2009・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/03/30 (Mon) ネタ

ずーっと洋楽聴いてたら、こんなものを買おうか?迷っている珍しい人が居ました。
これって (このタオルのケースの方ね)見ると この人思い出してしまいます(笑)

本場のライヴってホントにこうやって行くんだよ♪ ハイスクールのコ達がオープンカーに乗って(16歳で免許が取れるから) それぞれにオシャレしてヒューヒュー言いながら。 
オーディエンスのノリもいいな~♪
これは良く練られたキャッチーなLAメタルの名曲だと思います。

このオジチャンは怖そうなだけの人ではありません。
こんな名曲もあります。 若くして亡くなった悲劇のギタリスト Randy Rhoads のこの曲でのソロは絶品!

しばらくこの辺に滝昇ってまーす。

なんでこーゆー洋楽の話題には雄蝶ファンってドン引くんだろ??
私が間違って迷い込んだのかなぁ?? 大昔のファンやお隣さんのファンの中にはいっぱい喰いつく人達が居たのになぁ~。 

なんだかんだとこの間の話が未だ燻ってるようですが、本人と音楽って別個に考えてもいーんじゃないだろうか?
その人に嫌気がさしたからって音楽まで捨てる事は無いと思うんだけど…。 
じゃあ何が好きだったの?って凄く疑問。

スポンサーサイト

23:06 |音のある生活 | comment(18) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/29 (Sun) 20年経っても色褪せない名作

さてさて、あっちもこっちも終わってるので、今日は 「じゃー何だったらイイのよ?」 と20年前に発売されたアルバムを聴いてみました。 前にも書いた事のあるQueensryche のOperation:Mindcrimeです。

色褪せないねー。 あの当時にもう物語を先に作り、それを映画として通用する映像にしてして、ステージで上映しながらオペラチックなライヴを演ってたバンドがあります。(プログレの世界では当たり前でしたが、HRの世界では珍しかったものです)

このツアーはアッケに取られるってか感動を超えた何かがありました。 そしてあれは昔だったからかなー?と思えばなんのその! 今でもあの感動は 「ここで鳥肌が立ったのよ~!」 まで明確に思い出させてくれます。

隣の席が当時ライヴ仲間の間で皆の憧れの的だったKさんという方で、私より随分お姉さんだったけど、スティービー・ニックスみたいなタイプのとってもセンスのいい方でした。 それも嬉しくってあの日の事は絶対忘れません。 
年少組にはライヴってそうゆう楽しみもあったな~★

なんたら語るより聴く方が早いので、ペッタラします。
何故このアルバムを貼るかって言うと、「緊張感」です! 物語を演るなら、徹底的にそれに徹し、最初から最後までそれを通すのがどれだけエネルギーの要る事で、どれだけストイックでなければ成し得ないか? は当時は解りませんでした。 むしろそっちの方が簡単だと思っていたのです。 

でも最近てかこの間ですね(笑) 確信しました。 ストイックに自分の音世界を伝える事に終始する事はミュージシャンにとってはキツイんだろうなーって。 だからこそ彼らは素晴らしいミュージシャンでありアーティストであり続けているのです。

■The Mission → この曲に対するファンの声(最近のファンの声のようですね)

■Suite sister Mary →ファンの感想

■Eyes Of A Stranger →ファンの感想(今時のファンにはこの曲がウケがいいようです)

最初の曲からアルバム1枚辿って行けるはずです。
1. I Remember Now
2. Anarchy-X
3. Revolution Calling
4. Operation: Mindcrime
5. Speak
6. Spreading the Disease
7. Mission
8. Suite Sister Mary
9. Needle Lies
10. Electric Requiem
11. Breaking the Silence
12. I Don't Believe in Love
13. Waiting for 22
14. My Empty Room
15. Eyes of a Stranger

内容は再.生をアメリカ闇社会でやった感じかな? くらいに思っておいて下さい (これも複雑な話なので) でも20年前だよぉ。 ヒゲじいみたいな存在のDr.Xと主人公のNikki、M.a.r.i.aに当るMary(おんなじやん)、ア.サ.ク.ラに当るような存在の神父が主な登場人物です。

ヴォーカリストがオペラ出身なので、好き嫌いがあるかと思います。 「見た目が…」って方は一生ビジュでも観てた方が身の為。 

ギタリストは特に巧いタイプではないんですが、ツボに入るそれこそ必然性のあるソロを取り、そのメロディックなソロはヴォーカルをより引き立てます。 リフやバッキングのセンスも抜群。 と言うのは実は上手のギタリストがこのバンドのマニュピュレーターだからです(残念ながら現在は脱退)

特筆すべきは、リズム隊! このドラマーは大好きなドラマーの一人です。 変拍子を巧く取り入れる個性的なドラマーでありながら、決してトータライズされた世界を邪魔しません。 彼一人の為にライヴに行っても惜しくないドラマーです。
シンプルで重いベースも自分が自分が!な人間には出来ない事だと思います。

各人が自分の役割をとことん心得た上で、魂の叫びのような壮大な世界感を作り上げるこのアルバム&ライヴ。 その裏に見える彼らの怖ろしいばかりの冷静さと禁欲的な姿勢を愛して止みません。

23:01 |音のある生活 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/27 (Fri) 今日は大事な日!

今日はいよいよドキドキの日!
努力が報われますよーに!
どっちに転んでも「人間キミ」が好きだから、ずっと応援するよ♪
今日は未だ始まりの日さっ!

とは言えオバチャンドキドキです。
幸あれ!!

08:28 |日常の雑記 | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/26 (Thu) ちょっとだけPAの話

今日は前に書いてた通り、今回のツアーで目立つ 「音響がヒドイ!」 「歌が全く聴こえなかった!」 「初めて行けたのにドラムの音しか聴こえなかった」 等などの音響に関する声が多かったので、PAについて書いてみようと思ってたんですが…

なんだかどっチラケるものを読んでしまったので 「そこまで真剣に追求するものじゃないわ」 と思い、ちょっとだけ素人なりに書いてみます(ほんの触りよ)

サウンド作りってのはミュージシャン側にも言い分はありますが、PAさん達の言い分だっていっぱいあるワケです。
実際そうゆうお仕事をしてみえる方々のお話を聞くと、随分我がままなミュージシャンに悩まされる事も多いそうなので、一概に 「スタが悪い!」 と判断するのもお気の毒かと思いました。

双方がそれぞれの好みや機材の癖を掴んで、解り合いまくったツーカーの仲でないと、安定した嘘のようなサウンドには出逢えないようです。

雄蝶さんのサウンドは大好きで、歌とか歌詞とか世界感とかより、私の場合はあのサウンド作りが一番好きなのかもしれません(結局誰のファンだか解らない?) 今回初日が2月1日の国フォだったんですが、酷かった~! 怒りさえ覚える酷さでした。 

が、次の日はいつものようにシッカリ立て直して来るのが強みですね。 彼らのライヴは都内なら2周目の2daysには必ずと言っていい程いいサウンドが聞けるように思います。 特に2日目は要チェックだと思います。

あのバカみたいに音が回り、数多の世界的有名ミュージシャンがとんでもないライヴを演って来た魔の会場でもあり、音楽の殿堂でもある武道館。 あそこで一番音がブライトでクリアで繊細なのに迫力があったのは雄蝶さんだったように思います。 あれは世界に通用します!

外タレのライヴに行き慣れてみえる方々は、その爆音にも慣れてみえると思いますが、3日は急性の難聴状態が続きます。
最近の日本のバンドはヘビメタ系統は結構音量大きいですが、比較的どのバンドも聴き易くて、お年寄りや子供が居ても 「あ!危ない!」 とは思わない程です。

この爆音現象で一番考えられるのは、ギタリストの自己主張が強い事が考えられます。 やっぱりRockはギタリスト目当てのファンが多いし、ヴォーカリストと共に看板ですから。 
ギタリストが自分のギター音を大きくアピールしたがると、他も大きくして…と全体的なバランスを取ろうとすると爆音になってしまうんです。 挙句音が割れたり、何かの音が聴こえなくなってしまいます。
昔の外タレのライヴってこうゆうの結構ありましたよ。

基本、PAの音量を決めるのは大抵ドラムスのスネア(小太鼓)の音が基準だそうです。 考えてみて下さい。 ヴォーカルとドラムスは音量調整が自力でしか出来ません(ピアノと言い雄蝶さんてそうゆうパートばかりですね) ので、普通はスネアの音を基本にして、次ヴォーカル…と他の楽器は後から設定されるようです。

だとしたら、今回のドラムスの音でヴォーカルもギターも聴こえなかった現象はどうしてだろ?と疑問に思いますよね? 

■ 以下例によって 「自己責任」 においてお読み下さい ■
雄蝶さんの事は褒めてもらわないとカチンと来るタイプの方はご遠慮下さい。

23:26 |今現在某残念な人 | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/25 (Wed) 入金済の皆さんの為にも

もう一言書いてもいいですか?

(もー行かないよ!)と思ってもアリーナ・ツアーの入金終えちゃった方達だって多いでしょ?
今後、組織的に何かをやれば日記に書いて貰えるとか(それが何故嬉しいのか理解出来ない)
喜ばせようとか(逆だ逆!聴衆が喜ぶ事がミュージシャンにとっては喜びとなるんじゃないだろうか?)
連鎖反応が起きてはアリーナ・ツアーはどーなってしまうんでしょ?
良識あるファンが多い事を祈るばかり(神頼みになる時点で終わってるけど)


開演前にアナウンスがあるでしょ? 「演出の為に非常灯を消させて頂きます~云々」
そこまで考えて演出は行われている事くらい毎回感じると思うんだけど。
基本ライヴの開催者以外の企画はもっての他、勝手な行動は演出又はライヴ自体の妨げになります。
携帯の電源を切る事と同じ次元の常識ってものだと思います。

自由だのを持ち出したい方は、まず最低限の義務を遂行してから権利を主張して頂きたし。
最初で最後のライヴになる方だって存在するんです。 道楽に付き合える方ばかりじゃありません。

本当の感動はライヴの場で連鎖を起こすものであって、決して始まる前に計画するものではありません。
大体そんな事計画してたら気になってマトモに聴けてないでしょ? 
それがそもそもの間違いだと思いません? 
気が散るのは勝手としても、会場で他人の余韻に浸る権利を奪う事なんて誰にも許されていません。

コンセプチャルなライヴにド素人のお客が演出仕掛けようなんて…誰が考えつくでしょう??
アリーナ・ツアー…そんな客層ならホントに行く気がしなくなりました。

あ、大事な事書くの忘れた。
ご本人はツアーが終わるまでいちいち日記を書くのはやめた方がいいかと思います。折角精魂込めて作った作品が台無しにならずに済むんじゃないでしょうか? 
ご本人お一人で作られたワケではないでしょうに…お一人の判断で書かれる言葉が産む事で、沢山のスタッフの労力が水の泡と消えたら…それこそご本人が一番嫌いな事態でしょうに。

21:51 |今現在某残念な人 | comment(19) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/24 (Tue) ちょっとこれは書いていいかなぁ?

色々ご意見もありましょうが、これはちょっと余りに頂けないので書かせて頂きます

■ ご注意! ■
雄蝶さんの事は、ひたすら褒めないとカチンと来るタイプの方は最初からスルーして下さい。 以下自己責任でご覧下さい。

23:32 |今現在某残念な人 | comment(16) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/22 (Sun) 年度末~

例によって皆様も同様でしょうが、年度末は色々忙しくてあれこれお返事が遅れてて申し訳ありませんm(__)mm(__)m

今後の予定だけ書いておきます(あくまで予定)

大.河は当初の悪い予想が当たり「御.館.の.乱」でマトモに観るのは止めると思います。
朝ドラを越えて、もー昼ドラになって来ました。 主人公を可愛さ余って過剰に美化するのにも限度があると思います。 お陰で他の出演者の人物像がブレブレで魅力が無い事!


雄蝶さんの実質追加公演だと思っていたアリーナ・ツアーがなんと!どーも違う内容みたいじゃないですか!再.生が本当に完結するんですね! 

なので、その前に今回のホール・ツアーのあちこちで聞かれた「ドラムスの音ばかりで歌が聴こえなかった」の声に関係のある、PAについてちょっと書いてみたいと思ってます(あんまり専門的知識はないけど) 何故ああゆう現象が起こるのか?素人なりに纏めてみたいと思います。

チケ鳥捕獲は済んだかな?? ダメでも二次があります。 行けなくてもwowowがあります。 観れなくてもDVDがあります! 雄蝶さんのツアーは嫌でも観るハメ?になるんです(笑)

23:04 |日常の雑記 | comment(18) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/20 (Fri) 移動中

出先から書いてみます。

やっとH-さんがライヴに行けたというのに、もぉ次の当落確認があったんだった!
エントリーすら忘れそうだったのに、確認はもっと忘れそうだから今夜にでも電話してみよっと。

ア.リ.ー.ナ・ツ.アーに関しての情報メル下さった方々どうもありがとうございましたm(__)m
早速確認してみたら…そーですねー! これは意外でしたね!
あちこちに誤植って事は無いと思います。 丸々同じ事をアリーナ規模で演る事はないだろうから文字のまんまなんじゃないでしょうか?? いかにも雄蝶さんが考えそうな事じゃないですか??
これで元祖と繋がるのかな?

そうなると一回は行っておきたいけど、行けるかどーかはご縁の問題。
6月も7月も色々予定あるから、チケ鳥が来ても当日行けるかどーか??
行ける暇とお小遣いがある内にどんどんライヴは行っておきましょう!
映画も又でいいや、と思ってる内に見逃す事よくありますもんね。

16:03 |日常の雑記 | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/18 (Wed) びみょ~な事ばかりなので

最近毎日これ観て楽しくなってから就寝してます。

■引越し

■選挙

春.日~!♪ 今一番好き★
どんどん壊れてるんじゃなくて元々こうゆうのが好きなのです。  

22:49 |日常の雑記 | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/15 (Sun) 例によって遅れまくった話

公式のDiscographyでパ.チ景.品CDの試聴が出来るんですね(ええ、もう試聴済みでしょうとも/笑)
わざわざspecial edition にして頂いたのは、みーーんなつまらなくなってた。
ま、スポンサー様は神様ではあるけどね。 只、選曲の意図がどーも解らない…。

ヴォーカリストってなんで実力が付いた事をああゆう風にしか表現出来ないかなあ?
どの人もそーだ。

♪甘いつぉきの~  ♪むゎわるーむゎわる~ キモイよ。
こーゆうの「日本のRockです!」って感じでひじょーーに巧く自分の個性にしている人と、歌い重ねる内に、何故か「何?その変なクセ??」になる人が存在しますよね?
後者にならぬよう宜しくお願いしたいものです。
前者の優秀さを著実に感じるのが清.春です♪(いいじゃないシュミなんだから) 

究極はシンプルだって事を見直して欲しいものです。
 
そう言えば、初期の作品のベースラインって好きなんですが、あれって誰が作ってたんでしょう?(もっと素直になれ自分!)

お陰でこんなモノが聴きたくなりました。(音源が余りと言えば余りに悪いのしかなかった)
これ絶品のvo.+ g + アレンジ!(ギタリストは橘.高氏です)
ヒデキもビックリ(そう言えばご本人から「あれイイね!」って他人事のように言われた話をしてらっしゃいましたっけね)
正統派は正統派で勝負してもいいと思うんだけど。 個性は他にクドイ程あるんだから(褒めてる)



今日は大.河.最.終.回ですね(そうゆう事にした) 昨日偶然土.ス.タを観たんですが、今日は面白いかも?(比べるもののレベルが低いのでどーか分らないけど)
玉ちゃんの景.虎解釈はとても共感出来るし、良き景.虎像が出来上がるハズなんですが、演技力と言うより、イメージ作りに失敗したと思います。 
彼自身の発言通りの景.虎の内心を表現するには、あの脚本の台詞だけでは絶対無理だと思います。
出番も少ない事だし、もっとキャラ作りをしないと短時間で彼の苦悩を解って貰うのは難しいし、実際分りませんでした。
華.姫が又足手まといだったし…何故か信.長に滅ぼされたハズの武.田側がいっぱい出て来るようです…(うんうんあれは未来はこうなったよってナレーションだったんだね。時間軸なんてもーいい!)
巧く完結するでしょうか?

12:07 |今現在某残念な人 | comment(22) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/09 (Mon) 金の斧銀の斧

昨日は思いもよらぬ、拍手パチパチいっぱい(焚き火かと思いました)←そんな! 頂き、拍手コメにメルと沢山ありがとうございましたm(__)m

貴重なお時間をこんなトコに費やして頂き感謝感謝!!m(__)m

同じような事を 「実は私も思ってました」 とご意見頂き、ちょっと安心しました。
何よりも音楽が一番好きなファンってまだまだみえるんですね! とっても嬉しかったです★
ありがとうございますm(__)m


さて、そんな皆様のご意見をありがたく読ませて頂きながら、とあるライヴを思い出していました。
何時だっけ? LAメタルが流行っていた頃に来日した D.ok.k.en の神奈川県民ホールでのライヴです。

都内でも何本かライヴがあったので、流石に神奈川まで足を伸ばした人は余程のファンで、勿論プレスも全く入っていない状態でした。

その日は奇跡のライヴだったんです。 音響の調子はいいし、何よりも当時(今も)スーパー・ギタリストとして名を馳せた ジョ.ー.ジ・リ.ン.チの調子が普通ではなかったんですよ。
彼はもーノリノリで、他のメンバーもその調子の良さに半分笑い出しそうな雰囲気でした。
予定外のギター・ソロが延々続き、もー会場はお祭りを通り越してちょっとしたアブナイ団体と化していたものです。
自由自由全てが自由! 「こんな演奏が聴けるなんて!!」とそれぞれが自分の喜びを表現していました。

ライヴ終了後も誰も席を立たず、30分くらい皆ボーっとしていたと思います。
ふと我に帰って椅子からのろのろ立ち上がったら、後ろの席に居た男の子達5~6人の集団が頭からゆげを出してボー!っと並んで座ったままなんです!
私、昔から色んなライヴに行ってますが、あれ程人間が我を忘れて放心する様を観た事がありません。
人間本当に感動した時は泣きもしなければ、叫びもしないものなんだと初めて知りました。

単に「もっと聴きたい」と言う想いで集まった人達への女神様からの贈り物のようでした。
あの空間に居た人達は鉄の斧を落とした事を正直に女神様に伝えた若者のように、スーパー・ギタリストに媚びる事もなく、お目当ての曲が出て来ないと 「ブーブー」言ったかと思えば喜びの「ヒューヒュー!」に変り、只ひたすら求めるものを純粋に追っていました。
只ひたすら「魂の音色を聴きたい!」と願った人達のパワーが増幅されて行くのが分りました。
天才とはそういった雰囲気を察知して同調するものなのでしょう。
正に何かに憑かれたように彼は物凄い演奏を始めたのです。

今でもあの場に居合わせた事はRockファン、ギター・フリークとしての誇りです。
好きなミュージシャンには、いつかあんなライヴを実現されて欲しいといつも願います。
でもこれはミュージシャンの実力だけでは不可能な事です。 
オーディエンスも又耳を肥やし、マナーを守り、ステージ上のアーティストに真のRcok魂を求める事です。
これが言葉を超えて伝わった時に奇跡は起きるのだと思います。

私達も又あんなライヴを体験出来るように、自分個人はどんな音や歌を求めるのか? をぶつけなければと改めて思いました。
天才は湧いて出ても、育てるのは観客だと思います。

23:43 |音のある生活 | comment(18) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/08 (Sun) 春なので

ファビコンを変えてみました。

前から「お気に入り」の左側やURLが出て来るバーの左横に FC2のロゴ(ユニコーン)のマークが表示されてたでしょ? あれが美しくないなーと気になってたんで、変えてみました。

赤いチェック柄でこのブログ名だとまるでお隣さんのブログみたいだけど(笑) ちょびっと可愛いでしょ?(そー変ったものじゃないか?/笑)

ブログやってみえる方で変えてみたい方はお問い合わせ下さい。 簡単ですよ♪


さて、昨日インテリア雑誌の事を書いたらとっても丁寧に拍手コメ頂きました。
Tさんどうもありがとうございますm(__)m ご親切感謝致します♪
ここってホントにお行儀がいい方ばかりで嬉しゅうございます(その分自分が恥だけど/苦笑)
拍手下さった方々ありがとうございましたm(__)m 泥くんに拍手しておきます(笑)

Tさんも頑張って「書」の文字を鑑定??して下さってるんですが、やはり泥くんの立ち読み鑑定?と同じで、うさみんの書があるようです。

これは明日他の本屋さんまで足を延ばしてみませう!
なんでかって? そんなにうさみんの書が観たいんじゃなくって、「書」の文字と(遺言だね)雄蝶さんの最近のライヴで見かける変化はその影響下にあると。
Tさんも泥くんも(白い事書いてるのに泥くんとはこれいかに?/笑)同じような感想を自然に持たれたようです。

書は他にもあるようなので、字体から皆さん判断して下さい。 いずれも風鈴の時に何方かから贈呈されたもののようですよ★

ライヴは結局本編3本参加出来ましたが、その中でトラブルがあった時、前はもっと神経質になってみえたと思うんですよね。 でも今回は一瞬厳しい顔になるんですが、 (余裕なのかな?)と思う部分がありました。 

お二人の「書」の感想を頂いて考えてみれば、雄蝶さんの中でうさみんから頂いた言葉が 「天の声」 になるんでしょうか? 完璧を求める以上に楽しみを分かち合う事に喜びを感じる人に変化して来たのかもしれません。(それはそれで困った事も相当起こってるんだけどね)

長い目で見ればあんまりストイックになり過ぎない事も重要かもしれません。
うさみんはそれを自分の俳優人生に重ね合わせて 「もっと気楽に楽しく」 と仰りたかったのかも?
今となっては真実は雄蝶さんだけが解っていればいい事です。

豪邸??写真→妄想に行くタイプじゃなくって、そうゆう所に目が行き気が行く方達に恵まれて嬉しゅうございますm(__)m

んで褒めるのはここまで(え?又?)

ネタバレにはならないけど一応続きに書きますね。
ツアー中って検索ちゃんが多いんです。 用心用心!

16:58 |今現在某残念な人 | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/07 (Sat) 書けないネタばかりなので

泥くんからこっそり教えて貰った雑誌の話。

もう立ち読み組が多いだろうけど、ここの人達は「そんな事どーでもよかー!」ってタイプだと思うので、ちょっと泥くんネタ投下!


 「この雑誌」 に雄蝶さんの自宅が紹介されてる事はもうご存知だと思いますが、それはどーでもいいとして、 泥くん立ち読みで発見の 「書」 が幾つか飾ってあるそうです。 
うさみんの書もありそうなので私も立ち読みしてみようと思ったら売り切れ店続出だった…何故?


雑誌と言えば、今会社の上司の奥方が買われた雑誌の付録だったと言う怪しいCDを流しております。
なんでもこれを聴きながら理想の体型を想像するとそうなれる!って夢のようなCD!
(んな事あったら美容業界壊滅だわ!)

どんな音楽なんだろ? と思ったらプログレだったわ(爆) だから聴いてみろって言われたんだ
(そうゆう事にしておこう!)

ん?? そう言えばプログレ毎日聴いてた頃ってダイエットなんて無縁だったよなー。
これは関係あるんだろうか?(単に若かったんだと思う…)
真実と幻想っていつも違うわ。
うっかり騙されそうになる事なんてそうそうなくなって来てしまった今日この頃、
雄蝶さんのライヴは刺激がありますよ♪ 色々…♪
早くHーさん地方に行けばいいのに~! 

22:56 |今現在某残念な人 | comment(9) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/06 (Fri) さっきチラ観した番組

あー喉が痛い…。
トランサミン飲もっと。
皆様風邪が流行ってますが、花粉も飛んでますがお元気でいらっしゃいますか?

さっきTVをチラ観してたら、変身番組(仮面なんとかでは無い)をやってました。
色々な事情で容姿にコンプレックスがあって楽しい生活が出来ないって方々が応募してらっしゃる番組ですね。
そして現代医学やダイエット、ファッション&メイク等などあらゆる手段を使って別人になる番組です。
ホントに別人になるから怖いわ。

でもね、「え?そんな!お嬢さん!アナタ!普通にいっぱい居るでしょ?」 な人が出てるんですね。
何処にとは言わないけど(笑) 「いっぱい居るよ、楽しく普通に生活してるってか普通よりずっと楽しんでるよ!」 と思ってしまいました。

コンプレックスって不思議なもので、女優さんでもモデルさんでも気になる嫌いな自分の要素ってのは沢山あって、完璧に満足してる目出度い人なんてそうそう居ないんじゃないかなぁ?
病気が原因って特殊な例もあったけど、彼女も元の要素は綺麗に自己演出出来る容姿だったし。
生活に支障のある部分だけ治して後は自力って事は出来ないものか? と。
あの番組前にも観た事あるけど、視聴者の自己啓発を促す事はない番組だと思います。
「よーし!一つ腹筋でもしよっか!」なんて絶対思わないもん。

そう言えば、前にH-さんとの間で容姿を変えてくれると言われたら?って話が出たなぁ(笑)
その時に『「Bu.l.r.ry e.y.e.s」のプロモの時のカワイコちゃんにして下さい!』 ってお願いして、そんな事が叶った日には思わず「天下を取ってやる!」とか言い出すだろうって(笑)
そのくらい変身出来るんなら出たいものだ(笑)
え? 女じゃダメよ! 性別もあの声も手に入らなきゃダメ!(そんな番組あってたまるか!)
結局そうゆう事だと思うんだけど。

一つ手に入ると人間どんどん欲が出ると思うのね。 自分でキレイになったと思っても、お目当ての男性の好みではなかったって例はいっぱい見て来たし。
私も部屋に鏡なんて小さいの一つしか置いてないもん。 観たくないしー。
芸人さんの個性を逆手に取るあの根性が好き♪
最近オ.ー.ド.リーの春.日が大好きです★←(複雑なシュミなんです、ええ)

22:27 |TVの時間 | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/03 (Tue) 今日は楽しい

茶.々.祭りぃ♪ 

いいな~! 宇.都.宮いいな~!
我ながら最もなドリ~ムだけど、そうそう強欲な事も言ってられないのよね(うん)

おネエさま! お.誕.生.日おめでとうございます 
元気でお.誕.生.日を迎えられるのは普通の事ではありません。
お喜び申し上げます m(__)m 

色々大変でしょうが(色々)お元気で何より!
先日の素晴らしいplay感動致しました 

今日は楽しい Bir.t.hd.ay Li.ve になりますよーに!

オマケ
ニ.ー.ちゃ.んのブログでやってる今年は大河に勝ってる歴史?ドラマ??
にネエちゃまが出て来てて面白いです。
知られざる過去が今後も出て来たらおもしろいな♪

この記事 と この記事 に出て来てるよ。 さもありなん!(笑)
でもちょっと可愛いくて哀愁漂う話だなー。 
人間何十年もかけて悟るものなんかしらん??
それとも単に天然なのか??

今日は餃子の街にいらっしゃる方々。
○さんはもー行かれたのよね?!
H-さんはあと少しよね♪ H-さん!地方は当たると大きいよ!
俗世の事は忘れて浸って来てね★

俗世と俗世を忘れると言えば、茶.々.祭.りって事でGE.R.AR.Dの「虚.実.の.城」を流してます。
コンサート・ホールって「虚.実.の.城」だよね?

19:28 |音のある生活 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/03/01 (Sun) ただいまー!

帰って来たら、ブッキーが山の上に居ました。 あ、今日だった!
一昨日友達と話してたんだけど、彼女は受験選択が世界史だったで(私もじゃ!)日本史が大嫌いなのです。

彼女の花婿は日本史大好き人間! で、今回の大.河をどー思うか? 訊いてみました。
彼女 「今回は観てる!だって史実は全部説明で終わるし、見逃しても何の問題も無いもん」
そーだねー。 そして旦那様はもう挫折したそうです。 う~ん!解るっ!

試しに花婿と共に風鈴のレビューを書いてみえた方々を検索してみてから新しいエントリーに戻ると…ほぼ放棄組続出! そーよねー!と二人納得してしまいました。

今日はマジメに観てませんでした。 大事な回なのに…。

「か…」
「兼.続!そなたの事を…」
いや、景.勝も景.虎も「か」だよ。

「ぎー」

「ギー」とはインドやアフガニスタンで常用されるバターのような乳製品。
もう「義」の意味が全く解らず、安っすい言葉に成り下がりました。
原作者の最強のネタ部分が全く伝わらず終りましたなー。
今後どー巻き返しを図っても基盤が無いとダメっしょ?

でも別件でご機嫌なので、そんな事はどーでも良いのです!
勢いは萬.田さん並です♪ あくまで勢いです。
その件はいずれ又。

23:18 |日常の雑記 | comment(11) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。