2008・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/09/30 (Tue) それでもやってる 「もしも」

某所に書いてある事に感覚的すれ違いがなかったら(いつもあるんだけどさ) そりゃー好きなタイプの曲が出来てるハズなんだけど…どーだろ??

まずはPVお待ちしてま~す!


なんだか最近拍手を沢山頂きます。 パチパチしてくださった方々どうもありがとうございますm(__)m
何がウケたんだろ?? と思って見てみたら、「ヒロイズム」 と 「滝登り」 と 「主役不在~」 の辺りなのね。 やっぱり昔が好きな方が多いのかな?

一番ウケたのが、検索で来て下さった方!お役に立てなくて申し訳ないんですが、「異/星/人  名/言」 で飛んでくださった方! いったい何処に引っかかったんだろ??? (又引っかからないよう検索避けしました)

なにはともあれありがとうございましたm(__)m 拍手コメのレスは書いてませんが、ちゃんと読んでますよ♪ どうもありがとうございます(感謝感謝!)

スポンサーサイト

23:20 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/28 (Sun) 想われ人

お隣さんの 「お巴里写真集」 に引き続き、今日は 「そーだ!もう出てたんだ!」 な 「月刊隣のカワイコちゃん」 を購入。 どーもお隣さんが根性入れたものには 「勿体無い」 って言葉が存在しないらしい。 だってシュミがピッタンコなんだも~ん。

予想通り、今月は重々のインタが掲載されました。 カワイコちゃんの性格上、一緒に回るメンバーには自分と同じ企画が回って来るハズなのね。 当然のようで、これって珍しいタイプだと思う。 スターにだけスポット当てた方が売れるに決まってるから。 

重々のこんな昔からの話を読んだのは初めてです。 なにやらと~ってもイイ感じでツアー続行中なようで何より! でも重々のこのバンドに参加出来る喜びや、カワイコちゃんと相方さんへの素直な想いが理想的過ぎてちょびっと羨ましかった。

そしてユ/ッ/キーって相変わらずお素敵だな~♪ バンドの陰の要であるドラマーってーのはやっぱ固定メンバーで、こううゆ人間じゃなきゃダメだなって思わされる位、ユ/ッ/キーお素敵v

今月は読みどころ見所満載ですが、先月のヤ/スの気持ちの悪い(呆れ果てて可愛いとも言う)インタと違って今月のK/y/oのインタには考えさせられます。 表に出ないミュージシャンのホンネだと思う。 リーダーは細かく見られてるんだね。 当然だけど、雑誌のインタにこうゆう風に何気なく本音がポロっと書かれると、(あーーそーれはそうに決まってるよねー)と。

それにしてもお隣から派生した気分屋の子猫ちゃん達はとんでもなくイロッペ~のです! 何をやっても何処を観ても、写真から発散される妖艶なビームは普通ではありません。 コロっと直撃ウケちゃいます♪ なんだかライヴがすんごくよさげだし…いいな~! と毎回言いながら、ここってチェックしに行くまでもないっての? なんでだろ? この前のお隣バンドの時は 「遠方のチケが余ったから誰か知り合い居る人居ない?」 のおふれに 「はーい!泊るトコある!」 の一声で行ったのよね。 でもそれが良かった行ってよかった! とどんなに思っても、じゃあ次も行きましょう!とかソロだったらもっと行きましょう! とか思わないのが不思議。 音源さえあれば、ツアーが楽しそうだって情報がこうやって入って来れば、生じゃなくても充分な気分。 敢えて避けてる感すらあるのよね。 多分それが15年以上(17年か?)の実績が成す信頼ってものなんだと思うの。

実際写真観ちゃうくらいミーハーなのよね。 でもそこで留めて置きたい何か大事な物もあるんだな。 今日月刊の重々のインタを読んで、 「あぁ、崖っぷちに来たら、この女神様が居るんだ。 いやどん底に落ちたら這い上がる先が決まってるって、そんな気楽な事はないのかも?」 と思ったりなんかして…。 是非女神様には永遠に遠くで光り輝いて居て欲しいものです。 私は雑踏の中で面倒くさい事考えてイライラしてる方が実は好きなのかもしれない。 変なのー! いやいやそこのアナタもその口よ!??

今月号は立ち読みでも何でも、チェックをお勧めします。

て事で、今日は 「ボキャ天」 をずっと観てた為、やる事が山積みです。 いつも米積ありがとう♪お返事は明日になります。(M山くん、お巴里買ったの? 私もあの写真好き☆ あの部屋に一生閉じ込めておきたいと一瞬思って、それはならぬと我に帰る写真だね♪)

23:55 |某理想的.虹.バンド | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/27 (Sat) 泣ける動画

昨日H~さんがペッタラコしてくれた 某動画サイトにある可愛い動画♪ 
これが何故か身に沁みるってか、思わず涙がチョチョ切れるのでリンクに追加しました(笑)

イラっと来た時? ムカっと来た時? に観て可愛がってあげましょう。
よもやまさかあのソフトで、よりにもよってかなり嫌いな歌に乗せて、
こ~んな名パロが出来るなんて…だから音楽は侮れん!
嫌いと最初から投げたのは、ちょっと経ってから又聴いてみましょう(自分に言ってる)

今日はお隣さんのお巴里写真集を堪能しまーす♪ アンニュイなのよぉ☆

22:58 |音のある生活 | trackback(0) | comment(3) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/25 (Thu) ど顰蹙その2

この間 「ポニョ」 を 「水害の話だった」 と言って一部で顰蹙を買った私ですが、ここに来て下さる方には普通? だったようで、気が大きくなったのか?? 
今日又映画の話になり、そこからサントラの話になり、どんどんズレて行き、「私この2曲大好き」 って言ったら、又「ポニョ系」の人達からド顰蹙を買いました。

ついでに映画の内容も好きだと言ったら黙られました。 いいじゃん! 一つは歪んだ美しさがあるし、一つは涙が出たよ。 誰だよ怖いって言ったの!

この曲は大好き Mike Oldfield の曲で、「Tubular Bells」 ってタイトルがあるんよ。 この映画はカラス神父と母親の関係に涙が出ました。 

これも好きな曲です。 注意! ホラーが全くダメな方は観ないで下さいね~!
イタリアのブログレバンド、Goblinの名曲です。 これが好きな時点でMMまっしぐら? 創り物度が高過ぎて怖い映画ではないんだけど、妙な美への拘りがあって、独特の世界感。 こじんまりした映画なんだけど、マニアが多く、特に音楽業界にはファンが多い事で有名です。

いいさ! 「ポニョ」が解らなくたって。 別にホラーが好きなワケじゃないのよ(むしろ好きではないの)でもこの2作のサントラはイイ感じで好き♪←♪マークが飛ぶ雰囲気じゃないけど。 
ちなみに着信音にしてると、誰かしらから睨まれます。 ご注意下さい!

22:53 |音のある生活 | trackback(0) | comment(32) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/23 (Tue) おフランスの音楽

最近滝登ってるせいか? 現実のモヤモヤが無くなり、妙に清々しいことを考えたりなんかしてます(単純!)
そーさねえ、歳取ったらこーゆうのも面白いかも? とか。
これ と これ なんて完成度こそ高くないけど、歳とってもずっと歌える貴重な路線だと思う。 勿論有名になったフレンチポップス傾向のある曲もだけど、加入時にすぐに取り掛かった曲にしては良く出来てると思うな。 最初の曲はサビメロから入る珍しい曲だけど(お隣さんはこれで成功したね) サビメロから入る曲って好き♪ 後の曲は雰囲気を作ってからヴォーカルが入って来る彼らが好きなパターン。 どちらにせよ、ヴォーカリストってのはこの歌メロに確実にクセが出るから大切大切♪ 歌メロを聴けばそのヴォーカリストが作曲、少なくとも歌メロに拘わってるか?すぐに解かるでしょ? クセが必ず出るから。


おフランスっぽいと言えば、日本で 「シャンソン」 って言うでしょ? おフランスの抒情歌?社会派的でもある、ハイソなオバサマ達が大好きな歌。 でもあれって本国には存在しないジャンルなんだって。 日本人が勝手に作った造語で、元々 「シャンソン」 は 「歌」 の意味で、イタリアで言う 「カンツォーネ」 と同じ。 日本って海外の音楽が民間に浸透するのが遅かったのか? カンツォーネもジャンルになってるね。

じゃあ、シャンソンって何? フレンチ・ポップスとどう違うの? と思うでしょ? 前に調べた事あるんだけど、昔はフランス産の歌は全部 「シャンソン」 と呼ばれたそうです。 ♪枯葉よ~♪ とか ♪ゆーきーが降るー♪ とか今でも有名な大昔の曲があるよね。 「シャンソンは主に戦前後以降の歌謡曲のようなものを指す」 そうで、実は 「フレンチ・ポップス」 も日本独自の造語。 シルヴィ・ヴァルタンや、ミッシェル・ポルナレフが出て来るもっと前から使い始めた言葉なんじゃないかな?
「シャンソン」 が伝統的なフランスの歌謡曲の事を言うのに対して、「ヴァリエテ・フランセーズ」は英米のロック・ポップスの影響が強いものを言うそうです。 日本で言うフレンチ・ポップスの事ね。

結局今おフランスで日本の一部の音楽を取上げて 「kawaii」文化にしてるのと同じかも? 他にどんな音楽があるかなんてーのはどうでもいいんでしょうね。 呼び方って何を指すのか解かれば、余程の拘りが無い限り、一般人はどうでもいいものだしね。 


そうそう、それで話は元に戻って、将来おフランスの影響が強い耳障りのいい曲もいいなーと思いながら、それに こーゆうのを混ぜたらどうなるだろ? とRock以外の自分の好きな曲傾向を混ぜてたら……あら滝登った先のまんまでした(笑)

チェンバロの音ってイイでしょ? 一日中聴いてられるよ☆ トーニ・エイモスもハープシコード弾くのね。 ちょっと一時期のケイト・ブッシュみたい。 ピアノより曲によっては説得力も雰囲気もあるから、将来使うにはいいかも? やたら他人の老後を考えるのも面白いよ?? 一人じゃなくって誰かと一緒に演ってたらいいな。

22:10 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(12) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/22 (Mon) 再び本格的な滝登り中

どんぶらこ~、どんぶらこ~。  シーーーン。 こんばんわ、何故か又滝昇ってしまっています。
今度はかなり本格的に上流を彷徨ってます。 感動に打ち震えるのとはちょっと違って、ムズ痒いウズウズ感です。 オマケにちょっとブルー入ります。 わーい!封印?状態のたまたま本棚にある本も読んじゃおっと♪

さて、上流を彷徨うと言えば、この間何故か 「ポニョ」 を観るハメになって、ま、付き合いだから仕方ないかと観てみました。 えっと… 「水害」 の話でした (ジ/ブリファンがあっけにとられてたけど) 元々宮崎氏を語れる人間ではないので、いい加減な話なんですが、今までのがどうかは知らないとして、色々モチーフにしたものがあり過ぎて、結局何がテーマだったのか?ぼやけてしまっているようでした。 あれって人魚姫モチーフの、子供のお約束のお話を描きたかったんじゃないのかな? 違うのかな? それが全然伝わらないのよね。 ま、ポニョだからいいや。 所さんの声も聴けたし♪
Hミンから聞いてた 「ミレーのオフィーリア」 題材の 「イカ泳ぎ観音」 も、なんだかバケモノチックでちょっとウケました。 世界の北野がベネチアで 「ポニョなんてのが出てきやがって!」 と冗談で(いやあれは本気だ/笑)ぼやいてたのがよーーく分ります。

しかしなんだわねー、日本の 「kawaii」 文化の最もメジャーな作品を観たワケだけど、 「ポニョ」 も 「ベ/ルサ/イユ」のお兄様方も、雄蝶さんも色々諸々一緒ってーのが凄いわ。 所詮一時の流行だから、そのつもりで自分のやりたい事やらなきゃね。 流行にくっ付いて行くのはみっともない! 信頼されればおのずと人が付いて来て、いつもシーンをリード出来るものよね? そうゆう人になって欲しい。 昔は普通に出来てた事だし(只今滝登り中の為気が大きくなっております/笑)

この間、着メロ着歌が何? って米積みして頂きましたが、面白いねああゆう傾向を探るのって! んじゃここそーね? 3年間(「人内悪魔」入れるって事で2006年以降) にリリースされた曲で一番自分的にヒットした曲って何ぃ? 一番再生率高かった曲って何ぃ? 新曲として発売された音源ね。 何聴いてたのかなあ?
あれ?私何聴いてたっけ? … 再生率の高さならダントツおハ/イ/ド様の 「FA/IT/H」だな。 「人内悪魔」より断然聴いたもん。 なんでアルバムの流れの中でこの曲聴くのこーんなに好きなのか謎なくらい好き♪ 多分空気の重さが丁度好みなんだと思う(滝登り中だからこそ思う事) 

 

23:18 |音のある生活 | trackback(0) | comment(7) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/17 (Wed) 主役不在の祭り

昨日H-さんが貼り付けてくれたコリアン・ヴィジュ・バンドの映像を観てあきれ返り、それに米積んでくれてたM山くんの米とか読んで、今やどれもこれも似たような格好だけして海外に出て行く別段どってことないバンド達を思うと…。

やっぱ書こう! 

アニメとゲームのヲタク文化が興味の対象となり、ヨーロッパ、北米と人気が出て来た 「kawaii」 って名の日本文化。 一時の祭りだとは言え、ここで 「さあ、世界の皆さん観て下さい! 聴いてごらんなさい! こんなもんお宅の国に在り得ないっしょ!」 と堂々と言えるのは、存在はしなくとも、やはりこの人達しか居ないと思うのです。

どうしてこのキャッチーな曲を選んだかって言うと、雰囲気のある壮大な曲より歌メロがハッキリしたポップな印象を受ける曲の方が、その有り難味が解かり易いから。
こんだけキャッチーで、この格好で、誰も楽器なんて弾いてないし、踊ってるし、普通なら眉間に皺も寄るってものだけど、このスタイリッシュな曲の出来、観てくれからは予想が付かない深いヴォーカルと無機質な楽器の音が創り上げる摩訶不思議な世界。 しかも完成度が高い! ハッキリ言ってかつて聴いた事がない!(これ大切!)

これを聴いてると、昨今ブチブチ書いてる、もっとギターをとか、サウンドをこーして欲しいとか、物語に踏み込み過ぎると何たらとか、そんな事どーでもいいんだって事に気が付きます。 人が求めるものは心地の良いものばかりじゃなく、いい意味でインパクトがあって、いい意味で歩み寄りにくく、妙に興味を引く…そうそう! まるで外人さんがフジヤマ、ゲイシャだけだと思ってた日本で、かつて見た事もないものを見つけたのに似てる。

ここまでやってくれたら、「ルックスには興味ないし」 とか言いません。 頭にお箸さしてる人も、鼻からピーナッツ吹いたら梅垣になっちゃう人も、どっかのアイドルが間違って着た様なテロンテロンの服着た人も、ツノ生えてるおじいちゃんみたいな人も、お下品な衣装の歌うたいの人も、みんなに興味がある! だってこんな曲後にも先にも聴いた事ないもん!

今、本当に海外の人達に知って欲しいJ-Rockって、コピーしたり再度作ったものじゃなくって、ミュージック・シーンにそっと大切に置いてある、主人の居ない名曲達なんじゃないのかな? 別にライヴ・ツアーに行かなくても、 音源 だけ教えてあげればいいのに。 ライヴに来て欲しいのに来ない。 日本のワビサビも教しえて差し上げようぞ! すぐに手に入るものなんぞ大した価値は無いのよ。 それはこの人達に限った事じゃないよ。

23:10 |音のある生活 | trackback(0) | comment(21) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/15 (Mon) イカ情報ありがとうございますm(__)m

イカの存在感が好きって書いたら、妙にウケて下さった方がちらほらいらして、色々情報ありがとうございますm(__)m 可愛い写真や笑える動画もゲット出来て嬉しいわ♪(マジ!)

さて、そのイカネタの一つを提供してくれたHミンのポニョの話に出て来た 「ミレーのオフェーリア」 からすぐに思い出したのが GE/RA/RD の 「虚/実の/城」 のジャケですね~。 これまんまそうでしたねー(昔の話だけど雄蝶ファンはかじっときましょ)

そこから夕べは 「そうだ!」 とつべに行ったんですが、そんなものあるハズもなく、こんなんがあったのでペッタラコしてみます。
ネエちゃまの Girl/ U/ Need 時代の未発表曲 ソロ・アルバムのボーナス・トラックとして収録されてます。

んでつくづく思ったんだけど、これ歌は年季が入ってるから、かなり好き嫌いがあるのは明らかなので置いといて (今の段階ではさして重要でもないと思うし)←あ!ファンの方悪い意味じゃないのよ!
流石アマチュア時代から 「京都のJeff Beck」 と言われ、大学卒業を待ってデビューした人だけあって、なんてーのかな? グローバルな域だと思うの、色々な意味で。 こうゆうブルースは雄蝶のところでは全く聴けないよね。 なんせmade in ドコドコは取り入れないそうだから。(じゃあルックスも永遠にお屋/形/様になんのか??)←怖すぎる!あ、冗談だから無視してね♪
 
凄く日本人的なんだけど、この人の場合多分性格なんだろな? 音楽ジャンルってのを無視した傾向があって、どれがいいとか、どれが好きとか拘ってそうで拘りが無い? ジャンルフリーなトコがある珍しいギタリストだと思います。 だから雄蝶さん宅に長居出来るんだろなー(おそらく多分)

でもね、こんだけのギタリストを擁して勿体無いと思うのね (これもシュミの問題なんだけど) 「月」以降の音作りって器用貧乏の集団が作ってるみたいに聴こえる時があるのです。 初期の作品聴いた後だと特に。 それで今日出かけてた時に、移動時間に色々聴いてたら、やっぱり違いはギターの使い方だと思うんです。 再生の魅力はあのギターを前面に出した攻撃的なサウンドに、敢えて攻撃して来ないとみせかけた低音のvo.が、精神的に派手な攻撃を仕掛けて来るところに魅力があるんじゃないのかなぁ? それだけだとは思わないけど、確実に大きな魅力の一つで、他のアルバムと違うのはそれもあるんじゃないかと、しみじみ思いながら聴いてました。 お陰でお買い物を一つ忘れて来ましたとさ(トホホ)

そして(又ギターサウンドバリバリのアルバムがいいな~)と希望を抱いて帰宅すると、こんなんが載ってました。 あのー、昔のローディーで、今DVDに出てもいい人って この人ですかぁ? 歌ってる人ね。 いや、でもお互い再現するとしたらノーメイクはマズイのよね? グラサンなんてシケたもの使わないで堂々とスッピンで出て下さい! (って違う人だったりして)←誰か出てたっけ? そして今や世界進出したのはこの人だもんなー…。 んてから花は咲き乱れません…。

と、どーでもいい事書いてたら! えー?!リーマン・ブラザーズ破綻?! メリル・リンチ身売り?! 昨日も何やらTVで言ってたけど、まさかー??! お金持ちじゃなくて良かった…(それが感想かい?) この影響どう出るのか怖いわ怖いわ! 何を信じたらいいか分らない世の中になったのね。 「確実なもの」なんて何処にもないのかも? そう思うと自分が信じる物や事や人って大事だなー(しみじみ)

22:14 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(9) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/14 (Sun) 朝廷の勅旨は

なんと! 栃尾城主の本庄の爺ちゃんでした! (今日の「篤/姫」の話) 細かく出てらっしゃいますね~♪
美留姫も資生堂のアイシャドーのCMが始まりました。 流石小山田さんが惚れただけのイイ女! 
真田様ははスペインへ旅してらしたようです。 こうやって未だにTVを全て風鈴に繋げて観るのも面白いものです。(暇人のやる事とも言う)

さて、その今日の 「篤/姫」 での教訓は勝/海/舟の一言! 「上等な人間というのは力で人を動かそうとはしない」 では何で? 瑛/太くんは未だ勉強中です。 「心で動かすのです」 パチパチパチ! ベタな台詞なんですが、今日は元円谷プロ毘沙門天に 「ありがてーお言葉だ!」 と思う心当たりがありました。

一つの時代に色々な立場の人間が居て、それぞれ違う考え方を持っているわけですが、それぞれ主張する権利もあり実行するかしないかもその人物の力量。 でも勝/海/舟が限定した 「上等な人間」 というのは確かに今で言う 「人としての品格」 の問題ですね。 このドラマの視聴率まだまだ上がるでしょう。 そうゆうタイムリーで分り安い要素が満載です。

22:05 |TVの時間 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/11 (Thu) 楽しみな事

最近あんまり楽しみな事って無いんだけど(残念過ぎる毎日)

そんな毎日でも、楽しみな事ってあるのよねー♪ 毎日会社で 「あれ楽しみだねー」 と語ってるのが

話題の 「25年後の磯野家」 ! 意外なタラちゃんの職業って何だろ? バブーなイクラちゃんは外車に乗って何者になったんだろ? 今から世のお父さん達は日曜の 「サザエさん」 でワカメちゃんを観る目が変わるに違いない! んでこれって誰の法事?? 

公式サイト はこちら。

ソルボンヌに留学経験のあるソフトバンクのお父さんも好きだけど、こっちも面白そー♪

21:06 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/09 (Tue) 火に油を注いでみよう?

「なんじゃこりゃ?」 ってここんとこ何回言ったかなー?

なんじゃこりゃ? これってある種のファンには怒髪モノでしょ? この傾向の曲って。

「徹底的に練り込まれたキャラクターと世界感。 舞台は中世ヨーロッパ」 そんなとこで 「世界感」なんか要らんわ。 スロットって結構好きだけど、正直これがずーっと流れてたらウザイと思う。

例の未発表曲ってのは、実はこの機種の為に書き下ろされたもので、型式申請をしたのがH18年9月7日だと言うから、そーんな前から作ってあったのね。 だから新曲じゃなくって未発表曲って表記だったんだろうね(これパチスロ専門分野から拾ったネタ)

案外その未発表曲とやらは、ここら辺から流出するかもよ?? スロットマニアのお兄ちゃん達からは評判の良い曲のようです。 そうなると、今度はその為に書き下ろした曲を高額CD特典にするってーのもどうかな? と思ってしまう。 スロット兄ちゃん達の為にあげるんならあげちゃえばいいのに。 いっそ気持ちがいいざんす! 

んてからPVまであんのね。 この際そうゆう路線で行ったらどーでしょ? 男性ファン獲得の為に(某首相のように丸投げしてみた)

19:48 |今現在某残念な人 | comment(21) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/08 (Mon) 結婚しない男

例によってM山くんがネタ提供してくれてるんだけど、コメ欄から見つけるのは大変なので(笑)  ここに転載しておきます (いつもありがとん♪)

ついに来年の大/河の要?? 阿/部ちゃんの登場です! き…巨大……。  画面だけ拡大するとインパクトあるよぉ。 流石デビューがあの映画だけある巨人だー。  んでこの衣装が史実に忠実な正統派パターンなのか? (去年オリジナリティ在り過ぎるの観すぎて感覚が麻痺。 こんな感じだったっけ?) でもずっと観てると、この晩年の何も考えてなさそーで、実は妙な能力がある?謙/信/像も楽しめるかも?! 今度は結婚しない男なのね。 ヌボーっとした役が続いたからどう変身してくれるんでしょ? ちょっとこの絵ズラにウケたので、皆様もジックリご覧下さい。 もぉこれじゃ 「天/地/人」 って言うより 「浦島太郎」 だろ? って感じ。 うっかり愛がふつふつと湧いて…来ない?? 

阿/部ちゃんインタの中に出て来る石井選手はこんな人だそうです  メダル獲ったからビッグ・マウスではないらしい。 来年からお祭りヨロシク! (そっちに回す手もあるよ上越市さん!) いったいこの世に謙/信/公の生まれ変わりは何人居るんだ??

よし!来年は無駄な期待はしないで、面白がって観る事にしよっと♪

21:01 |TVの時間 | trackback(0) | comment(12) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/06 (Sat) 踊れる名曲を聴いてみよう!

昨日からあんまり気分がよろしくないので、今日はダンサブルな名曲を聴こう! ちょっとエアロバイクでも漕ぎながら聴いてみよう!(ダンス・ミュージックって意味じゃないよ)

■これは1日中リピートしてても飽きない曲の一つです。 サビメロでの、この人の最大の魅力である低音とファルセットを思い切って被せて来る手法が大好き! これこそパクっていいパターンだと思うんだけど…。 マイナーコードのファンキーなリズムにコックニー訛りが乗るとなんとも言えない独自のリズム感、独自の深~いダンサブルな名曲が出来上がる♪ 

隠れた名曲、これ又踊れる(ファンでこの曲実は大好きって人多いね) ブライトな広がりのあるサウンド作りだけど、埋め尽くさないで抜け感を作ってあるからダンサブル♪ なのにミステリアス♪ このバランスは正にサウンド作りの妙! そこにこの声だも~ん♪

■そもそもヴィジュ・ロックってのは英国のグラム・ロックとアメリカのLAメタルの影響を混ぜたような音楽だから、最初から完全オリジナルなワケではないと思うのよね。 その元祖グラム・ロックの王者と言えば↑の方と共に有名なのがこのお方。 CMにも使われているこの曲が大昔に当たり前に流行してたなんて! 何が新しいのか解かったものじゃないって実感します。

ヲタその① これがビジュアーティスト達が多大な影響を受けている一度は耳にした事のあるだろう人たち。 デビューアルバムに収録されている隠れた名曲。 非常にクールでストイックながら幾多の音楽要素を含み、それを全て台無し?にもしかねない個性的なvo.。 テクは全く無いものの、そのセンスにおいて評判の高かった演奏陣の魅惑的なメロラインがお互いを引き立てる。元祖のヲタですね。

ヲタその②(元祖のヲタでもあり、ヲタその①のヲタでもある) こりゃ名曲だよぉ。日本人には中々作れないタイプだけど、日本人じゃなきゃ作れない曲でもある。 理想的ノリノリな名曲。 も一曲これもhard & heavy だけど踊れます。 これ又名曲♪映像は皮肉じゃないのよ(笑)

ヲタその②のヲタ(ここまで来ると進化ならぬ退化の過程) 今日の主旨を無視して最早歌謡曲の域。 でもその日本から世界に発信するとか言うヴィジュロックってこうゆうのが正統派な気がするけど。

00:12 |音のある生活 | trackback(0) | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


2008/09/04 (Thu) 久々の雑誌情報

今日は午後から代休を貰えたので、帰りに忘れていた 「月刊隣のカワイコちゃん②」 を購入。 ローソンで 「月刊ローソンチケットLIVE版」 を頂いて来ました。

カワイコちゃんのお宅のツアー情報には朗報が! ツアメンに決定している Ju/ke/n氏非常にイイ感じで回っていらっしゃるご様子。 セットリストの中には 「666」 「FAITH」 からの曲も多く、踊れる曲と、重厚な曲両方を弾いてから来て頂くのはありがたい! しかも今回かなりファンキーな演奏もしてらっしゃるようです。 (ドラムスは結局 特/撮のア/ーリ/ーさんでした) しかも Dollyでの重々のプレイがカッコイイとは最高じゃあありませんか!(私にとってだけど) 

月刊ローソンの方は、大々的に前回のツアーの写真が使ってあるので、イメージとしてあれでいいのかな? 第四でいいのかな? 文が広瀬氏だと期待しちゃうじゃない!(過剰な期待は封印) そして使ってあるロゴがいつもと違うんだけど…これが又○○○的…

サラっと読んでMailをチェックしたらいっぱいMailが! 何事だろ?? と思ったら、某であずの更新があったようです。 メル下さった皆さんありがとうございます m(__)m

メルして来て下さった皆様は、web 会報のインタを読むと、以前に書いた 納涼雄蝶祭り と この間の 「ヒロイズム」 で私が希望していた事が叶うんじゃないか? とのご意見が殆どでした。 早速いそいそと読んでみると…かなりその傾向はあるみたいですね。 少なくとも 「月サーガ」での過剰なサウンドプロデュースではないようです。 歌に関しても可能性があるような?? まあこれはクリアしないと次に行けない事だと思うので、曲自体の出来が一番肝心だと思います。 こればかりは想像が出来ないので楽しみに(怖いもの聴きたさ?)に待ってます。 メル観なかったら更新気が付かなかったと思います。 どうもありがとうございます♪ それから勝手に書き散らしてる事を細かく読んで下さっていて恐縮です!

さ、それは目出度いんですが、ちょっと気になる事が。 昨日いきなり思い出したんですが、 DPの頃のインタだと思います。 あの頃のインタで、雄蝶さんは確か Rock'n'roll も ブルースもジャズも全部メイド・イン・USA だから、日本独自の文化である ビジュアル・ロックで行くみたいな話をしてらっしゃいましたよね? あの後風鈴に入って何故かその文化に武士道がくっ付いてワケが分らなくなったまま今に至るんですが、あの日本独自の文化を世界に配信って考えは変わっていないと思われる(より強くなっている)ので、ブルージーな曲とか、ジャズっぽいテイストがある曲とか、スパニッシュなテイストとか音楽に幅が出る可能性はあまり無いように思います。 

その辺は余り期待しないで、■楽曲のクオリティー ■サウンド ■歌の位置付けとエモーション。 の三つに狙いを絞って……待つのみ! 
そしてその全てに水を差す 「で/あ/ずが変わる」 ってそうゆう事? どうせならチケ鳥だけって枠も作ってくださーい! 

20:00 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(35) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。