとして再出発した雄蝶さんにはやはりご縁の無かった人だったと思います。
橘.高.氏.はごく普通で、意図的に一歩下がってくれるギタリストで、キラリと光る人なんて居ないのが現実です。 よくまああんなジャンルであんな時代差のある人物を連れて来たものだわ! ひょっとしてディレクター氏は2人に共通点を観ていたのかもしれません(浮世離れ度の?)


雄蝶さんという人は、バンド時代から実は周りに恵まれて育って来た人だと思うんです。 バンド時代からソロ初期に携わっている天才アレンジャー、島.田.陽.平.氏今はどうしていらっしゃるのやら? 表に出ないのは勿体無い存在です(元々ピアノの調律が彼の音大での専攻です)。 バンド時代の他のメンバーも感性と言う意味では切れる程の鋭さがありましたね。 彼らは技術は無いし、オリジナルだと思っていた部分も実はどっかに元祖が居た!!みたいな発見もありましたが、その元を辿ればヨーロッパへと繋がって行く趣味嗜好の持ち主達です。 雄蝶さんとは基本的な趣味も合い、お互いに魅力的な部分が引き出せた人達だったと思います。

よくあのバンドは雄蝶さんを苛めたから嫌い!みたいな感じで、脱退後を聴いてみえない方々がいらしゃいます。 聴かないと雄蝶さんがあそこで何をやってたか判らないですよ。
K氏加入後を聴くと、あの歌メロは作曲者にクレジットされている人物ではなく、全部雄蝶さんが作っていたんだと断定していいと思います。
コッソリ書くけど、K氏加入後の歌メロは酷いよ~。 もっと名曲になれる曲もあるのに勿体無い!(彼のファンの方いらしたら「バーカ!」と呟いておいてください。 趣味の問題ですので m(__)m)
 
曲って作曲者がその歌メロも書くのが当然なのは歌謡曲の世界の話で、歌謡界ではサビメロだけ書いて、もうその大御所のクレジットが付く事も多々あります。 でもRockの場合はメインのギター・リフを含むコード進行を作った人がクレジットされるのが普通です。 ヴォーカリストは歌詞書く人が多いので、作詞者としてクレジットされます。 
著作権の発生が大金を生む世界では、平等と言えば平等なシステムですが、それでも曲の各パートはその楽器演奏者が作るという事で、後から揉めないように全ての曲のクレジットをバンド名にしているバンドもあります。

本当のところ、そのまんま書けばいいのにね? 「おーるぷろでゅーすど ばい 雄蝶さん。 お手伝いはち.ゃ.ち.ゃ○さん」 ってクレジットはどーもなんだかなーと思ってしまいます。
最近のシングルなんてばクレジットは無いは、あっても別人の名前が入ってたり、一人だけ抜けてたり…必ずミュージシャンサイドのチェックが入ってから出荷OKが出る部分なので、事務所はもっと確実な仕事しないと、高飛車な態度が本人のものと解釈されて、サポメンの人材が劣化してしまいます。

アルバムにも各曲での楽器演奏者の名前を判るように表記する海外の方法は、聴いている人に自分が誰が好きなのか?理解して貰う為にも重要な事だと思います。 
ご近所の妖婦さんトコのアルバム、これ又気持良く誰がどの曲で演奏しているか全て記載されていたのも高得点の内の一要素です。


雄蝶さんと周りのスタッフは、著作権とかそうゆう細かい事には興味を示さない、プロデュースも出来る、アレンジも出来る、出来ればツアーも同行してくれる、そしてかなり強力なギタリストを捜していたんでしょう。
しかも、雄蝶さんのお守りも出来て通訳も出来ればいいな~と心の底から思ってたでしょうね?? 考えるだにお気の毒…。
そしてその時、雄蝶さんがツアーに連れて行く人物に関しては、モンの凄く面食いだって事も頭に入れていた人は居なかったんじゃないでしょうか?? 奇跡ですよ、奇跡。
後に雄蝶さんはc.h.a.c.h.aに最初に会った時の事を 「綺麗だったから気に入った」 と冗談を仰ってましたが、案外あれもステージを考えた本音だと思うわ(笑)

偶然が重なって、なんだかんだで運のいい雄蝶さんは新しいギタリストを見つけましたとさ。
御伽話みたいになるのは、余りに現実が嘘みたいにドラマチックだからですね。
後はコイツがどこまで自分の言う事を素直に聞いて仕事をしてくれるか?だ! ん?この髪もどーにかした方が見栄えがするだろう。 イメージはそう…ミュージシャン然としてない方が…キャラ的に…雄蝶さんがそこまで考えたのは当然でしょうが、何時頃から余裕を持ってそこまで手を加えたか?(着せ替え人形状態…)は、やはり火星ツアーを終えて、本格的に2人で音作りを始めてからだと思います。

雄蝶さんの「前のバンドを超えてやる!」は火星ツアー中にバンドのラストライヴのDVDを常に観ていた事や、煮詰まってフランスに行って気分転換して来た事からも、相当な心意気とそれに反するプレッシャーがあったんだと思います。 今思うと、あの時期のあのメンバーじゃ本当に理想を追うにはキツかったと思います。

c.h.a.c.h.a獲得はなんだかなー、良かったんだか悪かったんだか??←当時は良かったに決まってる。
そして世のプ.ロ.グ.レ.ファンからの冷たい恨み節が、彼らと接点のあるファンには今でも聞こえて来るのです。

元.祖.再.生ツアーを素晴らしく成功させた雄蝶さん。 とてつもなく大きな存在だった前のバンドをこれは超えるかもしれない?! 業界の注目は一斉に集まりました。
それどころか、続く「月」では正に「雄蝶サウンド」と世に呼ばれる独自のサウンドまで確立してしまったのです。 立役者は一人ではありません。 レコ社はある策を考え付きました。 そーだ!ソロ契約だ!身柄拘束にはうってつけの良案!

そんな裏的考えがあったかどーか?は解りませんが、ネエさんは普通にソロアルバムまで出してしまいましたとさ。 これで逃げられない! 雄蝶さんも歌えばこっちも売れたりなんかしてー♪??
んが、そのソロ・アルバムのリリースによって、当時完璧な新しい雄蝶サウンドと賞賛されたサウンドを誰が作ってるか?が大抵の人間にはバレてしまったのです。 あ、これって言わない約束なのか?気が付かないファンが多いのか? そもそも、そんなアルバム買ってないのか? 雄蝶さんのファンは当時から無駄に無敵でした。

あの後からです。 つまんない度90%超えのシングル単発多発が行われるようになったのは。
前と同じ人物が作っているとは思えないつまんない曲。 これは単に一般ウケだけを狙ったものではないと思うのはヤマイでしょうか??

c.h.a.c.h.aのソロアルバムに収録されている(現在廃盤) 「k.a.g.e.r.o」 は最初自分で歌うつもりだったそうですが、「やっぱりこれは雄蝶さんのがイイ!」と思って雄蝶さんに詞も書いて貰って収録されました。
雄蝶さんが他人の歌詞で気持ちよく歌うワケがない事くらいあのおネエさまはご存知です。 デモを聴いた時点で2人共同じアジアの広大な原野的な絵画を一斉に思い浮かべたそうで(解らない世界)それを元に歌詞を書いたそうです。

でもあの歌メロって雄蝶さんじゃないですよね?? 雄蝶さんが歌詞に合うように多少変えた部分はあるかもしれませんが、Aメロから音の動きが細かいんですよ、雄蝶さんにしては。
んでもってあのサウンドです(他の曲はもっと「月」的ですよ。 サウンドだけだけど) 「雄蝶さんって実はネタは出し切って来たんじゃないだろか?? 超えてやる!が超えた!になった時って危ないんじゃないだろか??」 月ツアーはとても充実した曲や演出もあって大成功に終わりましたが、その後この悪い予感は段々実感に変って来るのです。

奇跡の救世主としてバンドに合流し、素人にギターまで教えたc.h.a.c.h.aは今何を考えてるのか? 雄蝶さんの毎度同じの漢の哲学よりずっと訊きたい事です。 
人間楽曲に自信のある時はその曲がどんな時に出来たか?どうやって作ったか?の方が言いたいものです。 関係ない哲学に話しを摩り替えるのは自信作ではないと思うんですが…?
でもc.h.a.c.h.aは例によって言うんでしょうねー「昔の事はどーでもええねん」 って。 不思議な人達です。

でも、さっき出て来た「k.a.g.e.r.o」は全盛期のG.e.n.e.s.i.sに雄蝶さんが入ったみたいで個人的に「茶○ありがとう」と思ってしまいます。 流石プログレの人だな~♪ てか私がイタイよ。

なんだか今日はギターの話じゃなくってお家事情になっちゃった。 次回は「元.祖.再.生」~「月」の事を書こうかなぁ? でもって彼の本来のギターは、あのキューン!ってのじゃないんだよって話もしなくっちゃ。

■ご注意■ これは事実ではなく、あくまで妄想のお話です。

 

19:33 |今現在某残念な人 | comment(9) | 【PAGE TOP】↑


<<ついに出逢った | TOP | エモーション>>

comment











管理人のみ閲覧OK


ショートボブにしてみますた♪ 

そいえばガァ過去バンドを滝のぼりしてた頃、K氏のは聴こうとしなかったよ。どんな人?って最初に三田んがつべで、ま.しぇ.りの具だ具だバージョンみたいの(爆)←もーええわ、みたいな(笑)
過去バンドの歌メロはガァだと前に聞いた時も総体的にはMちゃんなのだな、と思っていたなり(ピアノ曲は全部Mちゃんだと思っていたから、全歌メロも最終的にはMちゃん監修だと(爆))K氏期は確かに全然違うけど、それはMちゃんがK氏に合わせてそうしてるんだと←

天才はMちゃんだと思い込んでいたなりから。
あの脳ミソからハイパー鱗をはたき落とされたお誕生日後日までは(爆)

ガァちゃん、本当は天才だったのか(過去は?)
声楽習ってたとかゆーのもホラだと思っててごめんにょ(爆)
しかし行き着くのは、「なぜ前はあれが出来たのに今は出来ないの?!」てことね←大事な我が子には決して言ってはイケない言葉でしゅよ?他人の子だから言う(爆)


最近の哲学風インタにはついていけましぇん。
ホントにホントーに!今の状態に自信があったらあんなインタにはならないんじゃないかなー。
以前、げーじつ家は才能が枯渇すると変なこと言いだすって書いたけども。なんか今その道まっしぐら??枯渇はしてないと信じてるけどね(笑)?←ファン年齢が若々しいから倒れてもすぐに起き上がれるのにゃ!夢子のこの気力体力を吸い取ってもよくってよ、苔子ちゃん達!(夏はどんどん元気になるにゃ)

あ、おねーたまの話にならんかた(笑)

2009/07/24 20:58 | 夢たん [ 編集 ]


■■■ショートボブいいな~♪■■■ 

ゆうぴょん似合いそう! ちょいゆるパーマのショートボブもカッコイイよね?
もっとオサレになったらどっかに行きたくないかい?何かイイライヴないかなー?ご近所はもう取れないしねー…(西海岸も楽しそう)

> そいえばガァ過去バンドを滝のぼりしてた頃、K氏のは聴こうとしなかったよ。どんな人?って最初に三田んがつべで、ま.しぇ.りの具だ具だバージョンみたいの(爆)←もーええわ、みたいな(笑)
■んでは纏めて書きませう。 妄想だから妄想!
「ませり」は後任者vr.もあるからそれ聴いたんじゃない?同じ曲が違う曲に聞こえたとか??

http://www.youtube.com/watch?v=HPvebPyhWds
バッハの室内音楽からフレンチ・ポップスになるイントロ。
これがMちゃんが好きな世界なり。ピアノはバッハのチェンバロじゃ。
そしてちょっと前任者を意識した歌い方だけど、どーにもこーにも…歌メロに「ませり」的な欠片が出て来るからMちゃんとK氏で作ったのかもね?? 雄蝶さん時代も最初はそでしょ??
サビ部分のコード展開は前任者時代と同じクセが出まくりなのに、ヴォーカルのメロ自体は全然違うっしょ? 
その後のピアノはMちゃんアレンジじゃないかな??
曲の発想とか構成としては「お.る.ぼ○ーる」とほぼ同じだと思うな。
んで、もーK君はM山くんトコの誰かさんのコピーにしか見えなくなってしまった(苦笑)

http://www.youtube.com/watch?v=o5jtyRp8LGo
演奏だけだと何も変ってないしょ?Mちゃん色が多少前面に出てるくらいで。
でも歌い手が変るとこんだけ曲自体が変っちゃうんだよ。オペラ出身を生かそうとしてはいるんだけど…雄蝶さんだったら絶対こんな歌メロ書かないよ(コッソリ妄想あくまで妄想)

ずっと似た歌い手を捜してるね? ほら!
http://www.youtube.com/watch?v=-Qj_swI23MQ
巧く行かないのが世の中さなー(涙) でも好きな音楽性を変えないってのは凄いと思うな。

私昔バンドは大好きなのよ。否定派じゃないから。内情なんて音ファンに関係ないっしょ? 聴きたい音源を出してくれればいいんだもん。 その原因に内情があるから哀しいのさ。(ゆうぴょんこれ他の曲も捜して聴くっしょ?/笑)

http://www.youtube.com/watch?v=WXGm32v-NhQ
笑うか泣くか?は自由じゃ。 又夢子が崩壊しそうだに(生中継で観れなくて残念!)
この歌メロが後任者時代の歌メロにちょっと似てるっしょ?
その上さ、このギターリフってば「白いお目々」中盤に出て来るリフに似てるっしょ?(笑)単にありがちなだけなんだけど、なんか似てるんじゃない?趣味が??
ほんとーーに勿体無いと今でも思うけど…仕方ないのが世の中さ。
よくここまで来たと思う時があるから、もっと違う10年祭?にして欲しかったんだぁ。

> 以前、げーじつ家は才能が枯渇すると変なこと言いだすって書いたけども。なんか今その道まっしぐら??枯渇はしてないと信じてるけどね(笑)?←ファン年齢が若々しいから倒れてもすぐに起き上がれるのにゃ!夢子のこの気力体力を吸い取ってもよくってよ、苔子ちゃん達!(夏はどんどん元気になるにゃ)
> あ、おねーたまの話にならんかた(笑)
■夢子元気なのね(笑) 夏だしちょっと疲れたわ。 でもさ、長い事音楽聴いてると、ベッタリマークしてなくてもいいし、ある程度のスタンスがあった方が気分がいい時もあるし、被りつく事もあるし、凄く自由になって行くでそ? そうゆう次元なのかも? 

他のミュージシャンも同じ。ご近所が大好きでもアルバムとDVD買うだけ。 スンゴク感動してはいるんだけどね。 もちょっと被りつきたいモードになったらライヴに行くとか…お隣に行くとか…洋楽に行くとか…もーね、なんか「私これこれです!」ってのに飽きた(笑)

ネエちゃんは難しいんだよなー、あれを書くのって(笑) 専門用語で書いても仕方ないし、難しい人だなーって思った。 難しいトコに来ちゃったんだよね(笑)

2009/07/24 23:04 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


妄想旅行ー♪←泣かないもんwww 

ちょいゆるくるりんもよいね!髪傷んでなかったらね(涙)

Mちゃん、老螺歌った頃の声が好きなんね(禁句?)私も好きー♪←

聴いてみるとMMのK氏期はなんだかなーだ。誰か様のコピーってアナタ(爆)
MDMはかっこよいんでないかい?まだ数曲しかだけど。何度も聴いてみよ。ガァたんライブ曲も繰り返し聴いてますけども(笑)
でもあのフリフリ曲はどーにも!馬鹿く魔のがマシな気さえする。あの風!だの平!だのを音源にまで入れることないじゃんね!あれさえなきゃちゃんと聴こうと思うのに。


あー、ライブ行きたいねー!M様浦山ー!
JAZZでもROCKでもガァたんとこのよな客層がいないライブがいい(爆)
ガァたん初ツアーにしてとことんあれにはうんざりなアタクシ。

2009/07/25 21:57 | ゆう [ 編集 ]


■■■妄想旅行は滝登りと違って楽しくないのじゃ■■■ 

> ちょいゆるくるりんもよいね!髪傷んでなかったらね(涙)
■さっきア.ッ.キ.ー.ナが思ってた感じのヘアスタイルにしてた。 あれ好きー。でも染めてあのパーマはちょっと無理だよねー。 
19歳なら可能なんだなと思うでしょ? でも61歳でやってる人居るの、しかもスッゴイクールな美人でシワもシミもタルミも無いわ。 スタイル抜群!バケモノとはあの事! 人間の可能性ってば凄いと思った週末。 

> Mちゃん、老螺歌った頃の声が好きなんね(禁句?)私も好きー♪←
■基本的にファンと同じ部分が好きなんじゃないかなあ?? 低音で個性的な張りも伸びもあって、ビブラートも嫌味じゃなくって、結構全体的にサラっと歌うじゃない? けど表現力があるのよね。
後任者は芝居がかってる割に歌に表情ってモノが無いのよ。 ソレモンなのに雑誌のレビュー読むのと実際に聴いてみるのとでは全く違うのに似てると思う。 ん??それって今の誰かさんみたくないか??(今気が付いた) 

禁句自体がもーご本人にさえ「オバサン何時の人ですか?」って言われるよ。 本人が喋ってるのにさ。
変な関係って周りの間接的な情報が核心をメチャクチャにする事が多々あるからヤダな。 「誰々がアナタの事こう言ってたよ」って話しの内容の殆どはその間に入った第三者の感情がかなりの割合で入るからさ。 
ファンが今でも色々言うのは、その人達への感情じゃなくって、自分の人生重ねちゃったから、それを正しいものとして取っておきたいんだと思うんだわ。 もう違うと思ったら通り過ぎる時代だと思うけど。

> 聴いてみるとMMのK氏期はなんだかなーだ。誰か様のコピーってアナタ(爆)
■あれはアルバム買おうとは思わないけど、聴いて初めてそう思うのさな。 私アルバムもDVDも1枚づつは持ってるよ(笑)試聴用にだけど。 ヴォーカルレスだったらBGMにイイとは思うな。
コピー(笑)はこのペッタラの時じゃない時のが凄いよ(笑) どのバンドもそうゆう元祖的な人達は居るし、元を辿ると英国に行くから同じっちゃ同じだけど、あれはウケたわ。 どっちも好感持ったからウケるんだと思うけど(じゃなきゃどっちかが嫌いだと思う。 さもなきゃ「似てない!」と言い張る/笑)

> MDMはかっこよいんでないかい?まだ数曲しかだけど。何度も聴いてみよ。ガァたんライブ曲も繰り返し聴いてますけども(笑)
■私も余裕があったら全部聴いてみたいと思うんだ(暇ないけど)つべのは大抵チェックしたけど、趣味が一貫してる人は基本的に好き。 ホントにヴォーカルレスで聴きたいもんだ。 インストアルバムも出てるらしいから、それは好きだと思うんだけど聴いてなーい。
大体バンド名がさ、Dが間に入ってるでしょ?2番目なのかなー?って勘繰った人は多いだろう??

みぜらぼー、火星、月、とM始まりだし、Mって文字がなーんか付いて廻ってるよーな…M山くんとか?(爆) いっそ「MMM」とかってアルバム出せばいいのに(漫画なミュージシャンモドキではない/笑)

> でもあのフリフリ曲はどーにも!馬鹿く魔のがマシな気さえする。あの風!だの平!だのを音源にまで入れることないじゃんね!あれさえなきゃちゃんと聴こうと思うのに。
■穴沢→君追→黒石系列の混ぜこぜ焼き直しね。 個人的に嫌いなシングル曲色々のごった煮だわ。 しかもそれを軽薄に仕上げたから聴いてて不快になるんよねー。 あれが「ライヴを意識した作り」だったら「へ??」だよね。
とてもじゃないけど「秘.密.庭.園」とか作った人とは思えない。 「s.e.v.e.n」の焼き直しとかってのは無しなのかね?? 

「いん・ めらめら」 はもちょっとどーにかならなかったかなー?アレンジはイイ感じなんだけどな~。
音源聴くと、LAよかこっちのが惜しさを感じますわ。 これとか「ふ.か.い.海」とかでクールでダークな構成にすれば良かったのにな~??(妄想の次元でだけど)

子バカ魔は別の人に提供したらよかったかもよ? 矢.島.美.容.室とかって書こうとして向こうのが気が利いてると思った…。

> あー、ライブ行きたいねー!M様浦山ー!
> JAZZでもROCKでもガァたんとこのよな客層がいないライブがいい(爆)
> ガァたん初ツアーにしてとことんあれにはうんざりなアタクシ。
■「らしい」のに行きたいね~!でもお客様層はご近所の妖婦さんだって同じようなものだと思うよ。 違うのはご本人達がぶった切って演るか?歩み寄りまくるか?の違いだと思うなりよ。
おもいっきり違うジャンルに行かないともーダメな時代なのかもね? 
そーね、夢子初のツアーには相当甘い駄菓子だったがに。

2009/07/26 01:47 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


原野 

>デモを聴いた時点で2人共同じアジアの広大な原野的な絵画を一斉に思い浮かべたそうで
 こちらを読んでひさしぶりにKageroが聴きたくなりまして、動画サイトに飛びました。
GLADIATOR版を見つけて
http://www.youtube.com/watch?v=dgAt66OSMAY
座布団に沈みこみました(苦笑)
私みたいなタイプの聴き手は新録の歌を聴かない方が良いみたいです(苦笑。うねうねが苦手です)
 この曲は、初め某にこで見たとき、9.11絡みのコメントが流れてて、そうなのか、と思ってました(歌詞もそれを思わせますし)でも、デモを聴いたとき二人ともアジアの原野を思ったんですね。深いです(Ares聴いてると、茫漠とした遺跡のある荒野を想像してましたが、この頃は逢魔時の小暗い水辺を逍遥する様子も良いな、と思います)
 
それではまたよらせて頂きます。

2009/07/28 22:37 | 漣 [ 編集 ]


■■■ハスミンありがと、初めて聴いたわ…■■■ 

>  こちらを読んでひさしぶりにKageroが聴きたくなりまして、動画サイトに飛びました。
> GLADIATOR版を見つけて座布団に沈みこみました(苦笑)
■再録があるっては聞いてたけど、初めて聴きました!ペッタラありがとうm(__)m
なんじゃこの粘り納豆オクラ軽々うどんは?? 山芋は入ってなくてタマゴも白味だけ入ってるみたい…。 げー!そんなおうどん食べられません!

> 私みたいなタイプの聴き手は新録の歌を聴かない方が良いみたいです(苦笑。うねうねが苦手です)
■いや、ハスミンだけじゃなくって大抵の人はオリジナルが好きだと思いますよ。

> この曲は、初め某にこで見たとき、9.11絡みのコメントが流れてて、そうなのか、と思ってました(歌詞もそれを思わせますし)でも、デモを聴いたとき二人ともアジアの原野を思ったんですね。
■原野だったか正確な言葉は覚えてないんですが、茶色の広いアジアの土地の事を言ってました。
曲のイメージとしてはそうなんだけど、その中に社会的なメッセージが入ってますね。 

それにしても小細工が多くなった分歌に深みが無いわー!
大サビですらあの粘着質な歌い方で気持ち悪いー!
派手なオーケストレーションをヴァイオリンにしたのは再録としてはイイけど、オリジナルは作った人の意見が尊重されてるので(茶○の) 最近の雄蝶さんの美意識ってのはこんなんじゃないかと思います(コテッ!)それはあのライヴで嫌って程分った事でもあるし。

断然オリジナルの方が説得力があって深いですよねー!
あんな深みのある声をクドくならないように使える人も珍しいので、何を考えて自分の最大の武器を捨ててらっしゃるのは理解不能です。

冒頭の「こ.ぼ.れ.る吐.息.の~」の感じなんかイイんだけどな~。
あれでもあの当時は「キモイ歌い方」が混じってたんだけど、ここまで粘着質になるとオリジナルがとっても素晴らしく聴こえます。
この歌い方じゃ物語の表現どころじゃないと思うんですよね。 クセが気になって何も聴こえないと同じになってしまいます。

秋から3年がかりで又新たなプロジェクトが始まるそうだけど…どーかね??
あ!もーハスミン「ム.ン.チ.ャ」観てもいいと思うよ(笑)
又「月」の続きかもしんないし、新しくても「ブ.レ.ー.ド.ラ.ン.ナ.ー・フ.ァ.イ.ナ.ル.カ.ッ.ト」のパクリかもしんないし(爆/いや、これは単になんとなく好きそうだなと思って)

>「Ar.e.s」
■何処へ行った~~~?!

2009/07/28 23:38 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


さーちゃん、あじがど。はじべでぎいだわwww 

あーー(T_T)オクラナットにめかぶも入れてちょーだいな!
すごいねー、また(爆)歌に深みが茄子←うむ!なにやらこの深みのなさは代々木のナントかレターを思い出すなりね、アナタ(笑)
歌声らしきモノがアタマの上を風と共に去るんだに。
新しいプロジェクトて月の続きかな?えー??←

だってさー(爆)さー(爆)
あのお誕生日のサイリウムがさ、赤から青に変わったでしょ?
あの風景がナ.ウシカのあの場面だって言うのよ?(今日本屋でインタを立ち読みしたん)怒って真っ赤になってたオウムの群れがナ.ウシカのために真っ赤を消すシーンね、アニメ好きでなくても知ってるシーンよね?
ランラララ、ラララン♪の直前ね?←さーちゃんはわかるべ、これ(笑)
さっきこんなん読んだら、次回作が不安感スギル!あのアニメマンガ脳なりよ(爆)またヴァンピロ系なのかしらね。でもあのこの場合、よくてヴァンパイアよね?ヴァンピロじゃ茄子わ。

2009/07/29 19:19 | 夢女史 [ 編集 ]


言うと思わなかったの… 

Rueさんにもゆうさんにもとっても不評のKagero新録。GLADIETOR版は他にもUPされてますが、怖ろしくて聞けないのでした…(苦笑。聴き比べると、私には新録版は声が遠くまで通らないで部屋の中で響いてる感じに聞こえます。オリジナルの方は地平の彼方まで通ってるように私には聴こえます(だから、広大な空(私は灰色のを)や茫漠とした原野を想像できます)

Rueさん
>あ!もーハスミン「ム.ン.チ.ャ」観てもいいと思うよ(笑)
怖くて観れません(苦笑。私は怖がり)冒頭からエンドロールまで冷や汗ながす羽目になるのじゃないかと(だって、景虎のとき、結構な噂をあちこちで(苦笑)実はコンサートのフィルムでも少々どうかと思うときが(脂汗))
>「ブ.レ.ー.ド.ラ.ン.ナ.ー・フ.ァ.イ.ナ.ル.カ.ッ.ト」のパクリかもしんないし(爆/いや、これは単になんとなく好きそうだなと思って)
 実はみていません(苦笑)何となくきっかけが無くて。面白いのなら見てみようと思います。と、なると、新プロジェクトって人造人間テーマ?(いっそキャシャーンとか(笑))
>>「Ar.e.s」
■何処へ行った~~~?!
「Ares」は私にとって、紅色揚羽さんのファーストインパクトでした。まさか、こういう曲作るとは思わなくて、凄くびっくりして。曲も歌声も歌詞も!この部分も折りたたまれてどこかに仕舞われてると信じます(表に出るのはいつのことか)

ゆうさん
>歌声らしきモノがアタマの上を風と共に去るんだに。
 私には室内6~7m折り返し地点で響いてるように思えます(歌声は地平の彼方まで通ってほしいと思うのに(ぐすぐす))
>ランラララ、ラララン♪の直前ね?←さーちゃんはわかるべ、これ(笑)
 私もその本読みました。ぼてっと気分的には本を取り落としたかったです(立ち読みだから落とせませんでしたが)あの人が宮崎駿監督を出すと思わなかったです(驚)そうなると直前まで怒り狂ってたんですか、とつっこみを入れたくなります(苦笑)
何しろ、映画館で封切りを見た口で。あの監督のあれの前作は、今でこそ評価されてるものの興行的には失敗。この新作がこけたら、この人また当分オリジナル作れる機会が無くなる、という危機感(笑)のもと見に行きました(苦笑。原作連載も読んでましたし)満員御礼で安心したと言いますか何と言いますか(未来少年コナンから見てた奴なんです)時は過ぎ、有名になりすぎて、ファンだというのがかえって気恥しいです(ガンダムも同じこと)
かの監督は、紅色揚羽さんが好きなタイプだと全然思ってなかったんですよね……(油断して不意を突かれました)

それではまたよらせていただきます。

2009/07/30 22:59 | 漣 [ 編集 ]


■■■ハスミンの「通る声」願望をブチ壊された?(笑)■■■ 

> Rueさんにもゆうさんにもとっても不評のKagero新録。GLADIETOR版は他にもUPされてますが、怖ろしくて聞けないのでした…
■私も聴いてないよぉ。 ハスミンがペッタラしてくれなかったら完全に忘れてました。 
元々あれパチ景品だし、是非にやりたくて再録したものでもなかっハズだから忘れてました。

> 苦笑。聴き比べると、私には新録版は声が遠くまで通らないで部屋の中で響いてる感じに聞こえます。オリジナルの方は地平の彼方まで通ってるように私には聴こえます(だから、広大な空(私は灰色のを)や茫漠とした原野を想像できます)
■声が通ると感じるか?通らないと感じるか?は多分声自体じゃなくって、歌い方と録音方法の問題だと思います。 
オリジナルは表現したかった世界に広がりが必要だったからああゆう歌い方で、ああゆうアレンジでピッタリだったんだろうけど、再録には設定に必然性がないのよね。 なんせ景品用だし。
で、単に「前とは違った雰囲気で」って安易な感覚を感じます。そうゆうのってやっぱり伝わるよね?

> >あ!もーハスミン「ム.ン.チ.ャ」観てもいいと思うよ(笑)
> 怖くて観れません(苦笑。私は怖がり)冒頭からエンドロールまで冷や汗ながす羽目になるのじゃないかと(だって、景虎のとき、結構な噂をあちこちで(苦笑)実はコンサートのフィルムでも少々どうかと思うときが(脂汗))
■怖いのはな~んだ?(笑) 元々素人演技だと思えばどってこと無かったんでしょうが、当時はちょっと未だ天才なんだからそんなところで恥かかなくっても!なーんて感情があったんですよね。
けど最近は散々なシロモノを観て聴いてしまったので、この間観てみたけど「こんなもんでしょ」と思いました(笑) お隣のカワイコちゃんもドドど素人なので同じようなものですよ(あの中の演技者としてだけど)

> >「ブ.レ.ー.ド.ラ.ン.ナ.ー・フ.ァ.イ.ナ.ル.カ.ッ.ト」のパクリかもしんないし(爆/いや、これは単になんとなく好きそうだなと思って)
>  実はみていません(苦笑)何となくきっかけが無くて。面白いのなら見てみようと思います。と、なると、新プロジェクトって人造人間テーマ?(いっそキャシャーンとか(笑))
■TVで誰だったっけ?その話しをしてたので、「あれも好きそー」と思っただけで、次は「月」の続編の可能性もあるし、全く違うかもしれないけど、3年続くとなると…又気の長い話です。 人造人間の話というワケではありません。

> 「Ares」は私にとって、紅色揚羽さんのファーストインパクトでした。まさか、こういう曲作るとは思わなくて、凄くびっくりして。曲も歌声も歌詞も!この部分も折りたたまれてどこかに仕舞われてると信じます(表に出るのはいつのことか)
■あの曲は別に音楽聴いてないのって方でも「何これ?」って思い易い曲だと思うので、ファーストインパクトってのはさもありなん!です。 彼の狙い通りですね(笑) どっかにあるんだと思うんだけど…どこに仕舞ったか忘れてる可能性ありかな??
それともご本人的にはああゆうのが古いと思ってるのかもしれません? んで一般的に古いものを新しいと思ってたりして…な複雑怪奇な現象がこの頃多くて…達観してるしかありません。


お茶した時にゆうぴょんと話してた「声がペラ~ンと頭の上を通り過ぎて行った」ってのは、決して声が通って後ろの方まで響いて行くって意味ではなく、何の引っ掛りもなく、単にあ!今通ってったみたいって感じです。 
ハスミンの室内6~7mの折り返し地点で響く方が自分の近くに存在している感覚があるって意味では未だマシで、私達の場合はクサイ言い方をすると何一つ心に触れなかったって意味です。 
自分に全く関係なく、重みも有り難味もなくペラ~ンと頭上を通り過ぎたんです。

再.生という作品は聴いた通り、元々地平の彼方まで声が通るタイプのアルバムではありません。 どちらかと言うとその反対の魅力があるんですが、その反対の魅力が無かった方がショックでした。

それにしてもインタにポニョ老人の名前が出て来ちゃお終いだわーー。(あちらのファンには逆に失礼だろうし)

2009/08/01 22:33 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。