2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/03/19 (Wed) 返す恩が多いの。 の?

今回も只の卒業式おじちゃんではなかったようですが…
上越タイムス (もうブックマークしてあるし)

新潟日報 (コレマタブックマーク)

ここには 後日何か載るのかも?? この校長先生上品だね。 日記も更新してあったよ。

さて、なんだかいっぱいお仕事してらっしゃるみたいですが、謎のプロジェクトは↓のエントリー・コメで話題になってた、アレなのかしら? 今日は全くもってテンションが低いです。
てのはね、わたくし、この学校の卒業生で、とことん根性の悪いかなり歳が上の女性を知ってたんです。 彼女の意図的な悪行の数々に呆れたある歴史好きは 「上杉謙信の偉業に泥を塗る女ってある意味凄いわよね」 と言ったものです。 有名な進学校で、優秀な生徒さんが沢山いらっしゃる由緒正しい学校で有名ですのに、たった一人の信じられない腐った人間の為に、彼女の行く先々でイメージが悪くなるのは大変お気の毒。 彼女の友達らしき方達 (正確には、頭も育ちも良さそうな、有名大学卒の方達な上に、とっても綺麗な方が多かったです。 きっと大人だったから付き合ってあげてたんでしょう) でも結局彼女には見切りをつけてしまわれました。 年少組の私達は、都合のいい時だけにあれこれ相手にさせられて、ほんと~に困ったモノでした。 

それを思い出すと、他人の振り見て我が振り直せじゃないけど、悪い事は出来ないよね~(つくづく) 犯罪はもちろんだけど、罪 (crime じゃなくてsin の方ね)って自分の身内だけじゃなくて郷土の誇りまで傷つけるんだもん。 「だから新潟県人ってのは!!」とまで言う人も居たから迷惑な話よね。
「風林火山」 当時から実はあのオバチャンの事を思い出して、なんだか謙信公や、果ては中の人まで気の毒になってたんだけど、今回こちらの高校に「校長先生のお友達」として(ちょっと可愛い設定じゃないの!)お邪魔したとのニュースに、とことん哀しくなってしまいました。 

でも、卒業式の様子を観たら、学生ちゃん達ビックリしたり嬉しそうだったりで、ホッとしました。 例によって色々又 ご意見が飛んでるんだろうけど、今年の2校はハズせなかったんじゃないのかな? わざわざ卒業式をターゲットにするのは、多分高校卒業する時期に、何かのキッカケになる人に出逢う事が必要だって事を知ってるからなんでしょう。 たかだか一ミュージシャンの一曲、興味の無い生徒さんの存在もあったでしょう。 でも、彼らは自分達が特別な場所に生まれた事と、郷土の誇りを改めて自覚してそれぞれの場所に飛び出して行けるんだから、それはそれで全く無意味では無いんじゃないのかな? 少なくとも、自分の嫉妬の対象をことごとく落とし入れて行く様な人間になんてならないでしょう。 それだけで充分だと、迷惑な経験をした私は思いましたとさ。 

18:40 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(13) | 【PAGE TOP】↑


<<雨~漫画日和~ | TOP | 春だからお色直し>>

comment











管理人のみ閲覧OK


すごい学校 

ども

こちらの(ここにはをクリック)高校の校歌すごいよ~ 春日山壁書にも負けないくらい。
進学校なんだね。京大・東大めざすらしいし。

2008/03/19 20:22 | 松山 [ 編集 ]


続すごい学校 

Rueさん、松山くん 
早速校歌聴きました!
感動した!!ここの校歌素晴らしい~!正に謙信公お膝元だわ・・
歌詞にも曲にもその精神が色濃く生きている。
それに歌詞に・・歌詞にぃ・・○○○の名前が歌われて・・いや聞こえて(汗)
「学と徳と・・・」って!?ここにも繋がりが~
これじゃサプライズ届けたくなるはずだわ(いえ、「恩を返しに」だそうですが)
縞りんご世界の校歌を聴いた気分もしたし。皆様、ぜひDLお勧めしますわ。
この歌詞と曲に嵌ってしまいましたv-238歌っている人の声もまたいいの~

2008/03/19 22:06 | M [ 編集 ]


ふむふむ 

そのおばちゃんと言われる人は、以前からRueさんの記事にご出演してる人ね。なる~~~
それって・・・・松山の言ったのと同じ穴の狢なんだきっと。ディブ・リー・ロスの名言にあてはまるやつなんだな(笑)

Rueさん 吹っ切ってがんがれ!おばちゃんをかわいそうなやつなんだと思ってさ。松山はそう思ったもん。

2008/03/19 23:31 | 松山 [ 編集 ]


続々(風邪か?) 

>Mさん

この歌詞おぼえる学生って大変だよ~(笑)松山は無理です(きっぱり)


>Rueさん
↓で話題のおにいちゃは「千の~」のオペラ歌手さんとコラボらしいよ。
それでSもやるんかい・・・そんなに一度にこなせる人だったのかな?
いつも中途半端なイメージが・・・・
と、書いていて思ったんだけれどテコンドーは最後までやるタイプなんだよね。
もし中途半端になったら責任を全部とりそうでこわいよ。

2008/03/19 23:44 | 松山 [ 編集 ]


■■■ 難しい校歌だ~!■■■ 

松山くん! これ歌う生徒さんはやっぱ賢いよね!(笑) 軍歌チックなメロディーだこと! 作った時代のせいかしらん?

>以前からRueさんの記事にご出演してる人ね。なる~~~ それって・・・・松山の言ったのと同じ穴の狢なんだきっと。
■そのオバチャンの事は画面が汚れるから書いてない(爆) 多分NGキャラよか性質悪いと思うよ。 そうゆうNGキャラさえ羨んで罠にかけるんだもん。 

>Rueさん 吹っ切ってがんがれ!おばちゃんをかわいそうなやつなんだと思ってさ。松山はそう思ったもん。
■なんか物凄く久し振りにリアルに思い出したわ(笑) うんっ!キチャナイモノは嫌いなので蹴ってやりますわ!

>↓で話題のおにいちゃは「千の~」のオペラ歌手さんとコラボらしいよ。
■はあぁ??…何でもやって下さいって感じだね(シ~ン)←私この人にとことん冷たいよね(笑)

>それでSもやるんかい・・・そんなに一度にこなせる人だったのかな? いつも中途半端なイメージが・・・・
■話は大きいけど、実際何もやってないよね。 本人が去年?だったかVUKだっけ?あそこのブログにも書いてたけど、「何もやってないのにオーダーが来てありがたい」みたいな話。 あのプロジェクトやればいいのにね? ファンが大好きなバンド名なんだしさ。

>と、書いていて思ったんだけれどテコンドーは最後までやるタイプなんだよね。 もし中途半端になったら責任を全部とりそうでこわいよ。
■松山先生!それが一番怖いです!誰か反乱起こしてくれないかなー!YOUとか(笑)←たまにはやってみろ!

2008/03/20 00:34 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


■■■ Mさん!流石当ってました ■■■ 

黒髪の裏番が気に入ってた「Rue」です(笑) これで分り易い趣味だとご理解頂いた(バレたとも言う)でせう♪ 「鵺」3分の2読みました(遅!)

>それに歌詞に・・歌詞にぃ・・○○○の名前が歌われて・・いや聞こえて(汗) 「学と徳と・・・」って!?ここにも繋がりが~
■ホントだーー!聞いてみました!ご縁でしょうか?? 本人も付属品お2人も聞いた時ウケだだろうな~。 卒業式だもん歌うし♪

>歌詞にも曲にもその精神が色濃く生きている。
■3番の歌詞がちょっと暴走してる感がありますが、他は校歌としていい題材ですよね~。いいな~こんな校歌。 覚えるのは大変そうだけど。

2008/03/20 00:45 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


No title 

Rueさん

>彼らは自分達が特別な場所に生まれた事と、郷土の誇りを改めて自覚してそれぞれの場所に飛び出して行ける・・・

特別な地に生まれた者たちよ!それを誇りに前に進んで欲しい。と背中を押したかったんですよね。だから、あの壁書。

G景虎が上越もしくは越後民にもたらしたものとは、まさしくかの地に注目し、憧れを持ち、特別な思いを持つ事になった人を増やした事だと思う。そう、もはやかの高校の校歌までが愛おしい!?

そして、「春日山城壁書」という素晴らしい家訓?を一躍有名にした功績は計り知れないですよね。
紅白の戦国ライブに熱狂したのは、全く初めての人でもあの口上に度肝抜いたわけで・・
一般的には世間に浸透していなかった謙信=壁書が、日本人の心を揺り動かした気がして・・。
過去の謙信役者があの口上を十八番にしていたのか判らないけれど、G氏にとってあの壁書の出会いこそ<人生最大級の御褒美>だったのでは。
血肉を与えて甦らせた功績は、きっと謙信公のご加護を一身に受けている事でしょう。

校歌の歌詞4番が特にお気に入りかも~。これって詩吟に近くないですか?歌詞も。

ふふ。「鵺」だったら源也さんでは?
篠夫の、心にぽっかり空いている穴の存在とワンコのような気質はあの方に似ているのだけど・・。そして違うのは、空洞があるから愛されたいのではなく、愛したい!が並外れている気がする。

2008/03/20 01:16 | M [ 編集 ]


■■■ 歌ってますか?Mさん?■■■ 

>それを誇りに前に進んで欲しい。と背中を押したかったんですよね。だから、あの壁書。
■ここに来て下さってる方的には普通にそう思えるんだけど、あの壁書を不快に思った人も居ると思うんですよね? ほら!「紅白」でキッパリ終わらせたんだから、引き出して来るな的な意見は出るだろなと。 で、それはそれであっていい意見だと思うし。 まぁ外野はどうでもいいけど、肝心な生徒さん達にとっては、地元ではあの壁書は浸透してるのかな?そっちに興味があります。 

>G景虎が上越もしくは越後民にもたらしたものとは、まさしくかの地に注目し、憧れを持ち、特別な思いを持つ事になった人を増やした事だと思う。
■これは、観光とか謙信公祭とか関係なく、もっと精神的な意味で大きな影響ありますよね! 「決戦前夜」では多くの人が「越後の民になりたーーい!」と思った事でしょう。(ええ私も/笑)

>世間に浸透していなかった謙信=壁書が、日本人の心を揺り動かした気がして・・。
■浸透してなかったですよね!でも、一部が異様に心を動かされて、越後と言うか、自国の歴史を見直せたのは、大河に有名人を出す意義だし、中々それが演技として成功しないのに、今回はそれも成功した稀な例ですよね♪

>過去の謙信役者があの口上を十八番にしていたのか判らないけれど、G氏にとってあの壁書こそ<人生最大級の彼へのプレゼント>だったのでは。 血肉を与えて甦らせた功績は、きっと謙信公のご加護を一身に受けている事でしょう。
■過去の役者さんとは台詞回し自体は随分違いましたね。十八番にしたことのある人の話は聞いた事ないです。あの壁書は象徴であって、景虎の精神は、ご本人の「立ち位置が似ている」の通り、そっくりだと思いました。 ドラマの中では景虎~政虎で終わっているところがミソで、その後の謙信像は今から彼自身が生身で描いて行けるんだから、MGK三種混合にとっては美味しすぎる話です(笑) 
史実から入った人は今まで謙信像がハッキリと目には浮かばなかったと思います。そういった漠然としていた人にとっても、定番が出来た事はもっと過去の歴史に近づける事で、大きな功績だと思います。 だって歴史って将来の為に学ぶものだから。

>校歌の歌詞4番が特にお気に入りかも~。これって詩吟に近くないですか?歌詞も。
■5パターンそれぞれ情景だったり、戦国哲学だったり、一般的な教えだったりと纏まってますよね? 詩吟かぁ。韻の踏み方なんかはそうなのかもしれません?一回聞いただけなんで、言われなかったら全く思わなかったかもしれません。 和歌を読んだりはしても、詩吟を聞く事って無いので、その感覚は「そうそう!」って程に分りません(汗)
ただ、校歌の最後が「我等の覚悟なる」は、凄いな~流石謙信公お膝元だな~と思いました。 知らないで聞いたら、戦時中の歌だと思うかも? 戦国時代ってそうゆう時代だった事がそこで分りました。

>ふふ。「鵺」だったら源也さんでは?
■今のところ特に好きなキャラが居ないんですよぉ。おかしいなー!話は面白くなって来てます。

>篠夫の、心にぽっかり空いている穴の存在とワンコのような気質はあの方に似ているのだけど・・。
■多分皆さんこのキャラが好きなんだろけど、どーも苦手なんですよ。なんでだろ?? これを「無垢」とか「純粋」とか「ワンコ」とかに思わせる作者の意図が見え見えなのが嫌なのかなあ?? でも最後に誰がお気に入りになるか未だ分りません(笑) 女の子にとっては都合のいい話ですよねー(笑) 

2008/03/20 02:15 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


No title 

外野はほんとにどーでもいいけれど、景虎ファンや上杉ファンからそう言われたらちょっと悲しい
かも・・・
いい加減いつまで引っ張るのか!→謙信公の信条に共鳴起こしたのだから、一生引っ張るよ!
でしょう。

訂正:全く詩吟じゃなかったですね・・やっぱり。歌詞が詩吟ぽいかな、と思ったんだけど。
軍歌でしたね。古風な感じ。昨日からエンドレス状態です。笑

Rueさんが「今のところ特に好きなキャラが居ない」という事でまたまた納得!
今まで少女マンガは「読まされた」んでしたよね?
ミーハーするなら自分から積極的に読んでるから。
でも、一応は有名どころを抑えて来た結果になったのは、周りの友人達がRueさんに読んで
もらって的確な感想を欲しかったの。するどい洞察力の意見を聞きたかったのよ~。

>女の子にとっては都合のいい話ですよね
木原センセもここまで恐ろしくも情深い人間ドラマ作品描くようになった(前からだったけど)・・と
思ったのに、そうなんですね。やはりあれも御伽噺なんでしょうね・・。目を覚ましてくれるRueさんは有難い存在です。

2008/03/20 22:37 | M [ 編集 ]


 

M樣ってば!
少女漫画は全てお伽噺話ですわよ(爆)
でもそれがイイの!
設定、キャラ等、全て女子に都合の良いものでなきゃ売れませんとも(爆)

しかしRue樣。
「鵺」を読んでいらっしゃるところ心苦しいのですが・・・
考えたんですが、私的には「鵺」は違うような。いえ、絵的にはGさんにしゅり役がと思いますが。
このお話からはGさんを連想出来ないのです(爆)
どうでしょう、M樣、他の皆様。「淵となりぬ」のほかは「風恋記」それ以前の短編の方が
でも「鵺」は話としては面白いだす

考えたんですが(爆)
やはり「アンジェリク」の《原型フィリップ》が痛々メンのもとですから、気が向かれたらそちらも(汗)
ちなみに私も「風と」ではセルジュがキライ。
Gさんもお好きらしい「BANANA FISH」(ご存知の方いますよね、この漫画)では英二がキライ。どちらもイラつきキャラだすな。

また、漫画話になってしまった。
どなたかが早く新曲出してくれないからだな(爆)

2008/03/20 23:39 | ゆう [ 編集 ]


No title 

ゆう様

「鵺」 はい。結局おとぎ話なのに、木原センセも?私も「すっかり大人になったわいなぁ」と錯覚
しておりました・・ゆう様鋭い!

「BANANA FISH」 はい。Gさんが「我を知りたくば、読むがいい」(うそ)とファンに大宣伝した
少女?漫画です。 ええ。「ならば、読まねばなりますまい・・」と揃えましたから。

吉田センセに「映画作って!ショータ演りたい!スキンヘッドにするから!!」としつこく懇願して
いましたよね。まだMM時代に。
結局、ムンチャに投影されて、ヤンチャして暴れてスッキリ落ち着いたかもね。

2008/03/21 00:24 | M [ 編集 ]


No title 

ゆうさんがアンジェリクのことを書かれていたので、懐かしくなりました。
木原さんの絵柄はアンジェリクの頃が一番好みなので。
アンジェリクの話のエピソードは面白いのがたくさんあるのですが、
美形で男女にもてて、国王の寵愛深く、高位の貴族で、軍人としても有能で、という万能美青年にして感情表現が不器用なフィリップのエピソードが特に好きでした。
フィリップがアンジェリクに花を摘んであげるところとか(で、びっくりして固まっているアンジェリクを勘違いして(フィリップがアンジェリクの初恋の人だから)花をいらないんだと思い込んだり)アンジェリクの重傷を負ったという腹立ちまぎれの手紙の嘘に騙されて(国王の命で仮面夫婦してました)不眠不休で戦場から戻ってきたり。それで本当のフィリップが解った、と嬉しげに報告したアンジェリクに、ボーフォール公がフィリップの相手はあの子が良い、と(ボーフォール公がフィリップの愛人だというのに。父性愛が強い人なんですよね。面白い人です)決めたり。もうラストの登場人物その後のエピソードがとてもしみじみとしてました。
そして私もフィリップがGacktさんにやってもらったら似合いそうだな、と思ってました。ふいに凄く繊細な表情見せたりするところとか。

それではまたよらせていただきます。

2008/03/21 00:25 | 漣 [ 編集 ]


■■■ Mさん! ご本人に似て(笑)■■■ 

>いい加減いつまで引っ張るのか!→謙信公の信条に共鳴起こしたのだから、一生引っ張るよ! でしょう。
■これってご本人が言いそうですよね!(笑) 今回TV局が謙信公際絡みのケーブル局のみってのも、一応今だに世間の声もチェックしてるんだと思いました。 何やっても何かしら言われるのは慣れてると言いながら、結構気にするのが彼ですよね?

> 訂正:全く詩吟じゃなかったですね・・やっぱり。歌詞が詩吟ぽいかな、と思ったんだけど。 軍歌でしたね。古風な感じ。昨日からエンドレス状態です。笑
■詩吟かそうじゃないか?は私には分らないんですよね。 詩吟かもしれませよ? 軍歌みたいと書いたのは、あの歌メロとリズムです。 どちらにしても、校歌って感じではないですよね(笑) エンドレスですか!? そんなにMさんにウケるとは意外っと一瞬思ったけど、Mさんって、音楽も含めて舞台要素に詳しそうだから、ツボがあったのかも?

>でも、一応は有名どころを抑えて来た結果になったのは、周りの友人達がRueさんに読んで もらって的確な感想を欲しかったの。するどい洞察力の意見を聞きたかったのよ~。
■洞察力なんてのは彼女達は全く感じてないと思います(爆)少女漫画読む時期って、自分の好きなものを他人にも知って欲しいじゃないですか!あれだと思います。 仲のいい友達には「あれいいよねー!」って言って欲しいって子供らしい発想だったと思います。 お陰で、有名どころを押さえてるんですか??それはよい!持つべきものは友ですね!

> 木原センセもここまで恐ろしくも情深い人間ドラマ作品描くようになった(前からだったけど)・・と思ったのに、そうなんですね。やはりあれも御伽噺なんでしょうね・・。
■私はそう思っただけなんだけど、「渕となりぬ・前編」 の最後に荷宮和子って方がエッセイを載せてみえました。 これが面白くて、彼女まるでバリバリのフェミニストみたいな事を書いてみえるんですね。で、そのタイトルが「女にとっての理想郷」なんですよ。 感じ方の違いはかなりあるけど、大人が読むと、結論は皆似た事をなのかな?と思いました。 彼女のエッセイを読んで、イギリスのフェミニスト、ジョーン・スミスが書いた「男はみんな女が嫌い」を思い出しました。 私はフェミニストではないけど、この本は映画の例を具体的に出したりして、女性の描かれ方の奥に潜んでいる思想がズバっと書かれてますよ。 それこそホントに目が覚めると思います(笑)

>木原女史
■彼女の一環した書きたい事ってどうして女性が主人公じゃダメなんだろ?と思ったんですが、女性に対して道徳を超えた崇高な情の世界を伝えるには、美しい男を使うのが一番説得力がある事を知っている方なんでしょうね。 「風林火山」でもそうでしたもん。 あれは男の世界だから納得出来るもので、人間自分が存在出来ない世界に夢を見つけるんでしょうね? それを思うと、自分の美意識を自分自身を使って体現する人ってのは物凄い存在だと思い直しました。 ストーリー構成や、彼女の思想は凄く面白かったです! 皆さんに教えて貰ったお陰だわ♪ ありがとですv こちらこそありがたい存在です!

2008/03/21 00:36 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/161-87758c49

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。