2008・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/03/01 (Sat) 卒業式おじさん??今年も現る!

あーー今日もちかれだーー!と帰って来たら!

最近スタジオにYOU兄さんも来てたから、ひょっとして卒業式乱入?のリハ??とか思ってた方は多いかと。
今年はな~んと、あのkamiくんの母校に行ったんですね♪ 2月静かだなーと思ってた方も多かったかと…これで繋がりました。 計画済みだったんですねぇ。 kamiくんってなんだか今高校卒業してもいい様な少年っぽい人でしたね。 マ○スのメンバーが、脱退したGackt氏に対して出したコメントの中で、一番キッツかったのも彼でしたね。 この一連の件に関して、未だ神経質な方の存在を知らないワケじゃありませんが、あえて書きます。 あれら全てを受け入れて、Gackt氏はとうの昔に、様々な蟠りから卒業出来てるんですよね。 もっと大きな心でこのサプライズを計画したんだろな。 ファンがグジャグジャ言ったところで、現実は前へ進行してるのです。 亡き友にサプライズってのもオチャメよね! しかもその存在を後輩に改めて知らしめたんだから。 ちっちゃい男だったら、過去を葬り去る事を選ぶさ。

あれからもう10年、きっとその節目に何かやりたかったんでしょう。 実は、こんな陸の孤島にあるblogですら、過去の話や名前を出すとIPの特定がしにくい拍手コメから色々ご非難を頂きます。 でもそうゆう事自体から、もう卒業する時期だという意味でもあるんじゃないのかな?この企画は。 
Gackt氏が自己嫌悪から開放されたのは、端から見たら「とことんバカ?」な程のストイックな生活姿勢。 己の正義は世間とはかけ離れてはいるけれど、とことん己の美学を追及する事を楽しめるようになったのは、過去ありきの事だと思います。 悪意も悲劇をも糧とする事が出来る見本のような人になれたのは、きっと彼が昔の仲間を恨まなかったからだと思います。 それが彼の美学の基本だと思えます。 「生きながら伝説化する孤高のアーティスト」を作り上げたのは、哀しみと絶望、そして罪かもしれません。 過去も又愛おしく思う彼の強さを、いじらしいと思ってはみませんか? (色々な意味でね)←一言多い!


去年のラジオリスナーの男の子との約束、今年と言い、大きな意味のある卒業式サプライズだったから、恒例にはして欲しくない気がします。取り敢えず、月曜の「目覚し」あたりはチェックですね♪

それから昨日書いた 「WBC世界フライ級タイトルマッチ」 のTV放映は、3月8日 (土曜日)19時からTBSにて放送です。 「君が代」 は7年前からどう変化してるのかな? 楽しみ♪

 

スポンサーサイト

20:23 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。