2008・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/06/27 (Fri) オッサン達の漢気

なんだか世の中ウダウダと言うか? 面倒くさいことがゴチャゴチャあると、スッキリスッカーー!とする曲が聴きたくなります。 昨日本社から出張に来た期待のホープ君が 「「Rue」さんこれ聴きました?」 って Judas Priest の新譜を貸してくれました。 え?!未だ居たの?! え? 来日すんの? 彼らもう40年もやってんだってね(いったい幾つなんだろ??) あぁ…干からびた心が、昔のヘビメタ姉ちゃんの血が騒ぐ! て事で2枚組の初のコンセプト・アルバムをさっきポチっとして来ました。

彼らは 「メタル・ゴッド」 と呼ばれるそれもんの人達なんだけど、 「Beyond the Realms Of Death」 なんて曲はライヴでもとっても綺麗な照明を使って情緒たっぷりなパフォーマンスでした。 今回の 「Nostrradamus」 はタイトルからしてヘビメタ・バンドが選びそうなテーマだし、ゴリゴリのメタルかと思ったら、バンドの個性を敢えて極端に前へ出さないコンセプチャルな姿勢がここにも伺える名盤になると思います。 これ なんかは聴き易いかな?? 

大英帝国からしか出て来ない音は色褪せるどころか、より大人な完成度で、ちょびっつ感動してしまいました。 雄蝶ファンってこのジャンルから来てる人が少ないので、どーかと思うけど、基本クラシックの影響があって、様式美重視な音作りはそうそうかけ離れていないとは思います。 ヴォーカルだけ聴いてる人はダメだろなって感じだけど(笑) このアルバムに引っかかりを感じたのは、歳取って出したアルバムに全盛期より優れた要素が沢山ある事、そして地道に路線を変えず、自分達の好きな音楽を追求し続けて来た人だけに感じられる余裕、潔さ、漢気を感じるからです。 最後に残るのは音楽自体だって事をこのオッサン達が、今若い男の子達から絶大なる賛辞を浴びる事で証明しているのは実にカッコイイ! (ちなみに彼らは米国もとうの昔に制覇しています)


■ お願い ■
なんだか某掲示板で話題になっている事に関しての質問のメルを頂くのですが、メル自体には感謝いたしますm(__)m が、真実を知る人が居ない事に私ごときがお答え出来るワケが無いので、そっけないお返事でごめんなさいね。 その辺りはそれぞれの言い分や、人それぞれの考え方や自分の経験とシンクロした世界ですので、感情的な部分もあると思います。 自分には分らないと思われる方は、ご自分には関係のない事だと考えられた方がいいと思います。 結局公に、世間に、そしてファンに対しての判断材料とされる事は作品しかないと思っていますので。
大変勝手で申し訳ありませんが、今後この件に関するお返事は致しませんので、宜しくお願いします。 決して悪意はありませんので。

さて、今日はEURO2008準決勝録画しよっと。 こんにゃろー!な感情があるチームでも、褒められる部分があるものは切らない主義なので。 大嫌い→大好きになったケースは音楽の世界で過去いくつかあります。 大嫌いな思いが心を占める事実は、裏を返せばそれだけ気になってるんですよね。 人間本当に自分に合わないものは無視するだけになると思います。 嫌いな内は何か気になっているんだと判断して 「いいアルバム持って来てよ!」 って思ってましょうよ♪ 

スポンサーサイト

00:11 |音のある生活 | trackback(0) | comment(14) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。