2009・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/05/31 (Sun) お色なおし

やっと新しいテンプレが出来ました。
いかにズッキュ~ン!と来る曲が無いと描けもしないかが分りました(笑)

手直しが必要ですが、少しづつ直して行きます。
これはもちょっと大きいのを描こうかなー???とも思っています(あくまで予定)

吐きたい毒がこの辺まで来てますが、今日は折角「あ.な.た」なカワイコちゃんが完成したので止めときまーす。


今TVにオ.ー.ド.リ.ーが出てます♪ ダーリン春.日☆の相方の若.林!侮れないぞ!
あの音痴っぷりはもー芸になるわ!
巧いだけが能じゃないのね…(こんなトコで悟るな!)←ごめんね!


■ 追記 ■

予想外にも、先日の「巴里の現実」に沢山の拍手ありがとうございましたm(__)m
お隣さん褒めると怒られる事あるから内心チョビッツ心配だったのよ(そんな根性ではないと思う/笑)
やっぱり素晴らしい音楽は褒め称えないと! それが現実です(人によるけどね)
わざわざ買って聴いて観て下さった方々!恐縮っすm(__)m(決して回し物ではありません)←当然!

スポンサーサイト

23:50 |イラスト | comment(5) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/25 (Mon) 巴里の現実

予想を大きく裏切って又しても「やられたーー!」と叩きのめされたV.a.m.p.sのB様カヴァーと、アルバムの超優良曲達と、バンドー!な演奏と、Rock~!なヴォーカルに続き、ついにお隣のお巴里DVDを観てしまいました。

ハッキリ言ってもー「羨ましい!」とか「やられたー!」とか誰か庇護する者を抱えた様な発言をするのはみっともないので止めます。
その位バンドとして理想的なライヴです。 感動以外のなにものでもありません。 我が国にこんなバンドが存在する事自体を誇りに思います。

思えばインディーズ時代、関東制覇までしていたワタクシ…あの時あの人達に「将来こんなバンドになってくれないかな~??」と淡い期待を抱いていた、その姿がある曲の時にそのまま存在しました。 泣けて来ました。

興味の無い方は縁が無いだろうし、好きな方は観られると思うので書きますが、「f.o.r.b.i.d.d.e.n l.o.v.e.r」のあの世界はもおマレーネ・デートリッヒとかグレタ・ガルボとかを彷彿とさせるヨーロッパ映画の世界とダブります。 日本人とは思えないセンスと、日本人にしか考え付かないフレーズやメロに溢れ、世界に向けて素直に反戦の心を訴える「M.y D.e.a.r」~「f.o.r.b.i.d.d.e.n l.o.v.e.r~」への流れ…圧巻です。
会場のヨーロッパ中から集まった外人さん達は涙を流し、手を取り合い、BFにもたれかかり、スイングし、拳を振り上げ、それぞれが自由なファッションと自由な楽しみ方で会場を盛り上げます。
正にこの観客あってのこのライヴです。

ついにここまで来たか…メジャーに行ってからお隣さんとして距離を保って来た彼らが掴んだ栄光と、それでも未だ昔と同じ表情を見せる彼らに、ミュージシャンとして一番必要な音楽に対する愛情とプライドを観ました。

「今日は調子が悪いから」 「今日はトラブルがあって運が悪かった」 そんな言い訳はもうどのバンドにも通用しないライヴがここに成立しています。 これこそバンドならではの技であり、長年黙って努力を積み重ねて来た証です。

それぞれの主張を持った一定の人間が、長年それぞれを認め合って存在する事は想像を超える困難だと思います。 彼らも又幾度もの試練を乗り越え、そしてお互いを尊重し、自分のやるべき事を見極め、それに誇りを持ち、心からそれぞれに愛情と尊敬の念を持てるようになり、巧く自分を発散させ、無理をしなくてもバンドとしての音を極められたのは、日本ではそうそう前例のある事ではないと思います。

今回最悪の条件での演奏をしいられたギタリストとコンディションが悪かったヴォーカリスト。 それでもクールな表情で今出来る限りの力で、その気持ちを心から訴えた時、そんなトラブルや不調はどうでも良い事になってしまいます。
昔からバンドの舞台やぐらと呼ばれるリズム・セクションの2人、縁あって途中からこのバンドに参加したドラマー、妙に神経質で何をやっても満たされないリーダー。 彼ら2人の冷静で情熱的なバックアップでこの奇跡は成立しました。
 
黙々とシャープなプレイを披露する小柄で地味な印象があるドラマー、狂気とはこうゆう人に感じるものなんじゃないか?とその時思いました。 彼が一瞬あのジ.ョ.ニ.ー・ロ.ッ.ト.ンに見えたのです。
時代の異端児であり狂気の人であり、そして哲学者であり、落ちこぼれそうな若者を生きる事に導いた人。
狂気の人とは、変った事をしたり、多くの人をあっと言わせる人の事ではなく、むしろ多くの人が「え??」っと眉をひそめそうな事が起こったとしても、それすら感動に変えるだけの力のある人の事だと思わされました。

このドラマーとの縁は彼らの音楽の幅を広げただけではなく、本当に縁の下から支えられている実感が湧きました。 リーダー一人では無理で、思い悩んで来た事が、今自然に出来てしまっているのです。 彼こそこのバンドを自由な音楽の世界へと解放してくれた人です。


CDで聴くと余りに出来過ぎていて面白味が無いと思っていた曲達も、ライヴを計算して作ってあるんですね。 どれも今まで聴いた事の無い新しい曲のように心地よくノリノリな曲に変っていました。

そしてラストを飾った、それこそ出来過ぎであまり好きではなかった「あ.な.た」があんな名曲だったとは!…。 会場を埋め尽くすヨーロッパ中の男女が日本人が歌い、演奏する曲にあんなにも感動する事実は本当にちょっとショックすら感じます。
ライヴ映像が途切れても、ぼーっとして画面を観ていました。
バンド・サウンドの妙を聴きたかったら、本当にバンドとして成立している人達を聴く事をお勧めします。
正直、歌メロしか追わないタイプの方々にはお勧め出来ません。


華やかで全てに恵まれて来たように見える彼らは、その昔不確かな才能と夢しか持っていませんでした。
敢えて昔の呼び方で、ハ.イ.ド.く.ん、テ.ッ.ち.ゃ.ん、k.e.n.ちゃん、おめでとう! そしてユ.ッ.キ.ーありがとう! あなた達こそ本物の覇者です。

このDVDで私はこれを正直に認める事にしました。 優れた音楽なら誰が演っていようと大好きです。 

22:04 |某理想的.虹.バンド | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/22 (Fri) ジャケも面白いし

耳が空いてる時間はずーーっとV.a.m.p.sの 「L.i.f.e O.n M.a.r.s ?」 を聴いております。 
こんばんわ♪

このアレンジってばホントに好きv それに関してはその内語りまくる事になるんでしょうが(自分で怖い)
歌とアレンジに聴き惚れていて、ジャケの中見開きを観るのを忘れていました!!

なんと! やだなー!(嬉しい) バッカじゃないのー?(良くやった!) って位何か感じません?(笑)
最近のお.ハ.イ.ド.様お気に入りのポップになりきれないモダン・アート(この言葉自体古いよね?きっと/笑)なんですが、 ほらほら!この真ん中辺りに特にほら!

そうです!ヒプノシスを意識した小宇宙が存在しません?
ヒプノシスは、芸術集団の事なんですが、70~80年代の有名アーティスト達のアルバム・ジャケットのデザイナーとしても有名です。
ロジャー・ディーンも混じってる感じかな?(同じく同年代のアーティスト)

10ccのこれ とか ロキシーの これ とか こっち とか こんなん の遠い記憶やイメージだけをデザインの中に入れた感じが漂ってません?
海の中から出ている岩場に あのこれ を出現させたくなって来る(笑) もっとポップなマーメイドちゃんだけど(マーメイドちゃんはこの2人でいいっか♪) ついでにポップ・アートの基本に これも 入ってるよね??

ロジャー・ディーンを感じるのは この辺かな? 正確にはこの中の見開きイラなんだけど、写真がありませんでした。

音だけじゃなくって、ジャケにも巨匠達の作品の香りが漂うのがオシャレ! しかも、まんま!ではなく、消化されてるから好印象なのです。 

アルバムの印象もまるでそうゆう感じです。
懐かしい、でもそれとは違う今の、しかも彼ら独特の、「F.A.I.T.H」みたいにトータライズされたド~ン!とハマるタイプのアルバムではなくて…難しいなー。 
無理に新しい事をやろうとして結局どれもこれも同じになっちゃった最近のシーンとは逆に、原点に精神を一旦還した事が挑発的だなと思う理由です。

「俺達結局こーゆうのが好きなんだよ! 憧れたよなー「カッケー!」って。 でも今は自分があの同じステージに立てるようになった。」 って彼らの現状が伝わって来るのです。

アメリカン・ツアーも組まれてるらしいから、そりゃもー「憧れの元祖ROCKツアー」って感じ。
あのお方もそりゃああっちに参加されるでしょ! と納得。
是非ライヴに行きたいバンドになりました(今更)

そしてM山くんご推奨のお隣さんのお巴里を今から観ます♪
これが又遊び心と本気なセンスが入り混じったパッケージなんだわ~~☆
やっぱセンスいいよなー…。

22:44 |完璧なぶ.ぁ.ん.ぷ.す | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/22 (Fri) ざ・名言集

以前コメ欄にも書いた事があるんですが、あまりにセコイ現実に嫌気がさした憂さ晴らしに書いておこうと思います。

私が好きなROCKな名言集

■ 「俺が会いたい女は俺なんかに会いに来ないのさ」 デ.イ.ヴ・リ.ー・ロ.ス

■ 「ギタリストは才能が無いと思った時点で止めるべきだ。 努力や練習でどうにかなるものじゃない」 エ.ー.ス・フ.レ.ー.リ.ー(K.I.S.S)

■ (歌詞に含まれるメセージの意味を訊かれて) 「何にでも理由があるのって勿体ぶってると思わないかい?」 フ.ィ.ル・モ.ッ.グ (U.F.O)

■ 「異端でありたいのであれば、孤独である覚悟が必要なのです」 叶. 恭.子

■ 「私は女優としては二流でしたが、一人の男を幸せにしたという自信はあります」 大昔の女優さん

■ 「音楽はまるで食べ物みたいに僕を育んでくれた。だから僕自身がその一部になればいいと思う」 (ジ.ェ.フ・ベ.ッ.ク)

次は誰が名言を残してくれるでしょう?♪ 

00:55 |日常の雑記 | comment(7) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/20 (Wed) イメージでは売れない時代

おお化けしてくれたV.a.m.p.sにびっくらこいて、ついに先行配信をDLしてまいりました。
もちろんアルバムは予約済です(この時期どーなんかね?この現象?)←あると思いますっ!

「好きなバンドの1stアルバムを思わせる様なアルバムにしたい」とか
「エゲツないアルバム」とかご本人達のコメントを読んで 「どのバンド??あれかな?これかな?」とかなり興味がありました。

んが、これは特定のバンドのアルバムの事ではなく、【自分達が好きなバンドのデビューアルバムの雰囲気がある】って意味だったんですね♪
デビューアルバムってのは独特の勢いがあるし、今まで溜め込んでいた所謂ネタが満載だし、個性的だし、未完成故の魅力がいっぱいでワクワクするものです。
そうゆう意味でも、高い目標下に作られた「ライヴ用」であり「脱カテゴライズ」なRockアルバムに仕上がっています。

これって初聴きでも充分イイんだけど、聴けば聴く程!なタイプだと思います。

最初は本家お隣さんの延長で聴けますが、どんどんRockな要素が濃くなり、意外な傾向の曲の中にチラっと「あ!今モ.ト.リー・ク.ル.ー思い出した!」とか「あ!エ.ア.ロ.ス.ミ.スも好きなのね!」とか「ハ.ノ.イ・ロ.ッ.ク.スも好きか!」等など、【似ている】って意味ではなく、あくまで【雰囲気を漂わせる】って高等技術をいとも自然にやらかしてくれてます。 

聴く者が「あ!これ!これ何だっけ??」って感じる時、これこそ彼らが今まで長い年月を費やして蓄えて来た【糧=音楽】が具体的に自分達の形になる瞬間です。


まず、ドラマーがイイっ!! お.ハ.イ.ド.様は一流から三流までいっぱい聴いて来ているだけあって、メンバーを選ぶのが巧いっ!! そしてこのギタリストのセンスは天才的だな。 

個人的に手数が多くて個性的なのに、邪魔はしない&印象的なドラマーが好きです。 
お隣さんのユッ○ーもそうですが、多彩なドラミングに思わず耳を奪われます。 でもそれが全体を聞き逃す結果にはさせないところが凄いと思います。

そしてあちこちにちりばめられた「ハッ!」とするフレーズとメロ。 これどんなにRockRockしてても命ですね! どんだけ引き出しがあるんだろ?? そしてその引き出しを開け間違えてないのが凄すぎる!

インディーズ時代からヴ.ィ.ジ.ュ.ア.ル.系なんて言葉の対象にされ続け、某人はそれをやたら嫌がってましたが(苦笑) お.ハ.イ.ド.様はあんまり気にしていなかったように思います。
それはマイペースである自信があったからなんでしょう。 彼の目標はあくまで自分が好きな音楽であり続けて来たんだと思います(お隣さん自体も同じく)

そして事実、カテゴライズの中に混じって売り出すとか、イメージを先行させて売り出す現在のミュージック・シーンに「ケッ!」ってツバを吐くようなこのアルバム…挑発的です。
そもそものRockのカッコよさを思い直させてくれる正統派であり革新派。
この音の中にB様カヴァーを混ぜないでカップリングのみでリリースする余裕もカッコ良過ぎる~!
(こうやって褒め殺してしまえないものか?とかはもー思ってないよ/笑)

お隣さんの大ファンを自負される方々には賛否両論あると思いますが、「もぉそんな時代じゃないから次行こうぜ!」と聴こえて来るようなアルバムです。 

是非ご一聴を! 
6月10日リリース。


+++ 追記 +++

ついに八王子、川崎でも新型インフルの患者さんが出ましたね。 
色々イベントが中止になる可能性が出て来るかもしれません(V.a.m.p.sもインストアライヴだっけ?中止になってましたね)
今日あるブログさんでインフル感染対策が個人の自由を奪う権利は無いみたいな記事を読みました。
それ違うから。 インフルは蔓延する事でウィルスが変異して行く可能性があるのはご存知でしょう。
今回の新型のDNAには毒性の強い鳥インフルのものが含まれています。 もしそれが強く出た場合、それこそ映画のような世界が現実になるんです。 
専門家達は、人から人へ多々感染して変異しない内に終息を向かえさせ、秋冬用にワクチンを間に合わせる事を目的として徹夜の日々だそうです。

感染を警戒してイベントを中止する人達は英断をするのであって、臆病なのではありません。 来てくれる人達にもしもの事が無いように計らってある当然の処置だと思います。
もし、万が一今回のアリーナが延期になってもそれは英断だと思いましょう。 
予定通りに出来るにこした事はないけどね♪

季節性のインフルエンザで亡くなる方の人数は、交通事故で亡くなる方と同じくらいの人数なのを意識しておくのがいいと思います。決して侮ってはいけない事を今年ご近所の元気な40代の方で思い知りました。 
早く終息しますよーに!

22:54 |完璧なぶ.ぁ.ん.ぷ.す | comment(9) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/19 (Tue) 又も秀作出現!

何も言わず  「これ」 を聴いて下さい。
そして現品を買って下さい。

案外普通にサラっとなんじゃないの?って高を括ってたんですよね。
なんせ世界のB様! 我らのB様の名曲をカヴァーって~いくらねー、アナタでもちょっと…案外勇気あんのね…

…みたいな事を心の中では思っていたんですよ私。
だって、この選曲ってお.ハ.イ.ド.様の個性とはちょっと違うんじゃないか?と思った原因はコード進行。
彼らしい英国影響下の表現法ってもちょっとマイナーな感じが得意なんじゃないかな?って思いません??

そしたらあーた!そうよね?アレンジするのよね普通(ハハハ…かっわいたー笑い♪)
初っ端からマイナー・アレンジで来ましたわよ! ビッタシ決まってるじゃありませんか!
そして発声を変えてからの歌い方にオリジナル部分が良く合う事!

本家が世界の宝だけに、日本人がカヴァーしたものとしては珠玉の作品と言っていいんじゃないでしょか? 
なんて消化吸収力に長けている人なんでしょう!
彼が聴いて感じて来たものって何ひとつ無駄なく音に、歌になっているような気にさえさせられます。

これは全てがB様の名曲であって、全てがあの世界に憧れたお.ハ.イ.ド.様に他ならないと思います。
実は全く期待してなかったので自分でも驚く程感激してしまいました。

期待しないってアドバンテージになるけど、これはホントに秀作だと思います。


しかもね、この「もっとB様の歌うたってー!」と思わせるところでこの人って止めるのよね。
余裕だわ。 音楽的幅の広さ、歌唱力、センス、引き出しの多さと使い分け。
全てが素晴らしい!
まさかの妖婦さんでこんなんが聴けるとは思いませんでした。

個人的に久々の大ヒットです。

ブタさんの逆襲のお陰で、6月アリーナは休みが取れず断念する事にしたんですが、別にいいや。
皮肉にも「うっとりしたい!」って書いてすぐにうっとりしたんで満足です。
うっとり出来る音楽があれば誰が歌っていようと関係ないわ(と今日は言っておきます/笑)
オチャメなジョークだか何だか知らないけど、ワケの分らんジャケ作ってる場合じゃないぞー!

22:05 |完璧なぶ.ぁ.ん.ぷ.す | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/17 (Sun) うっとりしたい!

この頃仕事が忙しくってPC立ち上げても、他の作業だけでネットまでチェック出来てません。

あれやこれやにシラケてるのもあるんですが(笑) コメレスもしてなくってゴメンなさい!

さて、そんな殺伐とした今日この頃、願望はいっぱいありますが、音楽に関しては只一つ「うっとりしたい!」 
この一言に尽きます。

私はどちらかと言うと、色々分析したがりなんですが(笑) やっぱりほら、分析以前に聴いてうっとりするのって一番心地よくないですか? そうゆう曲は絶対分析なんてしませんよね?
中々そのタイプの曲って無くなって来ましたね。

それは今の願望として、さっき久々にこれを聴いたんですね。

■ Parisienne Walkways

王道のギターにちょっとハズしたソウルフルなヴォーカルが心地よい名曲です。 
ここで歌う詩人であり、ヴォーカリストであり、ベーシストであり、人種差別をその才能でサラリとかわし、祖国アイルランドに還って行ったP.h.il L.y.no.tt。
彼のように、清.志.郎さんも三.木先生も、名曲の数々と共に現実にずっと存在し続けるんでしょう。 
だって、これ知らなかったら、ここで歌ってる人は今も何処かで歌ってると思うでしょ?


さあ、今日は久々に超うっとりする為に「あの曲」を聴きましょう!(リンく貼ってるけど/笑)

■ Wild is the wind

よく洋楽の歌詞に興味があるけれど、対訳が見つからないとの拍手コメを頂きます。
曲名を具体的に書いて頂ければ、出来る限りお答えしますので、メルでお願いしますね。 (著作権の問題があるので/笑) 
こちらに資料が無い場合は私が勝手に訳したものになりますのでその時はゴメンね(春日テイスト)

22:49 |音のある生活 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/11 (Mon) 良いニュースが無いね

と思ったら、お隣の妖婦さん達もアルバムが未発売のままツアーに突入してたんですが(発売の目途はついてたからいいけど) ツアー中のアルバム発売前に全.曲.先.行.配.信があるそうです(……)

んな事したら、アルバム売れないじゃん!の質問に「考えてなかった」とな←(いやどっちも売れると思う/笑)
自然に巧いな~。 ファンは嬉しかろう(又これよ/爆)

ここにも記事が


話はガラっと変りますが、恭.子.お.姉.様のお言葉。

「究極で格別な男たちが持っているのは「余裕」です。余裕があるからこそ、半端じゃないエネルギーを集中させてビジネスに成功している。」

「異端でありたいのであれば、孤独でいる覚悟が必要なのです。孤独を見つめなければ成長はありませんよ。」

2連発ありがとうございました(タイミング良過ぎて笑ってしまいました)

恭.子.お.姉.様.映.画にもご出演で、ハリウッドからお声がかかったりして(ハ…ハハハ)

23:04 |日常の雑記 | comment(16) | 【PAGE TOP】↑


2009/05/04 (Mon) やっと連休♪

今日から連休、この景気を考えたら在るだけありがたい事だ!…と思おう。

今遊びに行って帰って来たとこです。 
明日、明後日と近場へお出かけなので今日の内にあちこち知り合いに頼まれたウィルス遮断マスク配給の準備をしとかないと(何屋だ??)←ほぼヴォランティア。

今は大丈夫でも、ワクチンが日本全土に行き渡るまでに蔓延する可能性は大いにあるワケだから。
しかも、新型のワクチン製造が始まると、従来のワクチンの製造ラインが半分かそれ以下か?どの位にするか?厚生省は慎重です。

ワケの分らない130億だっけ?の箱モノ建てるよか、医療や災害時の対策にお金を使って欲しいものです。 そううゆう意味では日本はまだまだ先進国とは言えないと思うな。

以前オランダの税金の使い方、国の事業の特集をしていた時にとても印象的な言葉がありました。
オランダの学校は国から土地を借りていて、それは広い敷地を有しています。 その借用代金が一年に何十円程度の額なんですね。
彼らは言いました「文化レベルが高とは、はこうゆう事を言うんですよ」 聞いとけー!日本の政治家ー!と思って録画しとけばよかったと今でも口惜しいです。

あ、そうだ!各自治体の保険所が医師を集めて指導しているようで、インフルにかかったと思われる人は、どこの病院でも入れるワケではありません。 
季節性のインフルの人も病院にすら入れて貰えない可能性があるので、連休後何処に駆け込めばいいか?確認しておいた方が懸命ですよ。


こうゆう話をすると思い出すのがボ.ノですね。 彼には確固たる思想があって、メッセージ性の高い曲を数々ヒットさせましたね。 若者がそれに同調する姿を羨ましく思ったものです。

英国のムーヴメントは常に時代背景に則した思想があって、日本の流行りモノとはワケが違いました。
U.2はその中でも独自のムードを持ちつつ社会活動にも積極的でした。 今もそれは変りません。

この曲はメッセージ性を強く感じるものではありませんが、映画に使われた曲で、時代的にドイツ統合を匂わせる感じがします。 U.2独自の世界感が満喫出来る名曲でもあります。
歌詞も先日ご紹介したU.Kの曲にも通じるとても美しい歌詞で、なんせPVが絶品!

このPVの中に出て来てはいけない人物を絶対出さないイメージの一貫性にウットリしたものです。
ここも日本のPVみたく「外人モデル出せばいい的」考え方とは全く違っていると思います。
「F.a.r.a.w.a.y」で思いだしたんだけどね…(虚)←偉い違い…。
U.2を語る程知らない私でも、彼らの世界には羨望に似た憧れがあります。

■ Stay (Faraway, So Close!)

00:17 |音のある生活 | comment(29) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。