2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/01/22 (Tue) 砂糖菓子も又必然

■ 書きかけでenter2回も押しちゃったんで、変なトコで切れてた方ごめんなさい ■


さて、いつもの自分が何処かに飛んでいる皆様こんばんわ♪ お見舞い申し上げます 

昨日の記事にもいっぱい拍手と拍手コメありがとうございましたm(__)m 感謝してます。 で、大丈夫ですか?皆様?(笑)
拍手コメの中に面白い(と言っていいのかどうか?)コメントを下さった方が3名程いらっしゃいました。 Sさん! Rさん! Cさん! そ…それはお気のd…じゃない!良かったですね~  ←(悪魔!)
こちらのお三方は、ご自分が (私ってひょっとして景虎…好き?)と自覚症状が出たのが12月になってから、Cさんに至っては最終回…お見舞い申し上げますm(__)m  Sさんは 「嘲笑から始まった」 そうです。 これ又お見舞い申し上げますm(__)m 一緒にどうしていいか解らない「風林 休 火山 症候群」 を楽しみましょうね♪ こうなったらとことん楽しだ者勝ちですって!(多分) どうもありがとうございました♪


さて、そんな愛すべき依存症の方々の中で、昨日ペッタンコしておいた、ミッシェル・ポルナレフの「渚の想い出」(「思い」じゃなかった)が気に入ったけど、スペルが分らなくて検索出来ませんとのお問い合わせがありました。 思いの他気に入って下さった方がいらしてよかった~♪ 他の曲もペッタンコしておきます。↓に。 ベストアルバムが出てるせいか、iTunes Storeで単品買いも出来ますよ♪

この曲が頭に浮かんだ時は、丁度 「龍の化身」 が発売になった頃で、あの盛り上がりの中で、ちょっと話題的にズレ過ぎていたので、先送りになってしまいましたが、実際にゴソゴソ探して聴いてみたら、今頃?!ってくらい意外な事に気が付きました。 そしたら、松山くんが同じ事をコメしてくれてたんで、(あぁ、やっぱり小さい頃にあんなモノ聴いてた子は、景虎さまの中身に辿り着くのは当たり前だわ。) と思ったワケです。 実は偶然松山くんも小さい頃にミッシェル・ポルナレフを聴いて洋楽に行って、それから長い年月経って、例のバンドに至ったお人だったんですって! でもそれって凄く分る! 
我々表をチラっと見てるだけですが、その印象から考えて、「風林火山」の頃、緒形氏のお話をされる頃、「なんだか可愛いじゃないの」 と初めて思ったのね。 素がちょっと見えたと言うか、景虎の着ぐるみの背中のチャックが見えたみたいで、それこそマカロン食べたみたいな感じがしたんです。 その時頭の中に流れたのがあの曲。



マiノス ヾゼル (又怒られると困るからこやっとく) が持っていた、Rockとクラシックとフレンチ・ポップスと言う三大要素、その中の一つのフレンチ・ポップス界の第一人者の声が、どことなく同じものを感じるのは当り前だったんですよね。 フレンチ・ポップスが大好物で有名な、某マ○さまが、未だに次のヴォーカリストに出逢えていない理由もよ~く解りました。 (弱小市民の独り言だから怒んないでね!) きっとあの声、あの雰囲気から入ってみえるからなんでしょう。 まさか今更あの小さい頃聴いていた曲や声が、こんな形で自分の中で納得出来るものになるとは思いませんでした。 

ので、ファンの方!是非聴いてみて下さい。 只、あんまり無いのよね。動画サイトにも。 見つけたのだけペッタンコ。 興味無い方はスルーでお願いします。

Holidays (愛の休日) 

哀しみの終わるとき
この曲はカトリーヌ・ドヌーヴ主演映画のサントラの為、何故か韓流スターの紹介動画に使われてます。写真は全く関係ありません。

Le bal des Lazes (ラーズ家の舞踏会

愛の物語

マトモなのはこんくらいしかありませんでした。 もっと聴きたいと拍手コメ下さった方、ご参考まで。 リクエストありがとうございました♪ 
このお人も70年代じゃ相当衝撃的なルックスだったんだろな?? それとも流行ってたのかな?

23:11 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


<<おにぎり様 降臨 | TOP | 砂糖菓子>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

世界的に流行ったんじゃない?ポルナレフ。
それで我が家にもあったんだと思うんだ。ジャケットが話題になったんだよね(ケツ出ししていたような・・)
なんたって父が洋楽、洋画の人だったもんで、ウエストサイドストーリーのリバイバルが私の映画観賞デビューだった。すごーく小さいころだよ(笑)だっこされて見た覚えがある(笑)曲だけが頭から離れん。
ふつーはディズニーだよね(笑)変な家なんです。映画音楽とかビートルズとか・・・そんなものがゴロゴロしていたんです。

トルシエの通訳さん(また名前忘れた)のブログで、去年だかにポルナレフが久々にライブやったっての読んだよ。スゴイ人気だったんだって。日本に来てくれないかな。

2008/01/23 01:12 | 松山 [ 編集 ]


 

■■■ こっちもこんばんにょ 松山くん♪ ■■■

動画探してたら、素人が歌ってるのいっぱいあった。 世界的だったんだね? しかも日本人にウケるのが凄く分るタイプよね。 ルックスは難しいけど…。 ジャケは下半身モノが確かにあった!

あー松山くんもそっち方面でデビューなんだ。 アラリンデロンパもお父上のシュミかな? お互いそんな幼い時からウエストサイドストーリーだのBowieだの英才教育受?? 受けてたんね。 うちも家自体より近所が変だったね(笑) 小学一年の時はフツーに武道館付いて行ってたもん。 今思うと誰がチケ代払ってたんだろ?(笑) これは自発的な事もあるけど、人間環境の生き物さね。

>トルシエの通訳さん(また名前忘れた)のブログ
■(笑)ダバディ! そのライヴらしき動画があったんだけど、かなり怖いルックスになってました。ムキムキになってオデコが後ろへ…眼を瞑って聴きたいもんだわ。 いい声よね~。 ポルナレフもBowieもGacktも自分の歌の巧さには絶対酔わないから好きv

2008/01/23 23:06 | 「Rue」@家主 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/123-4460f995

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。