2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/10/15 (Mon) 「風林火山・41」 巨星墜つ

第二次川中島と由布姫の最後、木曽攻め、そしてあの雪斎様のご崩御を一回に詰め込むとゆー  なんともはや、後半もあと少しなのね気分な回でしたね。 で、タイトルはやっぱり「姫の死」か。 取り敢えず私は又違うトコロに萌えてます。

画面に雪斎、景虎、宇佐美の三人が映るなんて  この奇跡の様なありがたい画像に食い入った後にアレでしょ。予告で分ってたとは言え…もったいない! 無念じゃ~
あの別世界は何? キレ者が三人揃うとあんなんになるの? 雪斎が来たら、景虎さまの影も薄くなるだろうか?と思ったりして…ところがどっこい!あの三人食い合うんじゃなくって総合芸術現象を生み出しましたよ。 短いカットでしたが、撮影現場に踏み込みたかった!あー観たかった! でもね、折角のスリーショットなのにあの照明さんとカメラさんは何?演出家の問題か!勿体無い!もっと不気味に美しく撮って欲しかったなー
悔やんでも悔やみ切れない映像でした。あ~ぁあ。

景虎さま、なんだか疲れた風なお顔。あ、200日も武田と緊張の対面してるんだもんね。 あの疲れが見える顔で、その長さが初めて分ったのは、撮影スケジュールの偶然が成した業でしょうか? メイクさんと本人の技だったら凄いぞ!(偶然だろうな )



雪斎はずっと妖しく黒く、いやドス黒く、怪僧として描かれて来た帰来があったけど、最後に彼の本音が聞けた事と、景虎との短い会話が私の「無念じゃ~!」を増長するのです! 余りに無念なので、由布姫の話を先に済ませちゃいましょっと。

今まで、由布姫はほんと~にどーでもいい存在だったんだけど、最後に印象に残る意味の有る台詞が聞けました。 許されるなら次は男に生まれ変わりたい。お屋形様や勘助と一緒に戦がしたい。政がしたい。彼女の元々の矛盾した運命と勘助が惹かれた一番の大元が最後の最後に出て来ました。 「たとえ敵同士でも」これ肝心! 最近とみに思う勘助と景虎の「たとえ敵同士でも」と重なります。 彼らも生まれ落ちる場所が違ったなら、違う形が生まれていたにちがいないって思うでしょ? そして由布姫も。 「この私に勝てますか?」 ここで終わって欲しかった!これでこそ勘助がここまで勘違いして脱線した人生を歩んだ原因だと思うから。 

なのになのに!水鳥になりたい?水鳥がいいんかい!まるで「私は貝になりたい」みたいじゃん 敵を愛してしまうから?何かここは非常に説得力が無かったわ。一気に全てが飛んだ気分でした。涙のカケラもありゃしない。 やっぱり最後は女心を覗かせるフツーのドラマになちゃったよ。ガッカリさ。 この由布姫が歴史に残る程、「愛されないヒロイン」になってしまったのは、このどっちつかずだと思うんだけどな。 「この私に勝てますか?」な姫か、でなければ、最初から、気丈に見えるけど物凄く弱く女らしい姫か、その見せ方を絞る事で彼女はもっと印象的な存在になれたと思うんですが…。 世間の求めるお姫様像と欠け離れた鉄の姫は巧くいけば女性票も集めたのにね。でもこれは無念ではないな。  

その上由布姫は勘助に嫁を貰うよう遺言しましたね。いや最後の命令か? これで勘助がリツを貰おうものなら、この脚本はとんでもないボロ脚本になってしまうので、それだけは勘弁して欲しいわ。 そんな三文芝居…てか世の皆様がそんなお手軽な事を望んでるんだとしたら、今後一切こんな大河は有り得ないでしょう。 ここは、勘助にも「義」を通して貰わなければ! すんなり姫の表向きの命令に従うのは忠誠ではありません。 本心を解してこそアナタ、人間勘助なのです。 「誰でもよいのです。」に全てが篭っていたでしょお? アナタの山本はどーでもよいのです。 アナタは全てを武田に捧げたのでしょう? この姫の存在の為に。 その「義」を通してこそ、武田の軍師以前に、人間山本勘助が完成するってものじゃあないでしょうか? 私決して由布姫の味方なんかじゃなくってよ。 ここで勘助という人間を完成させなければ、もー何処でするの? それっきゃ残ってないでしょ? って叫んでる私って何処の何方様? 頼むよ勘助

さて、長きに渡った由布姫の最後に比べて、余りにあっけなかった雪斎の最後。 それが又雪斎らしかったな 終いにゃ若き日の家康まで出て来て、雪斎の偉業を知らしめるかの様でしたが、あの子妙に冷静だったわね。流石家康なのか? 後に今川を裏切る事の暗示なのか? されとて、家康は雪斎の遺言通りの天下泰平を実現したんだから、裏の意味での登場ではなかったんでしょう。そうでしょう。そうしよう。

酔った勢いでその腹の内を語ってくれた雪斎。彼はいつも裏がありそうで、綺麗事をのたまっても、その腹の中は解らずな人物として描かれていたように思います。がぁ~!実は彼の本心は切に世の平和を願ってたんですねー。 普通ここで「最後にそう言われたって説得力がないよ!」と叫ぶのが常な私ですが、ここは思わず納得してしまいます。 ここで視聴者に「そーか!雪斎ってそうだったんだ」って納得させる力こそ役者の力と言うものです  どんなに脚本自体に矛盾があろうとも、その時その時「そ~かぁ~!」と唸らせる存在感が雪斎にはあったよねー(涙)

この雪斎の本音と志を最後に聞くと、越後に赴き、北条氏康にかけた荘子の言葉を景虎にもかけたのは、なんだか景虎を試したみたいだったな。 「北条は関東しか考えてない小物で、武田は私利私欲を貪るだけ。両者共に見仏の加護は無い」 みたいな事を後の家康(名前忘れた)に言ってたよね。
同じ言葉に景虎は、キッパリさっぱり晴信ちゃんは信用しないと断る。 では私を信じないかと雪斎らしい切り替えしだな~。 景虎も憎いのは武田晴信のみで、他の血はみたくない。だからここは「そちの顔を立てよう。」と好機を譲った。そこには宇佐美のさりげない助言があったのもウットリ。
雪斎は景虎と気が合ったんじゃないかなあ?もっと長生きしてたなら、駿河と越後は同盟を結んだかも…桶狭間どころか徳川幕府の存在すら無かったかも? どっちにしても雪斎と景虎は面白い関係を築いたんじゃないかと思うと…ああ無情 グヤジ~~

義元さまと寿桂尼様! どうぞ最後まで今川の黒い迫力を見せてやって下さいませ! あぁ正に巨星墜つだわ(放心) 放心したまま由布姫の最後は…いいんじゃないでしょうか。あの水鳥を羽ばたかせる為に「水鳥になりたい」って言ったみたいなもんだった。 
今川家の動揺は唐突過ぎて涙も出ず唖然とするばかり…。普通そうだよね。勘助は「嘘じゃー!」「あってはならぬ!」言いながら敵を斬る!そうだよね。それでこそ勘助よ。バカみたいな勘助でなきゃダメだわ。

そして更なる動揺がワタクシに襲い掛かった!!嬉しすぎる動揺が!!次週ついにネタバレた回なんだ しかもなんだか凄すぎっ もお来週が最終回だと思って観ますっ! 水曜日は「ステラ」を買って写真だけチラ観して、後は放送を観てから読もっと!!わ~~!どおしよお 今年の大河いいぞーーーー (言ってる事の多少の矛盾はこの際許して頂戴!)
来週がこれだからこそ!勘助の水先案内人である由布姫には「たとえ敵同士でも一緒に戦をしてみたい」と言い切って欲しかったのよね。 その方が繋がるでしょ~? (偶然だけどさ  ) 「風林火山」はおそらく、ごく一部のマニアによって永遠に不滅の名作となることでしょう。

21:40 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


<<戦国遊び | TOP | ついに上越市は>>

comment











管理人のみ閲覧OK


多少の矛盾 

どころか、ソコしか見てない景虎お宅よりかは
何倍も面白く大河を楽しめてるよアナタe-343 
いやぁ~今回のレビューもあっぱれv-82
でもって、昨夜 何じゃ?何のこと?と首を捻ってたレス中の「水曜日」の謎が溶けた
なるほどーv-363ステラだったか 「あいわかった」v-278
来週こそ リアルタイムで観るぞっvv(拝)

2007/10/16 09:45 | noah [ 編集 ]


そそそ!ステラだったの。 

あ、今回もリアルタイム無理だった?(笑)来週は是非リアルタイムで!ステラ買って楽しみませう!

>何倍も面白く大河を楽しめてるよアナタ
お陰様で何倍も楽しめてるよワタシ(笑) あんなに興味無い…てか反対派だったのにね v-40
レビューなんてイイモノじゃなくって子供の感想文並みなのは分ってるんだけど、あんまりファンで書く人が居ないんで自分で書く事にした(自給自足になってないけど v-356 )

来週はホントに楽しみだよぉ! noahちゃんも充分に堪能してから創作意欲の糧にしてねぇi-178

2007/10/16 20:30 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


はじめまして 

初めて書き込みさせて頂きます。よろしくお願いいたします。
 >景虎さま、なんだか疲れた風なお顔。
これは私もそう思ってました。いつもより覇気が薄い感じを受けました。彼が怒っても、私はいつもより迫力を感じませんでした。それに宇佐美が景虎を見るシーンで、宇佐美の表情が何だか心配げで、気遣わしげなまなざしで景虎を見ているように見えたので尚更にそう思えました。
あの心配げな感じは宇佐美が案じている表情なのか、はたまた緒方さんが心配している表情なのか。宇佐美が案じている表情ならば、来週の景虎の鬱屈の前振りなのだと思うのですが。
 それからこちらの方に書かせていただきます。私もステラを買いました♪ストーリーを読まないようにして、写真と対談見てにこにこしています。それに史実の謙信の衣裳を見て、あんまり豪華で綺麗なので、これをドラマ内で実際に着用したらどんなだろう、などと、想像してみたりしてます。次の日曜日がとても楽しみです。
 それではまたよらせていただきます。
 

2007/10/18 22:32 | 漣 [ 編集 ]


漣さん ようこそ! 

はじめまして。こちらこそ宜しくお願いしますね。 漣さんって、イモムシさんのお宅でニアミスした事のある漣さんですよね!? この鋭さと綺麗な文体はあの漣さんに間違い無いと思うんですが…。いつもお二人の鋭く深過ぎるお話にうっとりしてます。多分脚本家の意図よりも、お二人のお話の方がずっと深いと思いますよv-353 (とか書いてて人違いだったらごめんなさいね。)

さて、「景虎が疲れてた」にご賛同嬉しいです!私もあの時はファンの贔屓目で、200日の長さを表現出来てたな!と一人で満足して、ここでは照れ隠し?に終わってしまったんです。 が、ステラの対談を読んで、実は意図的だったんだ!とほぼ確信しました。 
ステラの所に書いてる「やっぱり」ネタにも関係して来るので、ここは重要だ!と密かにほくそ笑んでいたんですが、漣さんの着眼点って素晴らしく核心を突いて来て、又してもウットリです(笑)

>来週の景虎の鬱屈の前振りなのだと思うのですが。
これには全く同感です。確かに宇佐美は何か気遣うような視線で、景虎は暴力的な連想をさせない人だったのにバーン!とかやってるし。しかも宇佐美にこれでいいか確認する様に見る目がなんだか頼りなかったですよね。 雪斎が何者かなんて景虎は知ってるに決まってるのに、あの説明。 私的な意見ですが、脚本的には視聴者への説明であったと思うんですが、それを次回への伏線に使ったのが緒方氏の力量だと思います。 景虎はあの時点で誤った判断をしてしまう可能性があったんじゃないでしょうか?
 
私、異常~に盛り上がっているのは、この心憎い演技を仕掛ける緒方氏の指導下にある素人であるGackt氏が、次回どんな景虎を魅せてくれるか嫌でも楽しみになるからなんです(笑)

多分お二人は次回の内容にかなりの重きを置いているんだと思います。 あの200日に起きている長尾軍の内情までもは入り切らなかったですもんね。 だからその前兆の表現としてあの演技をあそこで見せたんじゃないでしょうか? 
想像しているよりあのお二人は、細かい景虎のその時の状態を確認しながら演技しているように思います。 

漣さんのような、純粋に大河を愛する方が、「そんなのマニアにしかそんな風に見えない?」って部分に疑問を持って、そこから鋭い答えを出される事は凄く嬉しい事でもあり、流石大河ファンは違う!と感服する部分でもあります。(私の場合は単なる音楽ファンですので。)一人でニヤニヤしていた事が分かち合えてとっても嬉しいです!次回楽しみですね!

>史実の謙信の衣裳を見て、あんまり豪華で綺麗なので、これをドラマ内で実際に着用したらどんなだろう
これ観てみたいですよね! 普通に似合うと思いますよ(笑) 随分前にもっとはっきりした写真を見た事があるんですが、それはもお大奥でも有り得ない程素晴らしい華やかさでした。女性説も出て来るワケですよね。週末は万全の準備で挑みましょう! コメントありがとうございました♪

2007/10/19 22:34 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


ありがとうございました 

過分なお言葉ありがとうございました。はい、イモムシさんの所に度々お邪魔させてもらってる漣です。大河ファンというには、内容と波長が合うときしか、真面目にドラマを見ない不埒者ですが、改めてよろしくお願いいたします。文体を褒めていただいたのは初めてです♪ありがとうございました。こちらこそ、Rueさんとpokoronさんの豊かな感性と面白い文章を楽しませていただいてます。
そしてRueさんのレスを読ませていただいて、やっぱりあの疲れた覇気の無い様子は、演技だったんだ、と確信いたしました。前にもGacktさんが疲れた様子のときがありましたが、演技そのものは覇気があっていつもの圧倒的な存在感がありましたから。

> 普通に似合うと思いますよ(笑) 
やはりそう思われますか(笑)ああいう着こなすのが難しいのがさらりと似合いそうなのが凄いところですね、Gacktさんも史実の謙信公も。景虎の美しい衣裳がきっかけになりまして、「風林火山」の衣裳に注意しています。第一回川中島戦では両陣営の陣羽織を見ていました。甲斐側はほとんどおそろいに見える陣羽織で、おそろいの服で士気を高めるのだ!と頑張ってるようでほほえましいです。そして越後側は自由で(御屋形さまからして陣羽織ではなく布巻いてますし)好きなものを格好良く着てくるのだ!という雰囲気があるようで楽しいです。
 それではまたよらせていただきます。明日が本当に楽しみですね♪

2007/10/20 21:35 | 漣 [ 編集 ]


こちらこそ ありがとうございます♪ 

やっぱりあの漣さんでしたか。良かった間違ってなくて(笑)
解釈は人それぞれでいいと思いますが、これも一つの仮説と考えて下さい。只、Gackt氏の場合、体調が演技に出るとは思えないので、それも理由の一つです。

緒方氏の、雪斎と景虎を左右に観る顔はどう受け取っていいのか?今日再放送観て又疑問です。

又イモムシさんの処に「なる程!」な見解を訊きに行きましょう!その方が早いですよきっと(笑)雪斎のかけたチャームの話も気になるし♪

2007/10/21 03:36 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/39-f3fe429c

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。