2009・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/10/20 (Tue) 黒のスーツは必要でしょ

こんばんわ。 定番 に心地よさを感じてる「Rue」です。
今日は時間が無いので、私のマジボケの話は明後日にでも書くとして、結局誰しもが金太郎飴なんですね。
「金太郎飴でつまんない」 になるか 「あ~この人の定番はいつも素晴らしい!」になるか? ここが分かれ道。

まずはよろしかったらこれを聴いてみて下さい。
 「VINNYBEACH」~「FOREVER LOVE」 から続けてこれを聴くと又格別にクルものがあります。 去年街に流れていてi-TunesStoreでDLした時とは全く違うウットリが味わえました。
これは未だ移籍前にリリースされたシングルvr.です。

~つづく~

スポンサーサイト

23:44 |音のある生活 | comment(3) | 【PAGE TOP】↑


2009/10/12 (Mon) ぬるま湯を嫌う人

長らく放置し放題で申し訳ありません。
「もう止めちゃうんですか?」なメル下さった方々どうもありがとうございました
m(__)m
ちょっと仕事が忙しかっただけなんですよ。
なんだかなー(ま、いいや仕事の事は)

さて、聴きたい!聴きたい!と思いつつ、ゆっくりじっくり聴きたかったので、昨日ようやく聴く事が出来た清.春のアルバム 「V.IN.N.YB.EA.C.H」 (そもそも発売されてるのに気が付いたのが遅かった…)
 
アルバムの出来の良さに引退するのでは?とまで噂されているというアルバムだから、そりゃ~期待しました。

全くどいつもこいつもど~~して濃密なアルバムをサラっと出して来るんざんしょ?
ザッと聴きにはいつもの清.春.節なんですが、音楽エッセンスの幅の広さに驚きます。 タイトル・チューンにもなっている一曲目はブルースで、しかもインストです(どんだけ売りに出てないんでしょ?)
ぶぁんぷや瞳ちゃんの様に、意図的に自分達の過ごして来た時代を自己消化&昇華した部分を強調するアルバムとは又違った意味でトドメのようなアルバムに仕上がっています。

なんかね、この人の声や歌い方ってダメな人は最初から何聴いてもダメなんだろうけど、好きな人はちょっと泣けて来そうになるアルバムですよ。 何処がどー泣けて来るか?とかは言いっこ無し!みたいなデリケートさに溢れています。 

おそらく今まで彼が演って来た事、懐深くにしまって来た要素を何かしらの想いの為にアルバムという形にしたんだろうな~と勝手に思ってしまう特別な想い入れを感じます。
なのに、どんなに濃くても、どんなに要素が豊富でも、結局最後には清.春と言うヴォーカリストの存在だけがポツンとそこに在るんですね。 ドーン!とかデ~ン!とかキラキラ♪とか存在してるんじゃなくって、ポツンと存在しているところにメロリンキュ!となっちゃうんですね。

ソロのヴォーカリストとして、それを感じさせる事はある意味究極ではないだろうか?!と思うと同時に、彼はおそらく今後又あの面倒臭かったりトラブルが多発したり、色んな事に神経を尖らせなければいけないバンドと言う名の足枷を選ぶ事を予想させてくれます。

ぶぁんぷのハロウィンライヴのゲストが今年は清.春だと知ったのは彼のブログをなにげなく読んでいた時でした。 なんだか妙に嬉しそうで、「h.y.d.eくんありがと~!」と昔と同じ呼び方でそれだけが記されていました。
何故にして今頃?と思ったものですが、h.y.d.eくんは昔と変らずよーくそこら辺を察知してたのかも?と思わせるタイミング。 彼はきっとバンドとして帰って来るでしょう。
今のままこの路線で売れば、固定ファンが付いているだけに安全なんだろうけど、それをしないところに好感が持てます(勝手にバンド作ると思い込んでるし…んで又ソロだったら笑っておくれ/笑)

清.春のソロでのアルバム、そして過去のバンド時代のアルバムの中で、今回のアルバムよりもずっと好きなアルバムは在るんですが、それらよりもずっと今回のアルバムはソロ・ヴォーカリストとしての生々しさや、重さ、深さ、素直さ、そして聴いてはいけなかったのかも?と思わせるデリケートな本音が音となって溢れています。 きっと聴けば聴く程「味」以上のものを感じられるアルバムになると思います。

彼は現実を生きて歌うヴォーカリストです。
機会があったら是非ご一聴を! 

16:38 |音のある生活 | comment(12) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。