2010・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2010/02/21 (Sun) プルちゃんが吼えるので - その② -

この際ランビの結果は置いといて、誰もがプルちゃん吼える事件よりもっと憤慨しているであろう「開催国枠ってあるんですか?事件」 のがムカつきます。
こーゆう事するからプルちゃんも吼えるのよ(そう言えば洋楽仲間にはプルちゃんファンが多かったなー)

開催国の某選手が5位って在り得ない! これ多分あちこち覗いてる方なら何処でも目にする事だと思います。
又これに関して黙ってればいいものをご本人がとんでも勘違い発言をなさったので、折角の4年に1度の楽しみが台無しになっちまいました。

そんなご傷心??なワタクシが一筋の光を見たのは、何の見返りも求めない自己追求の極みのような演技をSP&FS共にほぼ完璧にこなしたウィアーでした。
この人トリノの時もアーティスティック側にかなり傾いた将来性のある選手だと思ったけど、妙なオコチャマで気色悪かったので(笑)ちょっと気になってる程度だったけど、その後不調だったのかな? あんまり観なくなってしばし。
去年のグランプリ・シリーズで立派なアブナイ人??になって(個人の自由だからいいさ)それは見事な選手に成長しているのを発見しました。

今回も本当はメダルが欲しかっただろうとは思うけど、4回転を入れたコンビネーションや、高速スピン等、点に繋がる要素を最初から排除した「点の取れないプログラム構成」でそれは自由に優雅に舞っていらしたわ。
フィギュア界と言うのは、やはりアスリートの世界だけあって、あれだけ選曲が演技の出来を左右する事が解っていても、その選手に合った曲を捜そうとしていないと思います。今回も定番だらけでウンザリ。
そんな中ウィアーの選曲と言い、あの曲調で観る者を一瞬たりとも飽きさせる事なくうっとりさせる実力は女子の大御所でも難しい事だと思います(てかあれは女子にも無理だな、色んな意味で…)

あの緊迫を極めた滑走順であれだけの演技をこなした選手が、ズタボロ演技の某開催国選手より下にランクされてしまうのは誰が観てもおかしい! 我が国のホープ小塚くんだってあれより上にランクされてもよかったと思うんですけど。
結局今回もジャッジの操作に使われたと言うか(言い方は悪いかもしれないけど結果があるから仕方ないわよね)あれって偏見? お陰でエキジビションでのレディーガガが観れなくなったじゃないのよ! まーね、キス&クライの様子を観るとお堅い方はダメなんかもしれないけど……。
そう言えばキャンディロロも点の出ないタイプだったなー。
どの時代にも存在して来たのかもしれない美への拘りが強い選手。「美の求道者」と呼ばれるだけの事はあると今回見直した以上に涙がチョチョ切れそうになる程感動しました。

氷上で点を拾い捲る浅ましい演技を捨てて、「自分らしく楽みながら美しく」を追求した演技を極める事が認められないなら本当に氷上スーパー大回転でもやってればいいとすら思います。 これが女子シングルのロ.シ.ェ.ッ.ト金獲得への伏線だったらマトモな選手はオリンピックなんて出なくなるわ(真央ちゃん負けるなー!)

そんな本当はウィアー本人にとって一番不本意であろう得点を見て首を左右に振っただけで、会場から当然沸き起こったスコアへのブーイングを、彼は最終滑走者であり、金メダル候補のプルシェンコ登場の邪魔にならないように抑えるジェスチャーをして鎮めたのは、どこぞの勘違い兄さんよりずっと漢らしいと思うんですけど。薔薇の冠被ってても漢の中の漢だったわ(観てた方にはご理解頂けるかと?)

求められるべきは何なのか?そろそろ考え直して貰いたいジャッジの国籍も名前も明かさないフィギュア界。 今やファンだけでなく、頂点に立つ選手本人から問題提示されたその答えを出して貰いたいものです。

真央ちゃんには自分らしく、初めてのオリンピックを楽しんで欲しい。 男子で素晴らしい演技をした選手は皆楽しんでいました。


あーー、それにしてもオリンピック中継はNHKに限るね~。 カワイコちゃんのお歌が感情をゆすぶりますわ。

こちらで全ての演技が観られます

あ~久し振りだった。 あ、そう言えばどっかの誰かさんはもう例のあれやってんのかな??
アートはやっぱり良いわーーとつくづく思ってる今…どーでもいいいです(毒)
それよりおじさん!ワタシ25歳のちょっと変った人から学んだんですけど、何かを吹っ切るとか、開き直るとか、本来の目的を見直すとかって、実際に出来た人は何て言うのかなぁ?…ちょっと憑き物が取れたような怖ろしいまでの透明感があるんです。 アナタも奇跡の写真が撮られた頃はそーだったよ。

スポンサーサイト

21:55 |日常の雑記 | comment(11) | 【PAGE TOP】↑


2010/02/21 (Sun) プルちゃんが吼えてるので起きてみた

どんだけお休みしてるんだか?? な「Rue」です。
大変ご無沙汰しておりますm(__)m  ここまで来るとご挨拶の言葉もありませんわ(シュン)

名前だけ偉くなったら仕事が忙しくてブログ更新する暇が全く無くなったのであります。 
携帯の方へメル下さった方々のみにお返事してますが、メルフォに頂いてる方はチェックし切れてないので大変なご無礼かと…も~~しわけございませんm(__)m m(__)m お陰様でしぶとく元気にしております。

さて、いきなり「広告が入るぞ!」とFC2から通達があったので、ちょっと書いておきませう。

そうそう! 私下らない仕事が増えて何もチェックしてないんですよ。
それで一応大好きなフィギュアはオリンピックを前にして、去年のグランプリシリーズ全部観たんですが、それ以外に関しては何の情報も無く、オリンピックが近付いたある日…会社である単語が…!
「プルシェンコもだけどランビエールも復帰するんだよねー!」


……… え====!!??? ランビも復帰すんのーー!? ケガ治ったの~~?!
と興奮する事小一時間…。 えへへへ…ニヘヘヘ…いきなりテンションが上がったので放送日程を調べて、SPとFSの両日は残業1秒も無しで帰る事を早々にスケジューラー・ソフトに入力して待つ事しばし♪

結果は皆様もーご存知かと思うので、以下雑感。

取り敢えず高橋がメダルを獲れてホントに良かった! 彼のケガからの復帰云々もだけど、今回のSPの選曲、構成、演技自体が素晴らしく、中々お目にかかる事が出来ないプログラムだと思っていました。 
あのキュっと内に入るステップってば世界一のキレですわ♪ 曲の解釈と自分の個性の生かし方も素晴らしい!
そのSPが高く評価された事はひじょ~~に嬉しい事です。


海外での評判をさっきチェックしてみたら、長野五輪の銀メダリストが「金はプルシェンコで銀は高橋でライサチェックは銅の実力だ」とすら言っておいででした。 むこうはハッキリ自分の意見が言えていいわねー。てかもっと言って! 

んでもって生きてる内にこんな面子の試合を観るなんて無理かも? な個人的に豪華選手陣によるバンクーバー大会。
流石に何か起きるだろうなーと思ってたら、やっぱり選手層の厚さにジャッジが付いて行けてませんでしたね(と書いておくのが無難だろう?)

プルシェンコの言い分は「負け惜しみ」「みっともない」等など言われてますが、別にクワド問題だけでなくジャッジの在り方のコ汚さに一石を投じるって意味では、誰かが言わなくてはならない事だったと思います。 彼は競技自体の進歩の為に、男子シングル界に喝を入れに復帰したと言っても過言じゃないだろうから。
んでも「名前をアイスダンスに変えろ」はちょっと大人げなかったわ。 逆に「じゃー次の自国開催で氷上スーパー大回転でもやってろ」って言われるよ。
実際彼が文句の付けようの無い演技が出来てたら、その言葉は又違った意味になったかもしれないけど、あの最終滑走での演技は誰が観てもパーフェクトではなかったと思います。でもライサチェックが上か?と言うと、それもびみょ~……意見が割れて当然だわな。

毎度技術と芸術の狭間にあるこの競技に関しては選手自体の解釈の違いがあって、ジャッジはそれをいい事に政治的背景がチラ見えする結果を出して来るのよねー(ブツブツ) 
今回プルちゃんがあんなに怒ってたのはそうゆう事の積み重なりもあるんだと思いました。 さぞやファンは怒り心頭だと…(心中お察し致します)

以前一度引退した後、荒川さんと対談した相変わらずお素敵だった(順位は妥当ってかむしろラッキーかも?)なランビエールの発言は今こそ考えて貰いたいもんだ。
彼の提言は、SPで技術をとことん観たけりゃ細かく細かく見て、その代わりFSはとことんフリーな演技を認めて欲しいというものでした。 そーだ!そーだー! 流石イイ男はイイ事を言う(??) トリノよりなんだかもっとお素敵になってたわ☆(あくまで演技中)

■ ■ 続く ■ ■

02:15 |日常の雑記 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。