2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/07/14 (Mon) 「篤 姫」 さよなら 上 様

篤/姫前半終了しましたよ~!って感じの回でしたが、なんだか色々ブチ込み過ぎて、元々日常目線で描かれた歴史ドラマなので、歴史的大事がてんこ盛りだとなんだかな~。 上様とのお別れはあの2人らしく碁石だけでサラっとしてて個人的には好きだけど、ちょっと残念な回でした。 碁石はいつも彼女の聡明で明るい魅力の象徴ですね。 碁石の活躍もこれまでか? 篤/姫と相思相愛なお二人退場。

それにしても、この回ベタベタ嫌いな私でも、あっけない二大事でした。 元々コンパクトに見せて来たのが正解だっただけに、こうゆう場合には欠点になるのかな? その中で上様はおそらく視聴者の多くが思ったであろう 「なんでこの間みたくつっ走らない!イケイケ!篤/姫!」 を実は待っていたんですね。 哀しいのー。 
冒頭、雌の染色体に目覚めたのか? 上様を想い出しながらお花を摘もうと思って、根こそぎぶっちぎる篤/姫には好感が持てましたわ。 彼女はイマイチ染色体をハッキリさせないまま、天/璋/院となり、徳川の人間として偉業を成すのでしょう。 それは桃太郎のお父様の遺言となってしまったお手紙が物語っていましたね。 お手紙を開く時、漆塗りの島津の家紋が印象的でした。 彼女が背負って来た家紋ともお別れです。 上様ともお家のご縁はあれど、元々パートナーとしての縁は無かった人なのかもしれません。 家紋から家紋へ、彼女の秘められた英知は女の幸せで終わってる程そこら辺にある次元では無かったんでしょう。

今回は話の作りとしては観難かったけど、篤/姫を通して、人の運命と宿命の違いが解かりました。 知らない同志の政略結婚を悲劇にするのか幸せにするのかは運命。 これは自分の力と考え方で変えて行けるもの、そして薩摩から江戸に出て偉業を成す宿命は変えられないもの。 上様の存在さえもその宿命の為の飾り道具だったように思えました。  

それにしても大老/井/伊の 「恐れ入ります」 リピート攻撃は、彼の最後まで暗示させる嫌味なワンマン振りを短い時間で嫌って程表現してくれましたよね。 (とてもあの可愛い彦にゃんのお城からやって来た人だとは思えない)←混同! 

  こんな感じの面白い生き物2人だったのにねぇ。 残念だわ。 (きっと全国のオバチャマ達は涙の回だったんだろうに) 上様役の堺/氏、全く期待してなかったので若いのになんて芸達者!と感心して観てました。 あ/お/いちゃん、瑛/太君と言い、若手の役者さん達(全員じゃないけど)の 「出てやる」精神ではなく、「出させて頂くからには一生懸命」精神が気持ちのいい作品で、これも驚異の視聴率に繋がってるんでしょうね。 竜/馬はどーかなぁ? 個人的には和/宮が非常に心配です。 (あ、やっぱり勝/海/舟が一番か) 

なんだかんだで録画してでも観てる何かはあるんだろな。 早期挫折してたらこの魅力は解からなかった作品です。 去年の問題点まで浮き彫りになる脚本、演出は、「解かり易い」=「単純で一般向け」、 「解かり難い」=「マニア向け」 では無い事が解かるんですよね。 

00:01 |TVの時間 | trackback(0) | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


<<お隣に行ってたら | TOP | 誰よりうれしいぃ~♪>>

comment











管理人のみ閲覧OK


御二方退場 

>碁石の活躍もこれまでか? 
べたですが、次は和宮と碁を打つとか?
>上様を想い出しながらお花を摘もうと思って、根こそぎぶっちぎる篤/姫には好感が持てましたわ。 
上様は、篤姫に持っていこうとして鋏を持ったまま倒れました。見た瞬間、篤姫より乙女だと思ってしまいました…(笑)
>それは桃太郎のお父様の遺言となってしまったお手紙が物語っていましたね。
今回、もちろん、一番は家定死亡です。ですが、妙に、というか心に残ったのは桃太郎父上の行動なのでした。
先週幾島が渡そうとした手紙には、篤姫への詫びの言葉が記されてました。そして死の床で、久光と帯刀に詫びてました。それぞれ、島津藩主としての選択であり、私心のない行動や状況で仕方がない、と割り切ることも出来たのに(というかそれが普通かも)、無理をかけた、苦しめた、と詫びていくんですね。家定が篤姫にきついこと言った、と謝ったことといい、謝ることにちょっと独特なものを感じます(脚本家が女性なせいもあるのでしょうか?)
>上様役の堺/氏、全く期待してなかったので若いのになんて芸達者!と感心して観てました。
この方なかなか評判良いようですね♪今更ですがフジの「大奥」の家定も好きでした。うつけの方向性が全然違いましたが。
>(あ、やっぱり勝/海/舟が一番か) 
えー、その不安の元ってまさか今年の年明けの毘沙門天のせいですか?(ひきつり笑い)あれはもとのストーリーが物凄いせいがかなりあると思うのですが(あ、あははははははは)脱力して真面目に見てなかったので最後の三太刀七太刀では目半分で見てました(苦笑)「武田信玄」でも三太刀七太刀のシーンは力が抜けましたし(周りに誰もいないところで信玄と政虎が一騎打ちして誰もいないのに政虎が去りました…。第4回川中島の軍議の席で、大熊の扱いが良くて(元の主君と戦うのを信玄が励ましてました)おぉ、と思った分脱力)編集やカメラワークが悪いと言われても、「風林火山」の三太刀七太刀のシーンでは政虎が信玄を殺る気満々で良かったな、と。
それから劇中では出なさそうですが、斉彬と海舟は実はお知り合いだそうです。海舟が天璋院を江戸城の外に連れ出すことを考えると、縁を感じますね。

それではまたよらせていただきます。

2008/07/14 23:14 | 漣 [ 編集 ]


■■■ ハスミンその手もあるね(笑)■■■ 

>べたですが、次は和宮と碁を打つとか?
■元々べたな話だかた充分あるかもね?(笑)あの和/宮とだと女学校って感じだわねー。

>見た瞬間、篤姫より乙女だと思ってしまいました…(笑)
■上様乙女要素結構あったね(言われてみれば育ちが良いからちょっと乙女へ?)

>(桃太郎が)詫びていくんですね。家定が篤姫にきついこと言った、と謝ったことといい、謝ることにちょっと独特なものを感じます(脚本家が女性なせいもあるのでしょうか?)
■あんまり想い入れは無く観ているんで、「桃太郎さま~!」とかは全く思わないんですけど、この手紙の使い方なんかが、いかにも女性らしい脚本で、視聴者の心をしっかりキャッチしたまま桃太郎様はご退場出来たんだなーと思って観てました。詫びる=器が大きいって発想は女性にありがちですもんね。 「苦労をかけたな」と最後に言って欲しいのは女だと思います。男は「幸せでした」と言われるのが最高でしょう?? 弟の久光とのシーンは桃太郎の人間性を表すのに一番効いていたように思いました。 もし男性の脚本だったらどうだったでしょうね?

>この方なかなか評判良いようですね♪
■何処かで盛り上がってるんでしょうかね?(笑)
>フジの「大奥」の家定も好きでした。うつけの方向性が全然違いましたが。
■チラ観した範囲内でですが、あっちもインパクトがありましたよね(笑)極端な上様と大奥の女達の喧々諤々は世間様は好きですもんね。篤/姫の場合流石大河と言うか? 大奥の女達の毒気が俗っぽくないのが好みです。まぁ本寿院様は別方向に俗っぽいですけど(笑)

>えー、その不安の元ってまさか今年の年明けの毘沙門天のせいですか?
■(アハハ)あれはもー役を超えてましたよね。全身映るかどうか?確認したくて最後まで観てしまいました(他に見どころが無かったので)元々あの役者さんって好きじゃないんですよね。 重鎮として君臨してらっしゃる割には民放の驚愕視聴率ドラマのお陰でやたら流行りもの的になってしまったのもテンション・ダウンな感じで。他の締める処はキチリと引き締めるベテランの役者さん達と円谷毘沙門天様の中の人とはちょっと存在感が違ってしまいます。 年齢的にも他の役者さんとのバランスが悪い気がするし、やっぱりイメージの問題かな?あのデーン!とした存在感が笑えて来る時があって、毘沙門天はある意味当たり役??だったかなぁ?と…好みの問題ですよね。

>第4回川中島の軍議の席で、大熊の扱いが良くて(元の主君と戦うのを信玄が励ましてました)おぉ、と思った分脱力)編集やカメラワークが悪いと言われても、「風林火山」の三太刀七太刀のシーンでは政虎が信玄を殺る気満々で良かったな、と。
■原作によって家臣の位置づけがかなり違いますよね? 柿崎なんて特に違いますよね? 三太刀七太刀のシーンと言うか、単騎突入シーンは風鈴の場合勿体無い事をしましたねーー。あれは今でも勿体無いと思います。実際撮れてるカメラ(DVD用のサブだったんでしょうけど)も確認出来たので余計…。それでも殺気が充分感じられるので、即席で作った民放ドラマとは比べ物にならなかったところですよね。

>それから劇中では出なさそうですが、斉彬と海舟は実はお知り合いだそうです。
■あ、そーなんですか!今から怒涛の苦手な時代に突入です。(歴史の教科書の最後の方はいつもすっとばし/苦笑)ちょっと歴史ブログさんに行って詳しい史実を読んだ方がいいのか?そのまんま観た方が面白いのか?と思ってます。 ここまでは結構面白く観られたけど、これからが勝負どころですよね。
あ、天璋院の字が違う!直そう(と、この有様/エヘヘ)

2008/07/15 23:31 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


幕末期 

>今から怒涛の苦手な時代に突入です。
幕末時代って、面白いですよ♪私は長州組と慶喜、海舟コンビが好きで。とはいってももっぱら司馬遼太郎の本で読んだばっかりで勉強不足なのですが。あの方の書かれる吉田松陰と大村益次郎のエピソードが面白いんです(特に松陰が友達と旅の約束をして、約束果たすために脱藩しちゃったり、益次郎が桂から秘密の手紙をもらって大感動したり)慶喜と海舟がお互いあまり良く思ってない癖に、協力して幕府解体して軟着陸させたり(ある意味大人の関係ですね。終いに慶喜は自分の子供を海舟に養子にあげたりしてますし)幕末は世界史と引き合わせるとまるで計ったように見えるところがあって、面白いです♪
>あ、天璋院の字が違う!
すいません。私も間違ってました!

それにしましても、紅色揚羽さん、日本に戻ってきたと思ったらまたお出かけのようですね。去年と比べるのもなんでしょうが、昨年は大河を中心に気配がびしばしに伝わってきたのですが、今年、ファンクラブにも入ってない人間にはさっぱりです(ゴシップは気配とは言わない。流石にやや凹み気味)

それではまたよらせていただきます。

2008/07/16 23:48 | 漣 [ 編集 ]


幕末といえば… 

私はどちらかといえば幕府寄りです。篤姫は観てないけど(爆)
っていうか、あの、数年前に大河になった浅葱色集団が…。
生まれが維新最後の戦場の街でして、幼少期の遊び場があの☆だったのですよ。
毎年パレードがあって、ミスター肘肩コンテスト(←整骨院かなんかみたいw)とかあったので。
小学校高学年の時の長期休暇の自由研究で、資料館とか行った記憶が…。
あの大河やってる年、たまたまその時の担任の先生と電話で話す機会がありまして、「あなたを思い出す。先見の明でもあったんじゃない(笑)」と言われたんですけど、大河観てませんでした(爆)
世のたいていの方より早々とハマったら、ピークも早々と通り過ぎてしまったんですもの…。

2008/07/17 00:04 | 葉月 [ 編集 ]


■■■ ハスミンは幕末好き? ■■■ 

>幕末時代って、面白いですよ♪
■幕末モノって何時の時代でも人気ありますね。特に新/撰/組の若年層での人気は壮年層の忠臣蔵と同じく永遠の美談として残るんでしょうね。極めて日本人的でこれは私も好きでした。

>私は長州組と慶喜、海舟コンビが好きで。とはいってももっぱら司馬遼太郎の本で読んだばっかりで勉強不足なのですが。
■日本の歴史ファンは歴史書より司馬遼さんのお世話になってますよね(笑)だから一般的なイメージが固定されるのかな?? そっか、ハスミンは今考えるとグローバルな思想派がお気に入りなのかな? 実はこの時代が苦手なのは、尊王攘夷思想の多様性。どの人も尊皇攘夷思想の持ち主なのに途中経過がぶつかりあった部分を全く勉強していないので、イマイチそれぞれの人物の魅力が解かりません。思想の時代ですよね? 今回はとっても解かり易い脚本なんで、この機会に人並みな知識を仕入れたいと思ってるのも観てる一因なんですよね。多分この時代以降とってもリアルな感じがするのでそれが苦手なのかもしれません。

>慶喜と海舟がお互いあまり良く思ってない癖に、協力して幕府解体して軟着陸させたり
■この2人って随分くっ付いたり離れたりしてますよね? そっか本心はあまり良く思ってないんだ。

>幕末は世界史と引き合わせるとまるで計ったように見えるところがあって、面白いです♪
■1600年、関が原の戦い&東インド会社設立。を一対で覚えるのと同じ??(懐かしや)幕末と世界史を照らし合わせた事って無いです!誰が計ったのかな?偶然? わ~そうゆうの大好き♪ 楽しみにしてます★

>天璋院の字
■これね、私の場合タイプミスじゃなくってずっと間違って覚えてたの(恥!)

>今年の雄蝶さん
■去年はずっと活動経過が解かったし、どんなつもりで何をやるのか具体的に知れたからその成果を少しつづ確認出来た楽しい年でした。本業がお休みだったので、最初はすご~く嫌だったんですが、結果としてやった甲斐のあるものになったので充実してました。得たものが大きいと思い込んでたんで。実際どーなのか?は今や謎ですわ。

>ゴシップは気配とは言わない。流石にやや凹み気味
■景/虎雄蝶ファンにはちょっとそれは無いんじゃない?な展開で大迷惑ですよね!ま、アーティストとか言っても所詮芸能界に所属してると仕方ないですね。ネタにされるのは。だって週刊誌は毎週、タブロイド新聞は毎日出さなきゃならないんだもん。持ちつ持たれつな大人な関係でいればいいのに。誰かが暴走するんですよね。

2008/07/18 01:15 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


■■■ はーさんってば!凄い遊び場! ■■■ 

>私はどちらかといえば幕府寄りです。
■私は細かい知識が無いんで幕府寄り寄りしか知りません(笑)幕府寄りは「篤/姫」はちょっと違うと思うよ。只その分別の視点から見れて面白いかな? 観てこなかった一面って言うか、軽いから観易いし、これはいい機会だと思って観てる割には一回も欠かしてないから縁があるのかしらね? みたにーの大河は何回目くらいだったかなあ?呆れて脱落しました。やっぱ「燃えよ剣」が好きだ!

>生まれが維新最後の戦場の街でして、幼少期の遊び場があの☆だったのですよ。
■えー?!筋金入りじゃないのよ! はーさん家紋はあっつーと同じなのに(笑)ペンタゴンで遊んでたなんて羨ましい!ミスター肘肩コンテストは一般投票出来るの?

>世のたいていの方より早々とハマったら、ピークも早々と通り過ぎてしまったんですもの…。
■誰しもが通る道ってか日本の女の子は好きだよ(限られた人種だけど/笑) でも先生がはーさんを思い出されるんなら相当ハマってた生徒さんだったんだろね(笑) そうそう!結構冷めるんだよねあれって。 なんでだろ? ある一定年齢限定なのかな? そう言えば自分の周りも同じ頃に盛り上がって次第にフェイドアウトしてった。少女漫画と同じ感じだったかな?  多分今凄くイイキャストで大河になっても「ああ、又あの話ね」程度で軽く観てると思うな。風鈴が妙にツボだったのも若過ぎないで良かったって感じ(たまには役立つ老いぼれっぷり/笑)あれ10代の子と話すと意味が解からないって言う子多いよ。単にヴィジュアルとして雄蝶も亀さんも面白いって話は聞いたけど。そうゆう子達は浅葱色集団ファンなんだよね。

2008/07/18 01:17 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


日本史 

葉月さん
>幼少期の遊び場があの☆だったのですよ。
修学旅行で見たとき、きれいに星形に見えて妙に感動した覚えがあります。
>ミスター肘肩コンテスト
そういうのがあるんだ、と感心いしました。前に京都の博物館で彼の写真を見て(複製か本物かは知りませんが)ハンサムだな~と感心したことがあります(笑)慶喜の本当の写真もハンサムですね(笑。あの時代としては珍しく、椅子に座ったポーズではなく、今風に頬杖ついた写真なんです)海舟の本当の写真もハンサムだと思います♪
>世のたいていの方より早々とハマったら、ピークも早々と通り過ぎてしまったんですもの…。
私はあまりにもたくさん見かけたので(NHKだけでも何回見かけたでしょう?漫画、小説、研究、etc)もうお腹いっぱいになってしまいました。おかげで幕末の組織としては別方向に関心がいってしまったのでした…(笑)

Rueさん
>特に新/撰/組の若年層での人気は壮年層の忠臣蔵と同じく永遠の美談として残るんでしょうね。
いきなり年代とばして、忠臣蔵の頃の上杉家が気になるのでした…。以前は全然気にならなかったのですが、忠臣蔵の吉良さんって上杉家の親戚なので、上杉家は討ち入り事件のときに絡んでたそうです。で兵をださなかったことを、落書で揶揄されたとか。
>この2人って随分くっ付いたり離れたりしてますよね? そっか本心はあまり良く思ってないんだ。
海舟は西郷と同じく先代様大好き!な人だったので(笑。家茂のことを海舟はかなり好きだったらしいです。西郷は久光とは仲が良くなかったようです)その点でもあまり気が合わなかったのでは、と個人的に思ってます。慶喜も海舟も癖のある頭の良い人たちなので、信頼関係出来るまで長いことかかったのでしょう。
>これね、私の場合タイプミスじゃなくってずっと間違って覚えてたの(恥!)
私は、瞬間的に忘れてました!(夏の暑さが悪いのよ!と意味不明なことを)
>得たものが大きいと思い込んでたんで。実際どーなのか?は今や謎ですわ。
きっと得たものは今折り畳まれて、仕舞われてるんだろうと思います。今年が来年の布石になるといいなぁと…思ってます。
Rueさん暑いので体に気をつけて無理しないで下さい。御前様とかって大変そうです。

それではまたよらせていただきます。

2008/07/19 23:37 | 漣 [ 編集 ]


■■■ ハスミン!雄蝶が動くよ ■■■ 

>忠臣蔵の吉良さんって上杉家の親戚なので、
■そうなんですよね! 私も何だったか調べてた時に目に入って「そう言えば忠臣蔵で!」と思って読んだのを覚えてます。でもドラマでやった忠臣蔵で上杉家がどう描かれてたかは全く記憶になんです。

>慶喜も海舟も癖のある頭の良い人たちなので、信頼関係出来るまで長いことかかったのでしょう。
■多分そうなんでしょうね。あの時代では一癖ある切れ者が名を残しているので、彼らは代表格なんでしょうね。そのキャラがイマイチ自分の中でハッキリイメージ出来る程の知識が無いのでこの機会に期待してます♪ (今日メレンゲに上様が出てました。高畑さんの隣に座って/笑)

>夏の暑さが悪いのよ!と意味不明なことを
■暑いね!毎年思うけど、こんなに暑いのによくまあ冬になるとあんなに寒くなれる事!

>きっと得たものは今折り畳まれて、仕舞われてるんだろうと思います。今年が来年の布石になるといいなぁと…思ってます。
■ツアースケジュールとツアー名が発表されたようです(DMで会員に順次届いているようです)折り畳んだものがどわ~っと広げられればいいんですけどね。内容的には私の好みなんですが、物事タイミング次第でダイヤも軽石になるのでそこが心配です。

>御前様
■今時こんな言葉遣う人居ないよね(笑)間違っても「私は大学生」とかは書けません(爆)ハスミンも体に気をつけてね。いつも優しい励ましありがと★

2008/07/20 00:58 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/230-042983d7

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。