2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/10/04 (Thu) 完璧な武田を求める理由

又大好きなイモムシさん に助けを求めに行ったら、嘘の様に答えが出た イモムシさんはやっぱり偉大だった。答えが落ちてる!(いつもこんなところから申し訳ないm(__)m 感謝してます。)

内野勘助は今後求めても出ない、大河史上に残る出来だし、Gacktは場所がステージ以外であろうと予想以上のオンステージを繰り広げるし、話も面白いし、ほぼ文句は無いハズな私。 武田がどうであれそんなのどって事ないんじゃないの? むしろ武田側が全員素晴らしい芝居とエピソード構成だったら「タラ~ 」なんじゃないのぉ? 心の中のちっちゃな悪魔ちゃんが囁く 「土スタ」で歌舞伎の歴史まで持ち出した亀さんに「はぁ~~ 」とか言ってたよね、私。(気持ち悪いTVの観方)

あれ?何故私はどーでもいいハズの武田晴信に完璧を求めてしまうのか  一つだけ理由があった。 大河が決まった時、役が上杉謙信だって聞いた時、我々捻くれオタク?は皆同じ事を同時に考えたと思うの。 それを最近忘れてた。正確に言うと、忘れるワケないから、「武田信玄は完璧でなければならない」とその理由を結びつけられなかったんだと思う。 きっと思ったよりドラマの内容が中盤から面白くなって来て、その中に巧く溶け込めるだろうか?って心配が出て来たからだと思う。 Nちゃん!Kちゃん!あ~たもそうじゃない?(とことん私的でゴメンね)



何故こんなに大河が怖かったのか? 絶対やってくれる、いや全国の皆さんが「うそー 」と思うようにやり遂げなければならなかったの。 だから結果が怖かった。
Gackt自身も今まで誰も成し得なかった上杉謙信を創り上げなければならなかったし、武田信玄も又同等でなければならなかった。 Gacktはそのつもりで、信玄と戦うつもりで未だ観ぬ世界へ出陣して行ったんだと思う。 
冷静に考えれば容易に解ったのに…うっかり物語に入り込んでしまってた。 これ自体がマジックだったんだわ

皆様ご存知のように、景虎さまやってる人はその昔、とあるビジュアル系バンドのヴォーカリストとして一世を風靡しました。 そこに気が合って、よく一緒に出かけていた、とても真っ直ぐな心を持ったドラマーが居たの。 少年のような人だった。 「だった」というのは彼は今はもう居ない人だから。 人気はビジネスになり、人が集り、欲深い人間によって誤解が生じる。彼らは皆犠牲者だったけれど、誤解したまま永遠に別れなければならなかったのは辛すぎた。 
そのドラマーは戦国武将が大好きで、彼のヒーローは武田信玄だったのです。 役が決まった時、墓前に報告に行ったそうです。「宿敵を演る事になった」と。 まさかそんな日が来るとは誰も思わなかったな。 
どんな気持ちで全身全霊を込めてその道のプロ達と戦って来ると誓って来たんだろ? 生半可な気持ちじゃない事だけは私達も知ってました。 だから余計に怖かったの。

そしてその結果、色々心配したけど、いつものように尋常じゃない努力を普通に楽しくして、成果を出して来ている。 彼的にはこれは当然の事だったんでしょう。 それだけに相手も又、勘助ではなく、晴信も完璧でなくてはならないのです。 我々捻くれオタクは潜在意識の中で、「同等の魅力」を要求してたんだろな。 片方だけでは駄目だったんです。

前回の川中島で、「長尾景虎」を確立した と実感したけど、今後上杉謙信をどう確立するのか あのへたをしたら壊れてしまいそうな景虎が、もっと重厚な謙信になって行くのか? 宇佐美を見る時の眼が、他を見る眼と違って、何か「らしくない」他人によりかかる様な眼を初めて見た気がするの。 あの眼が変わって行ったら大したものだと思う。そして、声質を変えて来たら「アナタは天才!」と賞賛しましょう。

彼の目的は、自分の美意識で創り上げた謙信像が既成概念を打ち破る事だと思うの。 もうここまで来たら観る側も怖がってはいられません。 そして宿敵に何かを求める事もしなくていいんでしょう。目的を達成する事が弔いだから。 そう言えば、その人の訃報が一部のメディアに流れた時、彼はソロになって初めて某局のP Jの生収録に出演してたんだっけ?そしてその日に収録された回がオンエアされた時、テロップであっけない文字が流れたのを今でもハッキリ覚えています。某局には縁があったんだな。

大好きだった人の為、あの役は間違いなく永遠の友に捧げられているのでしょう。 下らない事は考えないでおこっと! 演じ手と同じ様にもっと純粋に観ようと心を入れ替えるのでした。

なんか余計な話だったね。 てかこんな事書くとホンマモンのオタクみたいだな

00:03 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


<<「風林火山・40」 今川家堂々のキャラ確立 | TOP | 「風林火山・39」 錆と光る原石>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/10/04 01:59 | [ 編集 ]


ありがと 

kamiのこと思い出してくれてv-343
全てが終わるまで触れずにいようと思ってたけど
嬉しかったヨv-398
約束は守る男だからね
きっとやり遂げると信じてるんだv 
なんだかんだ言って お互いオタクに変わりないわねーv-392

2007/10/04 15:17 | noah [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/10/04 21:09 | [ 編集 ]


○○さん はじめまして♪ 

とっても暖かいお言葉ジィィ~~ンと沁み込みました(感謝!) どうもありがとうございますv-353
他人様が読んでもワケが解らないだろうと自覚して、主語もなければ、目的語も何処かに飛んだエントリーを放置しておいたのですが、○○さんは年季が入りまくったファンでらっしゃるんですねv-354
色々解って頂いてほんとーに嬉しいです(´Д⊂ヽ

でもそんなに美しい心がけは無いんですよ(笑)「この際ずっと好き。変わらないものがあるから。」って感じかな?この辺のニュアンスは○○さんも良くお分かりだと思います。

それから「○○差」のお話、あれはどうしても存在しますね。そんな事もあって、ここは陸の孤島になってるんです。
こんなに濃ゆいファンの方が来て下さってるなんて光栄です!! 今後共宜しくお願いしますm(__)m コメントありがとうございました☆

2007/10/04 21:30 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


どーいたしまして(笑) 

思い出したと言うかなんと言うか…。結局そこを避けては通れないと思ったんだろね。
大好きなblogerさんが凄く楽しんで観てらした回だったから、何が違うんだろ?って考えてたらそうなったの。
noahちゃんってやっぱそこに拘るよね(ずっとか)
本人がやり遂げるのと、自分が好きは違うから、そこがいっつも気になるのよね。 でも今回は満足出来ると思う!!

2007/10/04 21:50 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


あれ?行き違い? 

△△ さん♪
コメントありがとうございますm(__)m
なんだか「オタク」の定義が変な事になってて申し訳ありません。↑のコメで勘違いされたかもしれませんね。 自虐ネタなんですよ。 苔が生え過ぎて世間様に合わせる顔もなくなったんで(笑えない)

凄く言えてる例えですね!色々例える方みえますけど初めて聞きました。 それより欠点をいっぱい並べてから最後にオチ?があるのは一緒です! そうゆータイプが一番好きです。 話してて楽!

2007/10/04 22:11 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/10/09 07:55 | [ 編集 ]


あぁよかった! 

☆☆ さん♪
コメントありがとうございました(≧▽≦)
こちらこそ紛らわしくてごめんねv-292
そ~なんです!その通りなんです! その辺りを解り合って語れる人って厳重注意しないと見つからない状況なのは私も同じです。 
なので気にしないで下さいね!(実際その手の方も乱入してらっしゃいましたし/笑)

ここは、普段言えない本音も言えるように!がモットーなので、外部からのリンクは、歴史物のblog様が一件のみなんですよ。 
勝手に思った事とか、普段言えない事とか、エントリーの内容に関係なく叫んで行って下さいね~v-322

2007/10/09 21:07 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/35-43cff304

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。