2008・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/10/09 (Thu) 「風 の ガー デ ン」 幻聴が…

「北の~」シリーズがどーも好きではない非国民な私が、これ又ロマンのカケラも抱いていない富 良 野シ リ ー ズ 最 終 章を観ました。 静かにジーーーンとしましたわ。 倉 本 氏はこうゆう子供に頼らないドラマの方がいいなと思う次第です。

「雄蝶さんのファンは何を悲しんでるんだか? もし共演してなかったら興味もなかっただろう」 こんなような言葉を幾つかさっきネット上で見つけました。 個人的には 「必殺マニア」 なので、好きで当然なんですが、もちろん去年の機会が無かったら、一生知らないでいた方だってみえるかもしれません。そしてその 「もし○○だったら」 って偶然が 「ご縁」 ってものじゃないでしょうか? マニアだって最初は知らない人をあるきっかけで大好きになるんだから、きっかけなんてそれで充分だと思います。

さて、第一回目は予備知識が無いと主人公と家族との関係がいまいち分りません。 が、大体の想像が付く、そしてそのワケありの彼に決定的な最終通告が下されるところで終りました。
でもこれって大人、しかもかなり年齢のいった人の心に沁みるドラマになるんだろうなと予想されます。
緒 形 氏は先日NHKで放送された 「帽 子」 の時と良く似た感じ…と思いかけて、多分この人はもう誰を演じ分けるとかではなく、役を引き寄せることが自在に出来る役者さんになってみえるんだと思いなおしました。 

やっぱり宇 佐 美の謎も枯れた大人の言動として考えないと、分らないのかもしれません。 勘 助に向かって大声で怒鳴ったりしないんだな、もお。 正確には怒鳴れないのかも? 人間ってよく「あの人は歳を取って丸くなった」 と言われますよね? でも真実って違うんですよきっと、親戚の口煩い皮肉屋だったおじさんが、最近あー言っても、こー突っ込んで来なくなってしまいました。 お嫁さんの話では、一時期言いたい事がすぐに出て来ない事にイラついていたのが、今ではすっかり何も口にしなくなったとの事。 それを思うと、隠居間近の老軍師の声の出し方、話し方、戦の存在すらお 屋形 様 や勘 助とは違ったのかもしれません。 そんな細かな事もあのドラマでは演じられていたのかもしれません。 

さてさて、それは置いといて、幻聴?! あの孫の岳 くんを呼ぶ時の白鳥のおじいちゃん。 あれ 「岳くん」 って言ってみえるんでしょうが、どーも違う聞こえ方がするんですけど…。 多分そう思われた方多かったと思います(こんな事書くから又アホなファンが!とか言われるんだろうけど、我々耳はいいのよ耳は!ちょっと邪念が入るだけなのよ)←ヤケ! 来週はもっと必死で聴くわ!

エンディング・テーマの平 原 綾 香さんの、ショパンの「夜想曲」のアレンジ版がいいですね♪ きっと最終回近くなると泣きながら聴く事になるんでしょう。 まだなんとも言えない一回目ですが、美しい映像と物悲しい歌声とストーリーが泣きのツボに入りそうで嫌。

■追記■
あ!米いっぱい積んでくれてありがと! やっぱり聞こえるよねー?短縮系に聞こえて仕方がない。 て事でお返事明日になります。 ええええ、今度の内職は大規模な?出産セットざんす(涙)←目出度けど。

スポンサーサイト

23:55 |TVの時間 | trackback(0) | comment(15) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。