2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/09/17 (Mon) 「風林火山・37」 同じ道をまた通るだろうか

♪な~がさーれてゆくぅ 歴史の波にぃのまれ~♪ 夕べも何故かラルクの名曲が頭に浮かぶ、やりきれないけど充実したエピソードでした。 45分早かったぁ

大河って不思議だわ。 「和な趣には合わない曲」がポンポン頭に浮かぶのね。「Returner」も思い出したわよ。 己の最後を悟った大井夫人、ありとあらゆるものを見聞きして、仏門に下って尚分らないと言ったあのお言葉 ♪貴方が見えない…♪ いい時にリリースしといたね いやそうゆう問題じゃなくって自然に聴こえて来ましたよ。両曲とも 

さて、「親に教えられる子」と「子に教えられる親」 何組かの親子の愛情とそれぞれが信じる道を、大井夫人の強い想いに乗じて描いた回でしたねぇ。  戦国に生まれたが故に悲しかったんですね~ヨヨヨ と泣かされてたまるか今からだってのに と何故か気合が入りましてよ。

前回に続き、勢力争いも佳境に入るぞって事で、各陣営のお家事情を明らかにする回でもありました。 なんだか急に走り出したよ。

前回イマイチ私だけに?決定的ではなかった「勘助の策略には下心も存在したのか?」はどうやら「YES」のようでした。トロくてゴメン  由布姫は大井夫人に「アンタは諏訪に居てなんぼのモン」と言われて妙に素直に帰ったのに、勘助は 「四郎とて同じ事」 と釘をガンガン刺されるも 「グサリ 」 と来ただけ。 いいじゃん!由布姫のプライドが保てるんなら。 と思うんだけどね。 この辺が男のロマンごっこ?の始まりってか、勘助の「由布姫love=お屋形さま万歳」思想も又歴史の波に飲まれて行くんだねぇ。

最初は由布姫と四郎を守ろうと思っただけだったのに…小さな幸せだったのに…いや元はと言えばミツとの小さな小さな幸せが始まりか? そう思うと平蔵が不気味じゃ。 「ジャ~ン!」ってトコでアンタが出て来ないでね只でさえ、超美味しいシーンでの「イマニ」の演技で気持ちが萎えたんだから(ブツブツ)  ま、それだけ「今時ドラマ」ではイイ味出してる若手にも時代劇は難しいと思い知らされた一般人の一人ですよ私。

北条氏と上杉の竜若丸のイイ話は、余りに分り易いエエ話だったので省略。 ( え? )  それより、北条の家にはこの上なく立派な家訓があるにもかかわらず、どうして三国同盟かね? 全国同盟って大きな夢でもよかったんじゃないかと思うよ。 北条氏康も長尾景虎も大井夫人も言ってる事は根本的に同じなのにさ。 今も昔も一般的価値観ってのに人間弱いのね。 
 
只、その言ってる事は同じなのに、女が今後鍵となる人間達に心に残る言葉を残して去って行くのに対して、天下を揺るがす力を持つ男達はどーよ? 景虎さまは、アホな関東管領を庇護したのはいいけど、あれって私利私欲を貪る人間から逃れて来る者は誰でも助けるのか? それとも関東管領の肩書きがあるからか? 昨日のGackt氏の芝居からは後者だったと思えるんですけど。違うんでしょうか?

確かに景虎のポリシーは偽善ではなさそうだけど、彼自身その壮大な目的の為には、そうそう綺麗事ばかりはやってられないって計算はあっただろうと思った。昨日強烈に思ったよ。 不気味な表情 (決して美しくなんぞなかったわ。元々思ってないけど )でのうやうやしいお出迎えすら、バカ相手と知った上とさえ思えたさ。 我慢出来なくて説教までしおったけどあれは良く言った  今回の景虎ちゃんはどって事なかったな。 と~っても素晴らしいシーンが未だに忘れられないだけに、あれ以上の名シーンが今後あるのか? あんまり期待しないでおこうと思いますハイ(自己防衛本能)

あんだけ北条方をフューチャーしてあったのに語るのは景虎かい?って?…仕方ないじゃないテンプレまで作ったくらい根性入ってたんだもん先週は。

それから忘れちゃいけない「三国同盟」。 あのー、歴史の時間にあれは今川が働きかけて、今川家が得したって習ったんですけど(どんだけ昔の話?ので記憶が確かでない) 要するに雪斎の手柄なんですけど、なんで武田の発案みたくなってんの ムカツキましたわ。 どーせ悪役だからそんなトコね。ってその手柄を横取りする位に武田の己の正義を描いてあるかってーとほとんど汚れでしょ?昨日の場合。 

昨日の正義の味方は北条さんよ。存在感もあって良かった でもあの時代としては精一杯の情けだったんだろけど、子供相手にあれは美談なのかぁ?? 潔がいいとは思うけど、小山田事件の後だけに、人の情とは繊細で残酷なものなのね。 景虎さまの情も又同じ匂いがします。もっと狂気を孕んだ。

盛り沢山だったけど、解り易くて面白かった今回、一番心に残ったのは、上杉の重臣、長野業政の「義」。 この男の存在の詳細を北条氏にも景虎さまにも教えてあげたかったよ。 そして大井夫人の「泣けるのは若いという事」なんかこれ沁みました

今、メインであるハズの武田にマトモな人は多くありません。晴信ちゃん胡桃カリカリやるの似合ってたし。 そう、このままでは同じ道を又アナタも辿るのです。と大井夫人の悲しい声が聞こえてきそうですわぁ

どんどん長くなってくよ毎週

14:27 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


<<景虎と宇佐美の名シーン | TOP | 景虎さまのテンプレにお色直し♪>>

comment











管理人のみ閲覧OK


こんばんは! 

どうもです!

ブックマークありがとうございます。
私のブログでもブックマークさせて頂いてよろしいでしょうか?
よろしくお願いします。

>な~がさーれてゆくぅ 歴史の波にぃのまれ~
この部分の歌詞だけ見ると「竜若丸のことを指している」といっても過言ではないような気がしました。
まだ前髪が残っている若さなのに命を断たれてしまうのは、見ている方も少しブルーになります。
竜若丸にとっても、信用していた家臣に裏切られるとは予期せぬ時の悪戯だと感じたに違いありません。(甘い恋の果てでもないのに、強引な結びつきでスミマセン・・・。)

>人の情とは繊細で残酷なものなのね
氏康の性格からして命だけは助けて出家でもさせるのかな~と思っていましたが、あのような手段に出るとは予想外でした。
敢えて息子・新九郎の目の前で手討ちにすることによって、実戦経験が皆無に等しい我が子に「義を持っての滅亡」の精神を貫く事の大切さを体の芯まで叩き込もう、という意思もあったのだと勝手に思っています。

2007/09/18 00:27 | 琉河岬 [ 編集 ]


ホントね 

いつの間にか タイトルの下に添えられている文字に納得してしまうほど
「Rue」ちゃん目線の 読み応えある大河blogに進化してるわぁi-236
テンプカスタマイズもさることながら、濡れた眼がモノ言う景虎どの。
Rueちゃんの作品ひっさしぶりに見せてもらって、まずは一言ありがとーe-343
ところでワタシ、連日のドタバタで前回分のVも途中までしか観れてないんだけども、竜若丸のくだり‥
>信用していた家臣に裏切られるとは/// そ~なのか!!
こ、これは。。。切ないのぅv-393 なんか胸が痛いワ
っと、先に観てから来いよって話だね(笑)v-356

2007/09/18 21:45 | noah [ 編集 ]


琉河 さん♪こんばんわぁ(≧▽≦) 

 ブックマークさせて頂いてありがとうございました! え?格調高い琉河さんのblogにこんなんでいいんでしょうか? 恐れ多い限りですが、たまには軽いのもって事で、こちらこそ宜しくお願いしますvv

大体あの回で竜若丸の話スルーってどうかと思うんですが(笑うしかない)きっとあちこちで皆さんあのシーンを文学的にお書きになると思って止めました。
私の場合、子供ネタが苦手ってのもあるんですが、自分の子に教える為によその子に情けを掛けないってのは、当時の武士道の道徳であって、普遍的な道徳とは違うと思ってしまったんですよね。(面倒くさいヤツ) 多分製作者側も、そのフォローとして、竜若丸自身がそれを願っていた証として、残った家来にあの幼さでキリリと言ってみせるシーンがあったんだと思います。あのアホオヤジの子とは思えないですね~。

>「義を持っての滅亡」の精神を貫く事の大切さを~
正にその通りで、竜若丸に対しても、一人前の武士としての義を通す事になりますよね。彼には余計な情は必要無いと氏康は判断したのでしょう。

要するにシュミの問題と言う事で、大人の屈折した悲劇は好きなタイプなんですよ。(自分が歪んでるから)けど琉河さん宅の北条氏のその後の見直しはホントにうっとりしましたvv 曲も人それぞれに解釈出来るので、「なるほど、あの子にも当てはまったんだ」と初めて気が付きました。やっぱり先生は違うな~(って勝手に先生にしてるし) 又色々教えて下さい!ここ知らない人しか来ないんで(笑) 来週もお邪魔しますよ~~!


 

2007/09/18 22:34 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


noahちゃん!あじがと~vv 

そそそ、いくら基本若干名の知り合いしか来ないって言っても、今更面白い日常なんて無いでしょ?(笑) 共通の楽しい話題って言ったら「大河」♪本来、共通のイタイ話題になる予定だったんだから良かったね~!今のところの話だけどさ(笑)

>「Rue」ちゃん目線
それしか書けません。他の人と違う事を書こう!と思わなくても違う事になってしまうのよ。受験は世界史だったし(今更言い訳にもならない/笑。全て美しくサッパリ忘れたよ)

>ひっさしぶりに見せてもらって
去年から描いてなかったね。描きたい対象物が無かったんだぁ。トロサ抜群!
noahちゃんトコと”Kちゃんトコのがあまりに凄いんで、一点集中で、眼と唇に根性入れました。あの何考えてるのか解らない空怖ろしい感じを出したいな~とアレンジしたんだけど…例によって甘いな!とアップしてから反省。いっつもコレだけど、ちょっとづつ描いてくね。折角みんなから教えて貰ったんだから。
こちらこそありがと~~vvv

2007/09/18 23:06 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/27-3d45dedb

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。