2008・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/03/30 (Sun) 猫も杓子も何故巴里?

怪獣達がご飯食べに行ったので、その間にこそっと後進、いや更新。
怪獣達の母親は、でか卵に行って来てのたまった 「あれはЖじゃない!」 大金使って彼女は後2回で、マイナスをプラマイゼロに変えようとしてました(笑えん) それはそうと、彼らも巴里に行くんですってね。 なんだか大規模な野外フェスに出るとか? 虹もお巴里公演が決まってるし…今回の団体旅行の巴里は何かしら下見的なものもあるのかしら??

巴里と言えば、Japan Expo 2006 in France でビデオコンサートが好評だったし、ファンサイトも多いですよね。 ア○○ンの 「龍の化身」 レビューもオフランスからの投稿があります。 今や行く価値がある国なのかしら?? 野外フェスとか欧州公演って、やっぱり英国こそが価値あるもので、大昔のレディング・フェスや、キャッスルドニントンとかは日本人が出演出来るなんてとんでもない事だったけど、おフランスって何かピンと来ないな。 (BOWWOWはレディングに出てますね。ワウワウじゃなくてバウワウ) ちなみに、過去にこのお国柄として、英国のパンク・ロックにファッションとして真っ先に飛びついたのがこのお国です。(日本もだったけどね) ファッション業界にも浸透しまくってそれが日本にも輸入された経緯があります。 そんな感じがするんだけど…どだろ??

おフランスのファンサイトや、ジャポネ音楽サイトを見る限り、やはりファッションとか文化として流行してるのかな?って感じがします。 ちなみに 去年のJ-musicサイト に、例のプロジェクトに関する辛いカレーが嫌いな人のインタが載ってました。 一番下にTOP10アーティストが記載されてますが、な~んかファッションチックじゃない?? でもってこのモティーのカレーが好きな人は、活動は明確に決まってないとは言いながらも、シングルじゃなくってアルバムを出すとか、DVDはかなり確実とかはおっしゃってるようですよ(翻訳ページよありがとう!) とっとと無かった事にしてhoshi… あ、これ去年のインタだし。 それより私もモティーのあのカレーは大好物です♪ あっちを輸出した方がイイような…。

さて、あんまり嬉しくない話は置いといて、あ!と思ったら、Yさんも同じようなルートから情報入手だったのか?(笑)コメに書いてくれてますよ☆(いつもありがとう♪)
 「天翔る龍の如く」 の詳細 が王冠の公式サイトにアップされてました。 うふっ♪ 出演に 西岡氏と緒形氏のお名前があります。 そして、(どっかで見たんだけど何だっけ?) と思った (Yさんも同じだった/笑) DVDの題字は緒形氏なんですね~♪ (何故か喜ぶ) 「改めて追撮されたテコンドー氏の思索映像」 て~のが楽しみで仕方ありません!! (きっと難解なんだろな) 発行がN○Kエンタープライズで、販売元が日本王冠て事は、製造がN○Kで、販売ルートは王冠になったワケですね? 編集は当然N○K担当になるワケですね? なんか面倒な事になってないかな??とチラっと思ってたので、これなら誰も文句は言わないでしょ。 なんせN○Kあっての景虎だし、王冠も撮影の為にアルバム・リリースがずれ込んだ点ではデメリット食らってる振りが出来るんだもん。 大人の事情はどーでもいいけどDVDが益々楽しみです♪
あ、そろそろ怪獣達が帰って来るので暫くPCを落としておかなければ!

++ 追記 ++
どうにか 「篤姫」 無事鑑賞。 松坂さん@ドスコイ幾島がどんどん良くなって来ました。流石は伊達に普段から肉襦袢を付けていらっしゃるわけではなかったのですね!和服姿を想定しての事なのですね!?? いやあの貫禄は、誰にどう意地悪されようと 「良かったね!篤姫このオバチャンを老女にしといて」 と思ってしまいました。 正にベテランの味だわ。 
そして篤姫の輿入れ先の徳川家定役の堺雅人氏。 彼の役がどーも何やら裏の意図があるのか?そのまんま観て欲しいのか?が分りません。 もし、暗殺から身を守る為に演じている役だったら、あれは好演なんてものではないでしょう。 それ以外は毎回分り易い事この上ない朝ドラテイストは変わりません。 複雑なのが好き派には物足りない今年の大河、視聴率はそりゃーいいでしょ。 
そんなウハウハなN○Kに未だDVD発行の話を持って行くのも相当勇気が要ると一瞬思ったけど、これはもっと前に出てた話だろうから、未だ「篤姫」視聴率で悩んでた時期かな?そうあってくれ!もぉN○K「風林火山」忘れてるよキット。(虚しいの、の。)

怪獣を連れて注文してた本を取りに行きました。 「上杉謙信の謎」 と 「吉川英治歴史時代文庫・上杉謙信」 先の本は多分今Sさんが読んでみえるとコメして下さったものと同じだと思います。 やたら風林景虎を褒めてありますが、著者の代表作を見ると、歴史物でも、TVドラマ眼線で、規制概念に拘らない現実的な発想で書いてみえる方のようです。 どおりで、この手の著者にしては若いハズだ。 もっとこの年代の方に新歴史解釈をやって欲しいな。 でもそれだとどんどん逸話が否定されてくのよ(笑)

スポンサーサイト

18:52 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(27) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。