2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/01/26 (Mon) 「天.地.人」 だったハズのドラマ 一応第4回

このカテゴリーを作った事自体が間違ってたと思う冒頭。 全国のお屋.形さまファンの皆様!(どこに向って叫んでいるのやら) 直.江.兼.続 = 愛.と.義に生きた、真の謙.信.公の後継者! なのではないんだろうか? このドラマ? 
その主人公兼.続がいかに謙.信の信念に心酔し、傾倒し、その意思を受け継ぐ事になったかが、ペラ~ンと男性ナレーターの声で手短に纏められ終わり。 その後兼.続自身と、その周りのカップルのベタな話を延々と…。 一番肝心な部分がナレーションって何? と冒頭でゲンナリしてしまいました。

「義」よりも「愛」を優先するドラマ、しかも愛の意味が違うし。 今後主人公の成長と共にそれも変っては行くんでしょうが、そんなに期待出来ないのは、「N○Kが総力を挙げて取り組む」と銘打った「坂.の.上.の.雲」 この記者会見があったようです。 チラっと観る限りにおいて、こっちに力も予算も使われるんじゃないでしょうか?
ドンと来い様が両方掛け持ちだし、キャストはほぼ「オールスターキャスト」って懐かしい言葉が浮かぶ程豪華!奇跡的な視聴率を獲った「篤.姫」から、なにげに好評だったキャストも何人かちゃんと入ってます。 
ひょっとしてドンと来い様の今回の謙.信.役OKは「坂.の.上.の.~」と抱き合わせではないんだろか? と思わず勘ぐってしまう程。 やる気が違うぞこれ!

あ、そうね、今回はえっと、先週 「戦じゃ~!」と盛り上がってたのに、もう終わってるし。 とことん戦国の時代を描くつもりがないドラマなのは確かだと思います。 別に戦のシーンが派手でイイと言うわけでは無く、話の流れがまるで悪意があるかのようにぶった切られるんですよね。
その代わりに雨に降られて幼い主人公と後の嫁さんが雨宿り。 後の嫁さんの足の傷は主人公を助けた時の傷跡…タハー!マンガじゃないんだわよ。 主人公のキョドり振りを観て、世のお父様達がTVの前で自分の大昔も忘れて「若いなー」なんてちょっと余裕で笑ってるかと思うと力いっぱい気持ち悪かったです…とここまでシラケさせる大河も珍しい。
これに比べたら朝ドラと呼ばれた篤.姫はそりゃー重厚なドラマで役者も素晴らしかったわよと。キレ気味に観てしましました。 

今回の注目点は、主人公を邪険に扱って子供扱いする景.虎と、自分が出来ない事を代わりにやってくれていると言う景.勝との対比。 その戦での活躍を褒め称えられ、その上華.姫を嫁に貰って安息の地を見つけた景.虎。 薄っすーい演技の華ちゃんと空回りの景.虎さん、幸せそうな場面に白い花びらが一片…これがシリアスな美男美女で、名演技名演出だったら御.館.の.乱もさぞかし哀しくも美しい悲劇として描かれただろうに(シクシク)と未だ放映もされてない先の回までガッカリさせる学園モノの学園祭モドキ。 必死で演出した初.音(結果はあの通りだけど)くらい華ちゃんにも根性入れてよ。

洛.中.洛.外.図.屏.風も岐.阜.城の中もあの主人公に拘わってしまうとどーでもいいお話でした。
予告編=「アヤツの首を謙.信に送ってやれ~!」(だっけ?)うん送ってやれ!と思わず同意する人はもう観ない方がいいのかしら? と期待してなかったにも拘わらずもっとうなだれた回でした。

いいトコと言えば、常.盤.貴.子さんの独壇場!って事かな? 彼女のファンは満足だったでしょう。 自身の持ち味を変えずにとことん常.盤.節??を貫いたのはいっそ気持ちが良かったです。 美人女優さんの特権かな? とってもチャーミングで綺麗でした。 足が綺麗過ぎないのが又良かった(笑)←だからオヤジか?


米積みありがとう♪m(__)m お返事は明日しますね。ゴメンよぉ。

23:04 |天 地 人 | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


<<うゎキッツ~! | TOP | 電子音楽と深い海の話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


年末の楽しみ? 

>ドンと来い様が両方掛け持ちだし、キャストはほぼ「オールスターキャスト」って懐かしい言葉が浮かぶ程豪華!
 行ってみてきました♪秋山好古なんですね。日本騎兵の父と言われた人でドイツ人にヨーロッパ人に間違われたほどの日本人離れしたはっきりした顔立ちの人です。そこら辺を見込まれてのキャスティングでしょうか。ついでにこの方も重度のお酒好きでそのせいで糖尿病になったほどだそうです(苦笑)そして豪華さにわくわくしてキャスティングを見てましたが、児玉 源太郎のキャスティングが高橋英樹さんで驚きました。児玉満州軍総参謀長は小柄で御茶目なおじさまという印象があったので。以前、故丹波哲郎氏も演じたそうですから、堂々たる偉丈夫を配したくなる人かもしれません。(軍師好きなので児玉総参謀長にも関心があります♪)

この頃の天地は突っ込みどころがありすぎて、もう書ききれません(苦笑)
戦勝祝いのとっても賑やかな景勝の館と祝いをしていない三郎景虎方とか。賑やかな景勝方と寂しい三郎景虎方と言う対比を見せて、三郎景虎と華姫の結婚話に持っていこうとしたのでしょうが、あまりにも先が読めすぎてしまって……。型通り過ぎると言いますか。ベタでも王道を丁寧に重ねて行って観せるドラマになると良いのですが、今のところ詰めが足りない感じで思い入れがまだできない感じです(現御屋形様があまり御坊さんに見えないとか、お悠があの歳でずっと独り身でお城勤めって変じゃない?とか。細やかに作品世界をつくっていくピースが足りない気がします。つまりは思い入れですが)

それではまたよらせていただきます。

2009/01/27 22:18 | 漣 [ 編集 ]


■■■年末観ようかな?■■■ 

年末の番組
■根性入ってたでしょー?! 私あの原作読んでないの。近代史って好きじゃないと言うより嫌いだったので、読もうとも思いませんでした。 この際いきなり本編を観てみようと思います。

>日本騎兵の父と言われた人でドイツ人にヨーロッパ人に間違われたほどの日本人離れした
■ハスミ~ン、これってどっかで読んだフレーズだと思わない(笑)

>はっきりした顔立ちの人です。そこら辺を見込まれてのキャスティングでしょうか。
■あの役者さんはN○Kの大型歴史モノは「聖.徳.太.子」以来じゃないでしょうか?(他の見逃してるかな?) N○Kはあの役者さん好きですからねー(笑) アカデミー賞の件もあるし、根性も入るんじゃないでしょうか?

>児玉 源太郎のキャスティングが高橋英樹さんで驚きました。児玉満州軍総参謀長は小柄で
御茶目なおじさまという印象があったので。
■大河もそうですが、今までのイメージを払拭するキャスティングで新しさを演出する事を覚えたN○K。 去年の業績も含めてのキャスティングじゃないでしょうか? 岩.倉さんも西.郷さんも出ますね?

>以前、故丹波哲郎氏も演じたそうですから、堂々たる偉丈夫を配したくなる人かもしれません。
(軍師好きなので児玉総参謀長にも関心があります♪)
■あ、ハスミンは時代背景に拘る派じゃなくって軍師好きなのね?(笑) そう言えば、「赤.壁」の時もそんな話になったよね? 「偉丈夫」って言葉はもーハスミンくらいしか使わない言葉だな~としみじみしたわ、今(笑)←良き事よ!美しい日本語は素晴らしいっ!! 

> この頃の天地は突っ込みどころがありすぎて、もう書ききれません(苦笑)
■ハスミンは未だ笑ってる余裕があるから心が広いわよー!(笑) どんどんイヤーな気持ちになるんですよ、あのお話。 
確かに去年も解り易さでファン層を広げたけど、あれはホンの出来が良かったし、例えば同じ若手俳優でも瑛.太くんは最初から瑛.太ではなく、尚.五.郎さんに徹してあやふやに誤魔化す事なくあの役に入って行く姿が印象的でした。 うっかり、本当にあんな人物が篤.姫の周りに居たと錯覚してしまう程素直で巧みだったと思います。 程途中から将軍様というメガトン級のキャラが登場して美味しいところを掻っ攫われましたが(笑) 最後は又小.松殿で甦りましたね。

ホンも、ナレーション一つ取ってもとても丁寧で、どうすれば視聴者にあの人物達の魅力を理解して貰えるか?と下手に出て来ていたと思います。 役者陣もホンも演出も、あざとさと純粋さが混在していて、そのバランスも気持ちの良いものでした。 やはり戦国の物語に某民放専属っぽいイメージがある好き嫌いが分かれる作家の出る幕ではないって感じです。

> 型通り過ぎると言いますか。ベタでも王道を丁寧に重ねて行って観せるドラマになると良いのですが、今のところ詰めが足りない感じで思い入れがまだできない感じです(現御屋形様があまり御坊さんに見えないとか、お悠があの歳でずっと独り身でお城勤めって変じゃない?とか。 細やかに作品世界をつくっていくピースが足りない気がします。つまりは思い入れですが)
■ハスミンは史実としての辻褄が合わないとスッキリしないタイプなのかなぁ? 「王道を丁寧に重ねて観せる」 と 「詰めが足りない」 は同感なんですが、何に対して不満なのかは全く逆に観ているんだなーと今、ちょっと笑えて来ました。(皆色々な観方で面白いね!)
私の突っ込み処ってハスミンの突っ込み処と全然違うし(笑) はーさんの突っ込みも「おお!」って思うし面白いよね(笑) 

実際問題、景.虎が疎んじられて来た今までの人生を、あっちが騒いでるのにこっちは一人とか、それこそ衣装から何からで描いてはいるんだろうけど、その哀しみや人生に対する虚無感とか彼が感じていて当然であろうものが全く怖ろしい程に画面から伝わって来ないのよね。
景.勝と兼.続の信頼関係(しかも子役の出来による)だけがクローズ・アップされて、唯一期待していた御.館.の.乱がどーなる事やら?と不満に思うんですよね。

風鈴の大.森氏もかなりメチャクチャでしたが、あのお屋.形.さまが浪を対人間としか観ていない事
に対して(彼女も相当イイ歳でしたよ。でも自然に見えたでしょ?)「そりゃそーだ!」と視聴者に思わせる設定でしたよね? でも今回はお互いに気があるのに「毘沙門天に~」と理由付けする程の思想傾倒が無いのが不自然で下世話に見えるんだと思います。 万事がインスタントの設定で、今のところ納得出来る人物像が表現出来てるのは田.中さん&高.嶋.弟さん夫婦くらいじゃないでしょうか? あれはベタでも褒めるべきベタに属すると思います。 誰かドッカーンとやらかしてくれないかな~!

2009/01/28 22:48 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


やっぱり景勝の鎧姿は映えますね。 

 普段は三郎景虎の方が目立つ衣裳ですが、鎧姿は景勝の方が目立って見えます。やっぱりRueさんの書かれた通り、あの配色が顔色をひきたてるのかも知れません。
 「ステラ」でストーリーを読んだときは、このドラマのストーリーや演出への期待を日本海に重しをつけて沈めることになるだろうか、と思ったのですが、思ってたより良かったです。
信長への使者の筆頭が兼続かと慄いていたのですが、ちゃんと末席でしたし、正式な席で会ったわけでもないですし(でも信長が兼続に目をつけたわけは解らなかったですね。13歳の末席の使者に何を感じたんでしょう?やっぱり初音の報告でしょうか?初音の内掛け姿は洋装みたせいか何だか違和感が。それに初音って内掛けを着て良い身分でしたっけ?)
普通の髷姿の三成も初登場の姿よりずっと感じよくて、ずっとあれなら良いのに、と思いました。
先週に比べてお船の出番が少ない分ラブコメパートが少ないせいかずっと落ち着いてドラマを見られました。でも、信長に対して出陣するときに、天下に覇を唱える、と言ってるのはどうかと思いました。

 それではまたよらせていただきます。

2009/02/01 22:29 | 漣 [ 編集 ]


■■■ハスミン土曜に観るね!■■■ 

あ!そうだそうだ。今週は観れなかったから、土曜の再放送を確認してからレスするね♪
ちょっと良くなって来たのかな?? 楽しみにしてるね♪

2009/02/03 21:09 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


Rueさんの感想が知りたいです 

>ちょっと良くなって来たのかな?? 
私的には、その前の回よりましに思える、という程度です。やっぱりストーリー運びとか、場面設定とか穴が結構ありますし。秀吉も以前の回より落ち着いた感じで良く見えました。

明日の「必殺」で一昨年の甲斐の御屋形様がゲスト出演されるそうですね♪見ようと思います♪金曜ロードショーで「隠し剣 鬼の爪」(緒形さんも出演♪)が放送されるのでビデオで。

それではまたよらせていただきます。

2009/02/05 23:47 | 漣 [ 編集 ]


■■■ハスミン的にはマシ?になったんね?■■■ 

> 私的には、その前の回よりましに思える、という程度です。やっぱりストーリー運びとか、場面設定とか穴が結構ありますし。秀吉も以前の回より落ち着いた感じで良く見えました。
■そんなに急に変る事はないよね? あるとしたらやっぱりドンと来い様がお隠れになってからでしょう。

> 明日の「必殺」で一昨年の甲斐の御屋形様がゲスト出演されるそうですね♪見ようと思います♪金曜ロードショーで「隠し剣 鬼の爪」(緒形さんも出演♪)が放送されるのでビデオで。
■今「必殺」途中から観ましたが、亀ちゃんオンパレードでした(笑)相変わらずの亀節で懐かしかったです。 
彼も随分人気者になられましたね。 歌舞伎という特殊な伝統芸能を一般の人達に普及させる為と、あとは結構TVも面白かったんじゃないかな? 色々な人に出会えるし。 

ハスミン用に今日はネタを書いておきました(笑)

2009/02/06 22:50 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。