2009・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/02/18 (Wed) 名曲は語る

ちょっと頼まれ事があって 「大.河」 の感想を書いてる暇がありません(これを優先順位と呼ぶ/笑)
(○さんゴメンね! 未だ完全に捨ててはいないけど…面白いとは思いません/あれ?)

前回コメ欄でチラっと書いた、雄蝶さんのライヴで何故かしら思い出したある曲の歌詞の話題を、M山くんが例によって美味しく広げてくれたので、その関連をちょっと書いておきます。

なんとなく頭に浮かんだ歌詞なんだけど、確かにM山くんに言われてみればそんな気が…(コメ欄参照)
A.er.os.mi.thの曲では異色のドラマチックな曲なんですが、この「Ki.ng.s a.nd Qu.e.en.s」はとっても好きな曲の一つです。
(右上投稿者の名前の下(詳細)をクリックすると歌詞が表示されます)

Screams of no reply  
They died       (この後の裏拍子を拾ったギターがたまらん!)
Screams of no reply
And died
Lordy, Lordy, they died

この部分がライヴ中のある部分でポーン!と頭に浮かんだんですね。
(M山くんご指摘の Lordy はやっぱり Lord (神、主)から来てる単語だと思うんで、M山くんが覚えてる歌詞の「じいさん」(笑) の訳もアリだと思います! 要するに経験を積んだ賢者の事なのかな?この歌詞では単に Oh my god と同じ扱いでいいと思います。 「なんてこったい!」ね。)

この曲は別に戦争を扱ってるワケではないんですが、古の出来事にデジャヴを感じるって部分は、設定は違えど再.生.Ⅱにもちょっと通じる感性があるかもしれません。


そしてライヴから帰って来てまざまざと思い出したのが、ご近所のRock兄ちゃん達に連れて行って貰った大昔のRushのコンサート。 これ又日本のミュージシャンには圧倒的な人気を誇るけど、一般にはウケなかった為、世界的には超ビッグ・バンド、日本ではマニアックな人気のギャップからギャラの差問題で、最初で最後のコンサートとなった(東京は武道館1回でした) 有名なコンサートです。

チビだった私もあの日は正装して行くようにと言われ、ベルベットのワンピースを着て行ったのを覚えています(まるでピアノの発表会状態) 周りはかなりの大人ばかりで、しかも皆さんキチンとした身なりで来てみえたんで、強烈に印象に残っています。 今思うとそれ程彼らは来日を待ち、尊敬と敬愛の念をその服装に表していたんだと思います。 

後から調べた事なんですが、それは「Grace Under Pressure」と言うアルバムのワールド・ツアーの一環で(雄蝶さんが好きそうなタイトル/笑) そのアルバムの中からの一曲に涙していた人が沢山いました。
私も事前にどんな歌なのか説明を受けていたので、ジーっと聞き耳を立ててましたが、勿体無い事に、コンサート全体の事はシッカリ覚えてないんですよね。

アルバムは近未来設定の物語で 「Red Sector A」はホントにジ~ンとする曲なんですよ。 ヴォーカリストとしてよりもベーシストとして熱狂的ファンの多いゲディ・リーのvo.は機械的で、彼自身、声は楽器の一つだと考えているそうです。 その声が人間臭くない分余計に伝わるものがあります。(歌詞はこちら

Do I hope or do I fear?
For my father and my brother - it's too late
But I must help my mother
Stand up straight …

Are we the last ones left alive
Are we the only human beings
To survive ? …

この鮮烈さだけは覚えています。
チビちゃんは音を聴いてお兄ちゃん達からどんな歌なのか習い、興味を示し、涙して、和英辞典を買い、考える事を覚えます。 「どうして戦争ってあるんだろ?」 挙句の果てがこれだから(爆)お勧めは出来ませんが、親御さん次第ではきっと頼もしいお子様の出来上がりになるかもしれません??

ここのリンクに「ギターって歌うの」ってタイトルでペッタラしてる曲も又、こういった全ての人間の愚かさをギター一本で語る素晴らしい作品です。

今回の雄蝶さんのツアーは、ある意味このRushの伝説のライヴにも負けない要素があります。
今から行かれる皆さんも楽しみにしてメッセージをキャッチして来て下さい。
会場によっては酷い音響にガッカリさせられますが、新しいアート領域の発見が出来る一本に当るかもしれません。

そして、つくづく思うのは、どんなに力強いメッセージがあっても、名曲に乗せなければそれは伝わらないし後世にまで残らない。 
どんなに巨万の富を投じた演出を施しても、名曲が無ければ只の芝居小屋。
そのどちらを備えても、演奏と歌がダメだったら二流の娯楽。
この狭間をどう化け抜けるかで、彼の今後は決まると思いました。

あれだけの労力とパワーと熱意を「キャー!」だけで受け止めるのはハッキリ言って勿体無い。


       +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

米積みありがとうございます m(__)m  ちょっと夜なべ仕事の為おくれてゴメンネm(__)m

スポンサーサイト

22:57 |音のある生活 | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。