2008・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/02/25 (Mon) 赤いおべべ再び

テコンドーの人の筋肉はどないなってますんやろ? ここまで自由自在に自分の肉体を改造出来る人って羨ましい…。 ここまで筋肉付ける必要性は何??

誰もがこのローヴを観て、思ったよね?? ひょっとして、た○のさんちに 「ツアーの協賛したげるからお脱ぎっ!」 って言われたんじゃないかって (注・そんな話は全くありません) 勿体無い!あぁ勿体無い! 私なら、大河よりももっと予算をかけて衣装作って、あれも着て欲しかった、これも着せたかった…と山程着せるのに。 脱がせなんかしませんわ! てかこれ何の撮影なんだろ??

先日ついに 「苦い勝利」 にて 「若君!」 「景虎さまぁあ~!」 を再度拝みました。 本編放送時、ドッキドッキハッラハッラしながら観た余り、萌えどころを確認しながらも、何がどー変なのか解からず、胸を張って萌えられなかった回なんですの。 
10代の景虎ちゃんよぉ~! 「若様」よぉ~! 赤いおべべ着てぱちくりオメメの、寺から引きずり出されて虚しい景虎ちゃん再び (顔面溶ける) あの眼の開け方とか、声色とか、立ち振る舞いとか、微妙に成長してったね~。 これは今更ながら感心だわ (お祈りポーズ) 最終回の陽炎の様な政虎さまもそりゃ~涙出そうにお素敵だったけど、赤いおべべの景虎ちゃんは、どぉにも愛らしいではありませんか! ほんと~にあの短期間で、若様から軍神になったんだね~(感無量)

本編では、演技や演出、脚本なんかの事を考えて、どっちかと言うと 「頭で観てた」 感があるけど、再見は自由に観られていいやね♪ 頭で観るとつまんない事しか閃かないけど、彼の音楽と同じくして、自由に感じて、意味を考えてと、同じ手法で観てみると面白いかもしれません。 

高梨のおじさんは上品で好きさv (砥石崩れの時に、村上とはなから和議を結んでたって話しに出て来ただけでは勿体無い!) 栃尾城主の本庄は、この越後冒頭のシーンがインパクトあったのに。 最後までもちょっとキャラ反映させて欲しかったな。 本来彼と大熊の領地争いのいざこざが景虎の出奔に直接繋がったのに。 あの辺は 「軍師と軍神」 での重臣会議のみだと解りにくいよね。 それを思うと、宇佐美はどうにか出来なかったのか?って前あった疑問は、「親から受け継ぐ忠義」 と言う余りにデリケートな問題なのと、景虎の忠義のベクトルの方向が全く違う方向いてた頃の話だから、難しかったんだろな。 それに宇佐美と大熊の関係は、景虎が宇佐美の元を訪ねた時に、始終難しい顔で後ろに控えていた大熊。 宇佐美が決意した時の顔も。 同じ上杉の同胞とは言え、微妙な関係だったんだろなと。 後から一人一人をジーっと観てると役者さん達の演技の細かさには再度感嘆です。

でもって、自由な事(どーでもいい事とも言う)を考えてると、本庄のおじいちゃんと景虎の中の人が、待ち時間なんかで何喋ってたんだろ?? ど~にも想像しにくいんですけど。 あ!けど中の人っておじいちゃん好きだから、きっと色々お話はしてたんでしょう。

あ、そうだ!この間、三条夫人が嫁入る時のシーンを再度観て(ほぼ忘れてたシーン)そもそも、景虎があそこまで 「上洛」 と拘ったその都自体、あの時代ほぼ崩壊していたにも関らず、その復興を全てと考えた景虎って、幕末の何方かさんみたいだな~とふと思いました。 信長とは全く逆の保守思想の持ち主だったんだな。 彼が志半ばで去ってしまったのも、時代の運命だったのかもしれません。 これ考えると面白くなるし哀しくもなりそうです。 室町幕府ってあの頃どんなんだったんだろ? それに仏教自体がどんな存在だったんだろ?? と興味は尽きないのです。

スポンサーサイト

21:45 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。