2008・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/04/30 (Wed) ループは終了

なんだか最近変な事に邪魔されて、自分が欲するいい音楽を聴けていない事にイライラして来たので、毎度お馴染みのループは終了させる事にしました。 なるようになるでしょう。
 
私はRockが好き! それだけ。 色々な好き傾向はあるけど、やっぱりRockが好き!
もし、今回の別企画がそれはそれで良かったとしても、私にとってはやはりそれはエンタメでしかない事は確実だと思います。 アーティスト、最近は言葉の意味自体が変わっちゃったね。 

自分がコテコテの洋楽HR/HMから邦楽に移行して来た時に、過去に遡る気は更々ありませんでした。 リアル・タイムでこそ感じられる恩恵を捨てるなんて勿体無い! 未だ芽が出ていない、でも芽が出そうだと噂されていた2組のバンド。 それが某Lバンドと黒○でした。 音源も無いからLiveに行かないと曲が聴けない時代、彼らにぼんやり見えた本物の輪郭。 そしてそれは本物になりました。

今何故Lバンドが一番世界制覇に近くて、今何故清○が古典と個性を合わせ持つ理想的なヴォーカリストの一人になろうとしているのか? そんなの簡単。 音楽に正面切って向かい合えるようになったから。 実は彼らにも個人的興味は一切ありません。 誕生日も忘れたし、色々あったけど、部分的に覚えてる事以外も忘れてしまいました。 アルバムも全部持ってるわけじゃないし、知らない事だらけ。 でも彼らは今輝いています。 

だからずっとこれを聴いてるんだわ。(この間たまたま松山くんと同じ時に同じ人物を想い出して、いきなり聴き始めたのも面白い現象だったなー) 「カッコイイ」 そーじゃなきゃ失格! あえてコメが入っている方をペッタラします。 やっぱり Rock Musicianは cool で awesome ♪  この路線、アナタに任せたっ!

スポンサーサイト

21:43 |音のある生活 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/29 (Tue) トランジット止めて…

マーシャル・アーツ…じゃなくってカイロ・プラクティックより帰還。 オリンピックを狙ってるわけではありません。(知ってるよ!)

オリンピックと言えば、北京オリンピックはアジアにとって文化&経済的に歴史的な贈り物となるハズだったんだけど、何方かさんも同じだろうけど、大きく状況が変わって来ている現在。 世界的なマーシャル・アーツ・ブームも、元々は北京五輪を意識して紹介された数々の情報が元だったと思います。 んが、今の状況では選手が安心して記録を出せる状況ではなく、到底どっかのバンドのライヴがどーのこーのの次元ではありません。 近年やたら中国にも日本人が行ってコンサートを開くことに意義がある的企画が多くあったけど、ピタっと聞かなくなりましたね。 これいい事だったのに…。 その代わりのように巴里とか紐育。 文化はいつも政治に動かされて来たけど、これもリアルタイムな現実なのでしょう。 アジアがダメならトランジット無しで行こう米国本土!?(そんな呑気な問題じゃないので誤解のないようにお願いします)

主演俳優さん側からそろそろ情報が流出してますね (彼は契約的にOKなんでしょう。)
■ ポスター? 酷っ! 「pre production」 だからいいけど…。
■ コンセプト・アーティスト  「painting」参照。 この人にとって東洋もSFも「モチーフ」なんだね。 好き嫌いが分かれる部分です。 使う監督次第かな?
■ アート・ディレクターはこんな人 「Noise & Confusion」 での仕事が近いイメージなのかも?? 秋葉だ。 マフィアだ。
■ セットデザイン担当会社 この過去作品はよいかと。 ヨーロピアンがお得意?
 
バイオグラフィーがアップされてますが、あんぐり。 それから女性アジア系出演者なのか? 「Midori」とかって役名も上がってるとか。(追記=これはガセっぽいです。誰かが投稿者の名前と役名を混同してるように思えます) 雄蝶と熊さんにはスタントマンが付いてますね。 是非そーして下さい! ケガしないようにして主張して来て下さいませ。 こっちは景虎さまを待ってます(あーこの発売無かったらどーなってただろう??)

いつも米積みありがとう♪ 妙な時間にお客様があったのでレスは明日にします。 おやすみ♪

22:21 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(7) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/28 (Mon) GWは中途半端

今年のGWは中途半端だねー。 有給使って10連休とか取れる人も居るのかな? いいなー。
毎年普段は逢えないお友達いっぱい集まって楽しくやるのに、今年は皆それぞれ妙な事が重なって集まれません(私もその一因なんだけど) お墓参りに行って、なるべく越後に近いトコに行こっと。 

GW明けは五月病にかかる暇なく景虎おにぎり様が再降臨よ♪ (これだけは素直に嬉しい!楽しみ♪喜ばしい!誇らしい!アッパレじゃ!)

なんか日記が更新。 これで次のアルバムが全く別の意味で楽しみで仕方ありません。 これで判るわ!(何がかはゴニョゴニョ) 本当にどんだけハードル上げるんでしょうね? え?そこが好き? 

そそそ!そう言えば、とっても楽しみな人達も多いのよね(ゴメンよ私がノリノリじゃなくって) メルありがとうございます m(__)m 楽しみで情報探ししてみえる方たちにちょっとだけ 「あら?」 なものを見つけたのでペッタラコしておきます。 6枚あるけど、これじゃワケ分んないから問題ないでしょう。  

頂いたメルは 「私はどんな活動も楽しみです」派と、「夢はそれではないはず」派が半々でした。 
そこに何故か「call me」検索?で来て頂いた?方お2人から思わぬ拍手コメを頂き、冷や汗をかきながらお礼申し上げますm(__)m かのお方の古くからのファンの方にお言葉を頂くと感激です♪ 励ましのお言葉もありがとうございました m(__)m  はい、恥ずかしながら雄蝶ファンも精進致します。 初めて知ったのですが、かのお方はこの曲(前回紹介曲) を引退を意識して書かれたそうです。 だから切羽詰って、開き直って、その結果堂々としてるけど痛々しい叫びが感じられたんですね。 ありがたいエピソードでした。 重ねてお礼申し上げます。 
そして、このお言葉はここに引用させて頂きます。 「本当の実力は、栄光の嵐が通り過ぎてから判明しますよ」 ありがたい~(泣) しかと心に刻んでおきます。 Sさん、Cさんありがとうございましたm(__)m
 
あ、やっぱもっとマシな事書いとかなきゃダメだな

20:21 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/26 (Sat) ミュージシャンの本心

「なんだかな~」 な時に聴く曲は2年?前からこの曲になっています。 (お陰で数え切れない再生回数ですが) 意図的に聴くのではなく、なんとなーくセットするのよね。

最初に聴いたのは例によってゆうせん。 ゆうせんは侮れません。どんな状況でも構わず耳に入って来る、何の予備知識も無い曲。 だから歌詞優先型ではない私にとっては 「これ絶対意味深な曲!」 って思った曲にハズレはありません。 人の歌声ってのは歌詞が無くてもその感情を伝えて来るもので、その術に優れている歌い手は、劣悪な音環境で流れて来る「ゆうせん」でも主張して来るものです。

この 「Call me」 も聴いたその足でCDショップに向かいました。 実は彼の昔の活動はそんなに好きではないのよね。 (歌詞はこちらから) 雑踏に紛れて聞こえて来たこの声には、自分の歌に足を止めて貰いたい痛切なものを感じました。 それは不特定な誰かで、決して別れた彼女に向けて発信されているものではなかったから、私のような部外者まで足を止めたんでしょう。

ラヴ・ソングだと解釈する人も多いと思うし、実際そうなのかもしれないけど、私にはこの曲って輝かしい過去を持ったミュージシャンの本心を歌っているように思えました。 

自分を必要とする誰かからの電話を待つ心。 待っても鳴らない携帯。 栄光の中で羽を伸ばそうとすると、それは悪意によって圧し折られ、誰かが世間が自分を又欲してくれる事を痛々しいまでに願った曲。 何時天に召されても後悔ないようにしておく、待ちに待った誰かから声がかかった時の為に後悔ないようにしておく。 ミュージシャンの覚悟を歌った曲に思えない?? そう、これぞ 「ミュージシャンとしての覚悟にござりまする」って感じで、今日聴くにはいいな(イタイけど)

PVはここに紹介するのに今初めて観ましたが、彼が傾倒していたと言われる三島由紀夫氏なんでしょうね。 でも、いささか歪んだ美意識の持ち主だったが為に老いる事を恐れ、美意識を言う名の沼に自ら陶酔したかの人と全く反対の道を選んだこのミュージシャンは、メイクを落とし、かつてロシアン・クォーターとしてそのルックスで売った時代を完全に捨てて、本名を名乗り、この曲をきっかけにライヴ活動を再開したのは当然の結果だと思います。 歌の威力とは…もっと正確に言うと、音楽、歌に対する真摯で一途な気持ちは運命をも変えられるものだと、この曲を聴く度に思います。 

そう言えばこの人もあの倒産したレコ社によって運命が変わった人でした。

21:55 |音のある生活 | trackback(0) | comment(30) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/25 (Fri) うさみんも寒いトコ

「めざまし」 にて、うさみんの新ドラマ撮影の模様が放映されましたね。 なんだか大滝さんとのシーンを観ただけで涙出そうになったわ。(実は「北の国から」が嫌いな非国民) このドラマの話は、地元&専門の関係からHさんに前々から教えて貰ってたよね~!(Hさんありがとう♪) 今朝は 「そーよ!これよ!Hさんに教えて貰ってたドラマ!」 とちょっと得してた気分でしたね♪ こっちは安心していずれ成敗されましょう。

さて、例の件は何も進展ないね(情報的に) じゃあそんなに知りたいか? と思うと…全然! なるようになって頂戴って感じです。 が、こっちも成敗されるに越した事はないのも事実。
情報を追いたい方用に幾つかペッタンしておきます。

■ 大熊専用 (越後のじゃないよ)

■ 映画専用

■ 現地新聞

■ 取り敢えず現地の天気は分るようです

更新されるか? どうも熊くんは2月の頭にはもう撮影に入ってますね。 極秘と言うより、マイナー過ぎるって感じです。 追加キャストも南部映画の常連さんみたいだし…怪物だし。 この人達も追加発表とは言え、もう撮影に入ってるようです。 それよりあのセットどうにかしておくれ! あの幟の色や文字モドキは正に秋葉! オタク屋さんと家電店がゴチャマゼに理解されてるし。 世界的オタク文化ブーム&世界的マーシャルアーツ映画ブーム(邦画まで)に乗っかる乗っかる? あのコマネチの祖国(違ったっけ?)に行くのは何か特種な場所があるのかな? バックは青 (ハリウッドは緑か) のトコで撮るんだと思ってたけど、新手の?荒野でもあるのかな?? 脂っぽい姫のお城かな?  綺麗な町だけど。 なんだか気分的に全く充実してないなー(ボソっ)  

あ!そうだっ!景虎さまをお出迎え出来るんだった♪ あんなに切望してたDVDなのになんでこんな気分? リセットリセット! その為にもう一つ発表して欲しいなぁ(実際もう毒吐く元気がありませぬ)

23:23 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(17) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/23 (Wed) 夢だったの?!?

やっと発表されましたね。 皆様もう米俵積んでくれてるし(笑) ありがと~♪ 

取り敢えず ペッタン 。 夢をまた一つ叶えに行ってきます → 夢だったの?? と突っ込んだ人もいらっしゃるかと(笑) 役どころはイイ感じですね。 Yさんの予言通りの役柄でしたわ!

情報入手に関してお世話?になった海外のお嬢さん達は今度は逆輸入で情報ゲット!(恩は返そう日本人!) 盛り上がっておいでです 。 つい最近まで 「誰それ?」 と言ってた彼女達も 「マジカッケー!」 「すんごいカッコイイ! 2ショット写真観て興奮しまくり!」 「彼ってマジ「slick」だとおもふ。(ニュアンスで感じて下さいませ)」 などなど好印象のようです。 メイクがアジアンメイクだね。 どーもあっちの人から見た日本人(他のアジア人と実は区別が付いていない。付ける必要もないらしい雄蝶的には) はどーしてもこうゆう感じになるんだよね。

んでもってやっぱり 「風鈴見て」 と来たか(爆) ハリウッドの大作と来たか(……) やるからには、映画ファンの夢だったんなら、どーせなら、「見くびってましたm(__)m」 と又ひれ伏せさせて貰いましょう。

■■ 追記 ■■

全く関係ないんだけど、夕べから 「アアムジョウ」 を聴いて、(こんな野望もこの時があったからよね)とかしみじみゴッコ? してたら、妙な事に気が付きました(今更何?) 「wa ta si ni a su wa a ru no」 って文字を大文字にして鏡に映した反転状態にすると、そのまま文字になるのは 「M S I N I S M N O」 なのよね。 それを並べ変えると 「MM IS NO SIN」 になるんだわ。 意味深だったから書いてみた。 当時あいうえおで並べ変えて遊んだ? けど、特になんもなかったなぁ。 なんで今更又出る? 単に 「Sin City」 って単語が頭にあったからなんだけど。 誰でも大昔に気付いてた事だったら、置き去りにされて回ってたのは私だわ

19:48 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(18) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/22 (Tue) こんな時は初心に

不甲斐無いなんだかんだをネエさまのせいにして、嫁に行ってもいいよん♪ とか言ってたら、思わぬ形で反撃された(笑) とっとと白旗揚げたあたくし。 私が悪かったわ…ネエさまはやっぱり夜露の精のようだわ?? 姫様育ちでもいいからずっと居てね。  最早バケモノ超越したね。 これノーブラかしら??←(オイ!)

雄蝶軍団の影の支配者がこんなんじゃぁ、やっぱ期待しちゃうじゃないのよ! んでもって、裏方がこんなんじゃぁ雄蝶ってば何?!ってやっぱ期待しちゃうじゃないのよ~! アルバムリリースの発表は何時なんだろ? そろそろ心が暇よ。(心が暇過ぎてちょっと変)

いつも 「なんじゃこりゃ~!?」 とムカついた時に、冷静な第三者の自分を取り戻す為に聴くのが 「アアムジョウ」  その後の情報も肝心なアルバムの事も全く出て来ないので、さっきから聴いてみました。 あのPVを観た時に、皆似たような事を感じたと思うのね。 そしてあの歌詞の内容でしょ? 「壁際の向こうでそっと微笑ってるアアムジョウ♪」 でもジャンバルジャンだって銀の蜀台は盗んだのよ。 自分の罪も埋め込まれてるんだと思うのよね。 そのくらいのダブル・ミーニングはあるっしょ?

「かがみ」の露骨な歌詞は別として、彼は壮大な物語を展開しながらも、第三者の振りをしながらも、いつも自分の過去を埋め込んでる。 それがチラっと見えた時、「むぎゃー!もー嫌っ!」 と思ってても 「そ…そっか…」 と何故かトトトと傾く乙女心?? いやこれも近所のオバチャン心か? 皆様もムカムカ来てたら又聴いてみて下さい。
この曲が最高なワケではないけど、こーゆう正直な歌が又聴きたいんだよね。 大掛かりなエンタメじゃなくって、歌わなきゃ気が済まない様な、歌でしか表現出来ない気持ちを歌った曲。

ワタクシ 「聖母」 の全貌が理解出来るまでは意地でも頑張るわ! (何度目の決意だい?/笑)
ちなみに、ユゴーの「レ・ミゼラブル」の意味を、黒岩涙香氏は 「社会の無情より、一個人が如何に苦しめらるるやを知らしめんとするが原著者の意なりと信じたれば、他に適当なる文字の得難さに斯くは命名したるなり」 と考え 「噫無情(ああむじょう)」 という日本語題を付けたとの事です。
 
「これは前向きな歌」 と突っ張ってた? 発言の象徴として 「Miserable」 の本来のスペルを 「Mizer」+「able」 の造語としたんじゃないでしょうか? 「出来る」。 深い苦しみと新たな決意の狭間を揺れるこの曲は、価値感が麻痺しそうな懐疑心が頭をもたげた時に聴くと、心をリセットしてくれます。 だって今あれこれ意見を言いたくなる活動の数々も、結局はこの曲が原動力になってるんだもん。

なんでネエちゃんの夜会巻きからこーなる??(多分これが裏番の威力?)

今日は明日の準備があるので、コメレス明日になる方が出ると思いますがごめんね! あ、ご心配をお掛けしてすんませんm(__)m そーたいした事ではありません(笑) いつも思ってはいるけど、話す相手も居ないって事ってあるでしょ? こっ恥ずかしくて(苦笑) それをゲロンパ出来る場所にする為で~す! 愛が無ければこんなアホな事はしませんわ♪

23:06 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(13) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/19 (Sat) 米俵で1000俵♪

皆様のお陰でコメ欄のコメント数が1000を超えてました!(嘘のようだ) その輝かしい??1000コメ目は景虎ファンのSさんです♪ しかも越後→米沢の旅のご報告☆ 素晴らしい~! 「風林火山」 で出会った方々によって、妙なとある人を追い続けて(もうウザイかしら?) 未だ何ヶ月なのに誠にもってありがたい事です! 日頃のお礼申し上げます m(__)m

しかしなんだわねー。あーだこーだ言える事、言われる事、この時点が花! それすら言いたくなくなったり、言われなくなったら、「無視」と言う末期状態。 表現者、いやサプライザーと名乗るお人にとっては一番酷い仕打ちですわ。 その辺ご理解頂いている点を感謝しています。

意見もそれぞれありましょう。 歌命!いやビジュアルが好き! 景虎だけ好き! 等など人それぞれチョイスは自由ですが、ご本人に気を遣う事って無いと思うんですよね。 それがプロとしての彼に対する敬意ってものじゃないでしょうか? 意味も根拠も無く叩くのは非道だけど、筋が通った意見はあったに超した事はないと思うのです。 罵倒する事と、意見を言う事は全く違う事だし。 興味が無ければ意見なんてものは発生すらしないものです。 綺麗事を並べてればいい話。 「話題性=多くの人にあれこれ憶測される」 って事で色々想像してましょう。

けどね、中には褒めないと気が済まない方もいらっしゃるようなので、この度、先様にご迷惑をかけないように、念には念を入れてリンクをはずす事にしました。 元々こちらからのみで、先様から繋がっているのは一箇所のみ。 そちら様はジャンルが全く違うblogさんですので、歴史blogさん一件を残して全部リンクを削除する事にしました。 「あ!あそこ好きだったのに!ここから飛んでたのに!」って方は拍手コメにでもカキコしておいて下さいね。 お知らせしますので。 その他の意味は全く無いので宜しくお願い致しますm(__)m そして管理人さん達の元へは個人的に通わせて頂きます(笑)


あ、それからコメ欄にカキコしてみたいけど、話が唐突かも?と思って入り難いってお話もチョコチョコ。 それはもーー!某Hさんと某Mさんをお手本に! 興味の対象部分が違っても、それぞれの感性は面白いものです。 「違うかな?ここ」 と思った時こそ、もぉ場をぶち壊すつもりで乱入して頂けると喜びます(笑) みんなで同じ事言ってる方が気持ち悪いでしょ? 違う人の存在があるから、それぞれの意見に説得力が出て来るんですよ。 バラードばっかり聴いてたら飽きるし、ハードなのばっかりでも飽きるし。 それと同じです。 ご遠慮なく!

■ 1000米記念?にお友達のnoahちゃん作 傑作景虎アイコンを設置しました。 可愛いっしょ?!■

23:43 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(38) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/19 (Sat) 何処も同じ、所詮地球人

無いですねー。 変な映画の情報。 この際どんだけ変か? 極めるしかないでしょう。 あぁ又勘違い日本人イメージがど~ん!と提示されて…それの設定が宇宙だかウエスタンだかワケの分らない異世界なのね。 ふ~ん。 

少ない情報と妄想が錯綜する世界は何処も同じなようで、面白い掲示板を見つけました。 「ここ」 って結構情報出る時は早いかもよ?

一応海外とは言え、掲示板だからあとは続きに書きますね。

00:24 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/17 (Thu) 続報すらないけど…

なんだか爆弾投下のせいか? 春の気候のせいか? ダレダレだわ~。

例の映画の監督は、「HOLLY」って映画だけがちょっと注目された 「新進気鋭」 と言えば聞こえはいいけど、要するにインディーズなのよね。 ハリウッド! とはちと違う…いやかなり違う。 ハンプトン国際映画祭とか言うマイナーな映画祭で 「HOLLY」は注目されたらしいんだけど、動画があった。 カンボジアの人身売買(少女の)が主軸になってるみたい。 暗いよー。 ダークじゃないの。

でも、今回の映像は 「今まで見た事もない」 らしいから、これとは違うんだろね。 「宇宙を舞台に」  「操り人形」 「折り紙」 「漫画本」 「ビデオゲーム」 この辺がマッチングーなんだろかね? 「復讐に燃えるクレイジーキャラの主人公」   う~ん いっそ折り紙で折られた鶴の役であってくれ! (考える気が更々ない)
このページの下の方に  「動画」  があるよ。
ソースは 「とある武将に捕らわれ、無理やり結婚させられる美女の役。」と発表されとります。 落ち目の女優を捕らえたのが 「美留姫のお父上」 なんだろかねー(どーでもいいし) 「ソースは2本のインディーズ映画にサインしたようだ」 だって。 ハリウッドニュースではないのでヨロピクって感じの扱いだね。 

どーでもいいけど、次のアルバムはこれで別の意味で大勝負になるざんす。 自ら天高くハードル上げるのはいいけど…そんなつもりないんだろうな~、あのお方。

20:33 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(9) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/15 (Tue) は?? テコンドーはこの為だった?

みょ~に疲れたので、整体寄って帰って来たら、松山くんが爆弾情報を投下してお篭りの準備してる!

何?これ? (リンク先松山くん提供) 下の方のキャストを見て下さい。

音楽活動に戻るんじゃなかったの? 日々のトレーニングとか、未だ発表出来ないけど…と気を持たせてたのはこれ?? 俳優さんのファンなら面白そうなんだけど、生憎そーじゃないのよね。 全部同時進行ってどーよ?! どーせならうさみんの提案??通り 「陰陽師」 でも演ってた方がいいわ! とシラケてしまいましたとさ。

yahoo! ニュース (主演俳優)

「米普通好感男子」が主演 「文楽」 

マーシャル・アーツ作品、監督&脚本はGuy Moshe。 主演の「米普通好感男子」の役はこの世とは異なる世界で彷徨う復讐を誓ったアウトロー。 インスピレーションは日本の人形浄瑠璃、テレビゲーム、ドイツの表現主義より。 「スパゲッティ・ウェスタンとサムライとギャングものを混ぜたような」ストーリーになるとの事。 撮影は今春ルーマニアのブカレストにて。 2009年に上映予定。

今のところこんくらいしか分ってないし、公式な発表もありません。 「米普通好感男子」のルックスの世界にアレが合うと思う? 非常に危険な仕事(ミュージシャンとして) だと思うんだけど。 いっそもっとコテコテの世界なら 「又かい!?」 って思うんだけどね。 今日は昨日の分のコメレスお休みです。 考えただけで又疲れたわ…。 だいたい役の名前が 「違うでしょ!」 の世界。 美しくないわー! 

+ + 追記 + +

ソースも出演決定 どハリウッド!

アクション監督下村氏は この時点で もう臭わせてたんだわ。みんなで鍛えた鍛えたー。そーゆう事だったのね。

22:11 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(25) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/14 (Mon) 誰にでもある細~~い糸

え?総動員ですか?!  チャリティーに環境問題。 まるで欧米の超有名アーティストみたいね♪ (え?毒なんて吐いてないよ)


さて、話は変わり、今日うちの母親が親戚の法事から帰って来て興奮してました。 今度は何事?! うちの父方は某中部地方にご先祖様がおいでなんですが、その地にはマイナーなお大名だか?殿様だか?がいらして、家系図によると、そのお城の一番若い重臣がそもそものご先祖って話は祖母や父から聞いた事がありました。 んでもってそんなマイナーな話はずーーーっと放置してたんです。

久し振りに会った親戚のお爺ちゃんは言ったそうな 「○○ちゃん(うちのママン)去年の大河ドラマ観てた?」 「観てたわ!観てたわ!」 と盛り上がった結果、 うちのご先祖様のお屋形様は、武田信玄に滅ぼされたんですと。 (えーーー?!) 親戚のお爺ちゃんは憎っくき信玄と亀ちゃんを大混同して、「中井○一に勝るとも劣らない悪党だ!」 と勘違いの極みだったとか(それ褒めてるから!) そーだったんだ! それはそれは悔しい思いをされただろうご先祖様! 仇は違うのに寿桂尼様を思い出したワタクシ (何故か美しい人しか思い出さない都合のいい人。 ダンカンでもいいのに) GWはお墓参りに行く事にしましたとさ (単純!)←けどイイ事! 景虎さまがいずれ成敗してくれようと思ってて下さったけど、天罰が下ったとご報告致しましょう。 そんな事言いに来る子孫はそうそう居まいて。 

それに当って、謙信マニアの友が 「ねえねえ赤坂で遊ぼう!」と言ってたので、その話をして 「それでさ、足を伸ばして越後も行かない?」 って誘ったら 「上越をテコトのファンの観光地にしないでくれる!」 と叱られました。 あーら、アナタだってテコトグッズ集めたクセに! 「あら!あれはテコトが良くやったと思ったからよ。 単に役者としてよ。」 あーら!褒めてくれてありがとう♪ それ以上の賛辞はないわ。 で、結局お墓参りに行って帰りに全く別のところに寄る事にしました。(え?)

皆様のご先祖様も何処かで彼らと繋がってるんですよ~~!細~~いご縁でも何故か感慨深いわ♪ 是非ご両親に訊いてみて下さいませませ。

20:09 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(27) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/13 (Sun) う…後ろ髪を!…

引っ張りまくられるじゃないのよ!

昨日は、軽く滝登りでもしましょっと思ってたのに 予告 が公式でアップされてます。 わ~~!やっぱり景虎さまには弱いわーー! インタってバックにあの龍使ってるね。 鏡がなんだか…ドキドキ…好きな演出かも♪ 使ってある台詞が 「やっぱりな~」 と思うものばかりで嬉しい!
後一ヶ月もしない内にやって来るのね…おろろろろ~(嬉しさと、どんだけ壊れるのか心配で言ってみた)
もうすぐ成敗されまする(ウットリv)


そう言えば、モ○ッコでの写真(コミュ)、アジアではプチ西洋人なのに、ああゆうトコで見るとエキゾチックってか無国籍だね、この人。 撮影に使うものは 「隠す物」 じゃなくて 「着る物と纏う物と小物」 にして下さい!(未だ言ってる)



16:37 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(9) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/12 (Sat) 母とご子息の為のRock仕様語学講座?

週末のお決まりで、野村誠一氏のサイトチラ観したら、あら!この人もテコちゃんと同じ場所に居るじゃありませんか!! え?脱がしてるの? いい加減どーでもいい仕事辞めようよ~って言いたいけど、野村氏のお願いっ振りはきっと凄かったんだろな。 最早ライス女史と変わらんがな。 どーせならイイ写真撮ってねー(あら?又出費?!)

Yさんがコメで英語の訛りについて触れてらしたので、今日は長くなると思われる(暇な方だけ読んで下さいませ) けど、いい機会なので、世界制覇とやらを目指すお人には絶対不可欠な英語のお話。

ついにBowieの世界にまで手を伸ばしてしまったYさん!これは是非P君と一緒に聴きましょう! 彼の歌が舌っ足らずのようで可愛いとのご指摘。 これがかの有名な「コックニー訛り」と言うヤツです。
ブリティッシュな音を聴く上で必ず出て来るのがこれ。 誰もが「あれ?」と思います。 だってー我々は英語は習ってないんだもン(米語だもん)

早い話、コックニー訛りとはロンドンの下町訛りの事で、昔は下品だとされましたが、今は高貴なご身分の方でもそれっぽい発音をする人が増えて来ました。 言葉って変化するもんね。 大きな特徴としては、
① 〔ei 〕 の発音が 〔ai〕  に変わる。 例) 「main street」 が 「マイン・ストリート」になる。 有名な例として、「マイ・フェア・レディ」 の 「The rain stays mainly in the plain. 」 が、 「The rine stys minely in the pline.」 となる怖ろしい変化が良く例として出て来ますよ。 元々 「My fair Lady」 自体が、日本で言うところの田園調布みたいな高級住宅街 「Mayfair」 をコックニー訛りで言ったものだそうです。

② 語尾に 〔t 〕 が付く時に発音されない事。

③ 〔th〕 の発音が、 〔f〕 や 〔v〕 になる事。 が耳に引っかかると思います。

Yさん宅サッカー好だから、ベッカムの喋り方が解かりやすいかな? なんか引っかかったような変な喋り方でしょ? 「I think」  を  「I fink」 って言ってるよあの人。 「father」  も 「faver」 って言ってるし。 典型だと思っていいと思います。(出身はロンドンではないと思ったけど。近くなのか?ロンドン長かったのか??)  日本人が「英語ーー!」って思うのは カリフォルニアの米語なんじゃないかな? 東部はあんなに極端じゃないし、南部はラ~リラ~リラ~な全体が繋がってる様な喋り方。

奇しくも松山くんが紹介してくれた人達の曲がこれ全部の例になります。
コックニー= Bowie やデビシル。 カリフォルニア=ジェイドちゃん。 南部=skilletのvo. LAのバンドらしいけど、多分このvo.南部の出身だと思います。 訛ってるもん(違ってたら、読まなかった事にしてくだせー)

ちなみに日本人男性の英語発音能力は世界でも底辺を彷徨っていると言われますが、テコちゃんは「日本人は日本人らしく」 と開き直り?? セ○ン・カ○ュの 「聞き取れない」 進言をかわし、おハ○ド様は専属の英語チェッカーを雇い 「Roentgen 」 ではそれが女性である事が判り、「FAITH」では男性だと判る程 ちゃんと直してます。 ので子音がとっても綺麗! テコちゃんこれからも漢道を驀進かしら? 聞き取れないのは別に日本人同志でもあるからね!って事で?? あ、本気出したら凄いからねって事で。 うん、そうゆう事にしておきましょう。 (だからここでも多国家幅を広げ過ぎな気が…) それとも世界に出ても日本語で! ならイイよね♪

で、その意外にコツコツ積み重ねてるおハ○ド様、  「Dolly」  この英詞、どこまで修正の手が入ってるかわからないけど、非常にカッコイイ英語です。 おハ○ド様 「FAITH ツアーノイントロ」  これぞ80年代のHRの王道!コテコテ!MMだって結局はこれもベースにあるのよね。

おまけ ■母とご子息の為のRock道&語学講座入門??おハ○ド様の努力■ (オマケが長い!)

上記の 「Dolly」 の歌詞の中に 「Build a tower tall and strong. It will be beautiful. Using our technology, Babel will stand anew.」 ってフレーズが出て来ます。 個人的に非常に萌え度が高いんですが、単調故に難しいメロディーラインへの言葉のノセ方が巧く、「technology」の発音はひっじょ~にsexyで、歌詞がこの曲の重いドライヴ感を増幅させる効果を出していると思います。 要するに「歌えてる」んですよね。 
 
文章の構成も、主語を外す技を知っていても、 「Build a tall and strong tower」 って文を作るのが日本人ですよね? でも形容詞を tower の後に2つくっつけるのがカッコイイし自然です。 「beautiful」 って単語もこの場合とても冷たい印象を与えて適切だと思います。
「beautiful」 って日本人的にはとてもいい言葉で、絶賛する時に使うと思いますが、この単語には意外に感情が入ってないんです。女性の事を形容する時に
she is beautiful with no brain. ってフレーズは珍しくないんですよ。でも
she is pretty with no brain. とは言いません。 愛しい女性は能無しとは思わないですもんね。 ので、この場合 beautiful は日本人的な簡単な単語の羅列だと思いがちですが、その塔がスバラシイ出来であればあるだけ虚無感が漂うのが伝わって来ます。

ニュアンスと言う意味では 「Dolly」 のパートで 「Oh, my creator,」 の日本語訳が 「ねえパパ」 になっています。 これは彼の日本語が先だったのか、最初からこの部分の英文も出来ていたのか? 分かりませんが、萌えっ!としたファンの方が多かっただろうと容易に想像出来ます(笑)
日本語の「パパ」には他にも意味があるので「萌えっ!」とするワケですよね? それと同じで 「creator」  のニュアンスも絶対服従的なモノがあるので同じく萌えっとするワケです。 両方の単語共に「神」 を表すものですが、神がcreatorなら人間はcreatureです。 この場合Dollyがcreatureなワケです。 creatureは神の創造物ですが、同時に 「快感を得る為のモノ」 の意味もあって、地酒なんかもたまにcreatureって言う人居ます。 
別にそんな意味ばかりじゃないんですが、「オマエ」 なんて日本語もcreatureになり得るので、この場合も「パパ」と同じくとってもアブナイ匂いがするんですよね。 歌う人によってだとは断言するけど(笑)

しかも、creation は宇宙、森羅万象のような自然要素を意味するので、おハ○ド様のシングル・カットされたプロモ・クリップのテーマになっている「火」や「大地」もこの辺と通じるものがあります。 もっと深読みすると、宇宙論者の一種だと思われる彼の思想を考えると、このアルバムは「目覚めツアー」から続いていると考えてもおかしくないと思います。 「星空」で涙を一筋流して終わった、(有名な女優泣き)あれから彼の宇宙論は続いているような気がします。

カッコ良さに拘るのなら、こんくらい考えて作りましょう!っていい例でした。 私がやたら「FAITH」を褒めるのはこうゆう細かい部分まで完璧に拘って作り上げてあるからです。 なんだかコックニーの話からおハ○ド様褒めになっちゃったわ。 お巴里出兵?な彼らにはこうゆう強みがそれぞれにあって、当然の結果だと思います。 細かい事はアルバム上、ライヴ上でやって、その他の事はもちょっとボケっと放置しましょうよ! ってつくづく思ったんですけど。 (長い話でゴメンよ。 あんまりつくづく思ったんで)

21:13 |音のある生活 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/10 (Thu) モンサンミッシェルと呼んで!

ますます隔離されました! 他人様にご迷惑をかけないで遊ぶ為です。 皆様からのコメが偏り過ぎて?(笑) 楽し過ぎるので、あちこち検索対策中です(いつもコメありがとう♪) メル参加の方もいつもありがとうございますm(__)m モンサンミッシェルのようですわ♪(元々blog名前も「かくれんぼ」なので)


さて、今日は前に「ヴァンパイアはそろそろ~」って書いてた話をやっと書いてみます。 そろそろテコちゃんは、「血だ薔薇だ」 の世界を捨てて、別境地に行った方がいいのではないか? と思うのは、以前どっかにも書いたんだけど(君が代近辺だったと思う) 彼が歌唱法を変えた理由として、「一時代を築いたヴォーカリストで終わりたくない」発言! があります。 本当にそこまでして、それを望むのであったら、彼は普遍性と個性のバランスを巧くとらなければなりません。 最終的には彼の個性を普遍性とイコールで結ぶ必要があります。 その点でも、既成の世界を最新データで上書きするより、独自の魅力を使った方が実現し易いと思うからなのよね。

じゃあどうすれってのよ? って話になると思いますが、彼、テコト様ご本人、Gと言う生き物で勝負すればいいんですよ。 既成のキャラより濃いですよ! あくまで第三者的表現をしたかったら、「seven」(ビデオのね)の手法を使えばいいと思うんだけど。 あの設定は彼独特のシニカルな世界で、彼を出来上がったキャラとして扱える可能性の提示としては素晴らしいサービス作品でした。
 
Gと言う生き物で勝負すれば、あの雰囲気とサウンドと声のマッチング、他に類を観ない緊張感と繊細さ、それにデカダンス。 今時珍しい種類の背筋の寒くなり方、がグっと生きると思うんですが…。 それを敢えて世界の皆さんにとっては、「あぁ日本のRockって未だこれやってんの?」 な伝説の生き物にする必要性は無いと思うのです。 俳優業は取り敢えず終り、その成果を持って音楽の世界に戻るのが先だと語った人が、又既成の伝説を演じる必要は無くないかなぁ? (誰も又やるとは言ってないけど、同傾向の路線は回避して頂たし!)


自分が音楽上でもキャラになるのは、表現力においてはかなり難しいものを要求されるだろうと、口をつぐんでおりましたが、風鈴のお陰で、それが消えました。 あの具現化出来なかった神秘の英雄を、誰も考えなかった、でも多くの謙信に興味のあった人たちが、「これだったのかも!」 と思えたオリジナリティーは、彼がキャラになる事の成功例となりました。 これにはまだモデルが存在しるじゃない! そうです。 でも、あれが出来れば、本業でも必ず自身がキャラになる事が出来るハズ。

生、罪、後悔、懺悔、孤独、死、再生、再会。 毎度繰り返される悲壮な輪廻。 (細○センセの占いみたく種子とか達成とか無いのかね?)←無いよ! これが続く事には文句は言いません。 メッセージ自体はこのお方沢山あるワケじゃなさそうだから。 これから独自の禁断の世界を築くべきだと切に思います。 彼が言いたい事の一つには自分のような体験を未だしていない人達に(年齢関係なく)失ってから気付く痛みの大きさがあると思います。 それがあの、「痛い程の喪失感」 の表現になるんじゃないのかな? だから日常を大事にしろと。 ポジティヴなんですよね、結局メッセージとしては。 でもその題材に触れる時、明るくうっとりしてだけ触れられる人は少ないでしょう。 私にとって彼の音楽は楽しみでもあり、同時に究極の痛い世界でもあります。


今までの例で考えると、禁断の世界の表現の結果として、「ムンチャマニア」と「第四マニア」が交わりにくいのは何故か?(どっちも好きな人も多いだろけど) それはやはりヴァンパイアの世界。 BLを想像させる世界。 少女漫画の世界。 それに対して第四はダーク好きにはたまらない世界。 しかも設定がナチモノとは全く違うオリジナル。 モデルになっている人物も小説も伝説もありません。 何故「Rebirth」が音源だけであんなに人物設定をあれこれ想像する上で、膨らみがあるのか? 逆に「MOON」はあんなに完成されてるのに、「だから結局それ誰?」な部分が多いのは(解ってないのは私だけか?) 長すぎた事だけじゃなくって、肝心な部分でのオリジナリティーにも関係があるんじゃないのかな? 「MOON」は物語に傾き過ぎた感が否めません。 余裕のあるサウンド作りなのに、歌メロ自体の芯が細くて…なんて言うんだろ? 泡立て過ぎると卵って弾力が無くなるでしょ? あれみたい。 過去にあんなに鋭利な刃物の様な曲が作れたのに、ど~してこーなる?? と疑問に思った方みえません??  

「大河で得たものは必ず音楽の世界でも生かす。色々盗ませてもらったし、学ばせてもらった」 と言い残し、そして後ろ髪引かれる我々に、「天翔る~」 と言うエサを放り投げて、我々がわ~っ!と散ったところに提示されるものはどんな世界だろう? 「私が悪かったわ!いつもゴメンねー・゚(n*´Д`)η゚・」 とひれ伏せさせて頂きたし!

毒は吐きますが、アナタなら個性を普遍性に出来る人だと信じて毎度色々ブツブツ言わせて頂いております。 進化には、惜しいものでも切り捨てて、必要最小限の要素のみを残して行く 「密度の高さ」 が必要だと思います。 ステージ構成とサウンドに置いては、もうOKだと思います。 後は曲!曲の密度を高めて提示して欲しいな~。 「わ~!勿体無い!今までだったらこれで5曲作れるよ☆」 な一曲をお待ちしております。 あくまでミュージシャンで居て欲しいから。 



↓のエントリーにいっぱいコメありがとう♪お返事明日になります。ゴメンね! Mさんその調子よ~(笑)
Mくん、それ懐かしい!a を u に読むのがちょいだけど、意図それっぽ!DIOだって無理あったもんね。

23:21 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(21) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/07 (Mon) 自己紹介は自分から

「みんなどんな曲が好き?」 とか書いたら、いっぱいメルや拍手コメ !ありがとうございましたm(__)m
ご協力ありがとうございます♪ みんな似てたっ(笑)

で、「Rue」さんはどれが好きなんですか?ってそうだよね。大変失礼致しましたm(__)m 
自己紹介は自分から、何が好きも自分からよね! 最近の 「playlist G」をペッタラコした方が早いのでそうします。
これは普通なんでしょか? ご意見下さった方達とは似た傾向にあるとは思うんですけど。
 「はぁー!?」 なお叱りも覚悟の上よ!

playlist.jpg


++ 追記 ++
いつも貴重なコメありがとうございますm(__)m 過去記事のコメントがカオスになってまいりましたので、申し訳ありませんが、音楽性に関しては、話が唐突でもウェルカムウェルカムですので、このエントリーか、次のエントリーにお願いしますm(__)m 景虎さまは何処でもOKです♪ 逃さずズズズとゴックンさせて頂きます♪ (勝手でゴメンね!)

22:54 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(40) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/06 (Sun) 悪条件でこそのサウンド

景虎にうつつを抜かしながら、次のアルバムまで待っている状態ですが、そろそろ 「次はどう出るんだろか?」 と興味が湧き始めました。(画面が緑色になった自分のTVを新しくした安心?からかも?)←どんだけ単純?

思えば、大河が決まる少し前だったのかな? おハ○ド様が 「FAITH」 と言うソロ・アルバムをリリースされ、あの時私、正直言うと、「やられたー!」 と焦ったものです。 今一流として活躍しているミュージシャンの多くは、80年代の欧米の音楽を聴いて育った人たちです。 でもその影響下にあるのは見え見えであっても、それを完全に自分の中で消化して、自分自身の音として打ち出した人に出会った事はありませんでした。 それをやってくれるのは、その道のプロ達の日本選抜隊と呼んでもおかしくない、メンバーにも恵まれ、期も熟しつつあるテコンドーさんこそが、その内やってくれるだろうと信じて疑わなかったからでした(これはイタくないぞっと!)

それが何よ!よりにもよって猫っ可愛がりしてるおハ○ド様に先を超された! アイタタタでしたよ。 (自分もテコンドーさんと、そこだけは趣味が一致して、猫っ可愛がりしてるけど) でもそんなどっちが先痛さより、おハイド様がそんなアルバムを出してくれた事に感謝する毎日となりました。 日本人はこれじゃなきゃダメよ! そして刺激をありがとう! いつかこれを軽く超えるアルバムを出してみせるわ! (どんな感情なんでしょ?これ?) 案の定 「FAITH TOUR」に参戦した、耳のキャリアがある某人物より(名前は書けない/笑) 「酷い音! ドームはやっぱあれが限界だね。 テコンドーは奇跡だよ」 とのレポ♪  そそそ!そこなんですよお嬢さん! ま、おハ○ド様の場合、その音の悪さまで、80年代を意識した演出だったんだろうとは思うけど(あのDVDジャケのダサさを観れば分ります) 

数多あるバンドを同じ会場、しかも音が悪い会場として有名な場所で聴けるのは、日本武道館がその一つですね。 武道館のセッティングは、その80年代と今と比べると、同じ日比野音響のレンタル機材でも、ハイテク化が進み、バカみたいに大きいPAからコンパクトな宙下げタイプのPAに代わり、足元のモニター・スピーカーもインカム代わり、シールド・コードは勿論、ペダル・スイッチさえ見えないフラットなステージに変化して来ました。 テコンドーさんちのサウンドの完璧さは、欲目全く無しでもちょっと聴いた事がありません。 必ず音が回る丸い会場、音楽用ではない為の数々の悪条件を全てカヴァーして尚、余裕なブライトな音ってば何でしょ?! 時折よくありがちな裏方さんのミスがあったりすると、あのネエさまがキッ!とステージ裾を睨みます。 2daysの場合、1日目に「あれ?」 っと思った箇所を、2日目には全部見事に修正して来ます。 あのプロっ振りは世界に出せるものですよねぇ! テコンドーさんにドップリもいいですが、余裕がある場合は、ステージ裏の厳しい現場のピリピリ感まで伝わって来るので、それも是非に楽しんでみて下さい。 Igaちゃんも見えないけど頑張ってるよ! テコンドーさんが兎に角己の世界に浸ってどっかに魂飛んで行くだけの環境作りは、沢山の恵まれた人材によって作られているようなのは確かです。 それでもテコンドーさんだけ観てたい!って方は、衣装チェンジの時に観察しまくりましょう♪

そして、そのサウンドに負けないライティング技術は、ピンク・フロイドのライティング・スタッフをも超えたと言いたい! 「Rain」 でのステージに雨を降らせ、それをスクリーンの代わりにした、それは幻想的な光の魔術や、「Birdcage」でのセンター上のドーナッツ形のライティング装置が、水平に形を変えながら降りて来て、最後には時計になる。 時計は逆に時を刻み、人が良くも悪くも逃れられない運命にあるものは、時間だと暗示する演出。 「Lust for blood」 での、MMを彷彿とさせる演出は、(コメ欄でMさんと趣味が合った事が分ったんですが) スモークの微妙な使い方と言い、かなり危険な演出ですが、告白しますと、私、あのゾクゾクするギター・サウンドとあの演出で、テコンドーさんが現れた時に思わずお祈りポーズが出てしまいました(お恥ずかしい。あんな髪だったのに)。 大きなステージではコテコテ位が丁度いい演出。 彼らの緻密な計算と、それを感じさせない感性の表現は、是非景虎から出会った方にも体験して欲しい。 それこそ絵にも描けない美しさですよ♪(ライヴ行かなくてもDVDも出るし) 「紅白」程度で驚いてはいけないのです。(あれは「紅白にしては」凄かったって話)

さて、次はどんだけ裏で計算し尽くして、表でどれだけ情感の世界を魅せてくれるんでしょう?? いい意味であっけにとられるステージを期待しますわ♪ それにはまず曲よね!名曲!(あ、チケット争奪戦が巧くいったらの話だけど…) ところで、皆様テコンドーさんの曲ってどの系統がお好き? 次のアルバムってどの曲の路線を主線にして欲しい?? もぉそろそろ凝縮された極端なアルバム出してもいいと思うんだけど、どうだろ?

01:37 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(10) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/04 (Fri) 又、例の季節到来

又この季節がやって来ましたね。 花粉症じゃなくて飲み会の季節。 どーも仕事絡みの宴会って好きになれないワタクシ。 今日も教育されに来た事も何のそのなアホ上司がフザケタ事を抜かしておりました。 全員ドン引きだよもぉ (悲哀)


さて、そんな事はさっさと忘れて、お知らせから。 先日○さんのコメが反映されてなかったり(ご本人は削除なさったつもりが管理画面には残ってたり) 今日はSさんのコメが勝手に消えてたり、妙な事が続いたので、FC2に問い合わせてみますね。 セキュリティーも強化致します。 コメが消えたり、消したつもりが残ってたりした時はご遠慮なくメール・フォームか、拍手コメでも連絡出来ますのでお知らせ下さい m(__)m この頃FC2では新機能を色々増やしてるんで、不具合が起きてるのかもしれません。 (このblogってね、メアドが表に出ない唯一のblogだからここにしてるの)


今帰って来てあちこちサラっとチェックしたら、お巴里の風景やあれこれホセがアップしてくれてます♪ 1~3まであるから残らず風景写真として楽しみましょう☆ ホワイトアスパラやラズベリーがいっぱい売ってていいな~♪ 安いんだろうなー。 私嘘みたいな話なんですが、食べる事に執着が無い人間なんです。 でもホワイトアスパラとラズベリーって大好き! (その割に最近お腹の辺りがプヨなんですが…) 空港もホテルもちょっとした部分にエスプリってヤツですか? お巴里を感じますね~。 行ってみたいな「パリジェンヌごっこ」しに!(笑)


あ、そうだ。 今朝のめざましで 「今って何時?」 な光景を見ました。 MSGって…どんだけ大仰! 相変わらずですのー。 ああゆう場で話す時ってやっぱりどんな職業であろうとも、大人の常識で話さないと、やってる事自体も子供向けに見られるよなー…と思い、折角一時どうにかなってた喋り方をそろそろ普通にしてみないかね? 誰かさんも?? と、思った人居ない??


明日早いのでHさん明日動画観てからレスするねー!(ちょっと楽しみだったりするその動画/笑)

23:51 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/04/03 (Thu) え?そんな話があるの?!

テコンドーさんはどこぞで、えらい風邪を引いていらっしゃるようですが、かと思えば、こんな事 やってらしたり…。 東洋医学でも学んだ方がいいような気がします。 このお方にとっての合理性ってよく解からないわ。 冷静に客観視すると ドMにしか思えないし…。

でもって、それは冷静に 「お大事に!」 ですが、 こんな商品がホントに発売された暁には、GWは引き篭りしたっていいですわっ!出費を控えてみせますわ! 「ノーコメント」って何?何? ここでも 本当かどうか? なんだか書いてありまする。 あんなんもこんなんも実現不可能な曲はこれで 「ちょっと雰囲気」 を体験出来るんだったら…そーれーはーよいっ♪ 遊びでも本気よ!この遊びって感じ? 

怪獣達が今日帰ったので、ちょっと生活に潤いが出て来る予定?? 最近の怪獣くんはハグハグが大好きなんだね。 知らなかった。 特に下の子は疎外感が強いらしく、自分が愛されてる感を確かめたいらしい。 大変お勉強になりましたよ怪獣くん達! 又夏においで! (ワタクシ自称究極の子供嫌い)

00:09 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。