2009・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/02/06 (Fri) 似てるのかも?

今日は雄蝶さんの大切な軍.師を忍ぶ会があったようですね。 津.川さんのブログに興味深い事が沢山書いてあります。
これを読むと、案外彼らは似たもの同士だったのかも?と思えて来ます。 

そしてもうご存知でしょうが、横.様のブログにはライヴの事も書いてありました。 ネタバレが含まれるので、知りたくない方は飛ばないで下さいね。
内容の解釈に多少違いがありますが、私は横.様の解釈も正しいと思います。 「大切な人との幸せな過去」と言う意味では同じですから。 
戦争の悲惨さを訴える映画はアメリカでは主に戦場そのものを描き、ヨーロッパ映画では、戦争がもたらす一般の人達の悲劇を描いているものが多いと思います。 雄蝶さんの場合は後者独特の重さがあって私は好きです。 予習サイトで読む内容よりライヴで体感する世界の方が具体的でない分リアルで、想像よりずっとジーンとする内容でした。 最後の最後まで席を立ちたくない演出が施されています(注!本編限定)←いつもの事だけど。

雄蝶さんが横.様と仲良くしているのは、勿論最初から声が好きで人間性も好きなのでしょうが、なんとなく代わりは居ないのに代わりを探してしまっているように見えます。
ベッタリ寄りかかれる人の存在を知ってしまったのにもう居ない。 そのポッカリ空いた穴を埋めようとしているような気がします。 でもその人も違うよ。 津.川さんの様な親友を確認できればいいね(あ、幼馴染の事じゃないよ)  
イイライヴに行ったら優しいじゃないか!自分!(笑)

スポンサーサイト

23:14 |今現在某残念な人 | comment(11) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。