2009・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/06/30 (Tue) なんだかんだで

週末には代.々.木に行く事になったワタクシ、せっせとお仕事をしております。
偉い!と言いたいけど、正確にはバカ!

でも今回は本当にガッカリしたら、丁度最高の再.生の再.生が出来なかったって事で、もっと普通に優良アルバムが出たら喜び、出なかったらスルーするって形で苔.ヲ.タ.モ.ド.キみたいな感情を持つ事は辞めようと思っています。

そもそも、真正面からアルバム評価が出来るのは、ある程度の距離を意図的に置いていたり、バンド自体をそんなに知らなかったりするミュージシャンが殆どなんですよね。
昔はキャーキャー言えたけど、今はそうゆうのより、心地よい曲とか、ふるふる感動する曲とか、感心する出来の曲とか、楽曲自体が全てだと思っています。
考えてみたら、そっちのミュージシャンに対しての方が敬意を払ってるよなー、自分…と。

なので、雄蝶さんの特等席は排除して、片方のお隣に置いてみようと思います。
その方が優良曲が出た時に、もっと正統な評価が出来るんじゃないかと思って。
むやみに昔と比べたりするから不満が多いんだと自分で思います。
それ自体がバカみたいだと思えて来ました。 いや解ってはいたんだけど、楽しみが無くなるような気がしてたのかも。
でもそれは逆でした。 文句ばっかりあるとちっとも楽しくないんだもん。
自分で可能性を潰したらそれこそ勿体無い!

4日は大事なライヴになります。

ハニワ夏ヴァージョンが代.々.木に行った時にはお約束してる方々、お会い出来るの楽しみにしてますね♪

スポンサーサイト

23:31 |今現在某残念な人 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/06/28 (Sun) 舞台裏の方が豪華な変身モノ

「チャーリーズ・エンジェル」の記事に思いかけず沢山の拍手をありがとうございましたm(__)m
未だにあの番組のファンが沢山いらっしゃる事を知ってとても嬉しかったです。
ジャクリーン・スミスの公式サイトやファンサイトのURLを教えて下さった方々、ご親切どうもありがとうございますm(__)m

何十年経ったでしょう? 変らぬ美貌にビックリしました。 重ね重ねありがとうございます。
「エレガント」という言葉はヨーロッパの女優さんにこそ似合うと思っていましたが、彼女達のアンニュイな魅力とは違う、独特のハリウッド・エレガンスは、今も変らぬ彼女の特権だと思います。



さて、話はガラっと変って、もぉ話題にもしたくない某変身モノのキャスティングの話は飛ばします。
この間TVで 「パ.チ.ン.コ.仮.面.ラ.イ.ダ.ー」ってののCMが流れてたんですよ。
「こっちの曲のが断然イイじゃなのよ。ベテランか!?」 と内心突っ込んで、ヒーローが勢ぞろいしたところで嬉しくもなんともないお年頃なワタクシ。 当然スルーしました。

んが、あの声ってか歌い方ってか確実に誰か想像が出来たので(特に曲がどーとかではなく) さっき調べてみたんですよ。
そしたら 「ラ.イ.ダーチ.ッ.プス」とかゆーユニットが出来ていてですね、そのメンバーが渋いんです!
野.村.義.男、寺.沢.功.一、J.O.E、R.i.c.k.y。

今、誰??と思った方に簡単に説明すると、鮎のバックで有名な野.村のおじさんと、雄蝶さんの「月」や「であぼろ」でもベースを弾いてみえる寺.沢氏、元.4.4.マ.グ.ナ.ムのメンバーとして有名なドラ.マーJ.O.E氏、今や伝説と化したD.AS.EI.NのヴォーカリストRi.c.k.y氏。 

昔から、根性入れて作るアニメや変身モノの主題歌には名曲が多く、音楽担当に渋いRockerを起用する事が多かったのは確かですが、これは揃え過ぎでしょー?
今の音楽業界いかに仕事が無いか?よーく分る気がします(違ってたら大変失礼!!)←失礼どころではない!←2000年には結成されてるから単なる大人の趣味って事ね(大変失礼しましたm(__)m)

一つ注目したいのは、ドラマーのJ.O.E.氏、この方h.i.d.e wi.th S.pr.ea.d B.ea.v.erでア.リ.ーナ・ツ.アーのベーシスト、チ.ロ.リ.ン.氏と一緒にプレイしてみえたんですね。 
R.i.c.k.y.の起用は、おそらく、ラ.イ.ダ.ーの音楽自体が某レコ社と契約している事から、同じレコ社が売り出し、惜しまれながら解散し、その後もファンが多い彼を起用したのでは?と予想されます。 なんせ邦楽ロック独特のヴォーカル・スタイルは消えてしまうには惜しい逸材だと思います。

「音楽界の仮.面.ラ.イ.ダーフリーク達が仮.面.ラ.イ.ダ.ーソングを歌うべく結成した」と説明されていますが、業界自体が狭いのか?なんかどっかで繋がり合ってるお仕事のような気がします(未だ言ってる。妄想なので気にしないよーに)

なんでこんな面倒くさい所に引っかかったかと言うと、h.i.d.e氏がソロ活動において、「沢.田.研.二とエ.キ.ゾ.チ.ッ.ク.ス.みたいな感じ」と仰っていた、「あの感覚」をある3人のヴォーカリストに感じるんですね。 
まるで遺言の様に、廻.る廻.る置き.去.りにされた.時.間の.中で~♪感じるんですよ。 凄く小さい頃は日本の歌謡曲の番組で育ち、大人達が歌うカラオケの歌をなんとなく覚え、洋楽に目覚めても、ずーーっと日本人である以上、体の中に残っている歌謡曲の世界。 正確には「ジ.ュ.リ.ーの世界」ってヤツですか?

あの感覚を敢えて捨てずに存在するヴォーカリスト。 吉.井.和.哉.氏、清.春.氏、そしてR.i.c.k.y氏。 私にとってはその部分でとても引っかかる存在なんです。 
沢.田.研.二氏、正にそんな雰囲気だけを彼らはどこかに残している、カッコイイ日本人である事をとても大切にしているヴォーカリストだと思います。

吉.井.氏と清.春.氏に関しては良くここにも出て来るので、今回は百人一首を題材に歌詞を書き、良質なポップ感覚の持ち主であるR.i.c.k.yをペッタラ。 (ルックスに惑わされないように/笑)
個人的に高速重低音ドラマーJ.o.e氏も好きなので、ドラマーが居なくて困ってる某バンドにはこの際ヘビメタになった方が未だマシなJ.o.e氏でも…な~んてまで思ってしまします(ま、ご本人は全くそんな事思ってみえないみたいなので…末期!) 誰でもいいから取替えてーー!

■ 激.情  D.AS.EI.N

21:21 |音のある生活 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/06/27 (Sat) 楽~な媒体

来週はF.C.限.定.だわ。
どんな狂乱の世界??が広がるのか?かなり恐怖…暑そうでヤダなー。
お願いだから1時間以上も喋ってないでね!喋りなら渋谷のオ.ー.ド.リ.ーのがイイわ! (生春日が出て来るんだったら、もんの凄くオサレして行くのにな~~)

さて、普段CDを買ったり、i-Tunes でDLしたりする参考に一番手っ取り早いのが、街中で流れてる有線。
「ん??これちょっとBGMにイイかも?」と思った曲用に、いつもすぐに開けるメモ帳を持ち歩いてます。
サビの歌詞を書いておいて、帰ってから検索かけると大抵は曲が判明します。

今日はこれを書いて帰って来てからツベで聴いてみました。 うちにはこんなメモが山程あります(自分でも読めない事多々あり)

アコースティックな曲はちょっと苦手だったけど、これなら普段楽~に聴けるBGMにいいっかな?

多分皆さんもどっかで聴いた事ある曲ですよ。 今日はやたら聞きましたもん。
アメリカのバンドなのは確実だけど、何者かは?全く知りません。 最近そうゆうの多いな。あんまり本人達にまで興味が湧かない…。

■ Shinedown - Second Chance

今まで有線で拾った曲の中で一番得した気分だったのはやっぱり 30 SECONDS TO MARS かなー?

さて、こうゆう無難な曲を聴きながら、着なくなったお洋服を今時風に改造しましょっと!

このvo.みたく邪魔にならないvo.って結構昔から好きなんですよね(ギター・フリークのサウンド・フェチだから) せめてこの位の「エエんでない?」な歌メロ作ってくれないかなーーー。
4.週.連.続.シ.ン.グ.ルは個人的には全滅でした。 だって、それぞれの曲のベースに過去曲が存在するんだんもん。 全く新しくもなければ、似てるけど超名曲も無いし…。 やっぱりツアーはテーマとか演出じゃなくって、「ニューアルバムの曲」が大きく左右するんだなー。
「この曲を生で聴きたいからライヴに行く!」って設定が最もエキサイティングです。

17:15 |音のある生活 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/06/26 (Fri) 2つのアメリカの顔

小さい頃から大好きだった「チャーリーズ・エンジェル」のメンバーの中でもひと際華やかだったファラ・フォーセットの訃報を伝える声。
「お亡くなりになりました」 なんか違う。 適切な言葉なんだけど、そんな言葉で扱って欲しくない。
「ご冥福をお祈りします」 そうなんだけど、かなり違う。

現地のニュース映像「She passed away」 なんて綺麗な言葉だろう!
「Farrah becomes a real angel.」 なんて気が利いてるんだろう!

つい先日ライヴ用のデニムを買いに行った時に、再放送で何度も観た「チャーリーズ・エンジェル」を想い出しながら、「カジュアル過ぎないデニムってどんな感じかな?」なんて思ってた矢先の出来事でした。

彼女達Angelsは小学生の私達にも多大な影響を与えたものです。
あの番組を観てから、やたらパンツスタイルが好きな女の子が続出! スカートなんて要らなくなりました。
早く可愛いけど品のある大人になりたいと皆で語りながら、TVに出て来る洋服を真似したり、髪を弄ったりそれなりの努力はしましたが、結局彼女達が特別魅力的な美女達だった事を知ったのは中学生になってからの事でした(笑) どんなに頑張っても、誰にもそれらしき片鱗が見えて来なかったのです。

今でこそ笑える話ですが、当時は真剣だったものです。
今観ても彼女達は魅力的なアメリカ女性のキャラクター設定が綿密にされていて、TVシリーズならではの利である、「キャラを大事に育てる」手法で成功した番組だと思います。
日本のドラマに魅力が無いのは、この「スタッフ一丸となってキャラを育てる」事をしていないからだと思います。 
カメラ・アングル一つ取っても、いかに彼女達を魅力的に魅せるか? 相当な計算が毎カットされています。 最近のドラマにはそんな努力のカケラも見受けられません。
「あー!ここ惜しい!こっちから撮ってくれればいいのに!」とか「この色よりあの色の方が衣装いいのに」とか色々注文があるでしょ? それが不要なのが本場のTVシリーズ。

オープニングのみペッタラしてみます

■初代  ファラ・フォーセット、ケイト・ジャクソン、ジャクリーン・スミス

■2代目 ケイト・ジャクソン、ジャクリーン・スミス、シェリル・ラッド

■3代目 ジャクリーン・スミス、シェリル・ラッド、シェリー・ハック

■4代目 ジャクリーン・スミス、シェリル・ラッド、タニア・ロバーツ

彼女達に比べたら、映画版のメンバーは過去最低と呼ばれたシェリー・ハックよりもっとダメダメでしょ?

私の中の憧れの女性達の一人として、彼女はずっとお手本の一人であり続けてくれるでしょう。
メンバーの中で一番好きだったジャクリーン・スミスのコメントを聞いてみたいです。


そしてもう一人、今朝の時点では「不確かな情報」でしたが、お昼休みは会社中が大騒ぎでした。
やはり小学生の頃に、誰かが必ず赤い服を着てはムーンウォークの練習らしき事をしていた、ポップ・スター。
彼は余りに有名過ぎるので何も言う事はありませんが、
このアメリカという国の趣味嗜好を代表するような2人の存在が、今更のように語られるニュース番組。
幾つか聞いている内に、アートと呼ばれる世界に生きる人達にとって、「これが自分だ!」と言える『代表作』と呼ばれる作品は不可欠なものだとつくづく思いました。

唯一無比ではあっても、必ず影響を受けた世代がそれを受け継いで行きます。
やはりアートは受け継ぐ価値のあるものが本物だと思います。

22:29 |日常の雑記 | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/06/25 (Thu) 消化試合を楽しくする方法

都合が付きそうに無いさいたまは幕.張同様男のコ達に譲る事にして、自分では代.々.木をラストにする事にしました。

F.C.限.定ってのは避けて通って来たんですが、完結編(自分のか?)を納得して終わりたいので(自分が?)近いことだし代.々.木にしました。
結局「ヤッター!」な曲が無くて消化試合的なライヴになりそうです。

そこで、今回の代.々木はちと大胆な試みをしてみようか??と思いついたんだけど、出来るかどうか??(あくまで個人的な事よ)

前々から思ってた事で不確かな事を、幕.張チケを譲った男のコに普通に言われて、自分だけ妙な事を思ってたワケじゃなかったんだと思い直した事がありました。

彼が言うには、雄蝶さんは曲を聴く事によって頭の中に映像が浮かばない人、それが見えない人の為に映画みたいな凝った映像を用意しているんだろうが、いずれそれが無くなる事が望ましい。

って様な事だったのね。 私もそう思ってました。
音楽って形態は、映画や絵画、小説等などじゃ表現出来ない事を、よりハッキリ伝える為に選ばれるアートの一手段です。
雄蝶さんの発言からは、一つの表現法に囚われない事がよし!とされていますが(今のところ)私は一つを極めてこそ美しい!これぞアート!と思うタイプの人間なので、この際毎回ワンパになりつつあるあのライヴ形式を壊す為にも、映像を一度取っ払ってみてはどうだろうか?と思うのです。

でもま、ご本人はあれに根性入れてみえるので、今回のツアー、自分はラストになる代.々木で、いっそ目を瞑って(つまりは映像を観ないで)聴いてるだけにしたらどーだろう??と思ったんですよ。

そんな事が出来るかどーーか??かなり問題あると思いますが、一部分だけでもやってみようかな~?と思ってます。
完全に映像や台詞を覚えてる部分は自動的にその映像が出て来るので、メンバーが変って多少演出が変ったと思われる「s.a.y.o.n.a.r.a」なんかは丁度いいんじゃないかと思ってます。

ま、そんなアホな事考えてるのは私くらいのものだろうけど、何か新鮮な事を発見出来る可能性は、普通にしてるより…あると思いますっ!

さて、自分で自分を盛り上げる為に新しいデニムを購入して、どのTシャツにしよっかな? キャミがいいかなー?とか考えようと思うんだけど…切羽詰らないと考えられません(あら!)

22:30 |今現在某残念な人 | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2009/06/20 (Sat) これがM.C.じゃ!

寝る前にペッタラしとこっと。

これが世のRockファン達を熱狂させた、当時最もカッコ良かったL.Aメタ.ルの雄!
妖婦さん達の大好物であろうモ.ト.リ.ー・ク.ル.ーです。

ちょっと前にご紹介した「ヘ.ル.シ.ン.キ・ヴ.ァ.ン.パ.イ.ア」 と呼ばれる t.h.e 6.9 e.y.e.s も彼らの影響が笑える程出てましたね♪

今日は代表曲と、彼らの弟分的存在だった、これ又完璧なL.A.メ.タ.ルを作り上げたR.A.T.Tをペッタラ。

■ Mo.tl.ey C.ru.e - L.ive Wi.re

どっかの超有名バンドが気持ちよくパクりまくってるので、聴いた事ある気がする方が多いかも?
派手なルックスの3人は女子達の憧れでもありました。 一人だけ地味な?ギタリストは特に巧いワケではありませんが、印象的なリフを作らせたら天下一品だと思います。
ここのリズム・セクションは世界一カッコイイ存在でした(最近知らないけど) 

■ RA.T.T - L.ay I.t D.ow.n

重くてミディアムテンポの曲を貼ってみましたが、どの曲も綿密に計算された、いい意味でのポップさがあり、印象的なメロディラインと個性的なヴォーカル、本格的なギターが日本人にもウケまくりました。 ここはベーシストが又素晴らしいラインを弾いてくれるんですよ(この曲じゃないけど)

結局英国の影響を自己消化して、オリジナルを確立したL.Aメタ.ルのブームはとっても羨ましい現象でもありました。 今思うとまさかアメリカ人にそんな事出来るとは思わないのが普通(大変失礼!)だった時期、好きこそ物の上手なりって事で出て来る出て来る! 何処に埋もれてたのか?って程出て来ましたよ、印象的なバンドが。

そして今多分日本で初めてブリ.テ.ィシ.ュ・ハ.ード・ロ.ック → L.Aメ.タル → 日本初発オリジナル の伝統が生まれたような気がします。 ブラボ~!(未だ言ってる)←マダマダ続くよどこまでも。

本当の意味でのオリジナルとは、新鮮で物珍しい事だけではなく、歴史の積み重ねからピックアップした好みのエッセンスを、どこまで自分独自のものにするか? の方が大切な事だと思わされる現象でした。

お.ハ.イ.ド.様の大昔のインタ
「バンドを始めたきっかけは何ですか?」
「モ.ト.リー・ク.ルーがカッコよかったから」

忍耐や努力はチラリをも見せず、サラっと名言を吐くようになったら一流です。

00:57 |音のある生活 | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/06/18 (Thu) ルーツ

すっかりヴ.ァ.ン.パ.デ.ィ.ク.トになってたら、あれやこれやあっちやこっちを聴きたくなり、古いHR&HMを聴いてます。

今回のご近所さんの傑作は、英国のHRの影響を強く受けた米国のHR&HM!これを聴いてRockに目覚めた人達独特の、懐かしくも鮮烈な薫りがムンムン♪
「もーー窒息しそうー」を超えて「全部吸ったる!」状態です☆(重症)←だって日本でこんなアルバム出ると思わなかったんだもん。

収録曲の中で一曲目立って米国のHRバンドがアルバムの中にポ~ンと入れて来そうな、イカにもタコにもではなく、その雰囲気だけを美味しく抽出した曲があります。
お買い求めの方はすぐにピンと来ると思いますが、

M.ot.ley Cr.ue の 「 Home Sweet Home」 や 果ては A.er.os.m.it.h の「 Home Tonight」 近辺を彷彿させますね~。 あれ一曲入るだけでも 「好きなバンドのファースト・アルバムみたいなアルバム」って意味が解りますよ。

秀作が揃いまくっている中でも独特の雰囲気があります。 ツアー中のバス移動中って感じの曲ね。

彼らがおそらくメンバー全員過去メチャクチャ好きだったと思われる、そのM.ot.ley Cr.ue (モ.ト.リー・ク.ルー) やLAメタルの有名どころは又今度ご紹介するとして、今回まず思ったのは、彼らのセンスの良さと音楽に対する真っ直ぐな姿勢。 そしてギタリストならではの(お.ハ.イ.ド様もギタリスト出身)構成力とリフとメロのバランス感覚、独自のノリを出すにはいかにリズムセクションが重要なポジションか?をよーーく知ってる人達なんだなー。と当たり前の事にえらく感動しました。

自分達が沢山ライヴに行って、どんな曲に身体が自然に揺れて、どんな曲を部屋でジックリ聴いて、どんな曲がコピーしたくなって、何時ギターを買おうと決めたのか?~と過去の自分達の経験が見事にオリジナルとして昇華されていると思います。
これは同じ時代の音楽の大大ファンとして、ちょっと言葉では表せない感動があります。

今日はこのご近所さんの名作の影響としてダイレクトには現れてはいませんが、彼ら(お.ハ.イ.ド.様ときゃずー)がギターを手にしたきっかけとなった、影響を受けた発言もあるギタリストであり、コンポーザーである、かの!M.I.C.H.A.E.L S.C.H.E.N.K.ER(マ.イ.ケ.ル・シ.ェ.ン.カ.ー)を聴いて頂きたくペッタラ致します。

英米が主流の時代にその突出した才能とブ.ロ.ンドに碧.眼のア.ー.リ.ア系ルックスのド.イ.ツ人と来たら、飛びついたのは女の子だけではありません。
英国の一時代を築いたU.F.Oのギタリストとして有名ですが、彼の実.兄は母国ド.イ.ツを代表するSc.o.r.pi.on.sのギタリストです。

今回はU.F.Oから失.踪したまま脱.退し(どっかで聞いた話でしょ?) その後ソロとして舞い戻った頃の曲にしました(うん、どっかで聞いた話だから/笑)
でも実は私、雄蝶さんを聴くようになってから、マ.イ.ケ.ルの女性ファンって出会った事がないのです。 これってちょっと不思議です。 ジャンルが違うからチャンスが無いのかもしれないけど、結構好きな人多いんじゃないかと思うんだけどな(違うかしらん??)

非.凡な才.能に恵まれながら、外国での人間関係に思い悩み、肝.疾.患、ノ.イ.ロ.ーゼ、失.踪とドラマッチッ.クな小説のような現実を演じ、「生.きな.がらに.して伝.説と化.す男」 と呼ばれたのはこの人の事です。

かつて幅広い音楽性を持ったMMに集まったファン達は、実に多種多様な分野からやって来てたものでしたよね? 私はB様も好きだしでびしるも好きだけど、実はダイレクトに繋がるところと言うと、ここからやって来た人です。 
ゴシック建築を想わせる構成力と、非凡なメロ感覚、歌うのは声でもギターでもどちらにしても、ノスタルジックな単音でさえドラマを感じさせる説得力と表現力がありながら、クドくも臭くもなく、案外サラっとしているテイストが好きなのかもしれません。

奇しくもこの後「再.生」によって、あのソロ再デビューの改造人間化までもが共通項となったワケです。


ドラマチックな曲ってーのはこうやって密に、でもサラリとやって欲しい!

■ M.I.C.H.A.E.L S.C.H.E.N.K.E.R G.ROUP - L.o.s.t H.o.riz.ons

■ M.I.C.H.A.E.L S.C.H.E.N.K.E.R G.R.O.U.P - A.s.s.a.u.lt A.t.ta.ck

■ M.I.C.H.A.E.L S.C.H.E.N.K.E.R G.R.O.U.P - D.E.S.E.R.T S.O.N.G

ご近所さんのメロセンスや、ギターフレーズのセンス、こうゆうメロ=音符の並びなんだけど、これがどれだけ人の心を掴むか?を知るにはとっても良い入り口だと思います。

リズムセクションの魅惑はモ.ト.リ.ーの方が解り易いと思うので又今度。

22:46 |音のある生活 | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/06/16 (Tue) 多忙の為

放置したまま、幕.張にも行かず毎日仕事に追われていますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
ア.リー.ナ・ツ.アーに行けないとお嘆きの方も多かったので、これは書いていいのかな?

問題あると困るので以下自己責任でお読み下さい。
アタシはこれに行きたいわよーー!



















構成自体に大きな変化は無いそうです (Yぴょん&M君ご報告メルありがとう♪)
行けない方も、ホ.ー.ルツ.アーで確認された事が元.祖再.生の完結のようです。 
安心するのか? 「は??」 と思われるかは人それぞれと言う事で。

22:50 |音のある生活 | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2009/06/05 (Fri) ヴァンパルバム専用

えー、来週はついにV.A.M.P.Sのアルバムがリリースされます!!

感想専用に枠を確保しておきます☆
だって、あんなんそーそー出ないよ!


折角なので、さっき観た踊るオジサンの事を少し。
今頭の中が余裕なので特に何もなし。
なんであんなに「伝えたい」人が強いメッセージを持ってのツアーなのに、「遊び」が必要なのか?が謎なだけです。

「遊び」にしたってあのセンスは昭和に戻ったのかと思ったわ。
唯一期待していた「L.o.s.t~」も結局「L.a.s.t .s.o.n.g」辺りの焼き直しにしか聴こえなかったので、アルバム自体に期待するのは止めました。
6泊7日復活の予感すらするし…

このお方わざと鼻濁音が出来ない風にお歌いになるっしょ? なんでかな?
解かり易い説明が無いか?捜したら、なんと!ご本人が例にだされてました(笑)
 「こちら」 が鼻濁音の説明。
一応行く予定があるので、6泊7日の再生は勘弁してくだせー!

一昨年からの流れでかなり良いアルバムが出来る予定だったんだけどなー(勝手に思ってた)
えーえー、予想は当たりましたよ。
ご近所でそれが出ましたのよ。
この際良いものを聴きます。

さて、又聴きましょっと♪
細かい事はリリース後に又☆

23:16 |音のある生活 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。