2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/02/17 (Sun) 禁断の扉

カテゴリーに 「まだ語るか?風林火山」 を増やしてみました。 「篤姫」 を観てから、思わず 「風林火山・第一話」 を観直してしまったからです。 (ついに禁断の扉を…Jenova細胞が??)←使い方はこれで合ってんでしょか?? 
たった一年前の事なのに大昔の事みたい! 最終回では (とことんダッサイな~) と思ったんだけど、第一回のお花畑シーンって、実はかなり回が進んでから思い出して (野菊の花びらって可憐だけど、一枚づつ見ると刀にも見えるな) と思って、イラストをアレンジする時に、野菊の花びらに搾って使ってみました。 毎回色々なモチーフを詰め込む方が好きなんだけど、花びらって刀にも翼にも見えるんで面白いな~と思って。

第一回からなんたら言い始めると、又一年かかるんで、その内纏めて前半ごっこ??しましょうね♪ (アルバム出るまで頭の中が暇だもん)

さて、今日の 「篤姫」 かなりの盛り上がり回なんだろけど、甘酸っぱいよ~~! 多分こうゆうのが視聴率取るんだろな? 瑛太尚五郎は中々上手です。 平蔵もあんくらい…と一瞬思ったけど、幕末に比べて戦国時代はやっぱ難しいだろなと。 
平幹二郎氏と共にかなり好感を持って観ていた、於一の母役の樋口可南子さんとも、今日で殆ど会えなくなるのね、きっと。 菊本も居なくなっちゃったし。 そう言えば、菊本の自害は自分の元々の身分が、姫様の将来に傷を付けるのを気遣っての事だったんだねー。 凄い時代だわ、そうそう昔の話じゃないのに (まだ戦国に居るから幕末なんてほんのこの間?) 
瑛太君とあおいちゃんが最後の囲碁を打つシーン、 (今日が最後だった) 碁盤上の碁石の使い方は良かったよ。 来週からはプチ大奥の入り口に突入だから何時挫折してもおかしくありません。 ここから観る方も多いだろうに(笑) でも今から出て来る若手の俳優陣がどんくらいのものなのか?は観てみたいものです。

んでもって、プチ大奥は放っておいて、「風林第一回」 は清○の御大のシュミ丸出しなカメラワークだったんだなぁ。 あの頃そんな事考えないで観てたわ。 (ロケいいな~、羨ましいよあの予算) とか、(そんなとこでロケしてんなら、妻女山をロケで撮っておくれ!) とか突っ込み処が完全越後今川眼線になってしまうんで、かなり違った前半が観れそうです。 でも全編に渡って変わらないのは、「勘助はこ汚い方が男前!」 でした(笑) 
原作路線の予定を急遽変更して、勘助が愛されキャラになった第一回 (全てがここから予定外緊急事態に陥ってたんだけど) 若林氏は、アッケラカンとした内野氏のキャラだと仰ってましたが、あの肉体美もかーなりあるんじゃないでしょか? だってあれじゃコンプレックスの塊になんないよぉ(笑)  ミツも又立派な脚で…今思えば肉感的だった出だし。 あの世界にあれが出て来るなんて…そりゃあ許せない人が多かったハズだ。 こっちはハラハラだったハズだ (今だから言える話)
勘助が、ミツに 「お前を助けたのは、この摩利支天だ。儂ではない」 って景虎みたいな事言ってました。 忘れてた事っていっぱいあるものです。 こうやって又あの泥沼にハマって行くのかもしんないけど、今度は泥じゃなくって紺碧の海ですのよ♪ (おにぎり様)

23:15 |TVの時間 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


<<ご生誕の日に | TOP | 久々に大河の話でも>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

 私はレンタルで見ました♪新しく出たばかりなのでまだ一泊二日で貸し出されてます。
>第一回のお花畑シーンって、
あの白い野菊?は第一回で二回出てくるのですね。ビデオ借りるまで気がつかなかったのですが。川中島で勘助が回想するシーンで勘助の乗馬の足下に咲いてました。あと御花畑と。両方とも月影のシーンでした。あの御花畑のシーンは本放送の頃から好きでしたが、DVDで見て良さを再確認しました。あそこでミツが人を殺したときは花を摘んだと思えばいい、というセリフにどきりと、してました。本当に戦乱が日常の人等の台詞だと思いました。ある意味、鶏や豚を絞めるのと変わりない感覚じゃないかと思います。生活のための戦って言うか。もう第一話で戦しないと生活できない甲斐、というのを見せつけられました。そして伝助も乱捕りしてたかもしれないというのが、それなりにショックでした(苦笑)おまけにその仲間として平蔵も一回目から戦にいましたし(苦笑)
>勘助が、ミツに 「お前を助けたのは、この摩利支天だ。儂ではない」 って景虎みたいな事言ってました。 
勘助が首に下げていた摩利支天の御守りをミツが手を合わせたことで、勘助の気持ちが動いたんですね。私も勘助同様ミツが拝むところで、どきん、としてました。凄く荒んでもおかしくない状態なのに、仏様に手を合わせる真摯さ、というか素朴さが勘助を動かし、ミツをきっかけとして様々な人間関係を得た、と思うと本当に摩利支天は勘助の守り本尊だったんだな、と思ってました。
ところで、三話目で今川が出た時に、寿桂尼が出るのは当たり前としても、何故か雪斎が出てきたんです。後の義元と一緒に、お寺にこの時点ではいると思ってたので、びっくりです。こうなると今川家の当主嫡子一緒に死亡事件と花倉の乱で寿桂尼、雪斎が何を考え、どう動いたか謎が深まってきました。あんまり覚えてないんです。結局あの御家騒動とは「風林火山」では何が真相だったんでしょう?

>来週からはプチ大奥の入り口に突入だから何時挫折してもおかしくありません。
フジテレビの「大奥」、初回放送見てて結構好きだったので、「篤姫」の大奥パート実は楽しみです(あの番組で篤姫と大奥取締役瀧山の対決は迫力でした。豪華な女優陣対決が見もので良い俳優さんが出てきても霞んで見えちゃったりしてました(苦笑)NHKの方ではどんな大奥が見られるのやら楽しみです♪)あの宮崎さんでどう和宮の御姑さんをこなすのか、想像できない分、実際の映像が早く見てみたいです。

それから遅れましたが、謙信公、お誕生日おめでとうございました。

それではまたよらせていただきます。

2008/02/20 00:27 | 漣 [ 編集 ]


 

■■■ おぉ!もう先に進んでる漣さんこんばんわ♪ ■■■

>白い野菊?は第一回で二回出てくるのですね
■一話冒頭のお花は軍師になってからの勘助だし、最終回のお花畑は別設定ではあるけど、ミツの言葉(これも別録音ですね)を活かす為に最初からリンクする材料として設定済のものだったんですね。私第一回で、他がロケで自然だったんで、花畑だけ「嘘くさ~」と思ってました(笑) 漣さんと全く違う事考えて観てたのに…同じ処がツボに入る結果となるとは(笑)

>第一話で戦しないと生活できない甲斐、というのを見せつけられました。
■そうですよね。甲斐の農民は貧しかったんですね。あの頃の勘助は正に、「生きる為じゃー!」だけで、生涯を捧げるお人は居なかったし。 

>摩利支天の御守りをミツが手を合わせたことで勘助の気持ちが動いたんですね
■あの時の勘助の反応を見ると、彼はミツの真意が解ってたのかな?と思いました。 「これは戦の神じゃ!」と自慢げな軍師志望の勘助。 ミツは戦に恨みを持ち、何にでも縋りたい思いで暮らしてたんだから、彼女は戦の神に、戦を治めて欲しいと祈ったんじゃないでしょうか? この辺のすれ違いが、勘助がミツを置いて戦見物に行くシーンの心情に繋がっていると思いました。 でも第一話の最後には、その摩利支天をミツに残して行くんですね。ミツの過去や、志を聞いたりして情が移ったんでしょう。

>そして伝助も乱捕りしてたかもしれないというのが、それなりにショックでした
■乱捕りって、結構皆さん過敏ですが、妻女山の時の上杉軍の乱捕りがあれこれ話されていた掲示板をチラ見した事があります。 乱捕りって大将が知るものではないし、雑兵や、戦に乗じた農民がやっているものです。伝助達はそうやって戦に乗じないと生きていけなかったんですよね。(妻女山の時はおふくに宇佐美が指示すれば、簡単に噂は流れますよね?おふくの他にも宇佐美は同じような商売?をしている人間を雇っていたと思います。あの歳で、わざわざ山にまで登って情報を伝えに行ったおふくにとって宇佐美は特別な上客だったんだと思いました。勘助と違って/笑)

>本当に摩利支天は勘助の守り本尊だったんだな、と思ってました。
■一見バッドアイテムの様だった摩利支天は結果として勘助の夢の一つを叶え、笑って逝かせてくれましたね。景虎や宇佐美も含めて人との出会いが彼の全てと言ってもよかったですね。 彼の信仰は神仏ではなく人だったのかも?

>こうなると今川家の当主嫡子一緒に死亡事件と花倉の乱で寿桂尼、雪斎が何を考え、どう動いたか謎が深まってきました。
■確かに雪斎は始めっから出てましたね。 そっか、そう言われるともう一度観るのが楽しみです♪ 後で調べて分った事が多かったんで、今観ると疑問も出て来るでしょうね。わ~楽しみ♪ いよいよ今川家の復活!今日は意地でも2話観てから寝る事にします! 今からいっぱい本放送でサラっと見逃してた部分なんかが実は重要だった!って事がゴチャマンと出て来るでしょうね?楽しみです☆

2008/02/20 21:30 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/142-715971f1

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。