2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/02/22 (Sun) 「天.地.人」 第.8.回

例によって枠だけ確保。
突っ込みどうぞ!♪

「人が人であることの美しさ、それこそが義である」
頭が悪いんで意味が分りませんでした。
他後回し。

あ!何方か一つ教えて下さいーー!
ドンと来い氏最後の琵琶演奏?? あのコード?って雅楽にありなんですか??
なんか違う気がしたんですが…。 雅楽が分りません!(エヘン!)

22:09 |天 地 人 | comment(9) | 【PAGE TOP】↑


<<お友達の家に行くので | TOP | 又内職中>>

comment











管理人のみ閲覧OK


結局のところ・・・ 

7話をみる気力がわかぬまま、8話の放送と相成りました。
途中で人が来たり~僕のザックス君(人に貸してたCC FF7)が帰ってきました!~、途中で近所のスーパーにお買い物行ったり、激しく気力のない見方をしてました。

え~~っとぉ、ど~してもっ!スポットライトを使いたいんだな~と。
そしてその中に浮かび上がる泣き虫野郎の、首がそこそこに長く肩幅&厚みのない、なんとも貧相なガタイ…トホホ

トンとダメ氏のオち方もなんだかな~と。なんちゃって琵琶ふたたびで、ジャラ~ンといっしょにタラ~ンと。極めて冷静に「ん?落ちた?」みたいな。
もっとこう、虎たんとこに晴景さんが攻めてきた時みたいに、緊迫感ギンギンな弾き方した挙句弦がブツッといって、それと一緒にガクッていったらまだかっこよかったのに。


『おぬしはワシの若いころに似ている』

(私の脳内)ワシの若いころ⇒妖艶な虎たん

…………絶対に似てない!!!( ̄Д ̄#)


比べちゃいけないんだ、時系列だと思っちゃいけないんだ。
わかってる、わかってはいるんだけど(涙)

2009/02/22 22:34 | 葉月 [ 編集 ]


■■■はーさん!松山くん曰くの金太郎飴だから■■■ 

> 7話をみる気力がわかぬまま、8話の放送と相成りました。
■何処から見ても同じかも?

> 途中で人が来たり~僕のザックス君(人に貸してたCC FF7)が帰ってきました!~、途中で近所のスーパーにお買い物行ったり、激しく気力のない見方をしてました。
■私も作業しながら、見たり手元見たりといい加減な観方を初めてしてしまいましたわ。

> え~~っとぉ、ど~してもっ!スポットライトを使いたいんだな~と。
> そしてその中に浮かび上がる泣き虫野郎の、首がそこそこに長く肩幅&厚みのない、なんとも貧相なガタイ…トホホ
■はーさんが嫌いな体型!(笑) キャスト決まった時から言ってたもんね?
どーもあの予算削除を個性にするつもりみたいよ。 でも視聴率は20%超えてるからそんなありがたい事ってば無いんじゃないN○K!

> トンとダメ氏のオち方もなんだかな~と。なんちゃって琵琶ふたたびで、ジャラ~ンといっしょにタラ~ンと。極めて冷静に「ん?落ちた?」みたいな。
■この為の洞窟だったんか?と思ったり…どーでもいいけど琵琶が似合わない人だなー。大き目の形の琵琶にしたのが仇になったような…。そうゆう問題でもないけど。

> もっとこう、虎たんとこに晴景さんが攻めてきた時みたいに、緊迫感ギンギンな弾き方した挙句弦がブツッといって、それと一緒にガクッていったらまだかっこよかったのに。
■実際弾く事ってそうゆう緊張感が違うんだよね? ああ、あのシーン良かったねー(思い出す東山演出♪) 

> 『おぬしはワシの若いころに似ている』
> (私の脳内)ワシの若いころ⇒妖艶な虎たん
> …………絶対に似てない!!!( ̄Д ̄#)
> 比べちゃいけないんだ、時系列だと思っちゃいけないんだ。
> わかってる、わかってはいるんだけど(涙)
■何かと風鈴と比べちゃうよね? 流石にワシの若い頃で想い出しはしなかったけど(非情!)
そう言われてみれば、ワシの若い頃は景.虎さまだわ(笑)

やっぱり大森くんのホンもメチャクチャだったけど、本気で皆がぶーたれた位にいい部分もあったって事よね? 
トンとダメ氏が「義」を語ると嘘臭いどころか、意味が分らないのよね。 「え?何それ?今何て言った? どう繋がる?」とかそんな感じで観てますた。
結局今回の大河は戦国モノと思ってはいけないのでしょーー(ガックリ!)

2009/02/22 23:26 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


それにしてももつ菓子ですね 

葉月さん
>比べちゃいけないんだ、時系列だと思っちゃいけないんだ。
わかってる、わかってはいるんだけど(涙)
 悲しいですね。わかっちゃいるけどやめられない。あ、それ(以下略)おちゃらけないとやってられないって言いますか。
兼続のあまり清きに耐えかねて、濁れる武田今は恋しき
(やさぐれもーどです(苦笑))

 今回も突っ込みどころ満載でした。
マナーはあまり自信がありません。戦国時代となると尚更です。ですから、本当はどうするのが正しいのか判らないので、知っている方がいたら教えてほしいのですが、兼続が、殿に会いに行くシーンで、景勝が濡れ縁に居て兼続が部屋の中に居るのって、あの時代のマナーとして正しいのでしょうか?マナーと言うよりカメラアングルと役者の位置のせいかも知れません。景勝が主人ではなく、兼続が主人のように見えてしょうがなかったんです(苦笑)兼続の方が姿勢を良くしてたので堂々として見えた、というのもあります。
仙桃院が北斗七星を語っているシーンで、景勝を王の星になぞらえてて、やっぱり景勝が跡継ぎと思ってたか、と突っ込んでました。来週、腹くくった汚れ役、をすると期待して良いのでしょうか?
 兼続と謙信が話してるシーンで、阿部謙信の表情は良かったのですが、話については突っ込みたくて突っ込みたくて。
「義などという考えに酔っていられるのも今のうちじゃ」
 謙信よりも信長の方が腹据えて見えて良いのでしょうか?手を汚すのも勇気かも知れませんが、それを当たり前と思う周りに反して安易と退け、そうせずともよいように持って行くのも勇気、と思うんですが(風林で景虎が家臣に納得(諦めと言うか(苦笑))してもらうのにどれだけ時間がかかったことか)
それから一瞬、この台詞で謙信暗殺?を期待したのですが、全然違いました(笑)
 いよいよ来週から御館の乱が始まりますね。結局義親子の絆や考えはあまり掘り下げられなかったのが残念です。画面を見つめるのもあと少しかと思います。
ところで脚本家の方の公式本のインタビューの格好は見ました(対談の方は勘違いして見ませんでした…)何だか着崩れて見えたような?

それではまたよらせていただきます。

2009/02/23 00:37 | 漣 [ 編集 ]


取り急ぎ! 

変な時間に失礼しま~す。

本日23日(月)昼のテツコ's roomは気胸の津.川氏がお客様だそうです。

Webテレビ欄の表現では、パパンのお話もしてくれそうな感じでした。

急なお話ですが、もし知らない誰かが間に合ったらいいな~と思って書いてみました。

2009/02/23 05:08 | 葉月 [ 編集 ]


get!♪ 

葉月さん
情報ありがとうございました♪この間、「帽子」のメイキング見逃したの悔しさに、テレビ欄チェックしてますが、津川氏まではチェックしてませんでした。有難く、ビデオ撮りして見ました。
黒柳さんは喉の様子が変ですし、津川さんは目の下の隈が黒っぽいし、思わず健康をお祈りしました(汗)
津川さんのGFの話はちょっとむっとしましたが(私はあんまり、そういうのは)やっぱり緒形さんの話を聞けたり、映像を見れたのは嬉しかったです。津川さんの映画のために書かれた緒形さんの題字も見れましたし。
葉月さん情報ありがとうございました。

「N/S EYES」買いました♪前の号の写真はFF7を思わせるサイバーパンク調でしたが、今回は白黒、またはちょっとけむったような、光や色調を落としたような写真でした。私は今回の方が好きです。それに野村さんの要望でしょうか?あまり構えないポーズなので見ていてこちらも落ち着きます(紅色揚羽さんがそれが嬉しいかどうかは分かりませんが)それから20pの表情にちょっと驚いてます。私はこの表情は初めて見るので。インタビューは特別目新しいことは言ってないと思いましたが、いつ頃のだろ、と思いました(今年?)
あと色々な人のインタビューもあります。朝青龍とか、北村一輝さんとか(北村さんのインタビューを読んで、紅色揚羽さんや緒形さんに似てるのかな?と少し思いました)

それではまたよらせていただきます。Rueさん、入学祝い、体に気を付けて頑張ってください。

2009/02/24 00:24 | 漣 [ 編集 ]


あ、間に合ってる♪ 

漣さん、おめでとうございます♪
いや~、変な時間でも書いてみるもんですね。

テレビ欄って番組紹介文とか、ドラマだったら粗筋だったり出演者だったりがチョコっと載ってるじゃないですか。ネットだと一部だけしか表示されなくて、『肺気胸から復帰した…』ってあったのですよ。「ん、最近で気胸といえば津.川氏か!?あれ、歌.丸氏は肺気腫か? ていうか"肺気胸"って初めて見るニュアンスだな」とか思いつつクリックしたところ、件の情報Getとなりました。
間に合ってよかったです~^^


北.村氏・・・北.村氏といえば~

 海賊になりたくて商船学校に入った(在学中に海賊にはなれないことに気付いた)とか、ゲイの役作りのために2丁目に通い、初めて顔を合わせたときに監督?が引き合わせた人にこっそり「彼ってホンモノ?」って訊いたとか…
 タランティ一ノに個人的に直接アピールに行ってキルびルの役をGetしたとか…。

熱い男ですわ…(笑)

役作りで監督に相談する前に前歯を抜いてきた(現在サシ歯)とかはわりかし有名な逸話かも(苦笑)

2009/02/24 01:32 | 葉月 [ 編集 ]


結論 

まだまだあるのに言っていい?(笑)

映画は監督のもの。演劇は演出家のもの。ドラマは脚本家のもの。っていう言葉を某氏が言っていたけどまさにそれ。
原作もちょっとーって感じなのに、脚本家が決まった時点で某所は大騒ぎだった(笑)
その通りになってしまったって感じ。
脚本家が原作から何を感じているかが重要な気がするんだよね。迷いのない一筋の道が見えているなら、演出もふらふらしないと思うんだけど・・。
もう無理っぽかな(笑)

2009/02/24 21:01 | 松山 [ 編集 ]


■■■ハスミン、私はもう終了したわ■■■ 

> 兼続のあまり清きに耐えかねて、濁れる武田今は恋しき
> (やさぐれもーどです(苦笑))
■ついにハスミンが歌ってらー(笑)

>  今回も突っ込みどころ満載でした。
兼続が、殿に会いに行くシーンで、景勝が濡れ縁に居て兼続が部屋の中に居るのって、あの時代のマナーとして正しいのでしょうか?
■私も知りませんが、他の時代劇の場合でもよく出て来ますよね? 主が何処に居るかは関係なく、謁見が許可された場合に身分が下の者が通されて挨拶する場所は決められているんじゃないでしょうか? 
景.勝が縁に居たからと言って、地べたに回る必要はないと思います。
風鈴でもそういった場面が沢山出て来ましたよ。 景.虎と宇.佐.美が縁で酒を酌み交わしている間も大熊は奥にてずっと正座して待っていましたが、伝兵衛達が鉄砲を持ってやって来た時は屋敷の中には通されませんでしたよね?

身分や関係によって通される場所は決まっていて、その時に主がどこに行こうとそれに従って場所を変えるのは逆って無礼なように思うんですが? ホントはどうだったんでしょうね?

> 仙桃院が北斗七星を語っているシーンで、景勝を王の星になぞらえてて、やっぱり景勝が跡継ぎと思ってたか、と突っ込んでました。来週、腹くくった汚れ役、をすると期待して良いのでしょうか?
■これで仙桃院が景.勝と景.虎を本当に同等に見ていたら失格でしょう。 是非来週決めて欲しいものですが(その為のキャスティングだとも思うので) もー今回が前半の一番肝心な台詞の出て来る回で、台詞は原作そのままでしたが、とんでも薄っぺらい内容で、来週を期待するなんてもー無理です。

>  兼続と謙信が話してるシーンで、阿部謙信の表情は良かったのですが、話については突っ込みたくて突っ込みたくて。
■謙.信を突っ込むのではなく、まず原作から突っ込んでみて下さい(笑) 最初からそうゆう話なんですよ。
でも個人的には、目があまりにパッチリしてる役者さんって謎が無くて趣もないなーとつくづく思いました。 ああゆう役はやはり切れ長の目でお願いしたいと…。

> 「義などという考えに酔っていられるのも今のうちじゃ」
>  謙信よりも信長の方が腹据えて見えて良いのでしょうか?手を汚すのも勇気かも知れませんが、それを当たり前と思う周りに反して安易と退け、そうせずともよいように持って行くのも勇気、と思うんですが(風林で景虎が家臣に納得(諦めと言うか(苦笑))してもらうのにどれだけ時間がかかったことか)
■えっと…それはこの脚本家では無理でしょう? どの役がどう見えるかは人それぞれだと思うんだけど、彼女の書きたい事は一つなんだと思います。 
最初だけかな?と思いきや、全編強引に持って行くつもりなのが決定的なので、今後主人公と女忍者のあれこれもキモくない人だけ見ればいいと思います(そーゆう原作なんです)

> それから一瞬、この台詞で謙信暗殺?を期待したのですが、全然違いました(笑)
■今回は史実は嘘のように素早くどーでもよく片付けられ、ひたすら主人公と誰々な話なので、上杉だけでなく、周りの豪華絢爛な戦国武将達もあっと驚く扱いになると思います。

>  いよいよ来週から御館の乱が始まりますね。結局義親子の絆や考えはあまり掘り下げられなかったのが残念です。画面を見つめるのもあと少しかと思います。
■私は実質もー終りました。 脚本家が決まった時点で覚悟はしてましたが、他の方だったら、原作をもっと日常的でなく描く事も出来る珍しい話の設定ではあるんですけどねーねー(エコー)

> ところで脚本家の方の公式本のインタビューの格好は見ました(対談の方は勘違いして見ませんでした…)何だか着崩れて見えたような?
■彼女が少女趣味なのがよく解りません? 立派な体格の心は少女って感じで、あー流石あのホンを書く人だ!って感じがしました。

2009/02/26 16:03 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


■■■早くはない泥くんの結論■■■ 

> まだまだあるのに言っていい?(笑)
■いいよ、いいよ! 言ってやって!! 

> 映画は監督のもの。演劇は演出家のもの。ドラマは脚本家のもの。っていう言葉を某氏が言っていたけどまさにそれ。
■それ名言だね! たまに特別あの人だけよかったねって事もあるけど、それは異例だから印象に残るんだし。

> 原作もちょっとーって感じなのに、脚本家が決まった時点で某所は大騒ぎだった(笑)
> その通りになってしまったって感じ。
■原作も微妙だね。 私が一番嫌だった部分は、実は謙信は愛の戦士を後継に選んでいたってネタなんだけど、まーその解釈があの原作の売りでもあるんだからOKとして…あの映像化は何だ? ビックリしたぞ!

> 脚本家が原作から何を感じているかが重要な気がするんだよね。迷いのない一筋の道が見えているなら、演出もふらふらしないと思うんだけど・・。
■あの脚本家は別の意味で迷いが無くて困る(爆) N○Kでは「陰陽師」と朝ドラくらいでしょ? 「陰陽師」はキャストが余りにダサくて見なかった。朝ドラ嫌いだし。 
彼女が有名なのはT○Sドラマだけど、角米獅子ファンが観れば?って内容だしね。 
演出もスタジオでスポットライトで充分になっても来るよ。 脚本で細かく指示してあれば演出だってもっと考えるさ。

> もう無理っぽかな(笑)
■今回の原作としては一番大事な台詞が出て来る回であれだから終了でしょ?(笑)←もー大して惜しくもないわ(笑)
それに生涯一度だけ見せた景.勝の笑い顔は猿の逸話でしょ? あれを主人公が帰って来た時に変えてあるのが…もー同人か!な世界だもん。 ん?それともあれが猿なのか?(笑)

あ!それからね、白い時は松山くん、黒い時は泥くん(笑)

2009/02/26 16:15 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。