2017・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/01/18 (Fri) 「めぐりあい」 に見えるもう一人の軍神

「情熱大陸」 がちょっと見れる、某動画サイトの 「紅白」。 あれやっぱりYさんのご意見通り、コメント流しながら観ると最高盛り上がるね(笑)

さて、「RETURNER」(あ~全大文字表記って嫌い)も、今までやって来た事と、今からもやりたい事の要点を巧くシングル向けに纏めた秀作だと思うけど、 「めぐりあい」 って期待してなかっただけに、これ又中毒状態が続いてます。

景虎完結後、これ聴いててねと降って来た 「めぐりあい」 は 「風林火山」で得たものを必ず自分の音楽に持ち帰ると宣言した事が、もう具体的に感じられる素晴らしさ!
この曲って哀愁漂う哀しい曲なんだけど、いつもの彼のダークだったり悲壮感に圧倒される歌とは全く違う 「あたたかみ」 があるの。 あからさまな誰もが持ち得る暖か味とは違って、何がどうあたたかいのか表現し難い、苦難の果てに生まれたあたたかみ。 そしてそれには新しい可能性が提示されていると思うのね。 

新鮮なんて言葉は陳腐な、何て言うのかな? 歌唱法を変えてから、それが自分のものとして確立した事がそもそもの原因の一つなんだろうけど、 余裕が違うの! あのエンジェル・ボイスと呼ばれるファルセットもいつものとは確実に違う♪ 大サビのファルセットとギターとの絡みがたまんないわ~~(泣) 続く地声での高いキーも、近年無かった皮膚から染み入る叫びを久々に聴いた感覚。 

でも、それらの「哀」には、高い処から粒になって光が降り注ぐような、崇高なあたたかさが存在する気がするの。 そうそう、丁度景虎が人を超えてまで得たものの裏に常に孤独が存在したかのような「哀」 と 「愛」 の対比みたいな。 ドラマと同時進行のアレンジ作業とレコーディングだったから、大いに影響されている可能性はあるかと思います。 ある意味この曲って裏の景虎を感じられる最後の作品かもしれません。

「紅白」でのパフォーマンスは、軍神となった景虎(あえて景虎)の表の顔で、「めぐりあい」 は、ドラマでは描かれなかった、軍神が背負った孤独と虚しさを垣間見る事の出来る唯一の表現作品なのかも? だからこんなに「今」囚われるのかも? と、例によって思い込みながら聴いてます。


他人様の曲をカヴァーなんて永遠に無い事だと思ってたけど、「ガンダム」の富野監督が、オリジナルを歌ってみえる故井上大輔氏を偲んで 「彼は戦友だった。 彼の歌をGacktが拾ってくれて嬉しい」 と涙された記事を読んだ時に、ひょっとしたらただのカヴァーじゃないかも? と思ったのは気のせいじゃありませんでした。 「戦友に捧げる歌」 何故に巡り合ったのか? 2人の出会いにはちゃんと意味があったと、今なら解るとアムロは語ってます。 間違って買ったアムロ!いいよキミ! (誰だか知らないけど)

それにしても、このバンド(あくまでバンド形態なので)のサウンドは何時聴いてもたまらん! 次のツアーにはリズム隊、RYUとJukenのスケジュールを押さえて下さい! 申し訳ないが、最近いらっしゃるbassistは存在空間が違い過ぎると思うのって私だけだろか? 

11:55 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


<<特注超大型トランクは余裕です | TOP | 13年前と…最近思う事>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://witch8hunt.blog114.fc2.com/tb.php/119-c710b204

| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。