2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/05/31 (Sat) DVD雑感④ = 特典その2

こんばんわ、青木さ○かさんがTV番組で共演してる「カワウソ」、 か…可愛いv

さて、可愛いカワウソとはかなり違う妖しい景/虎さまと、モドキのお写真の続きです。 何ページまで行ったけ?



P16からでした(今数えた)このページは上下に2枚、上に馬上の紫鎧姿の景/虎さまの上半身のみ(お馬ちゃんカット)、バックは右に大きな樹木、左後方に幟の上方一部幾つかが。 全体に色のトーンを落としてあるので、薄い雲間に覗く青空も灰色っぽく映ってます。 人物も大きくは撮ってないんですが、これ又衣装とメイク&ズラのお仕事の素晴らしさが際立ちます。 近くで観たらケバイのを通り超して意味なく拝むだろうなー。 下の写真はお気に入りの一つ。 「龍/の~」でも見開きページに、黒狩衣で部屋の隅(庭がバック)で琵琶を弾いてる同じ時の写真がありましたが、これのやや上から撮った写真です。 アングルのせいで、誰だか分からないどころか蝋人形状態で、とっても無機質なトコがお気に入り♪  

右P17は白狩衣御部屋で壁を背に足を崩してお座りシリーズ?の一つ。 右向き下から撮り上げなので、「龍/の~」が俯き加減だった写真と違ってちょっとツンデレ度増。 この写真の表情なんかは、景/虎さまのカケラもなくって、全くもって中の人です。 畳が日焼けしてて現実感がちびっとある写真。

P18は上下共に川中島の合戦風景(青鎧)。 上はパラパラ戦ってる雑兵の間を敵陣目掛けてまっしぐらな景/虎さまです。 雑兵さんもお馬ちゃんも含めて、皆さん戦国にトリップしてます。 下は、宇/佐/美を無視してそれ行けやれ行けな上杉軍の一部。 この写真は面白いのです。 景/虎さまだけ必死の形相で、その他に闘争心があんまり見えないトコですね。 馬もスピードを極端に上げようとしてるのは白馬だけで、他のお馬ちゃん達は並足かい?? って感じです。 あの時のお屋/形さま一人暴走を切り取ったみたい。

P19は川中島の平原に立つ紫鎧の全身像。 写真加工がちょっと趣味が分かれるかな?と思わせませす。 赤を乗せてあるんだけど、それが効果的か?と言うと、残念ながら単に暗くしただけになってしまっていると思います。 これが清々しい景色に戦いの色を乗せた感じに出来ればよかったんだと思います。 元写真自体は凛々しい感じで、珍しく「ブーツ」と呼ばれた足元が分りやすく映ってます。 わざわざ元写真ではなく、これを持って来たのはそれなりの主張がある写真なんでしょうね。

P20はラスト、上下に2枚。 上は「龍/の~」の最後から2番目の写真の時の別アングル(この時の写真は本編にもいっぱいあったね) ほぼ横から撮ってあります。 この一連の写真は表情がとってもいいなー。 真っ暗な中、右端にバストアップの横顔なんだけど、光の当て方がナイスで綺麗な写真です。
ラストの1枚は「龍/の~」でもラストを飾っていた平原馬上の景/虎さまのドアップの別ヴァージョンです。 上から撮ってあるんですが、個人的には本編のラストの写真より好きです。 伏せたお目々長い睫毛。 これ又誰か判らない写真なんだけど(笑) 景/虎の孤独や憂いが出ていて、最後のこの2枚は本編漏れが惜しいレベルの写真だと思います。 ポスカ向きじゃないからここでお披露目だったのかな?

全体に、一/般/発売にも付いて来ているポスカの写真が、ちょっとこれは本編からは漏れたかな? と思わせるのと同じで、惜しい写真と、ギリギリ漏れた写真が入っていると思って下さい。 最後のページにスタッフの記載がありますが、スチールに野/村氏の他に山本/玄氏の名前がクレジットされています。 ス/テラでお馴染みのカメラマンさんですよね? お二人共同じ写真が撮れる設定には存在してらっしゃいますが、過去、ス/テラのサイトで観た写真を考えると(確認とって無いから違ってたらゴメンね) P1の上下や、P2の下、P12、ジャケ写やジャケ中見開き写真などは山本氏かもしれません?? 暇が余るほどある方は調べてみてくださいませ。

時期を外したと言うか? 放映中みたくアドレナリン出る程じゃないですが、やはり色んな意味で良い機会に恵まれたなとつくづく思う写真です。 今後在り得ない作品だと思うのでこれも大事に保管保管。 野/村氏はちょっと普段観れない一瞬を撮れるカメラマンさんなので、今後は「ここぞ!」って時に又撮って欲しいです。 山本氏のス/テラでのお仕事も視聴者に分りやすく伝えるにはもって来いの美麗な写真が多く、特にサイトの方では楽しませて頂きました。 風鈴はえがったな~…。

23:47 |まだ語るか?風 林 火 山 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


<<セットリストの意義 | TOP | 食生活の改善>>

comment











管理人のみ閲覧OK


やはり 

写真解説第二段、ありがとうございました♪
そして、やっぱり一番のお気に入りは「龍の化身」のラストページの別バージョンの写真なのですね。Rueさんのイラストを時々見させて頂いてますし、「龍の化身」の感想でほめちぎってらっしゃいましたから♪

Rueさんの解説で懐かしくなって(そんなに時間がたってるわけでもないですが(笑))「龍の化身」を見直しました。本編中の写真はさらっと硬質で凛々しく、グラビア調のものは色気がありますね♪かなり写真、写真の雰囲気が違うので初めて見たときは少し戸惑ったりしてました。今ではその落差が楽しいです♪

それではまたよらせていただきます。

2008/06/01 23:23 | 漣 [ 編集 ]


■■■ ハスミン少しは想像出来た?■■■ 

>やっぱり一番のお気に入りは「龍の化身」のラストページの別バージョンの写真なのですね。
>「龍の化身」の感想でほめちぎってらっしゃいましたから♪
■(恥)ほ…褒めちぎってた?(アハハh)写真を褒めても仕方ないんだけど、あの時点でのあの写真集はやっぱり素晴らしかったですね♪ ちなみに私が褒めちぎり出すと、あれしきの事では済みません(笑) それは未来の為にとっておきます(願望)

>解説で懐かしくなって(そんなに時間がたってるわけでもないですが(笑))「龍の化身」を見直しました。
■そんなキッカケになって良かったです♪ 

>初めて見たときは少し戸惑ったりしてました。 今ではその落差が楽しいです♪
■音楽も写真も絵も本も映画も、その時によって新たな発見がありますよね! それが楽しいから秀作はいつまでたっても秀作なんでしょうね。 落差を楽しめるようになればハスミンのもの!って事で、美しい装丁の家宝は時々御開帳しましょう♪

2008/06/02 21:47 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/206-9ba3dda1

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。