2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/12/20 (Sat) あちらの幕が下り、こちらの幕が開く

あー!長い事ここに来られませんでした  
只でさえ慌しい師走に、アホな上司が盲腸になり(いかにもありそうな人物なので笑った) 何故かボーナス査定までさせられるハメになったワタクシはも~PC画面は家では見たくない程目が疲れますた。 気持ち悪いので、TVも篤.姫の最終回の録画と、バ.チス.タの録画と風~の最終回だけオエオエしながら観ました(そこまでして観なくても!)
やっと週末だわん♪ 米積みありがとう☆ これでお正月のお餅がつけます! お返事が全く書けてなくって申し訳無い事この上なしーーm(__)m 平に~~!m(__)m んが、勝手に遊べる大人な皆様のお陰で初耳な情報が色々! 早速雄蝶さんの公式に行ってみたんだけど、お城が出来たんかしらん? アクセス過多なんかしらん? 表示されないわ。 食事時に行ってみよっと。

さて、師走ついでに目がもっと重症にならない内に今年の事を一つづつ書いておきましょっと。

■ドラマ部門■

今年はドラマもCDも 「これっ!」 ってのが無くって、結局なんだかんだ言って 「篤.姫」 が一番良く出来てたなと思います。 あれだけ観ると、西.郷さんも大.久.保さんも(そう言えばあの方のご先祖よね) 竜.馬も…勝.海.舟以外の幕末戦士達はみ~んなバカみたいなんだけど、天.璋.院が何故ああゆう思考回路の人間になったかが良く理解出来たし、最初は瑛.太くん、嫁に行ったら将.軍.様、お隠れになった後に義息子である新.将.軍.様、息子にも先立たれた後には又幼馴染と再会。 とマダム達も去年のように 「今何て言ったの?」 とか 「名前がごちゃごちゃで判らない」 なんて思わないでラヴ・ストーリーとしても観られたと思います。 

ここがあの視聴率の勝因だったと思うんだけど、脚本家女史の凄いところは 「そんな他人の恋愛なんてどーでもいいわよ!」 な視聴者にとっても中々面白い内容で書いてくださっていました。 心が荒む世の中で、「あーゆう大らかな人って楽だろうなー」 と思える篤.姫。 その彼女は何故普通ならキレキレになるところを、大きな気持ちで乗り越えられるのか? を毎回格言日めくりみたいに教えてくれるのです。 女の子を持った世のママン達は瑛.太くんにうつつを抜かしてないで、総集編ではそっちを学ぶべきだと思います。 

そして役者さん達も今年も又一年かけて素晴らしく飛躍され、観ていて気持ちが良かったです。 あ.お.いちゃんも瑛.太くんも次代を背負う役者さんになれるでしょう。 そして篤.姫の産みの母役の樋.口可.南.子さん、教育係の幾.島.役の松.坂.慶.子さん、大奥を仕切る滝.山.役の稲.森.い.ず.みさん、等、女優さん達の魅力的な演技が目立ちました。 しっかし大河の衣装さんとメイクさんは巧いな~♪ あたしゃ滝.山のリップカラーが何処の何なのか?知りたいよ(笑) あ.お.いちゃんの衣装も見事だったね~♪ 

短期間しか出演場面の無い方々でも印象的な俳優さんが多く、特に将軍様は全国区で人気者になりましたね。 地味な実力派が表舞台に出て行けるのは良き事なり。

派手に視聴率を取った「篤.姫」 の他は 「とっても残念で賞」 が2作。
■キャストを変えたら面白いだろう 「チ.ーム.バチ.スタ.の栄.光」 (最終回を待たずして全部分る脚本なのでもう終わった感じ。 バ.チ.ス.タシリーズ?も3作目なので誰も出てくれなかったにしてもつまんないキャスティングだった。 1作目は来年の景.勝さまと今年の滝.山が出てたのよん♪ H~さんのお気に入りになったワンワンが気になったのも解ります)
■役者は揃ってた 「風.の.ガ.ー.デ.ン」 (ひたすらあの超大物日本の父脚本家氏はとっても俗っぽいと思う次第。 題材が重いだけに役者陣は皆さん渾身の演技なのに勿体無い) 

この残念だった 「風.の~」 で幕を下ろした緒.形.拳氏の俳優人生に代わって、いや全ては終わってはしまわないと 「再.生.Ⅱ」 ツアーはその幕を開けました。 あれを又やろうとル.ーマ.ニアで思いついたそうですが、折りしも緒.形.氏が風.のガー.デ.ンから写メを送って下さっていた頃。 花がキーになるとの話も出ていたので、歌詞に出て来る 「a drop of your soul」 が大地に宿って青い花を咲かせた様に、何が我々の中に咲くんでしょうね? ( Hミンがこの話書いてくれてたよね? その通りの最後のシーンになったね)

Yぴょん家は準備OKのご様子!ホントにコート買ったの?(笑) M山くんも完全に地底から出て来ました。春~♪  になればいいね。 そんではまずはここまで。

16:54 |日常の雑記 | comment(16) | 【PAGE TOP】↑


<<いよいよなので確認事項です♪ | TOP | もう始まったんだ(と今気が付いた)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


Rueさんの目が元気になりますように 

>~PC画面は家では見たくない程目が疲れますた。
お疲れ様でした。Rueさんの目がいっぱい元気が出ますように。乾き目になってませんように。
>ひたすらあの超大物日本の父脚本家氏はとっても俗っぽいと思う次第。 題材が重いだけに役者陣は皆さん渾身の演技なのに勿体無い
最後まで見まして、やっぱり不倫はあんまり必要ないんじゃないかと思いました(苦笑)不倫が無い方が、物語がさっぱりしてテーマがクリアになったんじゃないかしら、と思います。本当に役者さん達は皆さん、熱演されてて、演技の力で、最後まで見れました。
>Hミンがこの話書いてくれてたよね? その通りの最後のシーンになったね
はい。そして、きっと、製作者の方は考えられてないだろう事なのですが、貞美が死に臨んで、白鳥家に欠けていた母親の力(前にも書きましたが、青い花って聖母マリアを連想させるのです)を再び呼び込んだように私には見えました((貞美、岳、貞三の)姉の力はありましたが、母親、妻の力は欠けてましたから)だとすると、これが貞美の贖罪になるのかも知れない、という気もしてきました。
>花がキーになるとの話も出ていたので
楽しみにしてます♪

それではまたよらせていただきます。

2008/12/20 22:37 | 漣 [ 編集 ]


今、帰りの電車ー! 

19:20頃開始22:10終了ですぜ!

あたしゃ、腹が減って喉が渇いたん。色々考えて書きにくるぜ!ネタばれしないよになのね。

コート買ったわよ!でもムートン黒なの、あったかい♪
ぷちに頼まれたチョコとかステッカーとかアナタ、大荷物なりー(笑)


サーシャたん、服とか普通の人多かったよ♪
なんか私とどうのこうのみたいかもっとな人もたくさんだったけど、男が結構いたよ。←赤君喜んでたなり。

電車降りるなり、またねー。

2008/12/20 22:51 | ゆう [ 編集 ]


なーに? 

あたしとどうのこうのじゃなくて同年代よ!一見テンパってそうなアタクシだけど、ちょっと冷静かつテンパってるのよ(爆)

感激とガックシが混ざっているなり。
言いたいことまとめてから。

2008/12/20 22:59 | ゆう [ 編集 ]


■■■ハスミン放置しててゴメンネ■■■ 

>乾き目になってませんように。
■ドライアイは元々なので、ヒアルロン酸飲んでみたらこれ結構イイです♪
ありがとう☆ 整体に行けば少しは良くなると思います。 

>やっぱり不倫はあんまり必要ないんじゃないかと思いました(苦笑) 不倫が無い方が、物語がさっぱりしてテーマがクリアになったんじゃないかしら、と思います。
■私も結局このドラマは何が言いたいのか?考えた時(考える必要がある時点で終わってるけど) 不倫は必要ない以上に、貴/一さんを起用した意味が無くなってしまった感が強かったと思います。 レスが遅れてますが、前回ハスミンが突っ込んでくれてた水.谷さんの奥様の役どころが重要だったはずが、最後には 「やっぱり最後は家族」 でアッサリ排除されてるにも拘わらず、平.原さんは逆にクローズアップされましたよね? あれも街角であの歌を聴くだけの方が効果的に使えた気がします。 「私、今日は駄目なんです~云々」は引きましたわ。 いきなり大ブレイクした歌手があそこの教会に営業?に来るハズもないし。 街角で先生があの歌を聴く事になれば別れなければならないハズなんだから、彼女は知らないで何処かで歌ってる方が良かったのに…。

>本当に役者さん達は皆さん、熱演されてて、演技の力で、最後まで見れました。
■本当に皆さん力が入り過ぎない自然な熱演でしたね。 緒.形氏が仰ってた通り子供達二人もベテランに負けない瑞々しい存在感を出せていて素晴らしかったです。 ラスト・シーンの岳.君がやはり本来あるべきあのドラマの象徴だったように思えました。 不倫が必要だったとしたら、彼のキャラクターと対極にある家族が離れ離れになる理由になったからでしょうか? だとしたらとんだ勘違いだとも思います。

>貞美が死に臨んで、白鳥家に欠けていた母親の力(前にも書きましたが、青い花って聖母マリアを連想させるのです)を再び呼び込んだように私には見えました
>母親、妻の力は欠けてましたから)だとすると、これが貞美の贖罪になるのかも知れない、という気もしてきました。
■ハスミンの青い花と聖母の関係コメを読んで、花の色を注意して観ました(出て来るのはバレバレだったしね/笑)色んな角度から映すと色も変わるんですが、ホントに宗教画のブルーカラーに見える部分がありました。 ハスミンの家族に母を呼び戻して(=父としての自分の存在もですが) 償いとするとの感じ方と良く似てるんですが、「首尾よくあちらに行けたら何かサインを送る」と約束した貞.美が、あちらでお母さんと再会したよと言っているようにも見えました。 君達は自分達の子供で離れていても家族だと。
でもそうすると、岳君だけがガブさんという第三者をずっと思い続けるのはどうかな? と思うんですよね。 花を両親に預けた事で全て終わりなのかな? 
あくまで想像ですが、どうも最初は脚本に不倫は重要だったんじゃないでしょうか? 家族崩壊に至る原因設定が、岳.君を妻に任せっきりにした事でしたよね? 岳.君の役設定が結果として「キミだけが清らか」な存在だったワケです。 不倫とコントラストを出す為にこれは一石二鳥の設定だったと思われます。
でも清らかな彼にはガブリエルとしてしか会えない父親で終わるのは罪と罰、生と死、そしてこの脚本家氏の得意な家族愛を描く上では矛盾が出て来たように思えました。 それとも貞.美をいい加減でも愛すべき人間にしないと重すぎるからでしょうか?

不倫設定は深く考える程興味も無いんですが、あんまり気分が良くないのは道案内役の様な役割に奥.田.英.二氏を起用したのは確信犯のように思えてならないからです。 10月1日これも1日はキリが良くて別段いつでもいい事ですが、10月は青い花が咲く時期とは関係が無いので12月に終わるドラマならば、しかも平.原さんがの台詞ではあの曲を貞.美が街角で聴くのは冬の設定でしたよね? 12月でよかったと思います。 なーんかあのセンセは感じていたのか?知ってたのかな?と思える場面が在り過ぎだと思うんですよね。
巨匠と名優がお互い口には出さずに暗黙の内に遺作を作ってみえたようでなりません。 実際ドラマはもうやらないとは伝えられていたそうでしたしね。

公式で偲ぶ会にてお供えして頂ける手紙とメールの募集がありますよ。開封しないでそのままお焚き上げして下さるそうですよ。 

2008/12/21 00:55 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


■■■ゆうぴょん! 初体験どでした?(爆)■■■ 

>あたしゃ、腹が減って喉が渇いたん。
■第一声がこれってイイ(爆) ゴハンはちょっと食べてから行きましょう!

>19:20頃開始22:10終了ですぜ!
■名物に遭遇か。今回もいちいち会場変わるから押すトコ多いのかな? でもその分音はそこら辺のバンドとはえらい違いだよ。時間は最終日並だね。新曲多いのかなあ? 楽しみにしておきますわ(色々な意味で)

>コート買ったわよ!でもムートン黒なの、あったかい♪
■レザーってんならバリバリのソレモンを想像してたら、あら!可愛いじゃありませんか♪

>ぷちに頼まれたチョコとかステッカーとかアナタ、大荷物なりー(笑)
■しっかりしたおコじゃ(笑)グッズは自分では買わない方がいいなりよ。 並ぶのも面倒だわ高いわ(笑)

>男が結構いたよ。←赤君喜んでたなり。
■おお!それは吉報じゃ!あたしゃ自分が好きな曲よりこの際男子達の目覚め?を期待するよ。プチん含め、雄蝶さんがきっかけで何処に行ってもいいんだけど、Rock人口をもっと増やしたいなり!

次はハスミンとドキウキ参戦しといで~♪

あれ?追加か??
うん、何の事か分らん(爆)テンパってるよ多分(爆)
一応規則は規則なんで感情だけぶちまけに来て下さいませ(内容は秘密ボタンとかにしてねん♪)
個人の責任でネタバレを読むか読まないかは決めればいい事だと思うんだけど、そんなしょうもない事であれこれトラブるのもアホっぽいしさ。 一応普通に内容はNGにしますだ。 ヨロピク♪

2008/12/21 01:25 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


あははん 

ウダウダ書いてたら、長くなっちゃったい(×ω×)

ママンが面白いテンションになってらっしゃるw
なんか、「もう始まったんだな~」と思うと、不思議な感じですわ。
こっちまでくるのはまだまだ先に思えるのに…。

>只でさえ慌しい師走に、アホな上司が盲腸になり
あらら~、上司さんも、とばっちりのRue様もお気の毒…。まぁ、アッペは真面目に生活しててもなるし、なっちゃったら待ってくれないもんですから、なにとぞ生温かい目で…

>ワタクシはも~PC画面は家では見たくない程目が疲れますた
私は疲れ目の時は、お風呂場の電気消して入るです。意外と湯船のお湯に乱反射してる光が疲れるのです。 暗いお風呂は意外とちょっと癒されますぞ☆ 脱衣所の電気つけとけば、真っ暗で危険なこともありません。

>今年はドラマもCDも 「これっ!」 ってのが無く
今年は例年になくいっぱいドラマ観てた(去年は風鈴1本勝負だったのにゃw)気がするんですけど、収穫は・・・(×_×)
なんたって、制作スタッフとキャスト両面で期待してたゴンゾがこけたもんな~。やっぱり僕はI棒のが好きです。殉職でもなく左遷でもなく無事にご卒業なさったし、よかったよかった♪ 収穫といえば、滝上って掘り起こした怪奇が、越冬させたままにしてたジャガイモみたいなもん?
CDは・・・だって肝心の、ココに集う人々の扇の要ともいうべきお人がアルバム出さないんだもの!! ただ、はーことしましては、Rueお姉さまのお導きにより、カワイコちゃん関連の音源を(半分くらいレンタルコピーだけど)大まかに押さえれたのでよしとします。

>結局なんだかんだ言って 「篤.姫」 が一番
結局なんだかんだ言って(ないけど)、あっつーを観ずに終わった私です。世間様が騒ぐと、意地でも観たくなくなるようです(爆)

>(バチ)最終回を待たずして全部分る脚本なのでもう終わった感じ。
あの写真がな~、裏だけとか、表でも隅っこだけであくまで「写真だ」と分かるけど何が写ってるかわからないくらいで引っ張れば、もちょっと緊張感もって次回に持ってけただろうに…。残す興味は手口のみ。

>H~さんのお気に入りになったワンワンが気になったのも解ります)
最近ちょっと思うこと。やっぱり、わんこ、大好物とするにはちと濃ゆい(笑)
バチ、緊張感のピークは#5わんこのニヤリ⇒#6僕だけじゃないも~ん⇒#7ダ~イブ!の3話分でしたわ。そこまではいろいろ謎を引っ張ってきたのに、一角が明るみに出ちゃったせいでなにやら闇が薄くなっちゃいました。まぁ、個人的興味のせいかもしれませんけど(笑)

ってことで、ちょいと来年の河のこーしきを覗いてまいりました。
http://www9.nhk.or.jp/taiga/tenchijin/top.html
まだ、企画意図と、皆さんど~でもいい(笑)主人公さんのインタと、人物相関図しかありませんでしたが。

人物相関図の写真……やはり主人公君、薄いよ君。なのになんで、斜に構えて写真撮るかな~?薄さが際立つじゃないか。その弟役の"自称ライオン"の御子息も薄いし…薄々ブラザーズと命名(たぶん使うことはない呼称…だって呼ぶ必要ないもんw) 
玉ちゃんのほうが、まだ何とかなりそな予感。
オグオグとパパイヤのヅラがど~にもおかしいと思うのですが、いかがでしょう?
そして、去年にもまして、その他の上過ぎ家臣団が地味な気が…。去年の妙に俗っぽ~くて可愛い直江さんとかあるイミ燻された魅力もあったんだけど、来年のはなんていうか・・・もっさい?いもっぽい?演技がつけばまた印象変わるかしら。
わんこの写真はまだないとです。現代で金髪不良野球少年とかやってたせいかな?野球は先日クランクアップしたみたいなんで、そのうち出てくるでしょう。
あと、現時点で一つ思うのが、はっつーが忍びである意義があるのかと。ただ、家とか国に立場を縛られないってだけの設定じゃなかろうな、と。あの時代の女忍びって、去年ので素っぱの葉月姉さんがぶっちゃけトークしてたような形での情報収集が主だと思うんですけど…いいんですかね?

あと、もひとつ青い田んぼからお便りどえす。
「まずは時代劇に!」の声が聞こえたのか(笑)、ちょっと可愛いあの子が、年明け9日のひっさちゅ仕事人に出してもらってるそうです。初マゲです。よろしかったらみてあげてください(>ω<)

2008/12/22 00:53 | 迷い子葉月 [ 編集 ]


いくとしくるとし 

Rueさん
>不倫は必要ない以上に、貴/一さんを起用した意味が無くなってしまった感が強かったと思います。
 貴一さんは不倫をする役のために、不倫してもあまり不潔ではないタイプという意味合いの起用ということですか?
あのドラマを見てて、一番?としたのが、不倫と妻を自殺させた罪に拘ってたのが、貞美だけっていうのが……。もっと前に家に帰ってても何の問題もなさそうなあたり、貞美の罪設定って何だったんだろう?と。正直、奥田英二さんの役所とチェンジした方が解りやすかったのかも。
癌で死亡宣告された経済界の大立者が人々が離れていく中、そのことを受け入れられず苦しんでいるときに、自分の手術担当の麻酔科医が、自分も同じ癌だと告白する。不倫で妻を苦しめ自殺させてしまい、家に帰れないでいる。でもせめて死ぬ前に勇気を出して、家に帰ってみようと思うと。そして、麻酔科医は退職して少しして、手紙が着く。それには思いがけなく許して貰い、一緒に暮らしていると。それに力を得て、破れかぶれの勇気で、富良野へと帰る。一度はもう二度と帰らないと思った家へと。大喧嘩した義父、離婚した妻と娘と息子の所へ。懐かしい風のガーデンへ。と書いてみてあまり違和感がないあたり何なんでしょう(苦笑)
>でも清らかな彼にはガブリエルとしてしか会えない父親で終わるのは罪と罰、生と死、そしてこの脚本家氏の得意な家族愛を描く上では矛盾が出て来たように思えました。 
 貞美と岳ちゃんは父子としては修復されてなくて、貞美の一方通行だと思います。結局蚊帳の外に置かれたので、岳ちゃんが親戚に預けられることになったときの「おとなって勝手なんだから!」(でしたっけ?)というセリフが岳ちゃんの反抗の台詞に思えたのでした。恋愛の醜聞は咎められず、父(貞美)息子(岳)の和解は禁じられ、どうもこの作品のタブーの基準がどこにあるのか、良く解らないです。
>「私、今日は駄目なんです~云々」は引きましたわ。
 この作品ではこんなものなのかしら?と思いましたが、後で思うと、本職の歌手なのですから、あの台詞を言わせるのは気の毒な気がします。仕事の誇りがあるでしょうから。
>公式で偲ぶ会にてお供えして頂ける手紙とメールの募集がありますよ。開封しないでそのままお焚き上げして下さるそうですよ。 
 教えて下さってありがとうございました。

葉月さん
>玉ちゃんのほうが、まだ何とかなりそな予感。
 実はかなり期待してます♪奥さんの華姫とカップルで期待中♪雑誌のコメント通り、浮世離れした御夫婦が見れますように♪
>そして、去年にもまして、その他の上過ぎ家臣団が地味な気が…。
 三割増しでむさく……いえ、その。
>去年の妙に俗っぽ~くて可愛い直江さんとかあるイミ燻された魅力もあったんだけど、
 直江面白かったですね♪凄く俗っぽい癖に、離反するでもなく喧嘩するでもなく、あの一種浮世離れした御屋形様にずーっとお付き合いしていって、しかも頼もしいという面白い人でした♪
 もう二度と、あんなに豪華で独特で迫力ある越後主従は拝めないかもしれませんね。
とりあえずお舘の乱までは一生懸命見る予定です。その後はその気になったらば。

それではまたよらせていただきます。


2008/12/22 23:21 | 漣 [ 編集 ]


■■■はーさんいっぱいありがとう♪■■■ 

> ママンが面白いテンションになってらっしゃるw
■雄蝶も未だ捨てたもんじゃないんね(笑) 我々が行ける頃にはみんなどんな感じになってるんだろ?

>アッペは真面目に生活しててもなるし、なっちゃったら待ってくれないもんですから、なにとぞ生温かい目で…
■何事にもタイミングの悪い人って居るっしょ?そうゆうオヤジなのよ(笑)

>意外と湯船のお湯に乱反射してる光が疲れるのです。 暗いお風呂は意外とちょっと癒されますぞ☆ 脱衣所の電気つけとけば、真っ暗で危険なこともありません。
■にゃる程!確かにPC画面も明る過ぎると目が疲れにくいもんね。そうしてみる!ありがとう♪

> なんたって、制作スタッフとキャスト両面で期待してたゴンゾがこけたもんな~。
■ゴンゾあったね。もう忘却の彼方だったわ。そのくらいコケたよねー! ここ何年も被りつきのドラマって無いなぁ。(風鈴はちょっと別の意味でも観てたしね)←ヒヤリハットってやつ??

>やっぱり僕はI棒のが好きです。殉職でもなく左遷でもなく無事にご卒業なさったし、よかったよかった♪ 
■観てないけど、フツーに終わって満足出来るドラマってあんまり無いよね?しかも刑事モノ。水○さんって人気あるのかなあ?

>収穫といえば、滝上って掘り起こした怪奇が、越冬させたままにしてたジャガイモみたいなもん?
■あれは衝撃だったなー(笑)←でも面白かった♪

> CDは・・・だって肝心の、ココに集う人々の扇の要ともいうべきお人がアルバム出さないんだもの!! ただ、はーことしましては、Rueお姉さまのお導きにより、カワイコちゃん関連の音源を(半分くらいレンタルコピーだけど)大まかに押さえれたのでよしとします。
■カワイコちゃん関連収集に後悔という文字はありません!!

> 結局なんだかんだ言って(ないけど)、あっつーを観ずに終わった私です。世間様が騒ぐと、意地でも観たくなくなるようです(爆)
■その気持ち解る!若い証拠(爆) あっつーは捨て回無かったよ。 勿論必死で観る感じじゃないんだけど。

> あの写真がな~、裏だけとか、表でも隅っこだけであくまで「写真だ」と分かるけど何が写ってるかわからないくらいで引っ張れば、もちょっと緊張感もって次回に持ってけただろうに…。残す興味は手口のみ。
■ねー、予告であんなに映す必要ないよね? ヤケクソ気味な予告だったわ。 そうだね、手口の説明はしっかりしてもらわねば!

> 最近ちょっと思うこと。やっぱり、わんこ、大好物とするにはちと濃ゆい(笑)
■なんせスパニッシュだもん(笑) あの唇が又ね、濃く見える原因かも? も一人のお気にが薄い顔立ちだから、そこ考えると濃いわ(笑)

> バチ、緊張感のピークは#5わんこのニヤリ⇒#6僕だけじゃないも~ん⇒#7ダ~イブ!の3話分でしたわ。そこまではいろいろ謎を引っ張ってきたのに、一角が明るみに出ちゃったせいでなにやら闇が薄くなっちゃいました。まぁ、個人的興味のせいかもしれませんけど(笑)
■前半はほぼチラ観しかしてないけど、伏線らしきもの無しで進むタイプのドラマじゃなかった?? ネタがバレても「つまら~ん」って感じだったしね。あの兄弟ウザイし…。その中ではドキドキさせた部分で視線を集めたのがワンワンだったと思うけど。

>(天.地.人= 人物相関図の写真……やはり主人公君、薄いよ君。なのになんで、斜に構えて写真撮るかな~?薄さが際立つじゃないか。その弟役の"自称ライオン"の御子息も薄いし…薄々ブラザーズと命名(たぶん使うことはない呼称…だって呼ぶ必要ないもんw)
■ヘタレな主人公ってのが売りだと信じてるんだけど(笑)この前はーさんに教えて貰ったオープニング撮りのエピは、戦国武将をクローズアップしたかったら掲載しないよね? あくまで「愛」なんじゃないの?「義」と「愛」 去年の「義」とはえらい違いだよね??
 
> 玉ちゃんのほうが、まだ何とかなりそな予感。
■あっつーの後に予告があったんだけど、能面を外す時の玉ちゃん中々良かったよ♪ あの時代の美青年ならあんくらいがいいかも? 今の時代だとどーしても中性的な人物を想像するけど、他の面子考えたらあれくらいが丁度いいかな?と思えたよ。N.H.Kでのうさみんとの最後の共演者だから、追悼番組でのお言葉に期待してるんだわん。

> オグオグとパパイヤのヅラがど~にもおかしいと思うのですが、いかがでしょう?
■観て来た!おかしいってか狙ってる?なズラだよね?パパイヤは地毛を生かさなくても(トホホ)豪傑柿崎家のイメージもここまで来ると酷いし…。

> そして、去年にもまして、その他の上過ぎ家臣団が地味な気が…。
■地味と言うか何故??って感じ。意図が分らんわ。 山本圭は渋い配役だけど…老けたなー(涙)

>去年の妙に俗っぽ~くて可愛い直江さんとかあるイミ燻された魅力もあったんだけど、来年のはなんていうか・・・もっさい?いもっぽい?演技がつけばまた印象変わるかしら。
■去年も地味だと言われながらも結局はお屋形さまがあれだったから丁度バランス取れたでしょ? 来年は…うーーん家臣一同ヘタレてそうだなぁ。特に巧い人も居ないし…平泉さんはまぁまぁイメージは湧くんだけど他はちょっとです。

> わんこの写真はまだないとです。現代で金髪不良野球少年とかやってたせいかな?野球は先日クランクアップしたみたいなんで、そのうち出てくるでしょう。
■ワンコは最初は叩かれる可能性ありだと思うよ。大体あの兄弟のキャスティングは観.月.あ.りさが「肉.体.の.門」やるってのと同じ位の「は???」なイメージが…。

> あと、現時点で一つ思うのが、はっつーが忍びである意義があるのかと。ただ、家とか国に立場を縛られないってだけの設定じゃなかろうな、と。あの時代の女忍びって、去年ので素っぱの葉月姉さんがぶっちゃけトークしてたような形での情報収集が主だと思うんですけど…いいんですかね?
■原作での初.音って凄く美味しい役なんだよ。原作上巻で止めてるんだけど、初.音を誰がやるんだろ?って考え、今のN.H.Kならって上.戸.彩とかになりそうでどーしよー?と思ってたら、もっと酷かった。ドスドスした初音なんてヤダよ。 あの主人公だから必要なキャラって感じなのよね。

> あと、もひとつ青い田んぼからお便りどえす。
> 「まずは時代劇に!」の声が聞こえたのか(笑)、ちょっと可愛いあの子が、年明け9日のひっさちゅ仕事人に出してもらってるそうです。初マゲです。よろしかったらみてあげてください(>ω<)
■うっそー?!私の「必.殺」に出して貰えるの?!あ、今は角米獅子事務所だから「私の」ではないわな。そっかー、良かったね。角米獅子を食ってやって頂戴! 一応誰が出ても必.殺は観るから楽しみが一つだけ出来た(笑) ワンワンも「長.生.き競.争」だっけ?に出るね。

2008/12/23 21:57 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


■■■ハスミンに同意!■■■ 

>貴一さんは不倫をする役のために、不倫してもあまり不潔ではないタイプという意味合いの起用ということですか?
■どんな役もこなす役者さんですが、世のイメージとしてはお父様の印象もあってか??正統派ですよね?岳君の存在と自分の仕事の狭間で葛藤した末の浮気なら貴/一さんが良かったと思うんですが、生まれながらの女癖の悪さって設定があの父上の子としても説得力が無かったと思うんですよね。

> あのドラマを見てて、一番?としたのが、不倫と妻を自殺させた罪に拘ってたのが、貞美だけっていうのが……。もっと前に家に帰ってても何の問題もなさそうなあたり、貞美の罪設定って何だったんだろう?と。正直、奥田英二さんの役所とチェンジした方が解りやすかったのかも。
■そうなんですよ!設定不充分と言うか?途中で暴走したのか?罪を犯した貞美一人にスポットを当て過ぎて他がグダグダになっちゃってましたね。 その罪さえモヤモヤしっ放しだったし。
奥.田氏に関しては、彼が「緒.形.拳と言う俳優を撮りたい」一心でメガホンを取り、見物人が多かったロケで罵声を飛ばしまくり、緒.形氏のマネさんがこれは酷くないか?を気遣ったところ、ご本人は全く構わないとケロリとされていたとのエピソードが有名だったので、ここであの有名な奥.田氏が出るか?只の悪人を演れる俳優起用じゃないんじゃないかな?と思ったんですよ。

> 癌で死亡宣告された経済界の大立者が人々が離れていく中、そのことを受け入れられず苦しんでいるときに、自分の手術担当の麻酔科医が、自分も同じ癌だと告白する。不倫で妻を苦しめ自殺させてしまい、家に帰れないでいる。でもせめて死ぬ前に勇気を出して、家に帰ってみようと思うと。そして、麻酔科医は退職して少しして、手紙が着く。それには思いがけなく許して貰い、一緒に暮らしていると。それに力を得て、破れかぶれの勇気で、富良野へと帰る。一度はもう二度と帰らないと思った家へと。大喧嘩した義父、離婚した妻と娘と息子の所へ。懐かしい風のガーデンへ。と書いてみてあまり違和感がないあたり何なんでしょう(苦笑)
■脚本家ってのはハスミンが今書いてくれたみたいに、まずイメージを紙の上にこうやって書くでしょ?書いた時は辻褄が合うからそれに台詞をいう肉付けをして映像化するんですよ。けど、登場人物が多くなって、それぞれのキャラや関係が別のものを生んで行く事が計算に入っていないと最後に「え?」ってことになるドラマって多いと思います。 

私は映画も好きだけど、ドラマが大好きです。 特にアメリカのドラマが優れてるのは、登場人物をいかに魅力的に見せるか?をカメラアングル、衣装、メイク等などあらゆる手を使って磨き上げ、その人物をあたかも存在するかのように育てて行く手法が好きだからなんですが、この頃の日本のドラマでは意表を付くストーリーを狙ったり、キャラ売りだけしたりと、育てる気なんて無いのが現状だと思います。 手っ取り早い人気漫画を題材にしたものが多くなったのもそのせいだと思います。 大河が見応えがあるのは、一年かける事で役者さんも製作者側に登場人物に情が湧き、役が育って行くのが見えるからなんですよ。 大河の脚本は長丁場という事で、最初の設定も細かくないと一年持たないから、ああいったワンシーズン限りのものとは違ったアプローチで書かれてると思います。 それでも去年みたく「は??」にもなるし難しいんでしょうね。
 
>貞美と岳ちゃんは父子としては修復されてなくて、貞美の一方通行だと思います。結局蚊帳の外に置かれたので、岳ちゃんが親戚に預けられることになったときの「おとなって勝手なんだから!」(でしたっけ?)というセリフが岳ちゃんの反抗の台詞に思えたのでした。恋愛の醜聞は咎められず、父(貞美)息子(岳)の和解は禁じられ、どうもこの作品のタブーの基準がどこにあるのか、良く解らないです。
■正に!タブーの基準っていい表現ですね!凄く曖昧だと思います。 北の~シリーズは有名なシーンしか知らないんですが、多分あの脚本家氏は不完全な人間の集まりである一番小さな集団、家族を描きたい人だからかな?とも思いました。 不完全さを魅力を覚える人なんじゃないのかな? だから完璧な人好きが多い雄蝶さんのファンにはウケず(爆) 自然体で無理の無いお隣のカワイコちゃんご本人も、そのファン達もあのシリーズのファンなんじゃないかしら?

>この作品ではこんなものなのかしら?と思いましたが、後で思うと、本職の歌手なのですから、あの台詞を言わせるのは気の毒な気がします。仕事の誇りがあるでしょうから。
■でしょー?ハスミンのその発想はきっとちょっと雄蝶ワールドに染まった証拠かも~~??♪

2008/12/23 22:30 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


衝撃のラスト! 

いや~、バチ終わりましたな。
何が衝撃って……ぐっつぃ~のまさかのope真っ只中の白昼夢(笑) ドラマってなんであんなベタな演出するかな~?せめてリアルと多重映像くらいに留め置けばよかったのに。
ラストで白鳥氏がご丁寧に名刺まで準備してたのがちびっとおもしろかったですw

>(写真)ねー、予告であんなに映す必要ないよね?
ほ~ら、やっぱりお譲ちゃんを亡くしたパパの仕業じゃんよ~。外科の教授とかは、もう少し黒っぽいかと思ったのに、普通の人でした。

>そうだね、手口の説明はしっかりしてもらわねば!
こちらは、意外なほどに原始的でしたね。目のことが明らかにされたから、見えてない間に何かしたんだろうとは思ってましたが、ただ引っ張ったとは・・・(笑) でも、ビデオで長さ比べする前に、引っ張って回す瞬間も収められてると思うんだが…

>(I棒)観てないけど、フツーに終わって満足出来るドラマってあんまり無いよね?
刑事モノの退場って、殉職が王道ですしね。ただ、あのキャラ設定だと殉職させて「よし!おまえの遺志は俺が引き継ぐぞ!」って流れは不自然ですたい。水○さんのほう殺すんならそれもありかと思うんですけどね。ほかの刑事モノだとコンビ組んでも他にも支えになる同僚の存在があったりもしますが、I棒はほんと2人だけの部署なんで、かけがえのない存在と言いますか…死なれると永遠に傷が残りそうです。

でもね、ちょっとお話変わりますけど…
バチの掲示板とかちょいちょい覗いてたんですけど、けっこう推理合戦みたいになってましてね、『○○さんが大好きなので、どうか犯人じゃありませんように!』ってカキコがかなりあったんですよね~。
もしや、世間様ってそっちが多数派なんですかね、フツーに「めでたしめでたし」で終わると満足♪みたいな? 犯人役なんて、これ以上美味しい役どころはないのに…。

>水○さんって人気あるのかなあ?
今年は劇場版もあってかな~り知名度があがったかと。赤白にまで出ちゃいますからね~(個人的に今年の目玉w)♪

> うっそー?!私の「必.殺」に出して貰えるの?!あ、今は角米獅子事務所だから「私の」ではないわな。そっかー、良かったね。角米獅子を食ってやって頂戴! 一応誰が出ても必.殺は観るから楽しみが一つだけ出来た(笑)
必.殺の公式覗き見してきたら、出演者のとこでちっさくヅラ写真が見れました。しかし、いつも思うんですが角米獅子の写真情報統制ってなんか興ざめしますね~。

もひとつ、今月28日深夜(=29日)にみゃ~てれのドラマにでるらしいんですが・・・北じゃ入りませんがな( ̄∀ ̄;) わんこの「長生き~」は入るみたいだけど。
http://www.nagoyatv.com/love17/index.html
ま、ケータイ小説って時点で、蕁麻疹出そうなんですけどね(笑)

2008/12/24 01:06 | うっかり八兵衛  [ 編集 ]


あ゛・・・・・・ 

名前入れ忘れた…(爆)

パスは入力してるから直せるんですけど、うっかり~がツボったので、あえて小俵つみます(笑)
というか、わざわざ書かなくても内容で正体バレバレv

22日に帰省しまして、親のPCからなのです。
JRで帰省したんですけど、踏切事故でダイヤが乱れてエライ目にあいました。

2008/12/24 01:13 | 葉月in星の街 [ 編集 ]


年末のTV 

今日、こちらにhttp://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/P/4675.aspx
行ってきました。展示会は、ミニミニといったところで、プラネットアース中心でした。
当たり前なのですが、本よりずっと鮮明な写真を堪能してきました♪ところで、見ていて気がついたのですが、緒形さんの髪が、白っぽくなったり、黒味が増したり(汗)してました。とても短くされてたから、髪に体調がもろに現れてたのでしょうか?
白熊がおしりを突き出して、寝そべってる絵がいくつもあって、そんなに印象的だったんだと思ったり、生の毛筆書を見たり、愛用の黒ぶち眼鏡の同形タイプ見てじわっときたり。そしてファンになる数か月前のサイン会の写真見て、ちょっと惜しかった、と思ったり(苦笑)
それから、
12月29日 10:05 ~ 11:20  NHK総合
地球徒歩トボ~緒形拳がみつめたプラネットアース
が放送されるそうです。

近所のレンタルビデオ店で、緒形拳フェアのコーナーを設けてるので、借りてみてきてます♪今のところ、「ピーター・グリーナウェイの枕草子」「咬みつきたい」を見てます。次は「さよなら、ニッポン!」を見るつもりです(どうせイロモノ好きです(苦笑))ビデオなので、今のうち見て置かないと、無くなるかも?という危機感がちょっとあります。

それではまたよらせていただきます。

2008/12/25 23:50 | 漣 [ 編集 ]


■■■はーさん亀でごめん■■■ 

> いや~、バチ終わりましたな。
> 何が衝撃って……ぐっつぃ~のまさかのope真っ只中の白昼夢(笑) ドラマってなんであんなベタな演出するかな~?せめてリアルと多重映像くらいに留め置けばよかったのに。
■一瞬昼ドラかと思いました(笑) 「そうだったのかー」ともうひとネタ用意しといて欲しかったねー。期待もしてなかったけど(笑) 最近の音楽と言いネタが不足しとるんじゃネタが!構成力も無いんじゃわ(年末のぶつぶつ)

> ほ~ら、やっぱりお譲ちゃんを亡くしたパパの仕業じゃんよ~。外科の教授とかは、もう少し黒っぽいかと思ったのに、普通の人でした。
■つまらん配役でつまらんオチだったね…。でもこれホントに役者が魅力的だったらもちょっと観る側もベタな設定に満足出来たと思うんよ。

> こちらは、意外なほどに原始的でしたね。目のことが明らかにされたから、見えてない間に何かしたんだろうとは思ってましたが、ただ引っ張ったとは・・・(笑) でも、ビデオで長さ比べする前に、引っ張って回す瞬間も収められてると思うんだが…
■やっぱ思った?あんだけゴロンと転がれば、そっちに目が行くと思うんだけど…。でも納得が行かないとか全然思わなかった(笑)

> 刑事モノの退場って、殉職が王道ですしね。ただ、あのキャラ設定だと殉職させて「よし!おまえの遺志は俺が引き継ぐぞ!」って流れは不自然ですたい。
>I棒はほんと2人だけの部署なんで、かけがえのない存在と言いますか…死なれると永遠に傷が残りそうです。
■二人の部署設定も珍しいね。殉職設定も定番過ぎるからむしろ何もなく終わる方が斬新?かと。 片方殉職だとゴンゾ2が復活しそうだし(あれも残念過ぎるドラマだった…)

> バチの掲示板とかちょいちょい覗いてたんですけど、けっこう推理合戦みたいになってましてね、『○○さんが大好きなので、どうか犯人じゃありませんように!』ってカキコがかなりあったんですよね~。
■前半観てないけど、推理しようにも可能性が全員にあったよね?配役上切捨てられる役(若手は特に)はあったけど。2時間ドラマと同じでラテ欄のキャスト観て犯人が分る!と同じ結果になったわね。

> もしや、世間様ってそっちが多数派なんですかね、フツーに「めでたしめでたし」で終わると満足♪みたいな? 犯人役なんて、これ以上美味しい役どころはないのに…。
■その気持ちって解らない!犯人は美味しいよーー!あの場合主演??よりそっちが主人公と言ってもいいドラマだったし。 ○○さんが好き=犯人は嫌って公式が全く理解出来ない人間って少数派なのかなぁ?結構居ると思ってたのに…。 それにしても中.村さんってあんなにヘタだっけ??

> 今年は劇場版もあってかな~り知名度があがったかと。赤白にまで出ちゃいますからね~(個人的に今年の目玉w)♪
■あ!そうか!紅白出るんだね。目玉があの人でトリがきよし…。今年はゆっくりダウンタウンが観れます♪

> 必.殺の公式覗き見してきたら、出演者のとこでちっさくヅラ写真が見れました。しかし、いつも思うんですが角米獅子の写真情報統制ってなんか興ざめしますね~。
■誰が出るかお楽しみってのなら(その道の人にとってだけの話だけど)分るけど、公になってるタレントを伏せて何の意味がある??出し惜しみするだけの価値ある人にだけ通用する手だと思うんだけど…。

> もひとつ、今月28日深夜(=29日)にみゃ~てれのドラマにでるらしいんですが・・・北じゃ入りませんがな( ̄∀ ̄;) わんこの「長生き~」は入るみたいだけど。
■あれ?今日は31日それは見逃しましたがな!

> ま、ケータイ小説って時点で、蕁麻疹出そうなんですけどね(笑)
■ケータイ小説って読んだ事ないけど(あの遅くて小さい画面を利用した事はほぼ無いし)多分中身が無い事だけは予想できるよね?

来年は「天.地.人」が面白ければいいんだけど…ライヴが2月なので私もはーさんと同じくイマイチノリが良くないのよぉ~。
今年もお世話になりました。良いお年を♪

2008/12/31 18:58 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


■■■ハスミンも亀レスでごめんね■■■ 

> 今日、こちらにhttp://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/P/4675.aspx
> 行ってきました。展示会は、ミニミニといったところで、プラネットアース中心でした。
> 当たり前なのですが、本よりずっと鮮明な写真を堪能してきました♪
■すご~い~い! ハスミンは完全に遅れて来た緒/形/氏ファンよね! でも作品もいっぱい残ったし、今から滝昇っても充分満足出来る俳優さんだから、ハスミンが一番気に入る作品が見つかるまで楽しみね♪(なーんて宇.佐.美が一番!になりそうな予感もあるけど/笑)

>ところで、見ていて気がついたのですが、緒形さんの髪が、白っぽくなったり、黒味が増したり(汗)してました。とても短くされてたから、髪に体調がもろに現れてたのでしょうか?
■役によって染めてみえるんだと思ってましたが、抗がん剤によって髪って黒くなったりもするんですよ。だからそれもあったのかな?と後から思った事がありました。食事療法でもかなり髪の色は変わりますよ。宇.佐.美の時はホントに信じられない程お元気そうでしたよね。

> 白熊がおしりを突き出して、寝そべってる絵がいくつもあって、そんなに印象的だったんだと思ったり、生の毛筆書を見たり、愛用の黒ぶち眼鏡の同形タイプ見てじわっときたり。そしてファンになる数か月前のサイン会の写真見て、ちょっと惜しかった、と思ったり(苦笑)
■風鈴からのファンは何とも言えない意地悪な現実ですね。 でも名前だけ知ってる程度で終わるよりずっといいと思うし、ハスミンのようなファンが増えてご本人も本望だと思います。

> 12月29日 10:05 ~ 11:20  NHK総合
> 地球徒歩トボ~緒形拳がみつめたプラネットアース
> が放送されるそうです。
■兎に角年末忙しくて30日まで仕事だったので、それから大掃除だの本の整理だのしてたら31日も夜になってしましました。あーれー!プラネット・アースは結局何度か偶然観たくらいで終わりました。 室/井さんのコメントを未だ目にも耳にもしてないんですが、どんな思い出話をして下さるでしょうね? 今思うと最後の映画が「ゲゲゲ~」になったのは室.井さんへの友情の証だったんでしょうね。 まだまだ頑張るつもりではあったでしょうが、チャンスがある内に共演してみたかったのかな?とも思います。

> 近所のレンタルビデオ店で、緒形拳フェアのコーナーを設けてるので、借りてみてきてます♪
■おおーー!宇.佐.美ファンから緒.形ファンへ! 多分ハスミンはご存命でも同じようにいっぱい昔の作品を観てたと思います。 藤.枝.梅.安も是非見て欲しいです(若い時のギラギラ感はダメかな?)

ハスミン今年もお世話になりました。来年は雄蝶さんのライヴもあるし、「天.地.人」も始まるし、又色々お話して下さいね♪

2008/12/31 19:10 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


携帯投稿ですの♪ 

Rueしゃま、年末までお仕事、ホントにホントにお疲れさまでしたm(_ _)m

赤白観てますが、私的目玉は終わりました。
まだ、惰性でチャンネルは赤白ですが…
水.谷さん、ガチガチテレテレで面白かったです(笑)
角米獅子のスマの(特にひどい)音痴担当の衣装がつっこみどころ満載で、素敵にヒドいです(嘲笑)

ちと可愛いののみゃーてれどらま、期間限定でWeb配信しててみれました。
ま、案の定、中身はありませんでした。
ありがち少女マンガ設定でしたわ。
一応、みゃーてれHPから、【LOV.E十七】ってのにいくと観れるかと…あ、上にリンクはってましたね。
今日までだった気もするんで、間に合わないかなぁ(ウソ、13日の昼まででした。ただ、ドラマ自体の内容はないので、そこらへんはくれぐれも…。てか、演技がどうのという以前に、脚本とか演出のレベルで極めて残念…。1回みたらもういいや、な気分です)

来年もよろしくですぅ☆

2008/12/31 23:24 | 葉月 [ 編集 ]


■■■はーさん今年もありがとう!■■■ 

> Rueしゃま、年末までお仕事、ホントにホントにお疲れさまでしたm(_ _)m
■はーさんこそお勉強お疲れ様です。夢に向って女の道は一本道ですぞ!ハチマキして応援しております。

> 水.谷さん、ガチガチテレテレで面白かったです(笑)
> 角米獅子のスマの(特にひどい)音痴担当の衣装がつっこみどころ満載で、素敵にヒドいです(嘲笑)
■紅白の時間は結局片付け物して(どんだけ物を溜め込んだんでしょ!)ダウンタウンの方を観ましたです。 水.谷さんって歌手経験はあるの? どっちにしても本人もビックリな紅白出場だもんね上がるわよ(笑) I某ファンにはたまらんかったでしょう。うちの母親がI某ファンなので観てたようです。 御地担当者の衣装どんなんだったんだろ?角米獅子はどれもとんでもない衣装だけど、ファンに言わせると「あれがいい!」んだって。 世の中色々縞々チョコね(松山くんの口癖?)
> ちと可愛いののみゃーてれどらま、期間限定でWeb配信しててみれました。
> ま、案の定、中身はありませんでした。
> ありがち少女マンガ設定でしたわ。
■あ、やっぱり!最近日曜朝出身者をやたら使うのはいいけど、育つ気があるコも居るだろうに、使い方が雑で気の毒になる事があるなー。その点 「数野ん」出身者は待遇が違うね。

> 一応、みゃーてれHPから、【LOV.E十七】ってのにいくと観れるかと…あ、上にリンクはってましたね。
> 今日までだった気もするんで、間に合わないかなぁ(ウソ、13日の昼まででした。ただ、ドラマ自体の内容はないので、そこらへんはくれぐれも…。てか、演技がどうのという以前に、脚本とか演出のレベルで極めて残念…。1回みたらもういいや、な気分です)
■あ!じゃあ未だ観れるね!中身が無いなら流し観してみますだ(笑)初マゲの前に。4日はどん来い検診と必殺モドキがあるからTV三昧じゃの。

> 来年もよろしくですぅ☆
■こちらこそよろしくですv はーさん世にデビューの年だぜい!!゚*☆*・゜

2009/01/02 20:38 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。