2009・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/05/22 (Fri) ジャケも面白いし

耳が空いてる時間はずーーっとV.a.m.p.sの 「L.i.f.e O.n M.a.r.s ?」 を聴いております。 
こんばんわ♪

このアレンジってばホントに好きv それに関してはその内語りまくる事になるんでしょうが(自分で怖い)
歌とアレンジに聴き惚れていて、ジャケの中見開きを観るのを忘れていました!!

なんと! やだなー!(嬉しい) バッカじゃないのー?(良くやった!) って位何か感じません?(笑)
最近のお.ハ.イ.ド.様お気に入りのポップになりきれないモダン・アート(この言葉自体古いよね?きっと/笑)なんですが、 ほらほら!この真ん中辺りに特にほら!

そうです!ヒプノシスを意識した小宇宙が存在しません?
ヒプノシスは、芸術集団の事なんですが、70~80年代の有名アーティスト達のアルバム・ジャケットのデザイナーとしても有名です。
ロジャー・ディーンも混じってる感じかな?(同じく同年代のアーティスト)

10ccのこれ とか ロキシーの これ とか こっち とか こんなん の遠い記憶やイメージだけをデザインの中に入れた感じが漂ってません?
海の中から出ている岩場に あのこれ を出現させたくなって来る(笑) もっとポップなマーメイドちゃんだけど(マーメイドちゃんはこの2人でいいっか♪) ついでにポップ・アートの基本に これも 入ってるよね??

ロジャー・ディーンを感じるのは この辺かな? 正確にはこの中の見開きイラなんだけど、写真がありませんでした。

音だけじゃなくって、ジャケにも巨匠達の作品の香りが漂うのがオシャレ! しかも、まんま!ではなく、消化されてるから好印象なのです。 

アルバムの印象もまるでそうゆう感じです。
懐かしい、でもそれとは違う今の、しかも彼ら独特の、「F.A.I.T.H」みたいにトータライズされたド~ン!とハマるタイプのアルバムではなくて…難しいなー。 
無理に新しい事をやろうとして結局どれもこれも同じになっちゃった最近のシーンとは逆に、原点に精神を一旦還した事が挑発的だなと思う理由です。

「俺達結局こーゆうのが好きなんだよ! 憧れたよなー「カッケー!」って。 でも今は自分があの同じステージに立てるようになった。」 って彼らの現状が伝わって来るのです。

アメリカン・ツアーも組まれてるらしいから、そりゃもー「憧れの元祖ROCKツアー」って感じ。
あのお方もそりゃああっちに参加されるでしょ! と納得。
是非ライヴに行きたいバンドになりました(今更)

そしてM山くんご推奨のお隣さんのお巴里を今から観ます♪
これが又遊び心と本気なセンスが入り混じったパッケージなんだわ~~☆
やっぱセンスいいよなー…。

スポンサーサイト

22:44 |完璧なぶ.ぁ.ん.ぷ.す | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/22 (Fri) ざ・名言集

以前コメ欄にも書いた事があるんですが、あまりにセコイ現実に嫌気がさした憂さ晴らしに書いておこうと思います。

私が好きなROCKな名言集

■ 「俺が会いたい女は俺なんかに会いに来ないのさ」 デ.イ.ヴ・リ.ー・ロ.ス

■ 「ギタリストは才能が無いと思った時点で止めるべきだ。 努力や練習でどうにかなるものじゃない」 エ.ー.ス・フ.レ.ー.リ.ー(K.I.S.S)

■ (歌詞に含まれるメセージの意味を訊かれて) 「何にでも理由があるのって勿体ぶってると思わないかい?」 フ.ィ.ル・モ.ッ.グ (U.F.O)

■ 「異端でありたいのであれば、孤独である覚悟が必要なのです」 叶. 恭.子

■ 「私は女優としては二流でしたが、一人の男を幸せにしたという自信はあります」 大昔の女優さん

■ 「音楽はまるで食べ物みたいに僕を育んでくれた。だから僕自身がその一部になればいいと思う」 (ジ.ェ.フ・ベ.ッ.ク)

次は誰が名言を残してくれるでしょう?♪ 

00:55 |日常の雑記 | comment(7) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。