2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/01/24 (Sat) 電子音楽と深い海の話

やっぱ真.木.よ.う.子はショート・ヘアじゃなきゃダメだな!(何を突然?!)←今日のオヤジ的ニュース。

さて、雄蝶さんの深い海の事を書いたら、「テクノ」って何ですか?ってメールと拍手コメを幾つか頂きました。 それは自分で調べて下さい。 と言いたいトコだけど(笑)話せば長い話になるのよね。 絶対途中で脱線するし(確実!) 私専門外だから一般的な事しか知らないのでスミマセンが宜しくです。

細かく言うと、「テクノ」 と 「テクノ・ポップ」 は全く違う音楽です。 前者はアメリカ発の電子ダンス・ミュージック、後者が今我々が指している電子音楽の事です。 しかもこの「テクノ・ポップ」も日本での呼び名だったんですね。 イギリスでは色々な呼び方があったはずです。 日本では多分音楽評論家が作った勝手に命名言葉だったんだと思います。 それを坂.本.教.授が広めたのは有名な話ですが、彼ら自身が有名になる事によって「テクノ・ポップ」も世界的に通用する呼び名になりました。 

イギリスの70年代終り~80年代にかけて、新しく生まれた音楽を総称して 「ニュー・ウェイヴ」 と呼びます。 新しい波の事全部を纏めて言ったから音楽的に決まったパターンはありません。 イギリスって日本と同じで狭いからすぐに流行ってすぐに飽きる体質があります。だから所詮流行りモノですね。 その雑多な種類の中の一つがテクノ・ポップでした。 日本では略して「テクノ」とも呼びます。ポップではないジャンルも出て来たからでしょう。 
そのニュー・ウェイブの中で、今でも残っている音楽形態、影響が残っている音楽形態が 「テクノ・ポップ」 と 「ニュー・ロマンティック」 だと思います。 元々定義が無く、本国と日本での呼び名が違うので正確に把握している人は音楽評論家くらいだと思います。
あ!忘れてた!一番残りまくってるのはS.ti.n.gだよね♪ あれは何に分類されるんだ? レゲエが入ってたな。


テクノ・ポップ == パンクがロックなのに対してテクノがポップと呼ばれたのは明らかにポップだからです。 ロックはバンドと呼びますが、テクノ・ポップは テクノ・ユニットとかテクノ・グループとかを使用し、バンドとは呼ばない傾向があります。 日本のY.M.O等と一緒にすると 「え?違うじゃない!」 と思うディスコ仕様(今で言うクラブ仕様)のダンス・ミュージックとしても使用されました。 日本のテクノとは別物と考えた方がいいと思います。 
演奏と言うよりシンセサイザーやミュージック・マシンの打ち込み技術とヴォーカリストの魅力で作る形態なので、センスが良くなければ成立しません。 同じフレーズを何度も意図的に使うのも特徴です。 当然淡々としたクールな雰囲気が漂います。
日本ではY.M.Oや電.気.グ.ル.ーブ(ただの火吹く変なオヤジじゃないのよ/笑) ドイツでは クラフトワークが有名でした。 アメリカのDEVOもそうですね。 後者の海外組はロボットダンスのような動きが売りで特徴だったので、今回の深い海は誰が見ても聞いてもひじょ~~に解り易いテクノ・アレンジですね(テクノ・ポップそのものではなく、単なるアレンジなのでご注意下さい) 主人公があれだからテクノ・アレンジが似合うとお思いになったんじゃないでしょうか?多分、おそらく、単純に?? この人達はテクノ・ポップの先駆者であり、今現在想像する「テクノ」とは又ちょっと違う音楽なのも複雑でしょー?面倒なのよ(笑)

ニュー・ロマンティック == グラム・ロック以降、デビッド・ボウイやロキシー・ミュージック等の影響を受けて出て来たダンサブルでビジュアルを強調した音楽形態、有名なところではデュランデュランなんかがそうですね。
元々イギリスのテクノ・ポップ・グループヴィサージが開催していたイベントの中の一つ、「David Bowie's Night」 によってニュー・ロマンティックが誕生したと言われています。 だから正確にはニュー・ウェイヴから派生したジャンルだと言えます。
テクノとニュー・ロマンティックは、その後境界線が薄くなる傾向を見せ、間に存在すると言うか、橋渡し的存在なのがウルトラ・ボックスなんかじゃないでしょうか? 彼らの音楽はボウイやロキシーの影響が色濃く、面白い存在だと思います。 こんな感じってモロ影響下でしょ? 日本でも人気がありました。 

今日本で言うところの「テクノ」は「ヴィサージ」あたりを思い浮かべた方が、「元祖テクノ・ポップ」を聴くより理解し易いと思います。
実はテクノとかニュー・ウェイヴって構築マニアでギター・フリークの私は好きじゃなかったので専門外なんですよね。 だから一般的ニュアンスとして読んで下さい。 もっと正しい知識を得たい方は実際動画サイトでいっぱい聴いてみて下さい。 派生したものが多過ぎて今では「正しい」が何なのか?解らなくなっています。

いずれにせよ、音楽はその時々の時代背景が生み出すもので、日本でテクノが持て囃されたのはバブル期です。 イギリス本国では不況の時代にパンクが出現し、そのすぐ後にニュー・ウェイブが出現しました。 この差だけでも音楽の捉え方の違いや存在の違いが分りますよね? 
このいきなり世界的大不況のちょっと前、安穏としていた日本で香水ちゃんが又もや登場してテクノの健在振りを示したのは今となっては皮肉な現象です。 でもそれって解る気がするんですよね。 昔のテクノのファンはオシャレな大人が多かったし、男性ファンも多かったけど、今の香水ちゃん人気は秋葉の香りがしますよね??(しません?) 「ああ!懐かしい!」 と思ったオジサマ達は別として、全く違った受け止め方がされていると思います。

雄蝶さん達はバックに控えて来た(メンバーと言う事ではなく)お兄様方が、日本でテクノが持てはやされた時代に、その対極にあったHRやプログレを演ってた人達なので、当時はテクノな人達とは相容れないものがあったと思います。 ファンにもハッキリ派閥的なものがありましたから当人達は異星人同士みたいなものだったかもしれません。 テクノとHR&プログレの一番の違いは後者はクラシック音楽の影響が非常に強く、前者はそれが無い事。 
雄蝶さんの様にクラシック出身で、歌を聴かせたくて、物語を音楽と視覚で表現したいって人には後者が断然やり易い方法だから今までもベースにはそれがあったんでしょうが、今その対極にあったミュージシャン同士が手を組み、違和感無くそれぞれの優秀な点を活かし合う現象って普通考えられないんだけど、これが掟破りの(知らないとも言う)雄蝶さんらしいやり方ですな。 そうゆう意味では偉業??  

日本の風土と言うか、日本人の性質上テクノには男性ファンが付き易いし、それと同時に日本男児はスーパー・ギタリストが大好きなんですね。 その要素を一緒にしない手はないわなそりゃ。 男性ファン獲得の為、そしてお嬢さん方もそれなりに楽しめる二次的要素もあるのでいいんじゃないでしょうか? でも決して意図的ではないと思います。 やっぱり単にサイボーグ=テクノになったんじゃないのかしら??

今日ペッタラコしてある曲は雄蝶さんファンにはつまんないと思うなー(笑)
んじゃオマケに これはニューロマじゃないよ!
様式美が好きな日本人的には、踊れるテクノやニューロマよりも基本根が深くて暗いこちらの崇拝者が圧倒的に多いのは当り前とも言えるんでしょう(特にミュージシャンにウケがいい) 彼らにしか出せないグルーブ感があり、イントロが素晴らしくドキドキします♪ ボウイ様崇拝者には可愛がってる人が多いのも分るでしょ? 彼らは評価の高い曲より、初期のアルバムに名曲が揃ってると思います。 予定通り脱線して終り。 イギリスに行けば脱線するに決まってる(笑) ギタリストを語らなかっただけマシだと思って下さい(笑) あーー、長かった。 お疲れ様~! (詳しくはD山くんにコメ欄で質問して下さい/笑)逃げっ!

22:05 |今現在某残念な人 | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


<<「天.地.人」 だったハズのドラマ 一応第4回 | TOP | 問題点3つクリアー!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


質問しないでちょーだいね 

Rueにゃんテクノを語る(笑)
すごい大変(笑)ニューウェイブ語るのはもっと大変。
すごーく亜種が派生しているんで大変だよー。
でもUKの音楽がきらびやかに輝いていた時期なんじゃないかな。いいバンド多いもん。
現在有名なバンド(人物)もこっから派生しているからね。

とりあえず、今はつべとかニコとかあるので聴いてみたほうがいいよね。

2009/01/25 16:45 | 松山 [ 編集 ]


■■■質問するにも難しい話■■■ 

> Rueにゃんテクノを語る(笑)
> すごい大変(笑)ニューウェイブ語るのはもっと大変。
■リアル・タイムで全部聴いて来た人達じゃないから、時間軸がハッキリ分んないのよね。けど凄いと思ったのは、後から聴いた人間でも「ニューウェイヴ」って呼ばれる区別が音に出てる事だった。(影響が誰か分るんだもん/笑) たまに逆流(滝登りではない)もいいね。

> すごーく亜種が派生しているんで大変だよー。
> でもUKの音楽がきらびやかに輝いていた時期なんじゃないかな。いいバンド多いもん。
■あの時代の人達は熱狂しただろうねー。たまにライヴ映像とか観ると「大丈夫?」って感じだけど、その位新しかったんだと思うな。 新しいネタがいっぱい出て来たんだけど、それぞれ原点があるのも歴史を感じて良いモノだよ。 
好きな音もみんな一つじゃないだろうから派生もいっぱい。当然の現象だよね。全部纏めてUKって国なんだと思う。 カッコイイなやっぱり♪

> 現在有名なバンド(人物)もこっから派生しているからね。
> とりあえず、今はつべとかニコとかあるので聴いてみたほうがいいよね。
■実際聴かないと解らないんよね。 カントリーなんて全然知らんからな(笑)それと一緒の事だわ。

2009/01/25 22:43 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。