2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/10/26 (Sun) 緑の黒髪

今 「L O V E RS」 流し観しながら(一度観たんで)書いてるんだけど、竹の緑には黒髪が似合うねぇ。 しかも黒髪に緑が混じって 「緑の黒髪」 って言葉は自然に生まれたんだろなーと、チ ャ ン・ツ ィーの黒髪とワ ダエ ミさんの衣装に魅入ってました。 この映画って色彩で持ってるから正にワ ダエ ミさんの衣装ワールドなのよね。 あの感性で何故にしてご主人が和 田 勉氏なのか? 謎だわー(大きなお世話)

アジア大陸映画はハリウッド張りに大掛かりでゴージャスだけど、アクション入れ過ぎで主軸がぼやけるとこまで最近のハリウッド映画に近いものがあるよね? 邦画はそこんとこ日常の描き方が巧いし、地味ながらじんわり来るものが評価される傾向にあります。 その代わり?なのか?アニメによって空想の世界を派手に作り込んでありますね。 「千 と千 尋~」 のバックの懲り方は凄かったけど、 「L OV E RS」 ではそのまんま生で映像化されてます。 日本人は観たり思ったりする事をそのまま生で具体化するんじゃなくって、ワンクッション置く方が好きなのかも?(予算の問題も大きいけどね)
アクションシーンを入れると東洋的インパクトがあって好まれると思ってる?アジア映画界の「大作」の基準もよく分んない。 

雄蝶さんの世界は、その大陸的な部分と邦画的部分の間にあるような気がします。 どっちにでも行けるのはメリットにもデメリットにも成り得るので、折角日本発なんだから、独特な世界にして欲しいものです。 ダンサーや余計な演出は必要ないんじゃないかな? と思ってたらそうそう! 「レ ッド クリ フ」 のあのコメント振りじゃあ…大陸的になるんかしらん???再生Ⅱにダンサーだけは要らんぞー! 


さて、今日は久し振りに動画サイトなんぞに行けました。 やっと色々アップされてたんでペタンコしておきます。

徹子の部屋

NHK追悼番組

トリビアの泉

アメトーク

必殺仕掛人 誕生秘話~驚きももの木20世紀

さんまのまんま

将軍家光の乱心 「激突」
ここから辿って下さい。 千葉ちゃん演出のアクション時代劇。 妙に豪華な出演陣と、あちこちからパクって来たストーリーと笑えるCGモドキと、在り得ない馬のアクション? などなどで、時代劇ファンからそうでない人にも人気のある隠れた娯楽大作です。 千葉ちゃんとうさみんのチャンバラまで観れちゃいますよ。 駆け出しの織 田 裕 二 氏もご出演。 何故か音楽があるふぃー…。 でもうさみんはカッコイイんだよね~♪

23:24 |TVの時間 | comment(10) | 【PAGE TOP】↑


<<世界が求めているもの | TOP | 週 刊 誌>>

comment











管理人のみ閲覧OK


オーイちゃん♪ 

> この映画って色彩で持ってるから
「HERO」の方がもろに色彩で持っているという感じでしたね。青とか、赤とか(実はどちらもきちんとは見ていないんですが)

>日本人は観たり思ったりする事をそのまま生で具体化するんじゃなくって、ワンクッション置く方が好きなのかも?
私もそう思います。一回晒す、というのか、純化するとでもいうか。だから日本人はアニメが好きなのだと思います。
写真や動画に映すというのは、その作り手の視線や視界のものになるということですが、アニメだともっとそれが徹底されてると思います。

>やっと色々アップされてたんでペタンコしておきます。
ありがとうございます。上から順に見させてもらいます♪
まずは「徹子の部屋」から見させて頂きました♪
オーイちゃんの拾われた経緯が分かりました♪変わったところで拾われたんですね(笑)そして、猫は人の声が好き、といって、緒形さんは「白野」の台詞の練習をしてみせてくれましたが(聞きおばえがある台詞だと思ったんです)その場面で、オーイちゃんは紅色揚羽さんと同じで声フェチじゃないかしら、と思ってしまいました(笑)あ、良い声のひとーとついてきたんじゃないかと(笑)
「風のガーデン」で緒形さんの声が良すぎて、まるで別次元みたいに思えるときがあります。特に長台詞のときの声の良さと言ったら!若い頃の声も良いと思いますが、やっぱり私は最近の方が好きです。

 それではまたよらせていただきます。

2008/10/27 22:57 | 漣 [ 編集 ]


■■■ハスミン「風の~」の声は正に!■■■ 

>「HERO」の方がもろに色彩で持っているという感じでしたね。青とか、赤とか
■私「HERO」観てないんですよ。こっちを先に観た方がいいと思いながら未だに観てません(笑)
これも色彩で持ってる映画ですか! 「LOVERS」も内容はそんなに魅力的だと思わなかったのでちょっと想像出来るような気がします。

>一回晒す、というのか、純化するとでもいうか。だから日本人はアニメが好きなのだと思います。
>作り手の視線や視界のものになるということですが、アニメだともっとそれが徹底されてると思います。
■やっぱりちゃんとアニメ観てる人は違うなーと思ったのは (ちゃんと観るってのも変だけど/笑)「純化」 すると考えられるのは、やっぱりアニメとお行儀よく向き合う人だけ感じられる事だと思いました。
映画だとまず理想の設定のロケ地、それ以前に役者さんに100%満足するって事は在り得ませんよね? あの役は理想的だけどあの役は居ないとか。 視聴者側も風鈴にしてもそうゆうのありましたもんね。
アニメだとその妥協が消えるんでしょうね。 多分自分で自分の理想の絵が描ける人だけに可能な事なんだろうけど、そのアニメにさえ受け狙いの作画があったりはするのかなあ?? コミケってあるでしょ? 一回連れられて行ったんだけど、彼ら彼女らは自分の理想を具体的に描いてる(書いてる)んだろうなーと思いましたが、商品化されたものは必ずしも作者の趣味ではなく、最近は 「いかに好まれるか?」 を狙ってあるものも多いと思うんですよね。 これって専門家? のハスミンから観るとどうなのかなあ??

>オーイちゃんの拾われた経緯が分かりました♪ 変わったところで拾われたんですね(笑)
■あの「徹子の部屋」はいいお話ですよね? お母様との関係とか。ハンサムなお父様は定職の無い自由人で、母上と緒.形少年は随分苦労なさったそうですが、それを疎んでいるでも無く愛らしく誇らしく思ってみえる風なのは、お母上は文句や悪口を言わない立派な方だったんでしょうね。

>オーイちゃんは紅色揚羽さんと同じで声フェチじゃないかしら、と思ってしまいました(笑) あ、良い声のひとーとついてきたんじゃないかと(笑)
■猫って声に敏感ですよね? 私は断然猫派なんですが(猫ブームが来ないか?と待ってます/笑) あのツーンとした顔で実は内心ニヤニヤな声フェチかもしれませんね (想像すると可笑しい!)

>「風のガーデン」で緒形さんの声が良すぎて、まるで別次元みたいに思えるときがあります。 特に長台詞のときの声の良さと言ったら!若い頃の声も良いと思いますが、やっぱり私は最近の方が好きです。
■渋好みの(笑)ハスミンには最近の方がお素敵に響くだろうな~。 「風のガーデン」は患者さんとの会話などは日常的で微笑ましいですが、子供達との会話なんかは登場人物と言うより語りに近い存在になったり、中井さんの問題になると昔の映画みたいだったり、正に風のような存在に思える時がありますね。 「別次元」って意味が良く解かります。 今から中井さんとの絡みが楽しみですね♪

2008/10/29 22:05 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


どうしろと(笑) 

>これも色彩で持ってる映画ですか! 「LOVERS」も内容はそんなに魅力的だと思わなかったのでちょっと想像出来るような気がします。
画面は奇麗ですね、と言いたくなる映画が結構ありますね(うふふふふふ)大物監督でも(ふふふふふふ)
この間NHKの特集で、日本のアニメや漫画がアメリカの映画産業で注目されているとやってました。それに出てくる映画人曰く、日本で既に成功しているから、映画にしても大丈夫、というような発言で……。最近ハリウッドでネタ不足とか言われてる理由の一端が良く解りました………(嘆息)
>やっぱりアニメとお行儀よく向き合う人だけ感じられる事だと思いました。
最近全然見てないんです(汗)「シュバリエ」もまだ見きってませんし。(ルイ15世の時代の話で、見てるとマリス・ミゼルをちょっと思い出すのです)

>コミケってあるでしょ? 
毎回行ってます(汗)だーんだ~ん好みのものが少なくなっていってます(悲)

>最近は 「いかに好まれるか?」 を狙ってあるものも多いと思うんですよね。
ロリコン系の絵柄が市場に増えているところにもろにそれを感じます(乾いた笑い)一斉に右倣えしてますね。
商業ベースにのるというのは元を取らないといけない、ということだから、売れるよう受け狙い、というのは解りますし、でも、出資者に受けて市場でそれなりに売れるものが、本当に受け手に望まれるものとは限らないと思います(創り手の本当にやりたいこと、とは言わないです(苦笑))それでも、未来の為にチャンスをものにするには仕方ないことかなぁ、と、ふらふらとどっちつかずで見てます(苦笑。でもどんな世界でも同じですよね)

>ハンサムなお父様は定職の無い自由人で、母上と緒.形少年は随分苦労なさったそうですが、それを疎んでいるでも無く愛らしく誇らしく思ってみえる風なのは、お母上は文句や悪口を言わない立派な方だったんでしょうね。
緒形さんのエッセイ集「恋慕渇仰」に、ロシヤおじさんと呼んでいた知り合いの行商人のおじさんを敗戦後、緒形さんのお父さんが連れ帰ってきた話が載ってました。ロシヤおじさんは肺病で、緒形さんの一家で彼を最後まで看取ったそうですが、そういうお父さんだから誇らしく思ってたのだと思いました。
またエッセイ集のなかで、緒形さんの師である辰巳柳太郎さんの事が書かれてある部分で、小さい頃職と家を転々とされたことを
「愛されて育ったのではない。丈夫だから育った」
と書かれてあるところで、胸をつかれました。緒形さんに、苦しみをなめた人たちへの深い気持ちを感じるときがあります。

「アルツハイマーの冬将軍が忘れて行った雪の結晶」
ホワイトロビンの花言葉、おじいちゃん作。
どうしろと(笑)
「大天使ガブリエルの悲しい過ち」
ジョンソンズブルーの花言葉、おじいちゃん作。
貞美のガブリエル好きは貞三の影響のようですね。何故ガブリエルを貞美に喩えるのかはこれから出るでしょうか?
「がっくん」と呼びかける言葉は今回はどきどきするというよりはしみじみして見てました。どうしたって考えてしまいますから。

それではまたよらせていただきます。

2008/10/31 00:17 | 漣 [ 編集 ]


緒形さんったら御茶目(笑) 

動画とりどり見させて頂きました♪
「さんまのまんま」で緒形さんったら、エア卓球やってくださるし、さんまの もう一回やって のアンコールに「好みのタイプ」とさんまの女装のパネル強請りますし(笑)そして、その場でパネルをセットからむしり取って、さんまにサインお願いしますし(笑)そして、卓球をお願いするさんまに「まだ憶えてたの」と言いますし(笑)こういう人だったのか(笑)と知らなかった一面に笑い転げました(笑)

ハロウィンの写真見ました♪やっぱり紅色揚羽さんは、ずたぼろウェディングの花嫁が好きで一緒に居ると嬉しそうですすね♪元気そうで安心しました。

この間、「N/S EYES ON」引っ張り出して、ひさしぶりに見ました。緒形さんのページも見ました。買った当初はインタビューに気を取られてて気がつかなかったのですが、野村さんの撮られた緒形さんの写真が、何か凄いです。
まるで大きな生き物か、山脈がそこにあって、ただ佇んでいるのに、何か、ざわめくものと言うか蠢くものがあるように感じられるのです。本当は小柄な方なのに、おっきく感じられる写真と言いますか。

それではまたよらせていただきます。

2008/11/05 22:46 | 漣 [ 編集 ]


■■■ハスミン前から誰かに~■■■ 

>毎回行ってます(汗)だーんだ~ん好みのものが少なくなっていってます(悲)
■誰かに訊いてみたかったんだけど、コミケって何しに行くの?あれ謎なんだわ。 同人本買いに行くの?? あれもコミック界のインディーズって感じなのかなぁ?

>出資者に受けて市場でそれなりに売れるものが、本当に受け手に望まれるものとは限らないと思います(創り手の本当にやりたいこと、とは言わないです(苦笑))それでも、未来の為にチャンスをものにするには仕方ないことかなぁ、と、
■あぁ、やっぱりコミック界も同じなのね。商売である以上仕方ない事なのかもね? 未来の為のチャンスってのは音楽の世界も同じです。 私がお隣さんをメジャーデビューと共に仮さよなら状態だったのは、「こんなアルバム作る為に存在するんじゃなかろう!」と思い、それは自分が聴かなきゃいい事だったのね。 それで世間は曲がキャッチーで可愛い子が歌ってたら速攻話題になって売れるワケでしょ?実際そうなったし。
で、問題は「何時になったら彼らがやりたい事が出来るんだろ?」だったの。 でも劇的に売れた
んで、案外早く好きな事やり放題になりました(笑)雄蝶さんは 「おぉ!」 と思った時には有名だったし、彼らのやりたい事もやってたし、当時は問題ありませんでした。

>ロシヤおじさんは肺病で、緒形さんの一家で彼を最後まで看取ったそうですが、そういうお父さんだから誇らしく思ってたのだと思いました。
■話ってのは、一部を聞いて想像するのは危険ですねー。そっかー。 でも貧しい中、他人を引き取るのは立派でも、自分は働かない人をずっと毎日尊敬するのは難しい事だから、名言が出たんでしょうね。

>小さい頃職と家を転々とされたことを 「愛されて育ったのではない。丈夫だから育った」 と書かれてあるところで、胸をつかれました。
■これは魂の叫びだなぁ。あのお方の全てはここから来ているのかもしれませんね。 鬼気迫る演技、生真面目で優しい一面、矛盾した両方の顔を持つ人の特異な環境。 雄蝶さんの小さい頃も緒.形氏に似てますよ。親の勝手を延々恨んで他人にも辛く当る人と違って、自分と同じような思いをした人には自分が得られなかったものまで与える人だったのかもしれませんね。 ジ~~ンなお話ありがとうv

>「がっくん」と呼びかける言葉は今回はどきどきするというよりはしみじみして見てました。 どうしたって考えてしまいますから。
■今日は風鈴でもああだっただろうと思われる親指を立ててgoog!サインを出すところ(予告編ではその目の先が岳.君の向こう側に見えるので興味深かったです)が普段の緒.形氏を想像させ
ましたね。あのドラマどんどん深くなって行きますが、息抜き用か?ガッツの息子がウザイです(笑)

2008/11/06 23:15 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


■■■あ!ハスミン観てくれたんだ♪■■■ 

>動画とりどり見させて頂きました♪
■あれはハスミン用にペッタラしました(笑)

>「さんまのまんま」で緒形さんったら、
■とても「あの!緒 形 拳」とは思えない面白さだよね(爆)雄蝶さんが 「なんてチャーミングな人だろう」 って言ってたのが分りますね♪

>ハロウィンの写真見ました♪やっぱり紅色揚羽さんは、ずたぼろウェディングの花嫁が好きで
一緒に居ると嬉しそうですすね♪元気そうで安心しました。
■嬉しそうな顔した写真がアップされてましたねー。 モロ好みだそうですが(笑) あの後、鋼の?抱擁があったそうです(他はみんな遠慮してたのに…)

>「N/S EYES ON」
>買った当初はインタビューに気を取られてて気がつかなかったのですが、野村さんの撮られた
緒形さんの写真が、何か凄いです。
■すっかりしまいこんでます。そうか、ハスミンの米を読んで私も又観てみたくなりました。 日曜に観てみますね☆

2008/11/07 22:49 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


本 

>コミケって何しに行くの?あれ謎なんだわ。 同人本買いに行くの??
基本的にはそうです。インディーズのことはよく知らないので、ちゃんとこたえられないのですが、パロディ本が多いです。もちろん、オリジナル本とか、研究本とか、日常エッセイとかもあります。お医者さんや税務署員など、専門職の人の本とか面白いですよ♪あと、忙しさに取り紛れてつくってませんが、細胞を元気にするメニュー本(大豆が多い。砂糖控え目。マクロビティックということになるのでしょうか)買いました♪
応用的には、手作りの石鹸や香水、人形やアクセサリー日用雑貨も売ってますし、コスプレ見るとか、ゲーム会社や出版社などの限定品買うとか(私は結構、どんな人たちが来てるかとか見て楽しんでます)年に数回しか会えない友達と会うとか、要はお祭りなので、そこら辺は色々です。

>これは魂の叫びだなぁ。あのお方の全てはここから来ているのかもしれませんね。
緒形さんも小さい頃、自分の生命力と運で生き延びてきたようなところがあったのですか?お父さんお母さんに十分愛されて育ったのだとばかり思ってました。でも思えば遊び人の父では生活苦しいですよね。お母さんのことを、働くために生まれてきたような女だった、と書かれてあってそれから想像すると、当時の緒形家の様子が少しわかるような気がします。

> 雄蝶さんの小さい頃も緒.形氏に似てますよ。
私は紅色揚羽さんの小さい頃はほとんど知らないのですが、緒形さんが「徹子の部屋」で俳優になる気はなかったなんておっしゃってましたが、19歳で亡くなったお兄さんは、俳優志望だったそうです。私の考えすぎなのでしょうが、その、なんとなく全然意識しなかったわけでもないかも、とか。
死ぬということは残った人の中に生きるということだ。
自分の中に、逝った人々を生かし続けるということだ。
と、緒形さんは書かれてます。こういうところが何となく、紅色揚羽さんと似て思えて。そういう感じで気があってたのかも、と思ってみたり。

それではまたよらせていただきます。

2008/11/07 23:11 | 漣 [ 編集 ]


■■■ハスミン どの世界も深いのね■■■ 

>研究本とか、日常エッセイとかもあります。お医者さんや税務署員など、専門職の人の本とか
面白いですよ♪あと、忙しさに取り紛れてつくってませんが、細胞を元気にするメニュー本(大豆が多い。砂糖控え目。マクロビティックということになるのでしょうか)買いました♪
■これは初めて知りました! てっきりアニメ限定みたいな感じかと思ってましたよ。そーね、ロリ
とかパロとかBLとかそんなんばっかり売ってるのかと思ってました。そっか、色々な分野がある
のね! 細胞を元気にするメニュー本っていいね!豆オタクの私には興味津々です♪ 白糖って体に悪いんですよね。そう言えば白糖取り過ぎたなって思う日は眠いから合わないのかもしれません。
お医者さんと税務署員の専門本ってのも面白そう! 興味なく只見てみようって感じで乗り気無く付いていったから分らなかったけど、そんなのあったら探せば良かった(笑) でも多分今はそうゆう同人さん?達はネット上でも活動してみえるから探せばあるかもしれない?

>年に数回しか会えない友達と会うとか、要はお祭りなので、そこら辺は色々です。
■なる程! アメリカではコンサートが丁度そんな感じです。友達と会うのが目的みたいな部分があって、皆で騒ぐネタがバンドって感じかな? 

>緒形さんも小さい頃、自分の生命力と運で生き延びてきたようなところがあったのですか?
■それは知らないんですが、緒/形氏って子役でもダメなものは容赦なく殴るって逸話がありました。 それが最近は優しいおじいちゃんでしたよね? それで雄蝶さんの事を想い出しました。子供を映画とツアーに使った事があったんですが、彼なりに可愛がるんですけどね、共演者だったお隣の花嫁?に懐いてしまって(爆) 今すっかり有名になった本/多/奏くんなんですが、お隣さんの大ファンだと公言してます。 彼を発掘した雄蝶さんの立場は??(笑) 子供への愛情表現の無骨さってのは自分がどう扱われたかで随分変わると思います。 雄蝶さんも歳を取ったら優しいおじいちゃん??になる事でしょう。

>19歳で亡くなったお兄さんは、俳優志望だったそうです。私の考えすぎなのでしょうが、その、
なんとなく全然意識しなかったわけでもないかも、とか。
■意識はやはりあったんじゃないかな? お母様の為にもお兄さんの為にもって思いはあったと
思います。「徹子の部屋」での電車の中でのお母様のお話はグッと来ますよね。あんな事があれば、そんな気にもなるんじゃないでしょうか?特に男の人は。

>こういうところが何となく、紅色揚羽さんと似て思えて。そういう感じで気があってたのかも、と思ってみたり。
■うんうん!雄蝶さんの永遠のテーマでもある部分に重なりますね。そこまで話していたか?は分りませんが、同じ匂いがする人間はお互い判るものですもんね。似たもの同志だったのかな?

2008/11/08 22:17 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


おじいちゃん 

何だか、いろいろ勘違いをしてたようで、すいませんでした。緒形さんが小さい頃うんぬんということではないのですね(良かったです)
>彼なりに可愛がるんですけどね、共演者だったお隣の花嫁?に懐いてしまって(爆)
政虎が卯松をかまってるシーンを思い出しました。あちこちで怯えてるとか書かれてて(笑)私も何だか卯松ちゃんが固まって見えてしまうんですね(大笑)
ああ言う風に、綺麗で、派手好きで迫力ある一族の頭領のおじさんがいるってどんな気分かしら、と自分の幼少時を振り返ってみましたが、親戚も御近所も一応普通のおじさんお兄さんばっかりだったから推測できません(笑)でも政虎はすっごく卯松を可愛がってる、というのは伝わってきました。
紅色揚羽さんの顔は想像出来ませんが、すごく良く子供たちをかまうおじいちゃんになりそうだと思います。派手好きでお洒落なおじいちゃんになってそう。隣にちょっと外国っぽいハイカラなおじいちゃんになったChachamaruさんとか居たりするかな、?と思ったりします。

2008/11/09 20:57 | 漣 [ 編集 ]


■■■ハスミンお互いカンチガイ(笑)■■■ 

なんかお互いカンチガイしてたみたいね(笑)こちらこそスミマセン(汗) お陰で美しいカンチガイ話が出来ました(笑)

>政虎が卯松をかまってるシーンを思い出しました。あちこちで怯えてるとか書かれてて(笑)私も何だか卯松ちゃんが固まって見えてしまうんですね(大笑)
■確かに固まってましたね~(笑)だから景/勝のキャスト発表はビックリしたんですよ!あの固まった子供があーんな(笑)

>紅色揚羽さんの顔は想像出来ませんが、すごく良く子供たちをかまうおじいちゃんになりそうだと思います。派手好きでお洒落なおじいちゃんになってそう。
■なんだかんだで雄蝶さんは長生きしそうな気がします(笑) 変なおじいちゃんになってそうですね。都市伝説みたいなおじいちゃんになるのかも?(想像つかないけど/笑) 

>隣にちょっと外国っぽいハイカラなおじいちゃんになったChachamaruさんとか居たりするかな、?と思ったりします。
■あ!ハスミンがもう一人名前を覚えた(笑) いやいやこの人はもー開放してあげましょう(おじいちゃんになっても隣って可哀想過ぎかも/爆)

2008/11/09 22:28 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。