2009・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2009/02/26 (Thu) TVの前を通過したら

今TVの前を通過するところ、思わず足を止めて検索してしまいました。

この人スゴ~~!

ボイパとかは問題外ですな!
人材が足りていない方々は是非try…??

スポンサーサイト

22:24 |音のある生活 | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/25 (Wed) お友達の家に行くので

今週末は遠くのお友達の家へ遊びに行くので、その間お暇がある方はこんなんを聴いてみてください♪

知る人ぞ知る伝説のバンドUK。 
Rendez-Vous 6.02 は聴いているだけで映像が見えて来る曲です。
しかも映画の様に客観的に観えるのでは無く、まるで走る車の窓から外の景色を眺めているような、美しくも不思議な世界を体験出来ます。
これが音楽の力というものだと思います。 音と歌詞だけでロンドンの街を車で走れるんだから。

Nothing to Lose もファンの多い曲です。

フラ.ンク・ザ.ッパ、ロ.キ.シ.ー・ミュ.ージ.ックなどでもお馴染みのエ.ディ・ジ.ョブ.ソンのヴァイオリンは、Rockにこの楽器を取り入れる「必然性」を感じて好き♪
このソロはこの部分だけでも成立する出来!
ジョ.ン・ウ.ェッ.トンのヴォーカルも、ビジュ系の音楽だけ聴いてる人には耳障りが良くないと思われますが、非常にファンの多いヴォーカリスト(&ベーシスト)です。

何の装飾もなく、オジサン達が普通に演奏してても名曲は残ります。
プログレと言う特殊なジャンルでも一般的に非常に好まれるのは、この映像的な美しさだと思うんですね。


今は視覚重視の大規模なステージも満足は出来るし感動的でもあります。
でもこの先、我々雄蝶さんのファンの耳がもっと肥えてもっと欲深くなったらどうだろう?
と言うか私の昔からの夢とか理想はそんなものではないんです。

名曲を残して欲しい! 雄蝶さんが歌わないとダメな名曲。そうゆうのを残して欲しい。
「唯一無比」とはそうゆう事だと私は思っています。 Only One なんて流行のペライ音は要らない。
先々を考えるなら、楽曲自体の質と歌優先の曲作りをして欲しい!
そうゆう曲に付けられた歌詞は、必ず聴く者の脳裏で映像化するものです。

そんな事を野.村.氏の雑誌のインタを読んで思ったのでした。

■ 追記を「続き」に書きました ■

23:40 |音のある生活 | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/22 (Sun) 「天.地.人」 第.8.回

例によって枠だけ確保。
突っ込みどうぞ!♪

「人が人であることの美しさ、それこそが義である」
頭が悪いんで意味が分りませんでした。
他後回し。

あ!何方か一つ教えて下さいーー!
ドンと来い氏最後の琵琶演奏?? あのコード?って雅楽にありなんですか??
なんか違う気がしたんですが…。 雅楽が分りません!(エヘン!)

22:09 |天 地 人 | comment(9) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/22 (Sun) 又内職中

又入学祝いグッズ作ってる毎日です。
レスが遅れてて申し訳ありませんm(__)m

「止められたんですか?」 とお問い合わせを頂いている 「天.地.人 第.7.回」 を更新しました(ロクな事は書いてありません/苦笑)
ここって意外にも大河ファンの方が結構いらして下さってるんですね。 ビックリしました。
ド素人目って面白いのかしら?? と恐縮しております。 
ありがとうございますm(__)m

それより、他に書いてある事は暗号だろうなーと…。
あ!それから又意外にも先日の「名曲は語る」に沢山拍手ありがとうございましたm(__)mm(__)m
未だネタバレできないのでニュアンスだけなんですが、何かが伝わっていればありがたいです♪

01:11 |日常の雑記 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/18 (Wed) 名曲は語る

ちょっと頼まれ事があって 「大.河」 の感想を書いてる暇がありません(これを優先順位と呼ぶ/笑)
(○さんゴメンね! 未だ完全に捨ててはいないけど…面白いとは思いません/あれ?)

前回コメ欄でチラっと書いた、雄蝶さんのライヴで何故かしら思い出したある曲の歌詞の話題を、M山くんが例によって美味しく広げてくれたので、その関連をちょっと書いておきます。

なんとなく頭に浮かんだ歌詞なんだけど、確かにM山くんに言われてみればそんな気が…(コメ欄参照)
A.er.os.mi.thの曲では異色のドラマチックな曲なんですが、この「Ki.ng.s a.nd Qu.e.en.s」はとっても好きな曲の一つです。
(右上投稿者の名前の下(詳細)をクリックすると歌詞が表示されます)

Screams of no reply  
They died       (この後の裏拍子を拾ったギターがたまらん!)
Screams of no reply
And died
Lordy, Lordy, they died

この部分がライヴ中のある部分でポーン!と頭に浮かんだんですね。
(M山くんご指摘の Lordy はやっぱり Lord (神、主)から来てる単語だと思うんで、M山くんが覚えてる歌詞の「じいさん」(笑) の訳もアリだと思います! 要するに経験を積んだ賢者の事なのかな?この歌詞では単に Oh my god と同じ扱いでいいと思います。 「なんてこったい!」ね。)

この曲は別に戦争を扱ってるワケではないんですが、古の出来事にデジャヴを感じるって部分は、設定は違えど再.生.Ⅱにもちょっと通じる感性があるかもしれません。


そしてライヴから帰って来てまざまざと思い出したのが、ご近所のRock兄ちゃん達に連れて行って貰った大昔のRushのコンサート。 これ又日本のミュージシャンには圧倒的な人気を誇るけど、一般にはウケなかった為、世界的には超ビッグ・バンド、日本ではマニアックな人気のギャップからギャラの差問題で、最初で最後のコンサートとなった(東京は武道館1回でした) 有名なコンサートです。

チビだった私もあの日は正装して行くようにと言われ、ベルベットのワンピースを着て行ったのを覚えています(まるでピアノの発表会状態) 周りはかなりの大人ばかりで、しかも皆さんキチンとした身なりで来てみえたんで、強烈に印象に残っています。 今思うとそれ程彼らは来日を待ち、尊敬と敬愛の念をその服装に表していたんだと思います。 

後から調べた事なんですが、それは「Grace Under Pressure」と言うアルバムのワールド・ツアーの一環で(雄蝶さんが好きそうなタイトル/笑) そのアルバムの中からの一曲に涙していた人が沢山いました。
私も事前にどんな歌なのか説明を受けていたので、ジーっと聞き耳を立ててましたが、勿体無い事に、コンサート全体の事はシッカリ覚えてないんですよね。

アルバムは近未来設定の物語で 「Red Sector A」はホントにジ~ンとする曲なんですよ。 ヴォーカリストとしてよりもベーシストとして熱狂的ファンの多いゲディ・リーのvo.は機械的で、彼自身、声は楽器の一つだと考えているそうです。 その声が人間臭くない分余計に伝わるものがあります。(歌詞はこちら

Do I hope or do I fear?
For my father and my brother - it's too late
But I must help my mother
Stand up straight …

Are we the last ones left alive
Are we the only human beings
To survive ? …

この鮮烈さだけは覚えています。
チビちゃんは音を聴いてお兄ちゃん達からどんな歌なのか習い、興味を示し、涙して、和英辞典を買い、考える事を覚えます。 「どうして戦争ってあるんだろ?」 挙句の果てがこれだから(爆)お勧めは出来ませんが、親御さん次第ではきっと頼もしいお子様の出来上がりになるかもしれません??

ここのリンクに「ギターって歌うの」ってタイトルでペッタラしてる曲も又、こういった全ての人間の愚かさをギター一本で語る素晴らしい作品です。

今回の雄蝶さんのツアーは、ある意味このRushの伝説のライヴにも負けない要素があります。
今から行かれる皆さんも楽しみにしてメッセージをキャッチして来て下さい。
会場によっては酷い音響にガッカリさせられますが、新しいアート領域の発見が出来る一本に当るかもしれません。

そして、つくづく思うのは、どんなに力強いメッセージがあっても、名曲に乗せなければそれは伝わらないし後世にまで残らない。 
どんなに巨万の富を投じた演出を施しても、名曲が無ければ只の芝居小屋。
そのどちらを備えても、演奏と歌がダメだったら二流の娯楽。
この狭間をどう化け抜けるかで、彼の今後は決まると思いました。

あれだけの労力とパワーと熱意を「キャー!」だけで受け止めるのはハッキリ言って勿体無い。


       +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

米積みありがとうございます m(__)m  ちょっと夜なべ仕事の為おくれてゴメンネm(__)m

22:57 |音のある生活 | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/16 (Mon) 景気付け!

さー、今頃は我らがH-さんも試験が終わって、お食事も済んだ頃かな?

5時には試験終りのはずなんだよな…何処で受けたんだろ?? 
殆どの人には縁の無い難しい国試だから、今朝、何処でスケジュール探せばいいか分んなかったよ(トホホ)

ジタバタしても終わったものは終わったもの! 3月27日の発表まではゆっくりして下さい!
雄蝶さんも労いに行きますよ♪ (このタイミングってば何?) 
今まで一生懸命勉強して来てライヴも我慢してたH-さんに最高のライヴを!!

さて、今日は景気付けに笑えるモノを観ようと思ってこんなのをペッタラコしておきます。
面白いよ♪

 ■Kiss - Detroit Rock City(本物)
★ハッチポッチステーション KISS - Detroit Rock City (笑えるvr.)

KISSは大抵のミュージシャンが少なからず影響を受け、必ずと言っていい程コピーした事があるハズのポップでキャッチーなアメリカン・ロック・バンドの雄。
この曲は自動車工業都市として有名なミシガン州のデトロイト(その後不景気続きだけどね…)の名を一躍世界中に轟かせた名曲です。
これぞエンターテイメント!なんだけど名曲あってこそのエンターテイメントだね。

この位のネタはいいと思うのでチラっと。
やっぱり一応隠しておこっと(全然たいした事じゃないけど一応)

20:40 |音のある生活 | comment(32) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/16 (Mon) 今日は決戦最終日!

今日はH-さんの決戦の日! しかも最終日

みんなで  マークを心に応援してるぜー

あえてカテゴリーは「風.林.火.山」にしました。

いざ! 出陣じゃー! (はーさんは、クールにタクトを振るようにご出陣)

06:52 |風 林 火 山 | comment(1) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/15 (Sun) 「天.地.人」 第.7.回

演出がどーのとか役者がどーのとか言う笑える問題を超えてイライラして来ます。
ピンスポスタジオに手作り紅葉降らせて演歌の花道でも二人芝居でも何でもしてて下さい。
賽の河原ごっこでも、よもやの万華鏡謙.信に成敗されそうになる夢ネタでも何でもいいわ。

なんじゃこの脚本?! と今更思うだけの価値あるワケの解らなさ…。
今回のお習字の「いたちごっこ」 これが何の事か解らず終わった人って結構いらっしゃるんじゃないでしょうか??(そーでもないか?)

おそらく関東での北,条と上.杉の力関係の事だったんでしょうね? 地図で説明があったけど主人公ネタで全部飛んだわ。 ここを飛ばしてどーする?上.杉モノ!?
関東管領職を継いだ定めとでも言うのか? 関東と本拠地周辺の距離と気候に四苦八苦した上.杉.軍。 
それでも「義」の戦士は関東から助けてくれとお声がかかると「必.殺.助.け.人」となって出兵する上.杉.軍。  
ここを追求すれば、上.杉.家が何故最強と呼ばれたのに一気に全てを解決できなかったのか? がスッキリ描けるのに。

関東は置いといてこの機に七尾城を落とすべきだと主張する景.虎に対して、景.勝は関東管領職の責任を主張します。 もー忘れてしまいましたが、前にも武.田の動きを見て信.長と戦う決意をする場面がありましたよね?(忘れる位焦点が主人公のみ!) 
あの時も景.勝と景.虎それぞれの違った主張があり、謙.信の下した判断や心意気は今回とかなり矛盾するように思えたんですが…気のせいでしょうか?

そしてここで景.虎が北条の人質故関東出兵より七尾を選ぶのかも??という視聴者の考え方もその後に大きく関係するんですが、そこもとっととスルーされたし。

謙.信は言ってる事がいちいちその場では聞こえがいいけど、「信念」の二文字が全く見えません。 あの洞窟も見せかけのように 「毘沙門天への異常なまでの傾倒」も何の事やら?に見えてしまいます。
今回の謙.信は、誰にも好感を持たれるような事を言う余り矛盾に満ちていて重みがありません。 なんだか分らないけど圧倒的に魅力的で崇めてしまう!ってドリ~ムが無いのよね。 なんでこの人が伝説の人なの?って程一般的。

結局主人公の 「何故人を殺めることが出来るのか?それなら義のために戦うことは無理だ」 とゆー謙.信万華鏡夢ネタでの本音が、昔母に言われた言葉を想い出し、急に「紅葉のごとく生きるのが上.杉の侍の生きる道なのじゃー!」 に変るのが本編でしたね?
ついでにお決まりのお.船との先々に繋がるネタは満載でした。 もっとついでにお.船の婿が挨拶に来た時の景.勝の描写って何? と余りにどーでもいい目線での描き方にガッカリを突破!

ま、それはあの女史が好きなパターンて事として百万歩譲ったとしても、誰もに一つ疑問があったと思うんですよ。
「人を殺めるなど義の精神に反している」と思っていた戦国時代には珍しい主人公が、上.杉の家臣のあるべき姿を見つける事が今回の主旨だったら、

この際「必殺」から台詞借りて来て訊いてみましょう。
「あんたに殺れるのかい?」

その決意がどれ程のものかがハッキリしてないのよね、あの時代なのに。
どーも一般のお嬢さんや奥さん達はこーゆー在り得ないドリ~ムのが好きなのね。 

あっちもこっちもファン層が変って、しかもそれで数字を取るって怖い事だわ。 
制作者が「これで行こう!」と思っちゃうんだもん。 大河ドラマよ何処へ行く??

次はもードンと来い様の遺言だって。 あの空白?の何日かに起こった謙.信の身辺をどう描くつもりなのか? 斜めに楽しみにしておきましょう。

**********************************************


H~さん、そろそろ追い込みなんじゃないかな?
長い人生を1~2ケ月で決める必要は無いよ!(オバチャン実感!)
人間いつやり直さなきゃいけないか分ったもんじゃない世の中だもん。
転んでも只じゃ起きないDになっておきなせー!
(これは案外雄蝶が教えてくれる事じゃ/笑)
自分で自分が好きなH~さんになれる道を選びなせ~♪
(自分がそうじゃないもんだから余計そう思う)

長い目で見て幸あれ!!

21:13 |天 地 人 | comment(13) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/15 (Sun) ツアー中で頭が暇なので

とっても久々に 「ネ.タ.バ.レの宝庫??」 て.ら.ち.んのブログを観て来ました。 やっぱり今年も行ってたんだね♪

苔むしたHRファンの方々にとっては超有名人ですが、そうでない方には 「誰これ?」 に近いものがあるかもしれません。 BL.IZ.A.R.D、S.L.Y、等の活動を経て今はR.I.D.ER C.HI.PSで活動中のbassistです。
でもこのお方ってばベテランの割に可愛いトコがあって正直な人だと思います。 ネエちゃんの友達ってそうゆう人が多いな。 こうゆータイプかTHE職人!ってタイプに分かれるのかな? 
雄蝶さんが若い(あくまで彼らより)からと言って軽く見ないで、むしろ次世代を背負って前へ行ってくれよ!と応援してくれる人たちが多い。 恵まれてます事! それが吉と出る時と凶と出る時があるんだけどね。

雄蝶さんのアルバムでは 「M.o.on」 「C.r.e.sc.en.t」 「M.e.ta.mo.rp.ho.ze」  に参加されてますが、何故か(単なるミスらしいけど) 「め.た.ぼ~」が収録されている「で.あ.ぼ.ろ」の初回版にはクレジットがありません。

て.ら.ち.んのbassって自己主張よりも先に、雄蝶さんの作るメロラインをとっても大切にした上でbassラインを作ってあるので個人的には貴重な人材だと思っています。 そうゆうお仕事が自分に回って来る有り難味をちゃんと知ってるベテランならではだなとも思います。

パチ曲になった「J.U.S.T.IF.IE.D」も彼が参加していますが、実は誰?と思ってました。 重々じゃないのは確かだったんだけど、特定出来ないでいたんですよね(なんせDVDBOX買ってないんで)ちょっと一味違う寺.沢.氏です。

でも「あの曲は「三日月」に入れてもいいし「であぼろ」に入れても良かったし」な予想はあながち外れてなかったワケです。 

歌を引き立てると言えば、杉.野氏のドラミングも自己主張し過ぎない歌メインにしてくれますよね? 個人的にスネアの音が嫌いなので(テンションが高いから)普段特に褒めたりしませんが、今回のツアーの様なとんでもドラマーを聴くと「助力!!」と叫んでしまいそうです。
あと一回本公演参加が残ってる身としては、誰でもいいから連れて来て!

17:01 |今現在某残念な人 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/12 (Thu) 「天.地.人」 第6回

ご想像通りもー書きたくなくなって来ました(笑)

脚本、演出、役者、衣装、音楽…どこを取ってもマトモな要素が無い今回の大河。 
取上げた時代や視点が珍しい今回は楽しみだったんですが、やはりあのキャストと脚本家の発表の時点の嫌~な予感。 それと同時に諦めた皆様が正しかったわ! ここからどー挽回するかって…そりゃー至難の業ですよ!

今回新たにとんでも演出が出て来ましたね。 あの暗転スポット・ライト舞台劇テイスト演出です。
これはかなり良心的な表現だと思うんだけど…実際は(やっぱり途中で予算使うの止めたのね)と思ってしまいます。 じゃなきゃあんなオープニングは撮ってないでしょ?

戦国モノ=ロケを願っているのではなく(でもオジサマ達は願ってると思うよ) リアルに描かなくても何が言いたいのか自然に伝わって来る演出にして欲しいだけなんですね。 けどそれももーどこからどーして欲しいと言えばいいか分りません。

そもそもこのドラマ、「心優しい事は心が弱い事とは全く違う事である。むしろ優しくある為には強くないと無理だ」 って事を回りくどく表現し過ぎで、毎回主人公をヘタレキャラにしてやたらベソをかかせる事で訴えてもウザイだけで逆効果だと思います。

だから殿は「二度と謝るな!強くなるのだ!」と怒鳴ったんだろうけど、こうゆう回りくどいシーンが積み重なる事で後々の主人公の人物像が元から嘘臭くなると思うんですね。 
「篤.姫」の成功は、彼女がどうしてああゆう特殊な考え方を持てる女性になったか? を鹿児島時代でたっぷり伝えてあったから説得力があったんだと思います。 それを受けて、この主人公が何故兜にまで「愛」の一文字を掲げたか? の積み重ねの土台がダメダメじゃないですか。

武.田との繋がりを全く描かない事で、この主人公や景.勝サイドが裏でやって来た事をも消し去り、ひたすら清く正しくヘタレた景.勝の周囲になってしまってウンザリです。 これ武.田との裏取引や信長との関係も、もっとこ汚く描いた方が説得力あったのにな~。

今回一番ガッカリしたのは唯一イイ感じだった主人公の母までが、「人を殺めて得意がるような人間になってもらいたくない云々」言ってるし。 そんな戦国の母が居るか? 思わず「勘.助の爪の垢を持って来てくれ!」と思ってしまいました。 思っても言わないのが戦国の母じゃなかったっけ?

彼らの言っている事は単なる我儘で、お屋形様やお国の事など考えていないのに、さもそれが優しいかのように描かれている事が一番不愉快です。

未だ6話だから…と思っても、風鈴の第6話はあの!「仕.官への.道」でした。 既に勘.助の生い立ちから兄との悲惨な別れ、今から何を目指すのか明らかになっていた上に、脇役のハズの今.川トライアングルが完全に確立されてたじゃないですか! そして8話ではかなり評判の良かった「奇襲!海.ノ口」に繋がってたんですよね。 やっぱりあれは特別ダークで重いイイ大河だっただけなのかなぁ?と。
今後ああいった男臭い泥臭いでも美しい大河って中々やってくれないんだろうなー。

23:22 |天 地 人 | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/07 (Sat) 「天.地.人」 第.5.回

とっとと書いておかないと、今夜又第6回じゃないのよ!
でもね、やっぱり心動かされるライヴに遭遇するとハッキリ言って大河なんてどーでもいい(爆)
そんなワタクシのいい加減な第5回の感想をざざっと(1個抜けると気持ち悪いから書く)


どっちが強い?そんな次元の話しなのか…と動画サイトで視聴開始。

船の上の主人公と初.音……スザマジイまでの棒演技だ!
ピンクの岐阜城内で南蛮ポルトガルからの珍しい品々に驚く主人公。 蹴鞠の達人なら見たいぞ!

今回の見所と突っ込みどころは2つだけ(後はどーでもよか)

「同じ匂いがするの」三.成にそう言う初.音の目を細めた顔に安.め.ぐみと同じ匂いを感じた。
この初音、原作本では美味しい存在だけど、イメージがもちょっと少年っぽい少女で清潔感も品もある! 
んが、長.澤.嬢だとみょ~な存在になるわ、やたら暗躍しまくるのに鈴つけてる手を焼く子猫ちゃんイメージ付けてるわ…男性視聴者を狙った上に話の辻褄を合わせる為になんでもかんでも彼女の仕業にしてしまえ!的な安直な存在と化しています。

真.田.幸.村の妹設定なのに、あの主人公と同い歳くらいのルックス。 当時の幸.村なんて未だお子様だろうに。 そんな事は重々承知の敢えての設定がやけに「ホントは単なる信.長の女」って感じがして世のお父さん達がわくわくしてるんだろか?? その上三.成にも妙な事を言ってた彼女。 
そのその上秀.吉にも一目置かれていると言うか只者ではないと思われてると来たもんだ!

今回の大河はこうゆう「承知の上の敢えての設定」が多過ぎて、しかもそれが効を奏していないのが難。

その安直なのにやたら目立ってる初.音と主人公に革命児信.長と日本一のNO.2秀.吉! なんでこの勢ぞろい場面でこのキャスト?? と又今更ながらあんぐり。

信.長と謙.信の言い分も何やらはぐらかされたような感じがしました。 文脈としての説得力より、何故か知らないけど「なる程! 流石偉人!」と思わせる重みが彼らには無いのです。

唯一納得出来たのは、口ベタな景.勝が毘.沙.門.堂で謙.信を父上と呼んだ上で、初めて自分の心根を述べるシーン。 セットは学芸会でも、あのエピソードが謙.信に対信.長への決心をさせ、後の御.館の.乱の結果をもたらし、武.田.家とは違い、景.勝らしく地味ながらも上.杉の名を守った遺業に繋がると思えました。

北.村.氏はプライドを重んじる余りに実を失う事のない存在であるという表現が今の時点でしっかり出来ていると思います。 その上で謙.信の思想をどう受け継いで来たかも分りやすく表現されていました。
対照的な景.虎もちゃんとコントラストは出せていますが、大事な台詞の背景設定が雑だったり、省略されていたりで今一つどんな人物なのかハッキリ描かれていないのが勿体無い。

初.音をあんなに謎に包まれ過ぎて何なのか分らない設定にするのに必死になるより、景.勝と景.虎をもっと魅力的に描く方に力を入れて頂きたし!

女性登場人物は今のところ仙.桃.院とお.船だけでいいから。
「おんな戦国○○」で無い限り、余計な人物の過剰表現は後から話の辻褄がもっと合わなくなる恐れあり。 「結局何だったのあの女??」って感じでよくある失敗のパターンです。

長.篠の.合戦.をあんなもので終わらせて信.長を描こうなど片腹痛いわ!とファンは思っていらっしゃるでしょう(実際信.長大好き人間から怒りのメルが来たし/笑)
あ、描こうとなんてしてないんですよきっと。

どっちが強い?なんて…そんなの最強なのは初.音に決まってるじゃないですか!
所詮そんな話だと思ってしまいました。

23:29 |天 地 人 | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/06 (Fri) 似てるのかも?

今日は雄蝶さんの大切な軍.師を忍ぶ会があったようですね。 津.川さんのブログに興味深い事が沢山書いてあります。
これを読むと、案外彼らは似たもの同士だったのかも?と思えて来ます。 

そしてもうご存知でしょうが、横.様のブログにはライヴの事も書いてありました。 ネタバレが含まれるので、知りたくない方は飛ばないで下さいね。
内容の解釈に多少違いがありますが、私は横.様の解釈も正しいと思います。 「大切な人との幸せな過去」と言う意味では同じですから。 
戦争の悲惨さを訴える映画はアメリカでは主に戦場そのものを描き、ヨーロッパ映画では、戦争がもたらす一般の人達の悲劇を描いているものが多いと思います。 雄蝶さんの場合は後者独特の重さがあって私は好きです。 予習サイトで読む内容よりライヴで体感する世界の方が具体的でない分リアルで、想像よりずっとジーンとする内容でした。 最後の最後まで席を立ちたくない演出が施されています(注!本編限定)←いつもの事だけど。

雄蝶さんが横.様と仲良くしているのは、勿論最初から声が好きで人間性も好きなのでしょうが、なんとなく代わりは居ないのに代わりを探してしまっているように見えます。
ベッタリ寄りかかれる人の存在を知ってしまったのにもう居ない。 そのポッカリ空いた穴を埋めようとしているような気がします。 でもその人も違うよ。 津.川さんの様な親友を確認できればいいね(あ、幼馴染の事じゃないよ)  
イイライヴに行ったら優しいじゃないか!自分!(笑)

23:14 |今現在某残念な人 | comment(11) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/04 (Wed) 今後行かれる方へ

これネタバレにならないように書くと暗号みたいになるけど、ちょっと暗号書いてみますね。

今回演出が今までとは又一味違って期待してOKOKなんですが、その演出の見せ処の一つにある曲があります。

その曲のアレンジに 「ハッ!」 とした方も多いと思います。 ある懐かしい曲のフレーズが出て来るんですよ。 まんまじゃないんだけど、ほぼ同じフレーズが出て来るので思わずジーンとしてしまいます。

古参のファンの方で、今から行かれる方々、しみじみして来て下さい。
それでね、その曲の時の「ピー!」が「ピー」より「ピー!」の方が「ピー!」だから肝心な事を忘れてしまうかもしれない(笑)

こんなエントリーってば無しよね普通(笑) もう行かれて「あ!あれか!」って方は笑っておいて下さい。


あ!今気が付いた! 昨日の 「雲泥の差」 感想なんて3行程なのに拍手をいっぱい頂いてました♪
どうもありがとうございますm(__)m (てか申し訳ないです/汗)

23:19 |今現在某残念な人 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/03 (Tue) 雲泥の差

とはこの事! だから カ・イ・カ・ン♪ なんだけどね。

国フォ2days行ってまいりました!
憎悪さえ感じた1日目の山積み問題を2日目でクリアして来る彼らが好き!これがあるからここまで来た者としては気分壮快!

こんくらいしか書いちゃダメよね。
今移動中なので又後から来ます。

優しい同志達よありがとう♪ 貴女達には今日からこの文がハニちゃん声で聞こえて来るでしょ?(笑)


帰って来てから整体行って豆まきして…やっとゆっくりしたとこです。
今回はライヴ前後にお3人さんにお会い出来てとっても有意義に過ごせました♪ どうもありがとう★
普通、ネット上でしか知らない方とは会わないんですが、blogなんていつ止めるか分んないし、そうなるとドロリンパと消えたあの管理人は何なの? って事で、わざわざ貴重な時間を割いて米積んで下さる方々にご挨拶くらいしておくのが筋ってもんじゃーないかな? とまるで昔のヤ○キーの様な事を思いまして(笑) 

私、基本仮想空間より現実的な方が好きなのよね。 そりゃ勝手にイメージ作って貰った方が得!断然御得なんだけど…現実は厳しいのだよ(爆)

今回Hミン→Yぴょん→Mくんの順にお会い出来たんだけど、そりゃーよくこんだけバラバラの個性が集まったものだと、ある意味雄蝶さんを尊敬しました(笑) 
え?どんな人達か知りたいでしょー? それは秘密なのじゃ!(笑) でもイイ女が揃ってましてよ♪(ホホホ)

なんだか拍手コメとメルで「 「Rue」さんの席どこですか?」 みたいな内容を沢山頂いたんですが、それはもっと秘密です(笑) 取りあえず200円切手みたいな人だと思ってて下さいね(笑)

さて、関東ラストの出来が良かったので、今後地方で会場ごとのセッティングに慣れ、アリーナ・ツアーに繋がってくれればいいなと思います。
詳しくは書けませんが、雄蝶さんはギリギリの路線の新しいアートの域を作ってくれるかもしれませんよ♪?

12:17 |今現在某残念な人 | comment(10) | 【PAGE TOP】↑


2009/02/01 (Sun) 同類発見!

今日同じ目的でガラガラとカートを引っ張って歩くカップルに遭遇!
信号待ちしてたら会話の内容が!
結構イイお歳だけど、すっかり雄蝶さん風ファッションの男性とゴスなおネエさん。世間って案外狭いのね。

明日の相方は従兄弟と別件でメル中、「マジ!俺雄蝶好きなのに。誘えよ!」と返信が来た…世間が狭いのか?はたまた雄蝶さんが案外??人気者なのか??

03:50 |今現在某残念な人 | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。