2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/02/24 (Sun) 極端に優れた遺伝子は残らない

菊本~~!と 「篤姫」 を観終わって、そう言えば松坂慶子さんの発音のクセって前々から気になって仕方ないんですが、亀さんにそっくり。 滑舌がいいだけに気になり出すと…。 松坂さんのド迫力は体格だけではなく (失礼!) 最早どすこいな世界でした。 尚次郎よりず~~っと頼もしいので笑ってしまいます。 けど彼女はベテランなのに、どこかしら可愛らしい部分がいつも残っていて好感が持てる女優さんです。


さて、その元々好きな俳優さんと、どーも出てらっしゃるだけで観る気がしない俳優さんって存在しません? 取り立てて意味は無いんだけど、な~んか嫌ってお方。 私にとって、意味も無いのになんだか観る気がしない俳優さんの中に入っていたのが、谷原章介さんと田辺誠一さんでした。 「えー?!」 と思われる方多いと思います。 お2人とも女性ウケする俳優さんとして有名だから。

でも 「風林火山」 のお陰でこのお2人が大好きになりました。 役も良かったんだけど、役作りの研究がちゃんとその役に反映されて、忘れられない登場人物を生んで下さったから!

週末に 「風林」第6話まで再度観ました。 (その前に 「苦い勝利」 観ちゃったけど/笑。 え?どうだったかって? 祭りだワッショイだわよ!) 6話までは、重要人物がゴチャマンと出て来て、それぞれの個性を発揮し、今後の物語の伏線を張りまくっていくワケですが、やっぱり今川家の存在は格別なものがありました。 序盤の面白さは勘助と晴信の話だけでも、それなりに面白いんだけど、あそこで小山田の不穏な動きと雪斎のチラリ登場。 それに続く大々的な今川家のご登場! あれが無かったら、序盤あんなに興味深く観ていられなかったと思います。 
多分私が伊武氏好きじゃなかったら、本編での小山田&雪斎の密会は (なんだ?これ?何??) で終わっていたかもしれません。 だって 「花倉の乱」 なんてこのドラマで初めて聞いたもん。 これ有名なんでしょか? 序盤のハイライトは個人的には、この「花倉の乱」です。 
ちなみに、花倉の乱の時点で、義元様は17歳v 晴信は元服した時だから15歳、て事は景虎さまは6歳!(わぁ~~!そんな時があったなんて…壊!)←阿呆!「寿桂尼さまの名言」

そして小山田さん。 彼の武田の中での異端児振りは観てて楽しい! 「嫌味なヤツ!」と思われた方もあったでしょうが、好きなツボに入った方はとんでもなく好き好き光線が出た事でしょう。 彼の存在によって、武田家臣の中でのなにげな派閥、それぞれのキャラがハッキリしたと思います。 板垣亡き後、武田の家臣が薄くなってしまい (描く暇が無かったとも言う) 前半、後半と分けられたように思いますが、主役勘助の武田家での立ち位置の表裏、勘助の心の奥底をハッキリさせたのも、実は小山田の存在でした。 クールでアクが強く、己の「道義」を独自に持ち、単独行動が多い謎めいた人物だった小山田は、勘助の理解者として、自己矛盾の中で去って行きました。 とことんシニカルなキャラはこの物語の中では彼一人だったんじゃないでしょか?

彼の存在が、勘助の手本である板垣中心の前半と、大河には想定外の観た事もないキャラ、勘助の宿敵景虎の登場の橋渡し役になっていた様な気がしました。 「越後編」で景虎のキャラと立場を視聴者が理解したところで小山田は退場し、その後に村上攻めと川中島が勃発しました。 本来小山田は砥石崩れで亡くなっている人物ですが、わざわざその後も存在させたのは、「宿命の女」での、勘助との印象深い会話の必要性と、クールだのシニカルだのを超えたキャラ登場のクッションとして序盤から武田に存在していたような気もします。 今川がどんなに濃くても武田に誰か居なきゃダメだったような(とっても自己解釈) だって、彼の存在が無かったら、景虎の登場ってもっと 「マンガじゃないんだよN○K!」 だったかも?? 

とかなんとか思いながら序盤を楽しんでいます。 何度観ても面白い回もあるし、こんなドラマってホントに珍しいな~と、今BSでの再放送が初見の方々の気持ちを想像しながら観ています。 製作側への文句はキリが無いので、役者さん達の熱演と、本編で気が付かなかった事を思い返しながら観るのも又楽しいです♪
そして思うのは 「極端に優れた遺伝子は残らない法則」 があるって事。

23:18 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(10) | 【PAGE TOP】↑


<<赤いおべべ再び | TOP | 続 ・ 上越は燃えている>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

>けど彼女はベテランなのに、どこかしら可愛らしい部分がいつも残っていて好感が持てる女優さんです。
 親が大岡越前を見ていたもので、私も小さい時分から松坂さんのことを見ていました。演技派というのとはちょっと違うと思うのですが、存在感があって、本当に可愛らしいところがあって、居ると嬉しいタイプの女優さんだと思います。雷を背景に篤姫と対面したので、次週の展開がとても楽しみです♪

>彼の存在が、勘助の手本である板垣中心の前半と、大河には想定外の観た事もないキャラ、勘助の宿敵景虎の登場の橋渡し役になっていた様な気がしました。
 言われてみて、ああそうなのかも、と思いました。
小山田は私は特に好きだというわけではなかったですが、特色あるひとだと思ってました。どこか、甲斐の御屋形に対抗意識があったり、かと思うと仕事をきちんとこなしてプロフェッショナルだな、と思う部分もあったり(何しろあの今川との交渉役だったりしますし。勘助が彼の後を引き継いで今川との交渉役になるんですから、その部分でも因縁深いですね)美瑠姫のことでの悲哀はある意味自業自得の部分があっても(美瑠姫をあれだけの目にあわせておいて、すっかり許され愛されてる、と思うのもどうかと思います)美瑠姫に惚れていて一生騙されているふりをする覚悟をしていた分哀れな気持ちがしました。

>花倉の乱の時点で、義元様は17歳v 晴信は元服した時だから15歳、て事は景虎さまは6歳!
 調べたら、林泉寺に入ってる頃でした。義元は還俗して、晴信は元服して2番目の妻を迎え(12で結婚してました。13で死に別れてました。昔とは言え何と早い)虎千代は寺に入ったかと思うと、天文5年は何とたくさんのことがあったことか!

>そして思うのは 「極端に優れた遺伝子は残らない法則」 があるって事。
これはやっぱり謙信のことですか?あんまり特化して強くなると、次世代の状況へのバリエーションが狭くなるから残らないのかも、と見当違いのコメントを書いてしまうのでした(すいません)

ところで、以前御屋形様の数珠ブレスレットのことが書かれてありましたが、あれって茶水晶だったのですか?あちこちにそう書かれてありました。私はまずTVの画面で見たとき、光を吸って黒く見えたのでオニキスか黒檀の数珠だと思ってました。そして「龍の化身」の写真見て黄水晶だったのか、と思い込んでたので、良く解らないでいます。本当はどうなのでしょうか?

それではまたよらせていただきます。

2008/02/26 01:12 | 漣 [ 編集 ]


 

■■■ 漣さん いつもコメありがとう♪ ■■■

>親が大岡越前を見ていたもので、私も小さい時分から松坂さんのことを見ていました。
■全く同じです(笑) 亡くなった祖母も父も歴史大好き人間だったので、時代劇はだいたいは観てます(笑)

>雷を背景に篤姫と対面したので、次週の展開がとても楽しみです♪
■嘘みたいな「篤姫」演出ですが、あのドラマの内容だとピッタリですよね。 娯楽一辺倒なのが、気楽に観れて面白いですね♪なんだか急に視聴率が上がって人気番組になっちゃいましたよ! オバが尚五郎に転んでます(笑)

>言われてみて、ああそうなのかも、と思いました。
■これって小山田好きの私の妄想なんですけどね(笑) 武田にあんなキャラが必要だとも思えないし、延命?して残す必然性とか考えると、ちょっとそんな役割りも果たしてくれたなと。

>勘助が彼の後を引き継いで今川との交渉役になるんですから、その部分でも因縁深いですね
■勘助と小山田って実は心の明暗、自己矛盾と言う意味で繋がる部分があると思います。 単独行動が多く、たまに「裏切ってる?」って思わせたり。 策略を得意とする。 小山田も結局、武田の天下取りの為に効率よく頭脳的に事を運ぼうとしたタイプでしたよね? 

> 美瑠姫に惚れていて一生騙されているふりをする覚悟をしていた分哀れな気持ちがしました。
■あれは実に小山田らしい最後だと思いました。 きっとああなる覚悟は出来ていたのでしょう。 だから勘助に遺言めいた事を話したのかと? 他人に嫌われる事を怖れず、いつも飄々としていた彼は、余り人に愛されなかった勘助に、唯一「(武田より姫を思って生きているおぬしが愚かで) 好きじゃ」と言った人物です。 勘助は人として他人から愛されるようになりましたが、面と向かって言われたのは彼だけじゃなかったかな?(女性は別として)

>調べたら、林泉寺に入ってる頃でした。
■あ!じゃあ7歳ですね? ドラマ一話の中で1~2年は過ぎるんですね(笑)
>晴信は元服して2番目の妻を迎え(12で結婚してました。13で死に別れてました。
■えー? 晴信って若いみそらで…12歳は知りませんでした!ええ昔とは言え凄いお話!
>天文5年は何とたくさんのことがあったことか!
■ドラマッチクな年だったんですね~~(感慨深い)

>これはやっぱり謙信のことですか?
■そうです!そしてある意味勘助もその一人かと。 歴史的偉人には珍しくないですよね?直系の子孫が残って居ない例。 極端に優れた人、真逆の人(色々な意味でですが)、上と下をカットした真ん中を残すのが、プロクリエイションには安全なんでしょう。 宇宙の前には、人間は小さな存在なんでしょうね。 
景虎はそれを知っていたでしょうし、だからこそ、「我は人ゆえ人を超えねばなりませぬ」って言葉が出たのんだと思います。 血の繋がりだけで志を託す事が愚かだと知っていたんでしょう。 越後の民全てに伝えなければ、「我死すとも~」に表れていた大望は達成出来ない事を知っていたから、彼は「血縁」と言う小さい物の考え方のもたらす災いを避けたような気がします。 ここに宗教家を感じる偉い先生方が多いようですが、私は逆に、政治家を感じます。

>あんまり特化して強くなると、次世代の状況へのバリエーションが狭くなるから残らないのかも、
■これも、安全な人類保守の為には欠かせない事なので、同じ解釈だと思いますよ。

>あれって茶水晶だったのですか?オニキスか黒檀の数珠だと思ってました。
■茶水晶でした♪ オニキスは、中の人が個人的に昔からお守りとして身に付けています。バンドのメンバーも、それぞれイメージに合わせた石を選んだのを京都の専門店で作って贈られてますよ。 その内うさみんもしてるかも?(笑) 「龍の化身」は光が当って少し黄み帯びて見えますが、あれも茶水晶だそうです。 光に透かすと綺麗ですよ♪使ってないけど(笑) 

2008/02/26 22:37 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


 

虎千代が林泉寺に入っている頃のことですが、1530年生まれで1536年に林泉寺に入っているので、7つで寺入りというのは、昔の数え方で数えの歳7歳ということなのかもしれません?(私の話ですが、19の厄払いを数えの歳、それも年初めにしたので17で厄払いしたことがあります(汗))いろいろとよくわかりません?

水晶の御答えありがとうございました♪茶水晶なのですか。文字が彫りこまれてると聞きました。綺麗なのですね♪良いですね♪
Gacktさんはオニキスを御守りにしているのですか。ちょっとしらべてみたら、オニキスの効用として精神力・意志力の強化、運動能力の強化、邪念・邪気祓いと出ました。格闘技の好きなGacktさんらしいと思いました。
うさみんといえば、「ライラの冒険」の吹き替えCM見ました。台詞回しが渋かったです♪緒形さん吹き替えのイオレク目当てで(かっこいい、と書かれてましたし)見に行きたいと思います♪

それではまたよらせていただきます。

2008/02/27 00:31 | 漣 [ 編集 ]


 

■■■ あ!そうか! 漣さんありがとう♪ ■■■

>昔の数え方で数えの歳7歳ということなのかもしれません?
■そうですね!数え歳が普通ですよね!(タハっ)
>19の厄払いを数えの歳、それも年初めにしたので17で厄払いしたことがあります(汗)
■まぁ17歳!何時の事だったか?(遠い眼) 数え歳って意味無いと思ってたんですが、競走馬もそうなんですよ。 生まれた年は「当歳馬」と呼び、生まれて1年経つと「2歳馬」になるんです。ダービーは3歳馬のみ出られます。 多分「0 (ゼロ)」の概念が一般生活に入って来たのは最近なんでしょうね?(違うのかな??)

>文字が彫りこまれてると聞きました。
■「龍」 と 凡字の 「毘」 が選べたので後者にしました。 茶水晶は普通男性用の数珠にしか使わないので、女性用のブレスは珍しいかもしれませんね。 実は私、鉱石好きで(爆)家には大きなアメジストの原石があります…。 この数珠は、波動が伝わって来る程のパワーは無かったけど。 お屋方様のお宅にも質の良さそうなパワーストーンがありますよ♪ 

>Gacktさんはオニキスを御守りにしているのですか。
■実際お友達にあげたがオニキスが身代わりになった事があるそうなので、それ以来身に付けてるみたいですね。

>、「ライラの冒険」の吹き替えCM見ました。台詞回しが渋かったです♪
■吹き替え版もCM始まりましたか?!わっ♪楽しみっ♪ 
>イオレク目当てで(かっこいい、と書かれてましたし)見に行きたいと思います♪
■是非!是非に感想を教えて下さいね!(きっとレンタルだわ私…) うさみんの「ぶろぐ」にやっと新しい猫の写真がアップされてますね。 ちょっと時間が出来たのかな?

2008/02/27 21:12 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


 

すいません、また長々とコメントを付けてしまいました。Rueさんが鉱石好きと書かれてあったので、嬉しくてつい、また書き込んでしまいました。
私も鉱石が好きで、学校の鉱石の標本を良く眺めたり、宝石の展示物をじっと見つめたり(ティファニー展にも行ってきました。そしてファイアーオパールの見事さにうっとりして帰ってきました。あれ程大きくて遊色効果のはっきりした石って初めて見ました。ファイアーオパールって大抵色合いがはっきりしにくいものなのに)パワーストーンをちまちまと集めてます。小さいものなら紫水晶の原石あります(色がそんなに濃くなくて下が白いんですが)
>実際お友達にあげたがオニキスが身代わりになった事があるそうなので
石が壊れたり、繋いでいた糸が切れたりするのは、その持ち主が変化したり、石が何かから守ってくれたりしたから、と聞きました。Gacktさんが上げた石が身代わりになったというのは、変な言い方ですがGacktさんらしいな、と思いました。まだ良く知ってるわけではないですが、友達思いの方だと思ってますので。

> 生まれた年は「当歳馬」と呼び
知りませんでした。馬結構好きなのですが。そうすると当歳馬はまだ体が発展途上状態なのですね。

>ここに宗教家を感じる偉い先生方が多いようですが、私は逆に、政治家を感じます。
一個前ですいません。私が考えると、「私はただ、そう思っているだけだよ」とかしか考えれません。天才は中間跳ばしてますから(理屈はなし。正しいことを知っているのが天才。でも理屈なしで正しいと知っていることって結構ありますよね?)そこに政治家を感じるRueさんはさすがだと思います。

それではまたよらせていただきます。

2008/02/27 23:39 | 漣 [ 編集 ]


 

■■■ コメは嬉しいものです 漣さんありがと♪ ■■■

>鉱石好きと書かれてあったので、嬉しくてつい、また書き込んでしまいました。
■あら!!漣さんも?!(握手握手!) 鉱石いいですよね~v うっとりですよね~♪ ティファニー展行ってらした!いいな~! ファイアーオパールってひょっとしてパリ万博出展の品ですか?それとも、苺を模ったのかな? オーストラリアのオパールと違って、メキシコのファイアーオパールは流石に火山が生んだものって感じがしますよね☆ うわぁどんな色だったんだろ?

>小さいものなら紫水晶の原石あります(色がそんなに濃くなくて下が白いんですが)
■だいたい想像が付きます(笑) ブラジルでもいいモノが少なくなって来てるんですって! 採掘に行きたいですよね! 実は私、パワーストーンの本の著者のイギリス人のお家に行って、色々教えて貰った事まであるんです(笑) 

>当歳馬はまだ体が発展途上状態なのですね
■当歳の時にちょっと脚をくじいたり、コケたりした事が後々に響く事が多いです(サラブレットの場合ですけど) 2歳で母馬と離れ離れにされる時の啼き声は涙が出ますよ。 

>天才は中間跳ばしてますから(理屈はなし。正しいことを知っているのが天才。でも理屈なしで正しいと知っていることって結構ありますよね?)
■これ言えてると思います! 凡人の場合、その能力が無いからDNAにプリントされるんでしょうね? 安全パイなんですよ凡人って、きっと。 今回Gackt氏がキャスティングされた事で、謙信の謎が、自論ではあっても、ちょっとだけ掴めた気がしました。 彼は生まれる時代を間違えただけの人のように思えるんです。 今回のドラマ出演が無かったら、謙信公はずっと「魅力的な変わった人」で終ってたと思います。 私が色々ヘンテコな事を語り出すのは、中の人をフィルターにしてるからだと思います。 多分ファンの方は皆同じだと思いますよ(笑)

2008/02/28 22:10 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


 

三度コメントさせていただきます(苦笑)
>ファイアーオパールってひょっとして
ティファニー展でのファイアーオパールはチョーカーです。苺とは関係ないデザインなので、パリ万博のものでしょうか?(そこら辺は忘れてしまいました。すいません)下にファイアーオパールがちりばめられたボール状の飾りが付いてたそうですが行方不明になったのだそうです。色はオレンジ色系と白系。さすがにあれだけの石を全部同じ色で揃えるのは無理だったか、と思いましたが、どっちも遊色効果がきれいに出ていて、美しかったです♪
それにしてもパワーストーンの著者の方に教えてもらったのですか。素敵ですね。それに英語も話せるのですね。良いですね♪

それではまたよらせていただきます。

2008/02/28 23:22 | 漣 [ 編集 ]


 

■■■ 漣さん 情報ありがとう♪ ■■■

>ファイアーオパールはチョーカーです。
■あー、じゃあ私がニュースで観たのとは違うんですねー。チョーカーだと綺麗だろうな~!いいモノ観ましたね♪いいな~(羨望)

>さすがにあれだけの石を全部同じ色で揃えるのは無理だったか、と思いましたが、どっちも遊色効果がきれいに出ていて、美しかったです♪
■正に!アクセサリーにする時の石の醍醐味ってそこですよね!宝石に欲は全く無いんですが、芸術としての鑑賞は大好きです♪あぁ想像しただけで綺麗~☆

>それに英語も話せるのですね。
■残念ながら、使わないとすっかり忘れてしまいました。 ちょっと勉強し直したいと思ってますが、日本語がおぼつかないので、こっちが先かと(笑) 文章書くのって好きじゃないので、なんでblogなんてやってるのか謎です(笑)

2008/02/29 22:23 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


 

今更ながらに、こちらに書き込みさせていただきます。
昨日、「ライラの冒険」を見に行きました。当然、吹替え版です♪
ちょっと体調が良くなかったので、途中で眠ったらどうしようと心配してましたが、面白かったので大丈夫でした。ただ、やっぱり長編を原作としているだけあって、作品のストーリーが寸詰まっているのですね。主人公のライラの情動の変化が唐突に見えたり、登場人物の深みが足りなく思えたり。イオレクの声の演技は堪能いたしましたが(緒形さん御久し振りでした♪)イオレクのエピソードというか、掘り下げ方が足りん!と思いましたし。その中でやっぱり、ニコール・キッドマン演じるコールター夫人は出色でした♪彼女が演じると、コールター夫人はこういう人なんだ、とすとん、と納得できるんです。流石、大物女優だと思いました。風林火山での緒形さんや、藤村さん千葉さんのように、大物の俳優さんたちが出ると、御芝居に安定感が出て深みが出ますね♪
 それではまたよらせていただきます。

2008/03/11 00:10 | 漣 [ 編集 ]


 

■■■ 漣さん レポありがとう♪v ■■■

>昨日、「ライラの冒険」を見に行きました。当然、吹替え版です♪
■きゃー!待ってました♪ 
>長編を原作としているだけあって、作品のストーリーが寸詰まっているのですね
■原作が短くてどうにも変になったドラマと逆ですね?(笑)

>ライラの情動の変化が唐突に見えたり、登場人物の深みが足りなく思えたり。
■余程脚本が巧く要点を纏められる人じゃないと、映画化が難しい原作って多いですよね。 人物を回を追って創り上げて行くドラマと違って、映画の場合はポーンとその人物のイメージを投げかけて来ないと、ピン!と来ないのってありますもんね?

>彼女が演じると、コールター夫人はこういう人なんだ、とすとん、と納得できるんです。
■これです!映画はこれが出来る役者を使わないと無理が多いですよね。 彼女パートナーが変わってから凄みが出て来ましたよね? ハリウッドはグレン・クローズみたいな女優さんがもっと出ればいいな~(超個人的シュミ)

>イオレクの声の演技は堪能いたしましたが(緒形さん御久し振りでした♪)イオレクのエピソードというか、掘り下げ方が足りん!と思いましたし。
■声堪能に値するもので良かったですね!v 足りん!と不満が出るのは声が良かった証拠かな? あのクマさんって実は複雑ないきさつがあるんでしたよね。 そっかそれが足りないとちょっとね?

>風林火山での緒形さんや、藤村さん千葉さんのように、大物の俳優さんたちが出ると、御芝居に安定感が出て深みが出ますね♪
■ものを言わせない存在感って作品に魔法をかけてくれますよね! 風林火山ではそんな役者さん達に沢山出会えました♪ だから大好きなんですけど(笑) 力の抜き加減も又ベテランの味ですが、千葉氏に関しては、逆に全力を感じてそこに感動した方も多かったですしね。 使い分けが出来るベテランは宝物ですね♪
周りで観た人が居ないので、貴重なレポありがとうございました♪

2008/03/11 21:41 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/147-979bc26a

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。