2008・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/06/30 (Mon) 無 敵 艦 隊 復活おめでと!

いやー面白かった! A様が悔しくも負けてしまった相手チームに 「おぉ!」 と感嘆の声をあげる部分があると、と~っても気になって何気に応援してたらめでたく44年振り?の優勝ですと。 スペ/イン代表おめでと! 夕べの試合はすんごく面白かったです。 だからドイ/ツ代表もありがと!

ドイ/ツ序盤の計算しつくした攻撃は美しかったですねー♪ サッ カーってば美しい♪ ドイ/ツもスペ/インもそれこそ私が大好きな 「建築物を思わせる程の構成の美」 があってカ・ン・ド・ウ さえしてしまいました。 あのままドイ/ツが計算通りに左に重心を置いて、スペ/インのそりゃー無敵な中盤のバランスを崩しまくっていれば結果も違ったんだろうけど、そうそう相手のタンツボにハマったままなスペ/インじゃなかったのが今回のスペ/イン代表の 「いつもと違う」 ところなんだろうと思いました。

元々頭脳的な組織プレイのドイ/ツが個人技で攻め、個人スキルの高いスペ/インがチーム力で動く姿勢を最後まで崩さなかったのが決定的なあの1点に繋がったんだと思います。 あれは凄い1点だったなぁ~。 解説者はトレ/スの速さを褒め称えてましたが、無論それは明白で、活躍すべき人物が活躍したチームが勝つのは当然なんだけど、その彼のプレイを可能にする為に、ずーっとスペ/インはあの瞬間を狙っていたように思います。 D Fラインと中盤の間に出来た隙間にさかんに突っ込もうとする姿勢が観られましたが、一瞬のそして絶好の隙を突いたシ/ャビ、そして彼に絶好のパスが出るんだわ! あれは執念ってーか自分達が信じるサッ カーの形をチーム全員が持ち続けた勝利だと確信する素晴らしいプレイだったと思います。

大舞台で仕事をしないでいたトレ/スがこれを機会に成長したら、2年後の彼らは益々怖い存在になるでしょう。 なんせあの潔い決断力がある監督だもんな。 敵の一つとして不満はないぞ!(ね!A様!)

そう言えば、セル/シオ・ラ/モスが着ていたプエ/ルタの写真がプリントされたTシャツにはスペ/インファンは号泣だったでしょうね。 これは彼の気持ちだったんでしょうが、これで又スペ/イン代表に欠けていたものが補われたように見えたのよね。 精神の和合は悲劇をも栄光に導くんだわ。 (2年後には4年に一回のサッ カー ファンになるので、も少しマシな事を観て取るべくお勉強を致しませう。 普段はスポーツ・ニュースしか観ない人)

もうすぐ7月4日ですね。 信じる者は救われるでしょうか? 自分達の信じるスタイルを貫き通す美しさと強さが夕べの一瞬のように開花するんでしょうか? (なんかどっかで 「え?」 って声が聞こえたような…) 妄想と期待だけはタダよ(ボソッ) 

スポンサーサイト

22:40 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/29 (Sun) 小悪魔ちゃん写真集到着

あんら~忘れた頃に代引きでおハ/イ/ド様の(ソロワークのね)写真集が届きました♪
イラストの参考用に買ったんだけど、初めて観るひっ常~に好みな写真が2枚あって、ウットリしております。 
いつも思うんだけど、この人ってセンスがいいな~。 オサレだな~。 送付用のダンボール箱までデザインものなんだよ! この際受け取る時恥ずかしくなかったわ。 タイトルが 「H/YD/E IS DE/AD 2002-2008」 でね、Va/m/ps として活動するに当っての過去との決別的なものなんだろね。 て事はですよ! そのツアメンって重要よね?(未だ言ってる) 基本キャ/~ズとのユニットの本腰入れた活動って意味なんだろうけど。 レコーディング・メンバーって誰なのかな? 早くアルバム出ないかな?(こっちのが早かったりして…)

そうそう、この表紙のおハ/イ/ド様の写真の大きいのが中にあるんだけど、も~~最高に出来のいい写真ですの! 中にいっぱいある目の周り縁取りメイクおハ/イ/ド様は、「デスノ」 の 「L」 をやらせたいくらいです。 いいだろな~v こんなデスノ…その場合光は誰がいいんだろ?? とお値段分楽しませていただいてます♪ 「龍/の~」 みたく気恥ずかしくないのがいいさね、この人の場合。  

あ!そう言えば、全く雄蝶さん等目に入っていない友から久々に℡が来て、来年の大河の話をしてたら、「私雄蝶の写真集買っちゃった!何度観ても飽きない景/虎さま♪」 とルンルンだったのでちょっとビツクリしました。 そーか売れたハズだ。 こんな関係ない人すら買ってるんだもん。 「今何してんの?」 と訊かれたので、恥を忍んで本当の事を言ったら 「 あの人って美意識高そうにみえるけど引き際の美学は欠落してるんだね。」 って言われましたとさ。 昔から頭が良くて切れ味鋭い事言う人なのよね…ご助言ありがとう…。

23:45 |某理想的.虹.バンド | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/27 (Fri) オッサン達の漢気

なんだか世の中ウダウダと言うか? 面倒くさいことがゴチャゴチャあると、スッキリスッカーー!とする曲が聴きたくなります。 昨日本社から出張に来た期待のホープ君が 「「Rue」さんこれ聴きました?」 って Judas Priest の新譜を貸してくれました。 え?!未だ居たの?! え? 来日すんの? 彼らもう40年もやってんだってね(いったい幾つなんだろ??) あぁ…干からびた心が、昔のヘビメタ姉ちゃんの血が騒ぐ! て事で2枚組の初のコンセプト・アルバムをさっきポチっとして来ました。

彼らは 「メタル・ゴッド」 と呼ばれるそれもんの人達なんだけど、 「Beyond the Realms Of Death」 なんて曲はライヴでもとっても綺麗な照明を使って情緒たっぷりなパフォーマンスでした。 今回の 「Nostrradamus」 はタイトルからしてヘビメタ・バンドが選びそうなテーマだし、ゴリゴリのメタルかと思ったら、バンドの個性を敢えて極端に前へ出さないコンセプチャルな姿勢がここにも伺える名盤になると思います。 これ なんかは聴き易いかな?? 

大英帝国からしか出て来ない音は色褪せるどころか、より大人な完成度で、ちょびっつ感動してしまいました。 雄蝶ファンってこのジャンルから来てる人が少ないので、どーかと思うけど、基本クラシックの影響があって、様式美重視な音作りはそうそうかけ離れていないとは思います。 ヴォーカルだけ聴いてる人はダメだろなって感じだけど(笑) このアルバムに引っかかりを感じたのは、歳取って出したアルバムに全盛期より優れた要素が沢山ある事、そして地道に路線を変えず、自分達の好きな音楽を追求し続けて来た人だけに感じられる余裕、潔さ、漢気を感じるからです。 最後に残るのは音楽自体だって事をこのオッサン達が、今若い男の子達から絶大なる賛辞を浴びる事で証明しているのは実にカッコイイ! (ちなみに彼らは米国もとうの昔に制覇しています)


■ お願い ■
なんだか某掲示板で話題になっている事に関しての質問のメルを頂くのですが、メル自体には感謝いたしますm(__)m が、真実を知る人が居ない事に私ごときがお答え出来るワケが無いので、そっけないお返事でごめんなさいね。 その辺りはそれぞれの言い分や、人それぞれの考え方や自分の経験とシンクロした世界ですので、感情的な部分もあると思います。 自分には分らないと思われる方は、ご自分には関係のない事だと考えられた方がいいと思います。 結局公に、世間に、そしてファンに対しての判断材料とされる事は作品しかないと思っていますので。
大変勝手で申し訳ありませんが、今後この件に関するお返事は致しませんので、宜しくお願いします。 決して悪意はありませんので。

さて、今日はEURO2008準決勝録画しよっと。 こんにゃろー!な感情があるチームでも、褒められる部分があるものは切らない主義なので。 大嫌い→大好きになったケースは音楽の世界で過去いくつかあります。 大嫌いな思いが心を占める事実は、裏を返せばそれだけ気になってるんですよね。 人間本当に自分に合わないものは無視するだけになると思います。 嫌いな内は何か気になっているんだと判断して 「いいアルバム持って来てよ!」 って思ってましょうよ♪ 

00:11 |音のある生活 | trackback(0) | comment(14) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/22 (Sun) 昼ドラも結構おもしろい♪

朝ドラから昼メロまで網羅した 「篤/姫」。 同じ蝋燭が「ボッ」と燃える効果音が使われても、去年とは全く違って 「何の意味がある??」 なお話。 でもこうゆう話だと開き直って観ると面白い♪ 将軍さまがお気に入りなワタクシはここのところ結構楽しみにして観てます。 大奥の方々の演技に関しては高/畑さん、いくら個性だからと言って…ちょっと…な場面が多いんですが、それよりその脇に控えている岩井/友見 さんは存在するだけで浮くんですが…これは大衆時代劇の観すぎでしょうか?

今日は江戸城内部と共に薩摩藩士の動きも入ってましたが、泰/造@大久/保くんのシーンで、やっと今後の幕末の若人達のBGMと思われる曲が使われました。(多分今回が初めてじゃないのかな? 違うかな?) 幕末の若人の中でも多分世間様が注目していらっしゃると思われる 坂本○馬役のドーナッツくんが公式にアップされていました  これ  こんなに貧相な○馬ってアリかぁ?? M山くんが前に書いてくれてた、再来年の大河の○馬は、キンチョールの人がいいんじゃないか説が納得出来たわ。

そうそう再来年の大河と言えば、来年の謙/信/公は、世界のケンはダメだろから、この人でも?? と思ってた俳優さんが、夕べ「オー○の泉」のゲストだったので、観てみました。 いいかもー?!本決まりのあの大きい人よりいいかもー?! んでもって又美○さんがズキンとする事を言われてましたねえ。 日本で確固たる地位を固めた人じゃないと海外になんて行っちゃってもダメだってさ。 そんな事解ってますわ~! でも言われるとねぇ、滲みたわ。

23:27 |TVの時間 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/22 (Sun) ■決勝リーグ イタリア様 専用■

民放よありがとう! 決勝リーグは観れるのね♪ でも知ってる選手の少なくなった事! 4年に一回盛り上がるだけの人は付いて行けません。 が、誰が誰か分からない人が観てもサッカーは面白い! Rockが好き、大河が好きとか所謂 「様式美とオリジナリティーが混在するもの」 が好きな人は他のスポーツより観てて面白いと思うのです。 カッコイイものが好きな人にはたまらないスポーツです。

かなり前からなんとな~く惹かれるおフランス代表の近年なんても~昔の植民地だった国の出身の方々ばかり。 ルックスがどー崩壊しても(イタリアもしかり)、選手自身に思い入れがなくとも、戦術がそれぞれの国の個性になっているので、応援する国とか興味のある国への興味の対象とかも、何時観てもあんまり変わらないのもこのスポーツの面白いところだと思うの。 私みたくスカパーも入れていない人は普段はスポーツ・ニュースしか観ないんで、マニアな方々の観方とは全く違うんだけど、芸術的なプレイは素人目にもギターもサッカーも同じで、何処の何方か知らなくても 「神だわっ!」 なドキドキ感は似たものがあります。

雄蝶ファン&大河ファンの皆様! 今日からでも遅くはありません! 録画して観てみませう! 始めの一歩に相応しいのが今夜の 「スペイン対イタリア」戦! (色々な意味で)


大抵予選リーグと決勝リーグではチームが変わったかのように、展開が変わるワケだけど、今大会も早くもあのオランダとクロアチアが姿を消しました。 結局当初予想(希望)と違ったのは、オランダと当らずロシアに勝って、決勝は対ドイツになったら予定(希望)通りになるからいいや♪(楽観的希望)

昨日のオランダVSロシア戦、今までチラ観した中でオランダの得点はカウンターからの得点で、イタリア戦でも観られたように、スピードにしてやられていただけで、相手のDFをぬって崩して得点したものではなかった事がロシア戦で露呈したんだと思います。 ロシアは次に戦う事になるので、要チェック(もう勝ってるし) このチーム結構人数を使っての攻撃をするのでカウンターに弱そうに見えるけど、DFの形成が早いのでオランダのカウンターが計算通りに決まるパスを出せず終いになったと思います。 オランダにスピード負けしたイタリアとしては不安材料になります。 んが、予選リーグで派手に勝って来たチームが決勝リーグでは 「誰?」 に成り果て、ダレダレしてたチームが変身する可能性を信じる事にします。 なんせクロアチアが自滅するのが決勝リーグ。

今夜の相手、スペインは予選リーグ最後のギリシャ戦を控えの選手で戦い、主力選手を決勝リーグ用に温存しています。 控えの選手のモチベーションも上げて、只でさえポジション・チェンジが出来る中盤の強さにプラスして、状況に応じてメンバー・チェンジがし易くなったのか? 死のグループCをギリギリで勝ち上がったイタリアと違って、余力を残して出て来たスペインには隙があるのか? この違いも面白い一戦だと思います。 

イタリアは間違ってもフェル/ナンド・ト/レスの好きなようにさせてはなりませぬ!(髪が長い時はちょっと可愛いけど)彼を封じるのは当たり前だけど、2トップで来た場合も、それこそ本来の国の持ち味を生かして予選とは全く違う流れにしておくれ! 細かい事は詳しいおネエ様方に教えて頂きましょう♪

とりあえずは必勝! と思ってたら、うちの母親がいつもの 「覚え書きノート」 に書いておりました。 ええ、以前なにげに 「デ/ルピ/エロ、イ/ンザ/ーギ」 と書いてあったあのノートに 「フェル/ナンド トー/レス」 と書いてあります。 うふっ!このノートに名前を書かれた人って活躍出来ないのよね(デス・ノートならぬ不調ノート) 例外ではありませんように!

 

22:19 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(5) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/19 (Thu) 正式決定 浮気な猫ちゃん宅

重々の公式サイトのスケジュールにてVa/m/psのツアー参加が追加されてますね。
10月いっぱいはそちらで。 やっぱそーだったよ。 Hタンツアメンに使うつもりのない人間PVに出したりしないもんね。 (いいメンバーだな~v)

今やM山くんが貼ってくれてたHタン崇拝者として有名なya/su動画にHミンが大ウケするってー珍事? いや当然なキューティーなんじゃらおハ/イド様♪ ここで 「スグカエレ フロム ハイ/ド」 とメルして 「仕事放って帰って来ないじゃん!」 とののしって頂戴! (何の意味があるのか自分でも不明)

この際とっても幸せそうなya/suが羨ましいよ! おハ/イド様の周りってのは何故かとっても幸せそうだな。 ヲタさんを自称する方々はもー嫁さんまで好きだし(笑) 現実はどうあれ、素人の目に届くのほほ~んとしたあの雰囲気は貴重だぁね。 
重々!カッケー重々をおハ/イド様ファンにも魅せ付けてあげて頂戴! あ~ツアーよさげだなー(でも音悪そうだなー/笑) そしてそれでもチケ取る為にFCなんぞに入ろうとしない自分が居るのよね。 おハ/イド様ってば聖域なんかしらん??

23:27 |音のある生活 | trackback(0) | comment(12) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/18 (Wed) ■ Group C 専用 ■

米積んで貰ってるのに今日はカラオケ帰りです。 あーネムネム(どんだけ飲んだんだ?)←ちょっと。 お返事は明日しますね。
 
ネムネムしている間に運命のキックオフが! て事でここは何か叫びたい約2名様用の(笑…いごとではないのよね、もぉ) 掲示板?チャット?代わりに使って下さいませ。 不要な時は後日談でも。 (朝のダイジェストや動画で観れるハイライト以外の事が知りたいからよ! なんで一番好きな対戦が崖っぷちの戦いなのー?!) 「明日の朝はフランスは霧ん中、ルーマニアもな」 by おふく。

ところで、今日黒ヤギさんからお手紙が来ました。 CDジャケや本の装丁、手にとって眺め読む文化を消し去ろうとしてるのがそーゆー事なのよ! と言うのは出来てからにしよう。
もう一つ色々な方面から一つの事でメルが来ました。 そんな事ばっかりに根性入れてるとこーなるんじゃないんでしょか? 日本の雑誌の紙は上質!資源は大切に使いましょう。 大切に読んで眺めて保存しておきたいものを印刷して装丁しましょう! この2つのどーでもいいネタは文化と資源繋がりでした。 そんだけ。

00:07 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(10) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/16 (Mon) 物騒な世には安息を求めて

物騒な事件の後は悲惨な天災。 人殺しを楽しく描くドラマがあれば、夜中には3流サスペンス・ホラーに結構有名どころの俳優陣が出てるし…こう感情が一定の場所にある為の音楽は無いものか? そうそう感動もしないけど、なんとなーく心地よい、ちょっとだけ盛り上がってちょっとだけ淡々としてる安息の地は無いものか? と考えてたら、そうだ!前々から気になってて、未だ聴いた事が無いバンドがあったわ! 

そこで動画サイトに行って聴いてみました。 想像通りの音でニンマリ♪
なんでこの人に興味があるかと言うと、いつもなにげに回りを翻弄させる小悪魔ちゃんなおハ/イド様を、微笑むだけで完全にコントロールする男! しかもモロッコ人とのハーフで5ケ国語だっけか?が話せて、長身でモデルもやってたのに、女装してアントワネット状態になる遊び心があったり…なのにその日本人さえ超えた懐かしいさを覚える不思議なルックスは何?? 怖過ぎて今まで安易に聴けなかったんだけど、思い切ってどのアルバクを買えばいいのか? いや、買う必要はあるのか? チェックしてみました。

なんかいいな~♪ 今別の意味で「青い」は神経質になる単語?(笑)だけど、「蒼い炎」 のような妙に淡々としてるのに、冷たくはない、情熱はあるのに暑苦しくない、 ちょっと懐かしい音。 なんとなくいいな~♪ やっぱり気になってただけの何かはあったわ♪ ミュージシャンにファンが多いってのも解かる気がします。

■like you

Sparta

■Kiri

00:00 |音のある生活 | trackback(0) | comment(23) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/15 (Sun) 最近のニュースは…

岩手、宮城方面の方々大丈夫ですか? 親戚やお友達がいらっしゃる方も大丈夫ですか? お見舞い申し上げますm(__)m 
最近TVつける度に、延々やってる大きなニュースが多過ぎますよね。 四川の時も外国の事じゃないぞおって思ってたばかりなのに、大変な被害ですね。 自分の身の回りだけでも見直さなくては! 常備薬は余分に残した状態にしておこう。 非難場所も実際行ってみよう。 小さな事からコツコツとだわ。

人間のコントロールの範疇を超えた事が起こると、普段趣味の事であーだこーだ言ってるのって凄く幸せな事なんだなーと毎回思うのに、すぐ忘れるのが人間なのよね。 浅はかだわ…。 

所詮人間、やっぱり自然回帰的宇宙論者が世界に影響を及ぼさねば! じゃないとどんどん勘違いするよね?人間って。 万能なのは人間ではない事だけは確かだから。 

こんな時は今話題の人が、平和を素直に願う心をやっと照れずに歌えた この曲。 この人の成功は自分が小さな存在で無力だって知ってるからだと思うな。

00:56 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(14) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/13 (Fri) 嬉しいけど軽くショックな?…

松山くんがイイ事教えてくれたのでペッタンだけしておきます。

こちら

ホセがこんなトコに…。 噂は聞いてたけどホントだったんね。 この調子だとツアー・メンバーかしら??

■ めざまし」 もあった。

いつも思うけどソロもいいなー♪ 彼のルーツに対してのファン度が高くなってて、とっても自由。 生き生きしてるミュージシャンって気持ちがいい! 余計な事をファンに考えさせない 「Rock少年の力」 なんだわ!
「一曲でねじ伏せろ!」 的な勢いが、バンド活動との相乗効果を生むのって理想的。

00:44 |某理想的.虹.バンド | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/11 (Wed) 昼休みのタイムスリップ

昨日自分が持って来たCDに多くの意外な人々がウケてくれたのが嬉しかったらしく? 元バンドマン・オヤジが今日も色々持って来てくれました。 「な…懐かしいー! でもトコトン趣味が違うー!」 と思うアルバムがわんさか出されましたが、彼はそうそうお馬鹿な人ではないので、A子と私用にえらくマニアックなカセット(今の時代にカセットテープ)を持って来てくれましたの。

それが知る人ぞ知る Tai phong の 「 Sister Jane」 余りに昔の人達なので、その実態は知らないんですが、この曲はHR界でも名曲として有名でした。 動画探したんだけど、さすがに古過ぎてフルに聴けるのはありません! のでつぎはぎでちょっとだけ。 

当時のPV??
TV番組用??

奇跡的にレアな映像ですよ。 (骨董品と同じで価値は人によって相当違うと思いますが)

23:26 |音のある生活 | trackback(0) | comment(12) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/09 (Mon) 計算と王道と偶然

今日は久々にバイトのA子 (この子は今時の子っぽく振舞ってるけど、とっても賢い子なのです) とお昼を一緒してたら、面白い動画を教えてくれました。

この外人さん何者?!
かなりこのどこぞの外人さんにウケて、それからおハ/イド様の話になり、なんでか? 2人揃って 「あれを今の実力で音源にして欲しい!」 とムチャな希望を…。

随分前のバラエティー番組で歌ってた careless whisper あれは素晴らしかったっす♪ あれを今歌ったらさぞかし感動的だろうな~~v それから歌心についての話になり、歌心のあるヴォーカリストには、オリジナルは勿論だけど、普段は考えないカヴァーさえ求めてしまうよね? って話になりました。 私は個人的には歌心重視な音楽ファンではありません。 でもやっぱりその人の奥底から響いて来る声を聴くと、技術とは別に単純に 「もっと聴きたい!」 って思うものだとつくづく感じます。

オリジナルを歌っているGeorge Michael は好きじゃないんだけど、これは80年代の代表的な解かり易い歌心を必要とする曲だったし、誰にでも歌える曲ではないと思います。

ウットリしているところへ、元バンドマンだったオヤジが乱入。 何故か Europe の Final coutdown を再生。 ベタベタじゃん! と思っていたら、 「その曲好きだった!」って人が続出し、改めて聴いてみました。 うーん、解かり易いってのも大切なのかもね? 好きではないけど、確かに好きな人の気持ちは凄く理解出来るもん。 
当時完全なる第三国スウェーデン出身で、一躍全米をも制覇した彼らですが、ギタリストも高い評価を受けてたし、ヴォーカリストのジョーイ・テンペストは今聴き直すと、凄く丁寧に歌う人だなと、当時は気が付かなかった事に気が対いたりして中々面白かったです。 そんなミュージシャン側の姿勢が聴く人に伝わったのかな? あの成功劇は? プロデューサーも含めて 「計算するバンド」 のイメージがあったけど、徴兵制度すらあるスウェーデンが国を挙げて我が国一の実力派として送り込んで来た彼らは、実は田舎のお兄ちゃん達。 英米のミュージシャン達に憧れ、彼らにとって音楽自体が凄く高い位置にあったんじゃないかなぁと。 今頃 「なんでそんなに売れる?」 の謎が勝手に解けたような気がしていました。 結局そうゆう彼らの心の奥底の気持ちが聴き手にとって斬新だったんだと思っていたところ、 この手の音が嫌いなA子が素直に質問。 「何処がそんなに好きなんですかぁ?」 その問いに思わぬお局様がおっしゃったのです! 「綺麗な声だからよ。 綺麗なメロディーだしとっても綺麗な声でしょ? A子ちゃんの世代には解からないだろうけど、一生懸命歌ってる人の艶のある声って感動するものよ」 A子と私は一瞬顔を見合わせて、お互い内心 (そーか、人間が求めるものって斬新さとか奇抜さじゃなくって本質で王道なんだ。) と思ってたに違いない? だって、さっき2人でウットリしてたおハ/イド様の歌だってそうだもん。

彼らが計算の末に見つけたものが 「真摯な王道の姿勢」 だったら、それは天才商売人だけど、多分あれは、彼らの出身地から来た地が出たからなんだろうなー。 (どんだけ振りの回顧??) う~ん実り多き(ちょっと辛辣な)一日でした。

 

23:04 |音のある生活 | trackback(0) | comment(10) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/07 (Sat) 妄想劇場

某友人に、あんまり何回も 「ハリウ/ッド俳優」 と言われたので、ハリウッド映画の定義を説明しました。 該当外だと思ったらしく、彼女はいきなり言い出した 「どーせなら明/智光/秀演ればいいのにね」 (彼女は戦国ゲーム好き) そーよ!どーせならそうすればいいのよ!キリシタン説採用でさ!ノイローゼ説採用でさ! と冗談で言って携帯切ってから、TVなどつけてみました。 

キ○チョ○ルのCMがお気に入りなワタクシ(え?変??) 車のCMにも同じ俳優さんが和服姿で出ていらっしゃいました。 とっても変態チックでこの頃いいわトヨエ○ (昔は嫌いだった) そーだ!この人に信/長やらせたらいいかも?♪ 髪もこのままで! その際の光/秀は誰がいいのかなぁ?♪ さっきからこれで頭がいっぱいです (どーにも楽しい事が無いらしい)

「真っ黒天/地/人」 の妄想と共にこっちも想像してみよっと♪

23:59 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(11) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/05 (Thu) 黒の時代にも残すものが

明日書き直すとして、アップだけしときます。
どんなミュージシャンでも黄金期だけなんて人は居ないのよね。 (大河ショックで頭が変) 世間から 「売りに出たな」 「過去の魂を捨てたな」 「3流映画に出ないでよ」 と言われた時代でも、後に繋がる作品さえ残しておけば、その時の魂を込めた作品を提示しておけば、誰しもが 「ああ、あの時に既に彼は解っていたんだ。 やっぱり先端の感性だったんだ。」 って思うものなのよね。

今日いきなりこの曲が頭に浮かんで離れません。 そうある為に何が必要かは一つしかないとつくづく思いました。

■ This is not America

そうすると歳を重ねても、それすら堂々と前に出せるんだわきっと。

■ Thursdays child


書き足そうと思ったら、某化粧品のHPに 「アーティストの域を超えた」 とか書いてあったんで、「あ、そうなのか。 こんなに美しい例は不要だったわ」 と思って終了。 今日はベルリン三部作ですv (あの叩き文句??は指定でしょ勿論。 アーティスト超えると何になるんだろ?) 期待しないで普通に来年の大/河用に読書でもしてます。 


さて、来年の配役の第二弾が発表になって、「イイ事無いなー」と思ってたんだけど、もしドス黒い景/勝が、ヌボーとしたやたら大柄な叔父の遺言を揉み消し、愛の兜の妻○を利用して、おにぎり様諸共タマテツを粉砕ってドラマだったら面白いなー(話が大脱線するけど) 武/田の四/郎と裏で金銭契約した説もこれなら嬉しくOK! 明るく妄想しとこっと♪ 去年も最初は 「なに?この地味さ?」 から始まったし。 折角の戦国大/河だもん♪ (何故か明るく自己解決したのは「大/河」の方でした。 しかもブラック/笑) 

この頃過去エントリー(風鈴の)を読みに来て下さる方々どうもありがとうございますm(__)m 「篤/姫」 について書いてなくてごめんなさいm(__)m 前回初めて草/刈氏は巧い俳優さんになられたなーと思いました。 やっぱり大河ってベテランの出演者が多いせいか? 皆さん力が入っていて好きです。

00:00 |音のある生活 | trackback(0) | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/04 (Wed) ネガティヴ

Hミンから貴重な情報を頂きました! 「天/地/人」 の第二次キャストが発表になりました。

こちらで確認して下さい  Hミンありがとう♪

一目散に確認に行ったんですが、「芸能人には疎い」 とおっしゃるHミンよりちょっと知ってるかもしれない(いやテレビっ子だから知ってるか)私は、個人的な感想ですが……終りました。

風鈴の延長線的な大河を期待していたのがそもそもの間違いなんですが、なんとも納得がいかないキャスティング。 あ~~ぁ いい事ないなー。 ま、「篤/姫」 みたく何も期待しないで観たら、新たな発見はあるかも? 北/村氏は個人的に好きな俳優さんなんですが、あの役には極端じゃないのかぁ? それとも斬新な景/勝像を築いて、そこで風鈴繋がりになるんかしらん?? 当面そうゆう想像をしておくことにしておきます。 それにしても謙/信と三/郎景/虎が…。 原作読まなきゃ良かったわ! 過剰な期待しちゃったじゃないの! って感じです。 

う~~ん、折角美味しいニュースを教えて貰ったのにネガティヴで失礼だわね(反省反省)
皆々様どですか? 来年これ?? しかも脚本は例の女史よ!

00:21 |まだ語るか?風 林 火 山 | trackback(0) | comment(15) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/02 (Mon) コンビニで甦るヒーロー

あ~ん!Lバンドのドームってばそんなにイイの!!(シクシク)とか思いながら、帰りにコンビニに寄ったら帰りがけに懐かしい曲が聞こえて来たんで、又雑誌のコーナーに戻ってひと踊りして来ました (防犯カメラに映った足だけ踊ってる怪しいヤツ)

■Is This Love

私の王子様??だったスーパーなギター・ヒーロー。 今じゃ多分見たくもない程違うお人になっておられそうだけど、昔はお綺麗だったのよ。 お綺麗なんてどーでもいい程あのギターの音が好きだったなーv 上のPVではもう違うギタリストに替わってるんだけど(音源と出演者が違う)、日本やヨーロッパで人気の高かったこのバンドが、どんだけ頑張っても果たせなかった全米での成功をアルバム1枚で果たしたのは、彼の作曲能力なくしては成しえなかったでしょう。
日本では特に人気の高いこのヴォーカリスト氏は、実は個人的には好きではありません。 聴いてて耳に付く声と歌い方なんだけど、このギブソン・レスポールの線の太い音はたまらん!

このギタリストに関して書くと長くなる上にえらく感情的になるんで ■こちら様■ を参考にして下さいませ。

見ず知らずの人間をいっぺんに大多数共感させる、感動させる音楽ってどうやって作ると思います? そんな事解ってたら誰もがやるんだけど、何度も失敗しながら長い時間かけて、やっと出逢った面子と環境によって奇跡的に出来上がった作品には魂が存在します。 こ~んなに嫌い(あらハッキリ言ちゃった)なヴォーカリストの声でもこ~んなに 「圧巻!」 と思わせる曲 (この曲が収録されているアルバムに捨て曲が無い事は有名です) 持てる限りの個性と主張を凝縮させれば出来るんだよなぁ。 この無垢な魂なんだってば! とコッソリ囁いてみる。

■Still of the night

「レスポールの貴公子」 と呼ばれた John Sykes は、実は雄蝶にも似た面倒くさい逸話が沢山ある人です(だから語ると長いの。リンクページにもそこまでは書いてありません) 喪失の哀しみや、誤解の悔しさ、その他諸々を音だけにぶつけて来た、この後の自身のプロジェクト 「Blue Murder」 で舞い戻って来た時の作品たるや 「人間ってスピーカー越しに今までの全てを語れるんだ」 と思った位でした。 巨万の富を得ながら尚自己の音楽を追求したアルバムには、割れんばかりのパワーと少年っぽさが存在します。 
デビューから是非リアルタイムで体験したい人だったけど、後から辿っても歴史に残るミュージシャンは皆、無垢な魂をぶつけて来ていると思います。 その手法が知的だったり、絵画的だったり、粗野だったり、精神的だったり、やけに優しかったり、それぞれ個性は違えど、根本にあるものは皆同じような気がします。 それを意図的にやらない人だけが歴史に残るような気がしました。

Lバンドの光輝く現在の存在感もそこに共通点があるんじゃないか? とコンビニで足だけ踊りながらチラっと思ったりして。 可能性は未だ誰にでもあるぞっと♪

22:39 |音のある生活 | trackback(0) | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


2008/06/01 (Sun) セットリストの意義

あー今日の 「篤/姫」 これでスッキリしましたわ。 堺さん宅のご子息大変良き演技にございまする。

さて、昨日松山くんが米積んでくれた中に書いてあったけど、今日も別の知人からメルが来ました。 Lバンドのドーム感動的だったそうですね~~(考えただけで涙が出そう)  元々ドーム規模のライヴって嫌いなので、なるべくホール・ツアーがある時に根性出してチケゲットして行く事にしてます。 (雄蝶は規模は仕方ないので会場と日程選んで行くけどさ) 

ライヴってまずセットリストで何がやりたいか? って解かるでしょ? 今後3年間バンド活動を休業すると宣言した彼らにとってあのセットリストは、なんかもーそれ観ただけで心がフルフルって感じです。 そりゃファンもバンドもお互い信頼出来るさって思いました。 彼らはもう 「普遍と個性」 を確立してるから。 そこにセットリストを提示されると、あぁそうなんだって思うのよねー。 そうすると余計信頼関係ってのも確固たるものになるでしょう。 「えー?何それ?」 じゃなくって 「3年後が楽しみ!」 になるのよね。 そのファン心理って凄く解かるわ。 

このblog最初の頃から読んで下さってた方にはバレバレだと思いますが、風鈴反対派だった私が、いきなりなんたら書き出したのは、越/後/編が良かったのもあるんだけど、それだけではありません。 D/PのDVDのセットリストなんです。 あれを観た時(もちろん内容観ても)きっと彼は風鈴の後にやらかしてくれるんだな!? と想像出来る曲が並んでいたからなのよね。 まー今となっては私のとんでも勘違いなのか? あちらがとんでも吹っ飛んだのか? それは今後結果が出るのか? 解からないんだけど。 その位選曲って意義があると思うのです。 ライヴの命と言ってもいいでしょう。 

Lバンドはこれからもライヴに行けるかどうか? 日程との折り合いが付くかどうか? 解からないけど、なんてのかしら? もうガツガツしなくても余裕で聴いていられるのよね。 好みじゃないアルバムが出ても平気。 大昔を知ってるからかもしれないけど、凄く客観的に 「日本にもこんなバンドが育ったか! それがよりにもよってあの人達か」 って感じで、ここでも川/中/島のおふく現るです(笑)

以下今から行かれる方はご遠慮下さい。

22:49 |音のある生活 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。