2008・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/06/30 (Mon) 無 敵 艦 隊 復活おめでと!

いやー面白かった! A様が悔しくも負けてしまった相手チームに 「おぉ!」 と感嘆の声をあげる部分があると、と~っても気になって何気に応援してたらめでたく44年振り?の優勝ですと。 スペ/イン代表おめでと! 夕べの試合はすんごく面白かったです。 だからドイ/ツ代表もありがと!

ドイ/ツ序盤の計算しつくした攻撃は美しかったですねー♪ サッ カーってば美しい♪ ドイ/ツもスペ/インもそれこそ私が大好きな 「建築物を思わせる程の構成の美」 があってカ・ン・ド・ウ さえしてしまいました。 あのままドイ/ツが計算通りに左に重心を置いて、スペ/インのそりゃー無敵な中盤のバランスを崩しまくっていれば結果も違ったんだろうけど、そうそう相手のタンツボにハマったままなスペ/インじゃなかったのが今回のスペ/イン代表の 「いつもと違う」 ところなんだろうと思いました。

元々頭脳的な組織プレイのドイ/ツが個人技で攻め、個人スキルの高いスペ/インがチーム力で動く姿勢を最後まで崩さなかったのが決定的なあの1点に繋がったんだと思います。 あれは凄い1点だったなぁ~。 解説者はトレ/スの速さを褒め称えてましたが、無論それは明白で、活躍すべき人物が活躍したチームが勝つのは当然なんだけど、その彼のプレイを可能にする為に、ずーっとスペ/インはあの瞬間を狙っていたように思います。 D Fラインと中盤の間に出来た隙間にさかんに突っ込もうとする姿勢が観られましたが、一瞬のそして絶好の隙を突いたシ/ャビ、そして彼に絶好のパスが出るんだわ! あれは執念ってーか自分達が信じるサッ カーの形をチーム全員が持ち続けた勝利だと確信する素晴らしいプレイだったと思います。

大舞台で仕事をしないでいたトレ/スがこれを機会に成長したら、2年後の彼らは益々怖い存在になるでしょう。 なんせあの潔い決断力がある監督だもんな。 敵の一つとして不満はないぞ!(ね!A様!)

そう言えば、セル/シオ・ラ/モスが着ていたプエ/ルタの写真がプリントされたTシャツにはスペ/インファンは号泣だったでしょうね。 これは彼の気持ちだったんでしょうが、これで又スペ/イン代表に欠けていたものが補われたように見えたのよね。 精神の和合は悲劇をも栄光に導くんだわ。 (2年後には4年に一回のサッ カー ファンになるので、も少しマシな事を観て取るべくお勉強を致しませう。 普段はスポーツ・ニュースしか観ない人)

もうすぐ7月4日ですね。 信じる者は救われるでしょうか? 自分達の信じるスタイルを貫き通す美しさと強さが夕べの一瞬のように開花するんでしょうか? (なんかどっかで 「え?」 って声が聞こえたような…) 妄想と期待だけはタダよ(ボソッ) 

スポンサーサイト

22:40 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。