2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/05/06 (Tue) ただいま~!

あーちかれた! ヘトヘトになる程歩いたわ。 小さい山まで登ったさ(結構登れるものだった)

それで、例の親戚のおじいちゃんは、母が会った時は、懐かしい人に囲まれてかなりマトモだったらしいんだけど、ちょっと頭の血流が悪いらしく、思い込みが変な方向に行ってると、孫の嫁さんが言っていた(アハ) なんでそっちに行ったかと言うと、孫の嫁、その彼女が諏訪からお嫁に来た、諏訪氏縁の人物だったんで、孫は「オマエまで諏訪の姫を側室にするのか!?」 と怒られたそうだ(困ったもんだ) んでもって彼女は今でも 「申し訳ない!」 と言われて困ってた(笑うしかない)

その親戚のおじいちゃんの話では、ご先祖様は信玄に滅ぼされたって事だったけど、実際はまるで逆! 武田側だったご先祖のお屋形様の父上。 でもその嫡男が上杉崇拝者で、家内で揉めてたそうな。 他にも当時は小さな領土に幾つかのお城があって、あれこれ揉め事が多く(ドラマでもそうだったね) なんと!それにムカついた謙信公が平定にいらしたそうです(キャ~!平定されたい!) 勿論、武力で押さえ付けるまでもなく、当時は謙信公がいらして、「こんな小さな領土を奪い合ってどうする!」 と言われると皆、ははーー!m(__)m とひれ伏したと郷土歴史書に書いてあったわ♪ めでたくいざこざは納まったんだけど、やはりあの時代は武田か上杉の影響下だったそうで、2人の没後は又しても各地でいざこざが始まり、後ろにはやはり信長が居たのです。 そんでもって信長が糸を引くお隣の大名に攻め滅ぼされ、今でもその合戦跡が残ってました(ただの道だったけど) その戦法たるや 「桶狭間」 と同じで、やっぱ信長らしいな~と、妙に納得しましたとさ。 
友達2人もくっついて来たんで、3人で風鈴サントラ聴きながら、 「いいねー、なんかいいね~」 ってバカみたいだったと思うわ(最強謙信マニア&にわか歴史ファン2人) 謙信マニアはあの辺りの史実にも詳しかったんで、親戚のオジチャマがびっくりしてたけど、彼女はもぉ甲子園の土の如く、謙信公がいらした辺りの土を持ち帰らんばかりで怖かったぞ(笑)

結局、家系図があるお寺のご住職が不在で、もう一軒家系図を保存してあるお宅はディズニーランドに行ったとかで (はぁ~?!だった) 一応話だけ聞いて、観光地で遊んで帰って来ました。 でもね、山道を歩きながら 「○○の合戦跡」 とかっての見つけた時に 「風林火山~生きる」 が流れててね…なんかよい雰囲気だったわ♪ あ、それから源五郎と一緒に元服した飯富さんの弟の源四郎が来た場所もあったよ。(武田四名臣の一人だねー。 でも興味は薄かった) 

この勢いで越後に行ったらさぞとんでもない光景が展開されるだろうと、ブームな今は止めておきます。 でも又来年 「天/地/人」で…。 ブームは暫く続きそうですね。 な~んたってあの 「天/地/人」 の原作を上巻半分位読んだんだけど、三/郎景/虎のキャスティングは大変だよあれ! あんだけの描写でもって脚本があの人でしょ? もーそりゃあとんでもない美形じゃなきゃ許されない事よ! ふふふ…楽しみにしてましょう(どーせ裏切られるから、どのくらい嘘みたいな人物になるか?この際楽しみ!)

こんだけどーでもいい普通の家のご先祖様の旅でも結構面白いんだから、物凄いご先祖様がいらっしゃるお宅は名所旧跡が残ってて楽しかろうなー。 でも、親戚のオバチャマが合戦跡地へ行く時の道すがら、山菜の名前と見分け方を教えて下さいました。 彼女も風鈴は欠かさず観ていたそうで、「こんなのミツが見つけたら、大喜びなのに」 と言われた時に、偉大な武将も一農民もみんな同じ時代に生きていて、未だその地が残ってる日本の歴史って凄いな~と思ったとさ。 たまにはお勧めご先祖探訪の旅。  

20:59 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(10) | 【PAGE TOP】↑


<<なんだ?これ?? | TOP | 北条氏の側近…>>

comment











管理人のみ閲覧OK


お帰りなさいませ 

Rueさん。お帰りなさいませ。本当にお疲れ様でございました。
そして、何という有意義な里帰りだったのでしょう。お友達も同行されたとの事、さぞかし楽しかった事でしょう。
お疲れの中、大変丁寧にレスを頂き恐縮しております。
Rueさんの説明で番組観るよりも、武田の魅力?が伝わった程です。
(越後贔屓視点から観ているため退治される側だし、おなご好きがまず気にくわぬ!的な単純発想でした)有難うございました。
この度のお話、何度読んでも涙が溢れて来ます。戦国の時代が、言い伝えが、まだまだ生きている事にです。そして謙信公が思う通りの御方として、Rueさんのご先祖様の地に関わりがあったという事実。
その親戚の叔父様、やっぱり可愛らしいお人ですね。
今日はゆっくり休んで下さいませ。メルはしません、サイズとか要望の事では全くありませんので。

2008/05/07 00:08 | M [ 編集 ]


おきゃえりなすわーい♪ 

御先祖様探訪、楽しい日々だったみたいで良かったねー!
私も林泉寺は行ってみたいのう。春日山城跡も。夏休みにでも・・・でも、ぷちがーー!京都へ行きたいそうでちゅ(涙)あの何たらいう数珠の店とか行きたいとこがあるらしい(買わされるんかい!)
何たらいうラーメン屋とか(京都まで行ってラーメンて、泣けてくるよね?)
今年の夏旅行はガ〇ト君探訪の旅になりそうじゃ(爆)
その我らの御屋形様、連日の日記更新ですが・・・
相当フラストレーション鬱積状態なのでしょうか。何やら分裂気味になっておられるご様子(爆)

そーいう時にケガなどしやすいのでしゅよね。
何事もないようお祈りを(ナムナムナム)

2008/05/07 16:19 | ゆう [ 編集 ]


No title 

ゆうママン☆

ぷち君可愛いねぇ~。本当にガ〇ト君本人が好きなのね。
あの数珠屋やあのラーメン屋巡りとかね・・雄蝶ファンが一度は通る道。
母息子で同じ好きな対象に向き合えるとは何という幸せなママン。

Rueにゃん☆(参りました)

何と!うっかり無記名で送信したらあの名にされた・・笑
pw設定していたので直せましたが・・笑
米される方はお気をつけて。


2008/05/07 18:54 | M [ 編集 ]


お帰りなさいませ 

Rueさん、おかえりなさいませ。お疲れ様でした。
>その彼女が諏訪からお嫁に来た、諏訪氏縁の人物だった
諏訪氏とは、なんだか歴史を身近に感じられますね。「風林火山」真面目に見るまで、諏訪氏のことあまり知りませんで(今でもそうですが)勝頼の事も、諏訪四郎勝頼、とも言うとは知りませんでした。彼が諏訪神社の大祝の血筋だということも知りませんでしたし(諏訪神社がとても由緒のある所だというのは、辛うじて大河以前に知りました。そして「影武者」ではいきなりおじさんに見えて、大河との落差に涙しそうでした(笑))その一族縁の方だと思うと長い歴史を感じます。
>謙信公が平定にいらしたそうです
謙信公らしいと思いました(まだそんなに解ってませんが)それにしてもお父様が武田よりで、嫡男が上杉崇拝者とは(笑)家庭内もとい、家中も城中もさぞかし揉めたのでしょうね。そして、謙信公が一喝して(それとも穏やかに教えさとして?)収められたのですね。Rueさんの御先祖様は謙信公の御顔を拝したのかも知れませんね。羨ましいです。
>この勢いで越後に行ったらさぞとんでもない光景が展開されるだろうと
ぜひ、ご友人の春日山城の解説が聞きたいです。実際に見た春日山城址の郭址を見ると、ここに何人も住めたの?と疑問でしょうがないです(実際に建てた大工さん達も凄いと思いました。結構な急斜面が多いですから)一種のステータスシンボルみたいなもので、実際は別の建物に住んでた人も多いのでしょうが(謙信公も用に合わせてあちこち移動してたみたいですし)
>三/郎景/虎のキャスティングは大変だよあれ! 
現在5月。そして既に「天地人」撮影開始。最初の方の出の筈の謙信公と三郎景虎のキャスティングは未発表。夏には発表されますように。
「天地人」のタイトルは「天の時、地の利、人の和」から取られたそうです。(埋蔵文化財センターのビデオで言ってました。別の意味だと思ってました)御館の乱のあと、集中力が続くドラマでありますように。

それでは、またよらせていただきます。

2008/05/07 21:10 | 漣 [ 編集 ]


■■■ Mタンただいま~♪■■■ 

なんだか人が変わったような文体のMタン(笑)風鈴だと人が変わる私と同じ(笑)

>Rueさんの説明で番組観るよりも、武田の魅力?が伝わった程です。
■あ、それはMタンの勘違いだと思うけど(笑)一部世間の信玄ファンはそんな風にも思ってみえるんじゃないかな? 程度に解釈しておいて下さいませ。 女(男も)好きも「英雄色を好む」として一般的には魅力の一つでしょう。

>越後贔屓視点から観ているため退治される側だし、おなご好きがまず気にくわぬ! 的な単純発想でした
■好きな人物がどれだけ巧く表現されるかを確認するに当っては、必ず他の人物も同じ程力を入れて観ないと、作品としての出来と、その中での好きな登場人物を的確に評価出来ないと思ったので、個人的には結構放送中色々調べました。 もちろん贔屓目眼線ってのは絶対的にあるよね。 色々史実を調べてから観ると、又Mタン的解釈も変わって来ると思います。 世間様では空中分解して終わったような印象があるけど、私は変な美意識があるので、破壊されたものと同時に存在する完璧なもの。 このコントラストは美しいとさえ思います。

>この度のお話、何度読んでも涙が溢れて来ます。
■そ…そーぉ?(汗)

>戦国の時代が、言い伝えが、まだまだ生きている事にです。
■うんうん。私のは中学生の時に行ったきりの親戚に行っただけのローカルでマイナーな話だけど、Mタンは春日山に登ったんだから、それこそクゾクする体験があったのでは? でも、郷土史研究してる人に聞いた話では、謙信という人は、誰も戦おうとなんてしない特別な人物で、平定にやって来るだけで、その辺り全域の大名がひれ伏してその後いざこざを起こそうともしなかったそうです。

>その親戚の叔父様、やっぱり可愛らしいお人ですね。
■あの爺様ねー。 端から見てる分には面白かったよ。嫁と孫の嫁は気の毒だけど(苦笑) こんなドマイナーな話でも楽しんで頂けて良かったです♪

2008/05/07 23:10 | 「Rue」@家主  [ 編集 ]


■■■ ただいま! ゆうぴょん&プチん♪■■■ 

>私も林泉寺は行ってみたいのう。春日山城跡も。
■あそこは行きたいのー。 でもハスミンの旅行記を読ませて貰って、米沢もいいよね♪

>ぷちがーー!京都へ行きたいそうでちゅ(涙)
■(爆)そっちの人の縁の地ね(ハハハ…泣きたいやら笑うやらの親心?)

>数珠の店とラーメン屋
■あー、あれ行く人居るんだってね…。 プチんのお年頃には就学旅行は京都なんて行かないだろから、興味のある内に行くのもいいね♪ 高校生になったら一緒に行ってくれないかもしれないしさ。 景虎さまの上洛の際の史実を調べて行けば、ママンも満足! 

>相当フラストレーション鬱積状態なのでしょうか。何やら分裂気味になっておられるご様子(爆)
■ 「ドレッシングが不味いってキレてる男が居たんですよぉ」 「なぁにぃ?? 男は黙って塩! 敵にも送れ塩! とっとと帰ろう日本!」 (どっかの芸人さん風) ハリウッド映画ってシェフ付きの食事専用トレーラーが用意されるんだよねー!(毒)

>何事もないようお祈りを(ナムナムナム)
■色んな意味でナムナムナムだよ(トホホ)

2008/05/07 23:14 | 「Rue」@家主  [ 編集 ]


■■■ あ!Mタンが引っかかった(笑)■■■ 

>何と!うっかり無記名で送信したらあの名にされた・・笑 pw設定していたので直せましたが・・笑
■直したの?まぁ! 次に慌てふためいてる時を狙おう!ふふふ。

2008/05/07 23:15 | 「Rue」@家主  [ 編集 ]


■■■ ハスミ~ンのメアドが「。。」だ(笑)■■■ 

>「風林火山」真面目に見るまで、諏訪氏のことあまり知りませんで(今でもそうですが)
■私も! 放送時、解からない事があると調べ調べして次回を観るって繰り返しで、ちょっとだけ解明して来た事だらけ!

>そして「影武者」ではいきなりおじさんに見えて、大河との落差に涙しそうでした(笑)
■(笑)大河のキャスティングって「それ若過ぎない?」って設定ありますよね?  篤/姫もだし。 でも風鈴は地味な人物のキャスティングも良かったと思います。

>お父様が武田よりで、嫡男が上杉崇拝者とは(笑)家庭内もとい、家中も城中もさぞかし揉めたのでしょうね。
■話によると、当時は武田、上杉、どちらに付くかに生き残りの道がかかっていたようです。 やはりあのお2人は圧倒的な存在だったんだなーと思いました。 武田家もそうでしたが、そうやって追放や謀反が起きて、謙信に叱られて(笑) 最後に桶狭間モドキになると言う、小さな風鈴は何処の地でも起きていたようですね。

>御先祖様は謙信公の御顔を拝したのかも知れませんね。
■それが一番知りたくて、家系図が見たかったんですが、景虎ではなく、謙信になられてからの事のようです。 2人の英雄が消えてからはもうメチャメチャだったみたいでした。 信長にとっては好都合だったワケです。 あ!それから謙信マニアに聞いたんですが、やはり謙信公は七尾城を攻めた後だったかな?小さな発作を起こして、右手が巧く使えなくなったので、印鑑を使うようになったんだそうです。遺言の謎が深まりますね。 それは「天地人」で学びなさいと言われましたが、小説は小説だそうで、ひとそれぞれ考えがあるようです。

>ご友人の春日山城の解説が聞きたいです。
■多分喋らなくなると思います、シーンと(笑)彼女達の知識も、史実からの自己解釈がかなり入っていて、多分認めなくない史実はカットしてあると思います(笑)気持ちは解かるよね?

>春日山城址の郭址を見ると、ここに何人も住めたの?と疑問でしょうがないです
■あそこは「天と地と」撮影の為にかなり地形が変えられた場所で、大きな道を付けて機材や木材を運んだりしたんだそうですよ。 角/川めーー!! 山城の場合、実際お城に住むんじゃなくて、住居は別にある場合が多いんだそうですよ。

>「天地人」のタイトルは「天の時、地の利、人の和」から取られたそうです。
■それ知らなかったです! これも台詞で出て来そうですね? キャスト楽しみですね。 小説を読んでいる限り、初っ端から「初音役」のハードルも高いですね。 あまり期待しないで待ってましょう♪

2008/05/07 23:19 | 「Rue」@家主  [ 編集 ]


すごいです 

Mさん、Rueさん横レス失礼いたします。
>謙信という人は、誰も戦おうとなんてしない特別な人物で、平定にやって来るだけで、その辺り全域の大名がひれ伏してその後いざこざを起こそうともしなかったそうです。
凄いですね。来ただけで、後々の紛争すら抑止してしまうとは。最近謙信公のことを考えると、
「羊のように穏やかに暮らすためには、狼のように強くなくてはならない」
という言葉が思い浮かびます(実はコバルト文庫出典(笑)さらに元があるのではないかと思ってるのですが、今のところまだ判りません)周りを穏やかにするために(領土欲ないし、居城だった春日山城は彼が存命のうちは戦場になることはなかったですし)自分も含めて穏やかに暮らすために軍神と言われるほど強くなければならなかったんだろうなぁ、と、この頃そう思ってます(結局頼られたのと義の為にあっちこっち遠出してますが)
Rueさん
>あそこは「天と地と」撮影の為にかなり地形が変えられた場所
○○○○のばかー!史跡を何と心得ますかーーー!!!以下罵詈雑言が続くので自粛。以下略。ぐすぐすぐす。謙信公が歩いた跡のまま、歩きたいのにーーー。しくしくしく。
>メアドが「。。」だ(笑)
メアドには何も入れてないのですが、それのせいでしょうか?何かした方が良いですか?

それではまたよらせていただきます。

2008/05/09 00:32 | 漣 [ 編集 ]


■■■ ハスミ~ン!勘違いしてた! ■■■ 

ハスミンごめんごめん! 未だ確認してないんだけど、春日山城の話ね、自分があまり怒ってないんで、「???」 と思って何処で読んだんだっけか?? ひょっとしたら春日山城のモデルになった竹田城と私勘違いしてるかもー? って確実にそうでしょう。 だって工事なんて出来るわけないもんなー。 でもあちらも文化財か何かだよね? 観光地にしたいのは解かるけど…??な思考だね。 後から確認しまーす! とりあえず景虎さま観てから又来ます。 ごめんね~m(__)m

後から来ました! 私が読んだトコの管理人さんは別に勘違いしてみえたワケじゃなくって、単に主語が春日山城になってたんで、私が勝手に(そ…そーなの?!)と思ってただけでした。 正確には春日山城のセットをおっ建てた竹田城跡(兵庫県)でした。 すみませんですm(__)m

>メアドには何も入れてないのですが、それのせいでしょうか?何かした方が良いですか?
■何もしなくってOKです。 何かの拍子にカーソルが下に動いてたのかな? メアドは何方かにお返事欲しい方とか、連絡取りたい方のみ入れて下さい。

2008/05/09 20:02 | 「Rue」@家主  [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/191-b323a44e

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。