2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/01/26 (Sat) Visual Rock の品格

最近 「景虎症候群」 に陥ったお見舞い申し上げたい??方達から、熱~いメイルを頂く時、必ずと言っていい程書いてある事が、「Gacktさんの歌も聴いてみましたが、歌から感情が伝わって来ません。 何を訴えたいのか分りません。 景虎からは伝わって来たのに…」 的な事なのです。

いつもお返事書く時にどう書けばいいのかな?と考え込み、結局 「個人の感性とシュミの違い」 で終わってるんですけど (お返事した方々、分り難くてスミマセンm(__)m てか私じゃ分んないと思うよ  )

確かに個人の感性の違いなんでしょうけど、逆に質問したい事があって、「感情が伝わる歌」 って具体的にどうゆう歌なんでしょう?? もっと言うと、音楽って感情が伝わらなければいけないんでしょうか?? 変な例えですが、お洋服買う時に、デザイナーの意図や何を表現したいか考えて買うでしょうか? 絵にしても、映画にしても、音楽にしても、結局自分の好みであって、アーティスティックな作業の結果を鑑賞する時って「好き嫌い」の嗜好の問題だと思うんですよね。 ある人には、一つの曲から色々なメッセージが伝わって来るだろうし、ある人には何も伝わって来ないのは当然だと思います。 伝わったところで、それが表現者本人の意図する事かどうかも分りません。 正解なんて無いんだと思います。 だから 「音楽」 という手法が選ばれているんだと思うんだけどな。 違うのかな?? 私は個人的にそうゆう、ちょっと勿体振った処が好きだから、全部が全部 「これこれしかじかで、こうですーー!」 的な全部見せますなものは好きではありません。

もう一つ、何かからメッセージなり感情なり、何かを受け取れるかどうか?の半分は自分に理由があると思います。 私の場合、全く分らない音楽とか、映画、絵等など確かにあります。 どこがいいのか全く分らないけど、世間では高く評価されているアートって沢山あります。 それはそれで存在価値があるんだけど、私には分らない世界なだけで終わらせます。 伝わって来ない事に未練なんぞこれっぽっちもありません。

あくまで想像なので、気分を悪くされた方がみえたらごめんなさいね。 景虎ファンの皆さんの中に、「こんなに好きなのに、本業に戻ってしまって帰って来ないなら、こっちから行ってみよう。 でも景虎みたいに好きになれない。 それって残念!」 って思いがちょびっとあるんじゃないでしょうか? なんだか文面からそんな残念な思いを感じます。
もし、その想いが少しでもあったなら、あの役は大成功だった証拠であって、残念な事ではありません。 あの作品はずっと残るんですから、表現者として同じ人を好きな同志です!


景虎さまの中の人はヴィジュアル・ロックと呼ばれる、音楽と視覚効果の融合芸術で世に出ていらっしゃいました。 いつの間にか、世間は 「ヴィジュアル系」 という変な言葉を作ってしまいましたが、その時点で最初の彼らの志からムーブメントはあらぬ方向に変わって行ったように思います。 「系」 って何? 違う物も一緒くたにしたから 「系」が付いたように思います。 バンドの全盛期でさえ、その紛い物と比較されてたくらいですから、今現在突出する存在が無いのは当たり前だと思います。 

変な話、大変失礼に当るかもしれませんが、あの美●さんが「わたくしも元祖ヴィジュアル系よ。」 とおっしゃるのも、某3人組のお一人が 「元祖ヴィジュアル系」 と呼ばれるのも間違いではないと思いますが、あくまで 「系」 に違いはありません。 ご近所の幼稚園児も 「●●君はビジュアル系だから」 って呼ばれてますしね。 言葉ってそうやって変化して行きます。 でもそれに気が付かない世間の認識が、伝説的な大きなバンドを2つをカムバックさせる理由の一つになったと思います。

同志達よ!拘りましょう! 我国独自のVisual Rockが勘違いされて長い今、海外に堂々と持って行けるオリジナルはごく僅かしかないでしょう? そこは拘りましょう。 
淡々とした低音、それはある時は感情さえ無くした異形の存在のようで、ある時は悲壮感に充ち、又ある時は狂気そのものになり…ファルセットは会場の天井を押し上げる様に限りない空間を作る。 ベールの様に降りて来るあの空気は今も変わらないでしょう? 演じるのではなく、その存在そのものが、魂を振り絞るように歌いながら暗黒の空に還って行く。 あんなに繊細な存在って在るかしら?
どうしてあんなに痛々しいのか? 何がそんなに哀しいのか? 理由など突き詰めなくなくとも、決して代わりになる存在は無い事を知っている同志の皆様! そして 「風林景虎」 に果てしない魅力を感じる皆様! 「悪意と悲劇が紡いだ宴」 と  「義に生きる潔癖」 はどちらも 「一種の倒錯」 と言う意味では同じだと思います。 どちらも極端に純粋で哀しいから美しい。 決して代わりが見つからない存在です。

今何か残念な気持ちが心の何処かにある景虎ファンの皆様。 凛とした佇まいが痛々しいあの愛すべき存在は、多くを語らず、多くは姿を見せず、あくまで敵として未練の欠片も残さず、煙ったような大地の果てへ駆けて行きました。 もう二度と還っては来ません。
彼の多くを観せない美学はドラマでも完成されていました。 それを美しいと思った方は必ずや何かをきっかけに、又もう一人の本来の彼に逢える日が来るでしょう。 その美学は独自の拘りに固められた難攻不落の要塞です。 彼らが作り出した新しい世界のプライドだと思ってもいいと思います。 そこのところを解って下さい。 (オマエもな!って声が聞こえそうだわ!)

21:54 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(5) | 【PAGE TOP】↑


<<「滝登り」 応援テンプレ | TOP | 「めざまし」 で再会>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

えほえほ 風邪ひいて注射してもらった松山どえす

ほ~んとたいへんな~んすから え~どうも

>いつもお返事書く時にどう書けばいいのかな?と考え込み、結局 「個人の感性とシュミの違い」 で終わってるんですけど (お返事した方々、分り難くてスミマセンm(__)m てか私じゃ分んないと思うよ  )

お返事は た~いへんな~んすからど~も~じゃすまんのかいのう?
いやいやRueさんのこの言葉は、一番わかりやすいのではないだろうか(笑)
だってそうだもん。
あ~ でもね、彼の歌はひとつのストーリーになっているので、
そこまでわからないと深く浸ることができないかも。
オンリーワンな世界を築いているから、イマイチセールス的というか一般向けではないんだなこれが(笑)でもそこがいいんだけどさ。好きよウフv-238

しかし・・・Rueさんの演説はスンバラシイ(あえて演説と呼ぼう)
天下がとれるぜいv-218
そういえばヴィジュアルのことを、話題になっている人がどこぞで・・・あ、中国だか韓国のインタビューで詳しく語っていたんだ。


2008/01/27 00:15 | 松山 [ 編集 ]


 

ホントにシュバラシ~演説であります!ジーク・ジオン(爆)!!                                         洋服にしても、マニキュアの色だって好みの物じゃなきゃ買いませんもんネ?                                世間では評価が高くても、自分にはアレのどこがいいのかわからんというのが私にも多々あるし・・・   結局ソレが好きかどうかだと思う。     受け止め方と受け止める時期もあるのでしょうか。以前のスレにペッタンコされてたBowieのWild is the windは今の私には衝撃的でしたよ。 あんなにステキだったんだと思って・・・ あの声と、最後のほうのあの笑みながら歌い上げてらした時の空気感ていうんですか?上手く言えないけどとても好きになっちゃった!  でも以前の私があれを見て今と同じように感じることはなかったと思われ・・                                                            ものすごく久しぶりに英語の歌聞くかなーという気になった。   ユーロは初めてだけど面白そうである(笑)    でもそれは、滝登りから生還してからの話である(爆)マダ火星にも進んでいないのであった(爆爆)   英語といえばニコでAPRES MIDIの英語バージョンがあったけどいいですね、アレ! 時々不思議な発音になってるような気もするけど、声がイイので問題はない。   ああいうメロディもとても好きになったから・・・ますますあの頭文字Sの・・・あのバンドに違和感が・・・まだ音源も出てないのだからとは思っても、ハッキリいってアレ似合わな(爆)  あのSは私の好みではありませぬ、あの動画を見るとモヤモヤとなるので見ないようにはしていますけど。皆様、忙しいってことでウヤムヤになってくれないかな~(祈) 

2008/01/27 16:23 | ゆう [ 編集 ]


 

アッ松山しゃま!お風邪、早く治りますように。            書くの忘れてついで・・ジャナイ追加で申し訳ありませぬ(爆)     お大事になさって下され! 

2008/01/27 16:30 | ゆう [ 編集 ]


 

■■■ あら!注射したの? 可哀想松山くん♪ ■■■

>えほえほ 風邪ひいて注射してもらった松山どえす
■今年の風邪治んないよねー(毎年言ってる) 注射までしたの? そりゃ重症そうだ。 アミノ酸飲料(アクエリアスのビタミンC入り)を水代わりに飲みましょう! お大事にするんだよ(ナデナデ)

>彼の歌はひとつのストーリーになっているので、 そこまでわからないと深く浸ることができないかも。 オンリーワンな世界を築いているから、イマイチセールス的というか一般向けではないんだなこれが(笑)でもそこがいいんだけどさ。好きよウフ
■ストーリー、コンセプト解らないとちょっと雰囲気だけじゃ無理無理な曲多いよね。 後、シングル駄作に当るとか(ボソっ) その辺のタイミングもご縁ってヤツなんだろね。 セールスは仕方ないわ。あの手のモノってもぉプログレの勢いで根気に活動しなきゃねー。しかも定着って絶対ないタイプの世界だしさ。 みんなが好きな世界になったらアタクシは嫌いになります。そんな音楽好きじゃないし(毒毒)

>Rueさんの演説はスンバラシイ(あえて演説と呼ぼう)
■怒られる事はあっても褒められるとは思わなかった(笑) 演説…そうかもね? 松山くんは鋭い!私ホントに演説始めると怖ろしい事になるから、ここでは大人しくしてるんだーー(ホントはどんだけ語るんのさ!)

>ヴィジュアルのことを、話題になっている人がどこぞで・・・あ、中国だか韓国のインタビューで詳しく語っていたんだ。
■そうそう!この人が「系」って言ってたの(爆) だから訂正しといたの。あの内容で「系」は無いから(笑) でもね、韓国でインタ受けてる動画の話し方が自然で、「日本語の歌を流せないなんて小さな事に拘ってるんだったら、僕が韓国語で歌った方が早いでしょ?」みたいなインタは良かったよ。 今度は某アルファベットが書かれてるねー。週刊誌って好きだねー。

食べて寝て聴いて、楽して治してねぇ! ダラダラしてるのが一番よ!

2008/01/27 23:47 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


 

■■■ ゆうさん こんばんみー♪ ■■■

ゆうさんは風邪引いてませんか? お互い気ィつけましょうね!

>ジーク・ジオン(爆)!! 洋服にしても、マニキュアの色だって好みの物じゃなきゃ買いませんもんネ? 
■怒られると思ってたんで、恐縮っす(汗) そうだね!マニキュアだってそうさ。女の子は(子よ子!/笑)そうゆう選択肢が沢山あるよね!

>受け止め方と受け止める時期もあるのでしょうか。
■私これ凄く大きいと思うな。 同じ曲の意味が後になって解る事もあるし。 これが縁なんだろね。

>以前のスレにペッタンコされてたBowieのWild is the windは今の私には衝撃的でしたよ。 あんなにステキだったんだと思って・・・ 
■あの曲は名曲だし、メロディーも綺麗だし、歌い方がも~~たまらん!でしょ? でもね、「私にも聞かせて」とか言ってくる子に聞かせると、「何言ってるかわかんない」で終わるのよ。 そうゆう問題じゃないと思うんだけど、頭で考えないと受け入れられない人ってのも居るんだなって思ったさ。 自分で先に線引いちゃうんだよね。勿体無い。でも彼女達も、別の機会だったら又違うのかもね? 職場のお昼休みとかじゃダメだよね(笑)
今のゆうさんのツボに入るのは解る気がします。 そっち系のモードになってるからだと思うよ。景虎ちゃんから(笑) 景虎の存在感とか雰囲気って、そうゆう意味でも自分のフィールドに誘うモード作りには適してたと思うんだ。 おめでとうございますm(__)m

>滝登りから生還してからの話である(爆)時々不思議な発音になってるような気もするけど、声がイイので問題はない。
■滝登りは面白いだろうから充分時間かけて来て下さいな♪ あの方の英語発音はハッキリ言って褒めるものではありません(アハ)でも、訛りのある英語って凄く魅力的なんだよね~♪ Bowieの英語はコックニー(ロンドン訛り)で昔マネして遊んだ(笑)きっと青い目の娘さん達は日本語訛りに萌えるでしょう♪

>あのSは私の好みではありませぬ、あの動画を見るとモヤモヤとなるので見ないようにはしていますけど
■あれは無くなるっしょ? それぞれ活動始めちゃったもん。おのおのがアメリカ進出狙ってるから、日本選抜みたいな形でプロモに行ったって感じがするな。 大体あの面子じゃ続かないって、それこそ「三国同盟」の時のお山の大将勢ぞろいだもん(笑) 滝登りから帰って来たら感想を教えてね!楽しみ♪

2008/01/28 00:06 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/126-df88913b

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。