2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/09/24 (Mon) 「風林火山・38」 武田討伐主役逆転

何故か観終わってからキレキレ気分なんですけど てか、今投稿し終わったと思ってたのが何故か全部飛んで、又書くのぉ な気分に。 過激な事書いてたから神仏に止められたのかもしれません。 うん。自民党総裁選と関連付けるのは止めよう!(てか別に書かなくてもいいんだと今気が付いた。ま、いいか。大河やってる内くらい)

それにしても村上の扱いは酷かった。永島さんの絶望の叫びはこっちの方だったんじゃないでしょか?と思える程。 尺の問題があるのは分るけど、妙な部分は丁寧に描かれてるだけに、感性が合わないんでしょう。製作側と。これ仕方ないけどもったいないとは思っていいよね?

あ~~どーでもいいけど平蔵益々不気味!美味しい役だ。なのに不満だ!特に嫁(名前は書かない) どーにかしてくれあの演技。美味しい境遇の二人なだけに残念でならないわ。このままの力量でもっと美味しくなったらどうしてくれよう! 

今回キレキレな気分になったのは、製作者側がいよいよ詰め込んで来たのが見えるからもあるけど、一番の原因は、そもそもの物語の始まりと、今最高に盛り上がってていいハズの武田方の実情への不満だと思います。



物語の始まり、ミツを巡る勘助と平蔵(考えてみればどーでもいい話)の二人の最初の思いと今現在。 初心を貫き、志通りに生きる平蔵に比べて、主人公の勘助が何故真逆を行っているのか? そりゃーお屋形様が余りに余りに出来たお方、冒頭に「お屋形様は燃ゆる日輪のごとし」ってあったよね? あぁ大変な誤解をしていた!こんなにお素敵なお屋形さまなら一生を捧げよう!そう勘助は思ったのでしょう。 やっぱり人生何時誰に逢うか?なのね!と納得するんだけど、哀しいかな出逢ったお屋形さま自身に、勘助がそこまで思い入れる理由が分らない。
説得力が全くないの

今まで、その内どうにか…いやこれじゃ終わらない…と余計な事は言わないでおこうと思ったけど、来週はもう川中島じゃないのさ! 勘助の人生を変えた大きな存在のどーでもよさには、越後の変な人がどんだけ変でも敵わないわよ もお怒りさえ感じましたわ え?もっと早く感じとけって? そっかもね。

メインの男がこの体たらく?な時に、前回の大井夫人と言い、今回の村上の奥方と言い、チラッと出て来る戦国の女達の、肝の坐ったカッコ良さは 「資生堂・白の椿CF」よりずっと低コストで説得力があります  「女戦国○○」みたいに女性中心に描かれる時代ものより、こうやって男世界を描く中に出て来る女性像の方が印象的です。 この間の「姫の戦い」もああゆう括りにすると退屈至極だったさ。 

今回の武田のメインは馬場ちゃん。いきなり変わったね。長老相手に「只生きながらえるのが忠義なら、板垣殿や甘利殿が不憫だ。」と言いおった。 「生き恥を晒してでも生き延びて武田と戦え!」と言う平蔵の志はあの時代立派。 ホントに美味しい役だな。

前も書いたけど、その時代時代の道徳程曖昧なものは無いと思うのね。普遍的な道徳とは何なのか? それが問題だけど、人間なんてちっぽけなもの。ちっぽけなんだけど一人一人にドラマがある。 大河の醍醐味はそんな普段は考えもしない壮大な事もたまにはちょっと考えちゃうトコかな。 それなのにそれなのに、手本となるべき武田方は重臣の考えもバラバラなら子や妻の将来もなし。 大井夫人はこんな息子を残してどんな想いで逝かれた事か。手を取って頼みますと言われた三条夫人のその後(私の記憶なので正しい史実じゃないかも)を思うと涙がチョチョ切れますわ 軍師なんてカッコイイけど、一つ間違うと人間失格だわね。これも又いつの世も同じ。

この武田のブラック振りに対して、本来敵方であるはずの上杉の一本筋の通った志と、何よりジャ~ン!と出て来ると空気が変わるあの存在感は、コンドルのジョー現象(古い!)を起こしかねないでしょ? これ贔屓目かしら? 今回は、放送当時「電波なヤツ」と思われた景虎ちゃんの台詞にあった「人は人を治められない」は言えてると思ったりするの。 このワケの分らない説得力ってか、強引なパワーは何 「蒼き月影の如し」はアンタじゃないわよ とか思ちゃった。 何でしょ?これは負のパワー?それとも真実の正義はこっちなの? いやいやこれが世間で言う「オーラ」でしょう。 「カリスマ」と呼ぶものでしょう。 カリスマは人の心を強引に引き付け、こちらが正しいとさせる。 なんだか逆転しちゃったんだね。この話。なんで肝心な川中島の前にこれよ? 嬉しい反面がっかりだよ (これももう古い)

そんな存在が確立された上杉さん宅に琵琶の音はもう要りません。煩い 実は先週まで景虎は腹の底が分らないキャラなので、この物語では「律儀」を思わせ、正義を振りかざして、その実思う存分成敗しまくる二重人格?として描かれるのかな??とも思ってましたのさ。 先週までならそれも可能だったでしょ? 個人的にはそっちの方が好きだし 関東管領とのやり取りは、そんな景虎の腹の中を覗けたような気にもさせられたんだけど…。

けど今回、ついに晴信成敗に自らの出陣を決意した事を毘沙門天に言い訳する(オイ!)様子は、いつもの厳しい表情とは全く違ってましたね。あれはそうせざるを得ない世の愚かさを嘆いていらせられる様で哀しげでしたわ。 彼は根っから言ってる事そのままの人物なんでしょう。「何も隠すものは無い!」は本当だったんだと、あの表情の変化に思いました。 これってマニアなの? 普通なの? それとも考え過ぎてただけ? 景虎さま!私にも経典を下さい! NHKよ!景虎経典ロールケーキでも売ればいいかもよ?? (多分買いに行く )

そして主役逆転のもう一人、平蔵。 個人的に好きだった矢崎のお父ちゃんの娘であるプライドから、ヒサが吐き捨てた唾に、馬場が言ったクサイ台詞。「これほど心の篭った矢を受けた事が無い」 あったら今居ないけどさ。 この武田の血気盛んな重臣の馬場に放たれたヒサの「心の矢」と、平蔵が得意とする「矢」はどこかで今後リンクするのか? ヒサはそれを暗示するかの様に平蔵との約束を守って恥など捨てて武田を倒す為に生還する。 お方様は守れなかったが、平蔵は「越後が味方に付いた。喜べ!」と言う。 アメリカンな感覚だよ!アンタ凄いよ!そんなに甘くないけど、その勢いだと将来やっぱり何かやらかすよ!…あぁこれ以上美味しいトコ持ってかないで~! NHKは矢の形をした平蔵飴も売りましょう。

そんなワケで、あんな扱いをされた村上の祟りなのか?はたまた天罰が下ったのか?主役が逆転しましたね。(個人的にだけど)今後の勘助に「なるほど」と思わせる大逆転があるとしたら、キーパーソンはリツでしょう。 永島氏は叫んだだけで終わったのに、長々と逆プロポーズするリツの様子を見させたれた視聴者その一としては、あれを今後使って貰わなきゃ怒るよ! ミツ=リツにでもするのかな? どちらにせよ、冒頭の「お屋形様は燃ゆる日輪」の様になり、勘助は「蒼き月影」のごとくなってよ。じゃなきゃ話終わらないから。 と思ってキレモードだった 「村上討伐」でした。 討伐されたのは村上じゃなかったよ 

いよいよ川中島! 楽しみ~~  「信濃に越後の毘沙門天が現れましょうぞ」 オホホホホ。 今回の勘助の見所は「越後に潜入した甲斐があった」事。 「弱い部分」も知ってるんだから今後頼むよ!

あ!晴信ちゃんも一つだけ褒めなきゃ! 春日源五郎を見るあのイヤラシイ目付き(オエッ)将来の香坂よね?? あの目付きはお上手でした。そんだけ。


☆例によって史実の確認は こちら (ほぇ~!)って事が書いてありますよ♪  琉河さんよろしくです

17:10 |風 林 火 山 | trackback(1) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


<<明日は「土スタ」観ようね! | TOP | 景虎と宇佐美の名シーン>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

>上杉さん宅に琵琶の音はもう要りません
私も同感です。
あの「デデデデデン」という効果音は今の景虎のキャラには合わないと思います。「義」の為に動くという信念は紛れもなく本心なのだから意味もなく「妖しさ」を前面に出すのはどうかな~と思いました。

>景虎経典ロールケーキでも売ればいいかもよ
>NHKは矢の形をした平蔵飴も売りましょう
ナイスアイディアです!
ご当地名物になるかも!東国原知事みたいに莫大な経済効果を産み出しそうですよ~。
特にロールケーキは全国のDearsの皆様は間違いなく買うでしょうし。(笑)

武田晴信の描き方については私もどうかと思っています。はっきり言ってそんなに魅力ある人物とは思えませんし。もう「悪役」といっても過言ではないような。
勘助はリツとのコントシーンに救われているような気がしました。
私としては、もっとリツに迫られて(?)オロオロする勘助を見ることが出来れば、晴信とのブッラク談合シーンを見てもそんなに嫌悪を感じないかも、と思っています。

2007/09/24 22:15 | 琉河岬 [ 編集 ]


丁度よかった!(≧▽≦) 

琉河さんvv こんばんわ♪ 好きなblogerさんのお宅には勝手に飛んで行くので、こちらにはお気遣いなくぅ(でもホントは嬉しい☆)

>「義」の為に動くという信念は紛れもなく本心なの だから
☆これって普通に観てるとそう思われました?! 何方かに是非訊いてみたかったんです。あーよかった。琉河さんで!
10年もあんな世界観て聴いて来た人間には、ど~も「裏がある!」と思ってしまう悪いクセがあるんですよ(恥) 本人もどーも「それモン」の雰囲気を出してしまう習性がありますしね(笑)「オーラ」の種が一般解釈とは違うんだと思います。
演者用に脚本書かれてる可能性は低いので、素直に解釈すればよかったのかもしれません。 でも今回はやっと「ああ、景虎ってあのまんまの人なんだ」ってのが伝わって来ました。ちょっと上手になったんでしょかね?

であずさん達は何でも買うでしょう(笑)私liveのパンフ以外は買った事ないんですが、景虎goodsなら写真集でも買ってやりましてよ!(実は欲しい/笑)

>はっきり言ってそんなに魅力ある人物とは思えませんし。
☆ばんざーい!!誰かに言って欲しかった!!  リツは個人的にはどーでもいいキャラなんですが、物語の辻褄くらい合わせて終わって欲しいものなので、勘助の人生の軌道修正のきっかけを作る役になって欲しいと思います。じゃないと他の良かった出演者達(小山田様含め)の存在意味が無くなってしまうんですもん。それだけは勘弁して欲しいですよね~(切実)

まだまだいっぱい訊いてみたい事はあるんですが、自己解決もそろそろ覚えたいので、分った時に又「あれって普通は○○だと思うんっすかね?」とか訊きに行きます。よろしくです(ペコリ)

2007/09/25 21:13 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/29-9df96e11

【風林火山レビュー】村上討伐
太郎義信と今川家の息女・綾姫の婚儀の後に村上討伐を実行すると宣言した晴信。これは『今川』ブランドを最大限に利用した勘助の策略。これが功を奏したのか安曇野の合戦後は、続々と村上方の支城が武田家に寝返ります。 この武田の快進撃に村上義清は越後の長尾家に落ち... //必然的なヒストリー 2007/09/24 22:16

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。