2008・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/03/05 (Wed) 出る杭は打たれるが、出すぎた杭なら…打たれた。

まさかコメント(日記)が出るとは思わなかった。 そりゃ残念だったろさ。 ムカついたってより本当に寂しかっただろなーと思ったワケです。

自分がいい事したつもりが、売名行為だのビジネスだの言われた事に対してじゃなくって、ご両親の気持ちの重さ。 それを考えると、戦友と残された家族に対して精一杯の事をしたつもりが、彼らが過去に巻き込まれて、誤解したまま別れなければならなかったそもそもの原因を思い出さざるを得なかっただろうな。 そりゃあ情けなくなるさ、この世がね。

親が子に先立たれるって事の哀しさを、知らないコドモが何を言ってもスルーする方法もあっただろうし、私は今回彼はそうすると思ってました。 でも内容を読むと、ご両親の区切りを付ける決意の悲壮感が、私の先立って逝った友人達の親御さん達とダブって、「これは鼻水じゃないさ!花粉症デビューかもしれないのさ!」 と思いながら読みました。 彼ら残されたご両親達は必ずおっしゃるのです。 「仲良くしてくれてありがとうね、忘れないでやってね。 何処に行っても忘れないでやってね。 お願いだから時々想い出してやってね。」 手を握り締めて必ずそう言われました。 親御さん達にとって一番哀しいのは、我が子の存在が人の心の中からさえ消える事なのです。

茨城のご両親は、卒業式おじちゃんの事を随分頼りにされていたと想像出来ます。 この先老いて行く自分達にとって存在したはずの我が子。 特に母親が男の子に感じる母性は、いつまでも「お母さん!」と何処にでも付いて来た小さい頃のまま、それはそれは可愛い存在としてその心に棲み付き、お嫁さんに焼きもちをやいたりまでさせるのです。 それだけに、卒業式のおじちゃんが大人になって行くその姿に我が子を見ていらしたに違いありません。 確か、お父様は一緒に釣りに行きたがってみえましたね。 明らかに我が子の代わりであり、卒業式のおじちゃんはその代役をしたり、いつも心に居る事を伝えに通っているんでしょう。

そんな罪の無い一般人の気持ちを踏みにじる心無い匿名の刺客達の存在は、卒業式のおじちゃんをちょっと変にさせたのかもしれません。 これは断言しますが、偽善で10年通えません。 出来るものならやってみなさいと言ってみせましょう。 これは綺麗事でもオタクの戯言でもなくて、実際現実にまみれたら、どんなに親しい間柄であろうと中々出来ない事ってあるのです。 
実際一昨年、末期がんの友人に会いに、引っ越し先の現住所から、生まれ育った世田谷まで何度も通いました。 でも年末仕事が忙しくて、どうしても行けない週末があったんです。 そしてその週末彼は還らぬ人となりました。 「来週CD持って来てな。 待ってる。」 最後のメイルだけが残っています。 こうゆう経験は、必ず誰にも平等に訪れます。 今回の卒業式のおじちゃんの話からは、「背中を押す」云々より、そっちの無念を感じました。 彼がわざわざ 「今年も言って来ました」 と報告するのは、いい人アピールではなく、誰にも忘れて欲しくないからに決まってるって事が解からない人が居るのは、ちょっと驚きます。 報告しなきゃ意味無いって事が解からないんだな…。



卒業式のおじちゃんは、そんな時はうさみんにメルしようよ! そしたらきっと今は「ぬらりひょん」になってるうさみんが、「景虎らしいじゃないか」 と返して来るに違いない!?
いくら学者さんでも俗っぽいなと思うのは、景虎が独り身を通した事を理由付ける時の発想です。 「風林火山」 を観ていた人は感じなかったかな? 景虎って、自分が影響力を持つ絶対的な手本になれば、世襲という形でその意思を繋げて行かない方が、より混じりけの無い自分の志が、後の世まで続くと思ったんじゃないのかな?? 世界のトヨ○が世襲制ではなく、出来る人間を社長職に置く事で成功した様に、血の繋がった誰かにその座を譲る事を書き残さなかったのは、意図的だったように思いました。 優れた者が越後守護を継承し、討ち滅ぼされるようならそれまでの器、次に出た者もダメならそれもそこまでの器。 でも越後の民にその心が浸透し、心酔されたなら、必ず自分の意思を継ぐ者は現れるはずです。 彼の考え方は、今の世にも通用する余りに進んだ合理性と人間心理を読んだものだっただけなんじゃないかと思う事があります。 

この辺の考え方が卒業式のおじちゃんの 「景虎らしい」 ところであり、似てるなと思うところです。 だから変人と言われ、理解されにくいのでしょう。 子供達に伝える義務感、しかも他人で不特定多数。 そのある種強迫観念の様な使命感がソックリだよ(笑) だったらそのまま貫き通して下さいませ! 他より丈夫な杭になって下さいませ! 憑依もした事だし。

なんだか今日はつられて変な話になちゃった。 あ~ら!まるで熱心なファンのようですわ~~!

スポンサーサイト

18:47 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(22) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。