2008・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/02/01 (Fri) 春日山城より愛を込めて

今TVで又 「デス・ノート」 やってます。 何度観ても好き~。 L好き♪ 指が好き手が好き♪
「日本の皆さん初めまして。Lです。」  ←バカ


それはさて置き、今日はとある方のお誕生日ですね。 今年も景虎さまの中身の人は(忙しくて一瞬素に戻ったら名前すら書けなくなってきた)マックス・コーヒー発売地区に行かれるんでしょうね。 謙信頑張ったよってさ。

毎年覚えてたら、今日は 「Regret」 と 「波紋~協奏曲」 を聴きます。 彼らの共演を聴くと、いつも目に浮かぶのは何故か 「海」 。 しかもエーゲ海じゃないの。 日本海! 浜辺でもなく、船も雲も人も存在しない、ひたすら碧黒い海。 
ステージのライディングの印象のせいとかそうゆう問題でもないのね。 音のうねりが水であって、しかも河とかの規模じゃないの。 海そのもの。 美しいけど、ある時は怖ろしい牙をむく。 黒く深く波頭の白はあんまり見えないから、水中のイメージに近いのかな?

ドラムスが入って来ると、途端に海はそのうねりを変えます。 強い感情、暗い空が見え風が吹き、でも難破しそうな船は観あたらず…。 人と言うより、海自体の感情がうねるような不思議な空間を作り上げます。 キーボードの音と共に水の世界は優雅なゆらめきに変化し、空との境界線を無くしたかのように一色になって又暗い海の底に戻って行く。

ソロになってからは、他のメンバーの衣装チェンジの時間にピアノだけで歌う曲を入れる構成になりましたが、それでもピアノの音が海をイメージさせる事は変わっていません。 何故なのか? 深く考えるのが勿体無くて、いつも 「あの人が海だから」 で終わる事にしています。 

が、去年春日山城に存在した景虎に心を馳せた時に、あそこから同じ海が見えたのかもしれない? と、ちょっとウットリ、同時に怖くなりました。 触れたら斬られる狂気を孕んだ美しさは、海のイメージに似ているのかも?

人それぞれにイメージがある事でしょうが、お2人共、名曲達をありがとう。

Regret
波紋~協奏曲

スポンサーサイト

22:38 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。