2009・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/02/07 (Sat) 「天.地.人」 第.5.回

とっとと書いておかないと、今夜又第6回じゃないのよ!
でもね、やっぱり心動かされるライヴに遭遇するとハッキリ言って大河なんてどーでもいい(爆)
そんなワタクシのいい加減な第5回の感想をざざっと(1個抜けると気持ち悪いから書く)


どっちが強い?そんな次元の話しなのか…と動画サイトで視聴開始。

船の上の主人公と初.音……スザマジイまでの棒演技だ!
ピンクの岐阜城内で南蛮ポルトガルからの珍しい品々に驚く主人公。 蹴鞠の達人なら見たいぞ!

今回の見所と突っ込みどころは2つだけ(後はどーでもよか)

「同じ匂いがするの」三.成にそう言う初.音の目を細めた顔に安.め.ぐみと同じ匂いを感じた。
この初音、原作本では美味しい存在だけど、イメージがもちょっと少年っぽい少女で清潔感も品もある! 
んが、長.澤.嬢だとみょ~な存在になるわ、やたら暗躍しまくるのに鈴つけてる手を焼く子猫ちゃんイメージ付けてるわ…男性視聴者を狙った上に話の辻褄を合わせる為になんでもかんでも彼女の仕業にしてしまえ!的な安直な存在と化しています。

真.田.幸.村の妹設定なのに、あの主人公と同い歳くらいのルックス。 当時の幸.村なんて未だお子様だろうに。 そんな事は重々承知の敢えての設定がやけに「ホントは単なる信.長の女」って感じがして世のお父さん達がわくわくしてるんだろか?? その上三.成にも妙な事を言ってた彼女。 
そのその上秀.吉にも一目置かれていると言うか只者ではないと思われてると来たもんだ!

今回の大河はこうゆう「承知の上の敢えての設定」が多過ぎて、しかもそれが効を奏していないのが難。

その安直なのにやたら目立ってる初.音と主人公に革命児信.長と日本一のNO.2秀.吉! なんでこの勢ぞろい場面でこのキャスト?? と又今更ながらあんぐり。

信.長と謙.信の言い分も何やらはぐらかされたような感じがしました。 文脈としての説得力より、何故か知らないけど「なる程! 流石偉人!」と思わせる重みが彼らには無いのです。

唯一納得出来たのは、口ベタな景.勝が毘.沙.門.堂で謙.信を父上と呼んだ上で、初めて自分の心根を述べるシーン。 セットは学芸会でも、あのエピソードが謙.信に対信.長への決心をさせ、後の御.館の.乱の結果をもたらし、武.田.家とは違い、景.勝らしく地味ながらも上.杉の名を守った遺業に繋がると思えました。

北.村.氏はプライドを重んじる余りに実を失う事のない存在であるという表現が今の時点でしっかり出来ていると思います。 その上で謙.信の思想をどう受け継いで来たかも分りやすく表現されていました。
対照的な景.虎もちゃんとコントラストは出せていますが、大事な台詞の背景設定が雑だったり、省略されていたりで今一つどんな人物なのかハッキリ描かれていないのが勿体無い。

初.音をあんなに謎に包まれ過ぎて何なのか分らない設定にするのに必死になるより、景.勝と景.虎をもっと魅力的に描く方に力を入れて頂きたし!

女性登場人物は今のところ仙.桃.院とお.船だけでいいから。
「おんな戦国○○」で無い限り、余計な人物の過剰表現は後から話の辻褄がもっと合わなくなる恐れあり。 「結局何だったのあの女??」って感じでよくある失敗のパターンです。

長.篠の.合戦.をあんなもので終わらせて信.長を描こうなど片腹痛いわ!とファンは思っていらっしゃるでしょう(実際信.長大好き人間から怒りのメルが来たし/笑)
あ、描こうとなんてしてないんですよきっと。

どっちが強い?なんて…そんなの最強なのは初.音に決まってるじゃないですか!
所詮そんな話だと思ってしまいました。

スポンサーサイト

23:29 |天 地 人 | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。