2008・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/02/08 (Fri) 歌舞伎 ・ 宝塚…

今日は予定通り 33話「勘助捕らわる」 を鑑賞しました。 この回って特に好きなんだけど、今観ると、台詞の内容等など、最終回に直結してるな~と思って又ジンワリ…(うるうる) 勘助と景虎の関係ってのは、ひじょ~~に魅力的だわよねぇ (何度言ってるんでしょ?)  

景虎が宇佐美に、捕らえた勘助を晴信がどうすると思うか?問うシーン、「寝返るよりは討たれる事を望んでいると思う」 との答えに、景虎は 「虚しいの」 とぽつりと言います。 まるで最終回の政虎最後の台詞の予告のように思えます。 ジ~ン…。 この時は勘助に対する情が露なのに対して、最終回では押し殺している辺り、泣けて来そうだわ~!(発作)

そう言えば、景虎の妙な台詞回し、あれは最初不慣れだからだと思ってハラハラして観てたんですが、今は余裕なのか?(そうよ!) 緒形氏の表現で言うところの 「謳うようで謳わず、謳わぬようで謳う」 と言う、独特の台詞の謳い上げを考えてあったのかな? と思ったりして。 あの声色の微妙な変化で成長を表現した事から、ただ我武者羅ではないだろうと。 なんだかご本人もそんなようなお話してみえましたよね? 

それを思うと、異文化決戦だったこのキャスティング。 歌舞伎役者、舞台俳優、ミュージシャン…その昔、景虎さまの中の人が在籍したバンドが新しい文化であると表現した人が、「歌舞伎、宝塚、マ○ス ○ゼル」 と書いていた事を想い出しました。 このご縁の予兆ってあったのかも?

縁を手繰り寄せた人達が、その必然による縁を実感する時、我知らず涙となってこぼれたのも当たり前の事だったのかもしれません。
昨日 「越後潜入」 を又観て、景虎が自分の国主としての意思表示をするシーンの事を書いたら、松山くんがコメで貴重な情報を寄せてくれました(いつもありがとね♪) あのシーン、宇佐美も勘助も眼がうるんでいますよね。 あれって撮影見学の方の情報によると、お二人は涙されていたそうです。 話の流れ的に使われなかった表情なんでしょうが、貴重なお話でした。 又ジ~ン(エンドレス)

ちょっと暇が出来たら、勇気を出して又第一話から観てみよっと(勇気が要るのは又ハマるから/笑)

スポンサーサイト

00:02 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。