2009・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/02/15 (Sun) 「天.地.人」 第.7.回

演出がどーのとか役者がどーのとか言う笑える問題を超えてイライラして来ます。
ピンスポスタジオに手作り紅葉降らせて演歌の花道でも二人芝居でも何でもしてて下さい。
賽の河原ごっこでも、よもやの万華鏡謙.信に成敗されそうになる夢ネタでも何でもいいわ。

なんじゃこの脚本?! と今更思うだけの価値あるワケの解らなさ…。
今回のお習字の「いたちごっこ」 これが何の事か解らず終わった人って結構いらっしゃるんじゃないでしょうか??(そーでもないか?)

おそらく関東での北,条と上.杉の力関係の事だったんでしょうね? 地図で説明があったけど主人公ネタで全部飛んだわ。 ここを飛ばしてどーする?上.杉モノ!?
関東管領職を継いだ定めとでも言うのか? 関東と本拠地周辺の距離と気候に四苦八苦した上.杉.軍。 
それでも「義」の戦士は関東から助けてくれとお声がかかると「必.殺.助.け.人」となって出兵する上.杉.軍。  
ここを追求すれば、上.杉.家が何故最強と呼ばれたのに一気に全てを解決できなかったのか? がスッキリ描けるのに。

関東は置いといてこの機に七尾城を落とすべきだと主張する景.虎に対して、景.勝は関東管領職の責任を主張します。 もー忘れてしまいましたが、前にも武.田の動きを見て信.長と戦う決意をする場面がありましたよね?(忘れる位焦点が主人公のみ!) 
あの時も景.勝と景.虎それぞれの違った主張があり、謙.信の下した判断や心意気は今回とかなり矛盾するように思えたんですが…気のせいでしょうか?

そしてここで景.虎が北条の人質故関東出兵より七尾を選ぶのかも??という視聴者の考え方もその後に大きく関係するんですが、そこもとっととスルーされたし。

謙.信は言ってる事がいちいちその場では聞こえがいいけど、「信念」の二文字が全く見えません。 あの洞窟も見せかけのように 「毘沙門天への異常なまでの傾倒」も何の事やら?に見えてしまいます。
今回の謙.信は、誰にも好感を持たれるような事を言う余り矛盾に満ちていて重みがありません。 なんだか分らないけど圧倒的に魅力的で崇めてしまう!ってドリ~ムが無いのよね。 なんでこの人が伝説の人なの?って程一般的。

結局主人公の 「何故人を殺めることが出来るのか?それなら義のために戦うことは無理だ」 とゆー謙.信万華鏡夢ネタでの本音が、昔母に言われた言葉を想い出し、急に「紅葉のごとく生きるのが上.杉の侍の生きる道なのじゃー!」 に変るのが本編でしたね?
ついでにお決まりのお.船との先々に繋がるネタは満載でした。 もっとついでにお.船の婿が挨拶に来た時の景.勝の描写って何? と余りにどーでもいい目線での描き方にガッカリを突破!

ま、それはあの女史が好きなパターンて事として百万歩譲ったとしても、誰もに一つ疑問があったと思うんですよ。
「人を殺めるなど義の精神に反している」と思っていた戦国時代には珍しい主人公が、上.杉の家臣のあるべき姿を見つける事が今回の主旨だったら、

この際「必殺」から台詞借りて来て訊いてみましょう。
「あんたに殺れるのかい?」

その決意がどれ程のものかがハッキリしてないのよね、あの時代なのに。
どーも一般のお嬢さんや奥さん達はこーゆー在り得ないドリ~ムのが好きなのね。 

あっちもこっちもファン層が変って、しかもそれで数字を取るって怖い事だわ。 
制作者が「これで行こう!」と思っちゃうんだもん。 大河ドラマよ何処へ行く??

次はもードンと来い様の遺言だって。 あの空白?の何日かに起こった謙.信の身辺をどう描くつもりなのか? 斜めに楽しみにしておきましょう。

**********************************************


H~さん、そろそろ追い込みなんじゃないかな?
長い人生を1~2ケ月で決める必要は無いよ!(オバチャン実感!)
人間いつやり直さなきゃいけないか分ったもんじゃない世の中だもん。
転んでも只じゃ起きないDになっておきなせー!
(これは案外雄蝶が教えてくれる事じゃ/笑)
自分で自分が好きなH~さんになれる道を選びなせ~♪
(自分がそうじゃないもんだから余計そう思う)

長い目で見て幸あれ!!

スポンサーサイト

21:13 |天 地 人 | comment(13) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/15 (Sun) ツアー中で頭が暇なので

とっても久々に 「ネ.タ.バ.レの宝庫??」 て.ら.ち.んのブログを観て来ました。 やっぱり今年も行ってたんだね♪

苔むしたHRファンの方々にとっては超有名人ですが、そうでない方には 「誰これ?」 に近いものがあるかもしれません。 BL.IZ.A.R.D、S.L.Y、等の活動を経て今はR.I.D.ER C.HI.PSで活動中のbassistです。
でもこのお方ってばベテランの割に可愛いトコがあって正直な人だと思います。 ネエちゃんの友達ってそうゆう人が多いな。 こうゆータイプかTHE職人!ってタイプに分かれるのかな? 
雄蝶さんが若い(あくまで彼らより)からと言って軽く見ないで、むしろ次世代を背負って前へ行ってくれよ!と応援してくれる人たちが多い。 恵まれてます事! それが吉と出る時と凶と出る時があるんだけどね。

雄蝶さんのアルバムでは 「M.o.on」 「C.r.e.sc.en.t」 「M.e.ta.mo.rp.ho.ze」  に参加されてますが、何故か(単なるミスらしいけど) 「め.た.ぼ~」が収録されている「で.あ.ぼ.ろ」の初回版にはクレジットがありません。

て.ら.ち.んのbassって自己主張よりも先に、雄蝶さんの作るメロラインをとっても大切にした上でbassラインを作ってあるので個人的には貴重な人材だと思っています。 そうゆうお仕事が自分に回って来る有り難味をちゃんと知ってるベテランならではだなとも思います。

パチ曲になった「J.U.S.T.IF.IE.D」も彼が参加していますが、実は誰?と思ってました。 重々じゃないのは確かだったんだけど、特定出来ないでいたんですよね(なんせDVDBOX買ってないんで)ちょっと一味違う寺.沢.氏です。

でも「あの曲は「三日月」に入れてもいいし「であぼろ」に入れても良かったし」な予想はあながち外れてなかったワケです。 

歌を引き立てると言えば、杉.野氏のドラミングも自己主張し過ぎない歌メインにしてくれますよね? 個人的にスネアの音が嫌いなので(テンションが高いから)普段特に褒めたりしませんが、今回のツアーの様なとんでもドラマーを聴くと「助力!!」と叫んでしまいそうです。
あと一回本公演参加が残ってる身としては、誰でもいいから連れて来て!

17:01 |今現在某残念な人 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。