2008・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2008/01/31 (Thu) 今日でお別れ公式サイト

こんばんわ♪ 毒入り餃子なんて食べてませんか? 大丈夫でしたか? 怖いよねー。

さて、今日で1月も終り…な~んて思ってたら、今日で 「風林火山」 の公式サイトもクローズなんじゃないの! そんなの許せない!(??)って事で、ジタバタ今までまるごと保存してました♪ ちゃんと保存出来てるかしら? ちょっと不安。 取り敢えず保存した 「つもり」 なので、何かの時はお声をかけて下さいませ。
ここまで愛されるドラマを作った事を誇りに思って大目に見て頂きたし。●H●


そして!な…な…なんと! 「訪ね曲・その2」 が奇跡的に見つかりました! 書いてみるもんだぁ。 通りすがりのS様 本当にありがとうございましたm(__)m 改めてお礼申し上げます。 
いや奇跡だっ!!
嬉しいからペッタンコしちゃおっと。 これが 「ゆうせん」 で流れてて気に入った曲 「EVERLASTING」 一時期はギターばかり聴いてて、「歌」なんて聴いてやしなかったのに…。 お陰で最初から歌詞を聴く習慣が無いので、いつもワケの分らない説明になるのよね。 でも、前の訪ね曲の時と言い、世の中親切な方がいらっしゃるものだ! 越後方面に向かって感謝しよっと (だって情報提供者の方々が何処にお住まいか分んないし)
 
日本はもうRock輸出大国になれるな!♪

スポンサーサイト

23:27 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/29 (Tue) おハイド様のお誕生日に

今日は我らがお屋方様も 「理想のタイプ」 とおっしゃる小悪魔ちゃんなおハイド様のお誕生日です。
 ゚*☆*・゜hyde おめでとー! ゚*☆*・゜ ワタクシのイラストもどきの師匠で巨匠が壮大なハイバ企画をしておられます。 ハイディのファンの方是非覗いてみて下さいね! 「birtH」 (M ぽんアナタってば本当に天才だわっ!)
毎年今日という日はハイディのイラを描いて、師匠の元へ持って行くんですが、今年は「御屋形さまの亡霊にとり憑かれちゃってるよ(笑) by お絵描き仲間のHりんのお言葉」 この言葉通りそれどころではありませんでした。 そんな事を察したかのように、今日という日によ!

例のポストカードが届きました♪ おハイド様ってば「FAITH」をあんなに褒めたから?粋な計らいね(違うし) 送料+代引手数料が1000円…な~んてセコイ事はどーでもよくなる、美麗と言うより崇高でありがたいポストカードがっ!! 「龍の化身」 に載らなかった写真が10枚。 本編よりもアンニュイな感じねv お扇子持ったのなんてタマラ~ン!(でもこれは越後のお屋方様じゃないよね) 冬の間暇だから春日山城でこんな事やってたらタマラ~ン!(by 牢屋の勘助???) お値段以上の価値がある作品でした♪ もっと大きいの観たいな~(強欲) であずから来たメリクリ&あけおめのカードと共に神棚に保存。 いいな~。うさみんも内野氏もこんなんを傍で観察してられたんだもん(低次元な羨望だけど仕方ない!) 皆様のお手元にも届いたら、一枚づつ鑑賞しませうね♪ 

そう言えばNHKストリートで禁断のダウンロードなんぞしてしまいました。 「軍師と軍神」 のチャンバラシーンで使われなかった、別アングル撮りなんだけど…眼がイっちゃってて美麗よ~♪ あのシーンってやっぱり演技じゃないわ。 とリピートリピート♪

その迫真の演技?が評価されたようで、オフィシャルにも載ってますが、 『 「月刊TV navi」3月号のドラマ・オブ・ザ・イヤー2007(10月~12月期) の特集ページにてGacktが助演男優賞で1位を獲得しました。』 だそうです。 明日見てみよっと!
http://www.sankei.co.jp/tvnavi/
折角やったんだもん、何かの形でその成果に対する声が出て来るのは素直に 「よかったね!」


21:52 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/28 (Mon) 訪ね曲 その2

こんばんわ! 滝登りの調子はいかがでしょう? 余りに寒いので 「風林火山」 をもう一度最初から観て (レンタルあるんだったよね?ね?) 第一回から又遊ぶ野望?に燃えてます。 だって保存してある回観るだけで涙がチョチョ切れるんだもん。 いいものは何度も楽しもう♪  

この 「滝登りテンプレ」は、ちょっと自分を「どーどーどー!」と宥める為なんですわ、多分(笑) もっとホントの事言うと、顔塗らなくていいから(アハ) 気に入って下さった方々、拍手コメどうもありがとうございました♪ m(__)m それから 「景虎はもう出て来ませんか?」 の方、時間かかりそうですが、作るつもりです。 たまに覗いてやって下さい。ありがとうございましたm(__)m


さて、この間、「ゆうせん」から流れて来た曲に情報を頂いたご好意にイイ気になって、又訪ね曲! これも今日「ゆうせん」で流れてました。 でもって又情報が少ないんですが、何方か判りませんか? 特にメタルな方?(ホントにイイ気なものね)

■ 基本メタルと呼ばれるものだけど、正確にはハードロックだと思います。
■ ヴォーカルの発声と言い、日本語の発音といい、とーっても素直なヴォーカルで、あんなんこのジャンルで聞いた事ありません。 正統派で、解り易い素直なヴォーカリスト。 この人に興味があります。 クセも無く珍しいタイプ。 歌詞は日本語が殆どで、英語がちょっとサビに混じってました。
■ ギタリストが大々的にフューチャーされていて、とことんイングヴェイ・マルムスティーンが好きだろうと思われます。 あんだけのテクニックだと、多分一時「アニメタル」に居たやけに若いギタリストだと思います(多分)でも、その後あんな感じのギタリストがいっぱい出て来てたら分んない世界です。 
■ ギターはおそらく多分「ESP」の音だと思います。 てか、ギブソンのフライングVのミッドレンジの音を意識してカスタマイズされたものかもしれません。 マイケル・シャンカーやランディ・ローズの影響も感じられました。 それ程ギターギンギンの曲。(今時珍しい)
■ 歌詞の一部に「永久にさまよう??」 とか 「抱きしめて」とか聞こえたような…。
■ サウンドはバリバリですが、歌メロはキャッチーで聞き易かったです。 最後のヴォーカルとギターが印象的な、極端な話アニメのテーマになりそうな曲な感じがしました。

以上、例によってワケの分らない情報だけですが、知ってみえる方みえたら教えて下さいお願いしますm(__)m
寒い~! 皆様の地方も寒いですかーー!? さ、今日も忙しかったから「最終回」観てから寝よっと。(うるうる)

+ + 追記 + +
あ!忘れてた!「篤姫」 ついに、半分観て、半分はテンプレ画のアレンジしながら聞いてました。 そして思った。 あれは時代劇じゃないっしょ??

 

22:42 |音のある生活 | trackback(0) | comment(5) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/27 (Sun) 「滝登り」 応援テンプレ

勝手な事を書いてて怒られるかしら?と思ってたら、拍手いっぱいありがとうございました m(__)m 恐縮です 
誤解のないように追記しますが、昨日のエントリーは別に、「なんだか好きになれない。伝わって来ない」 と 「今」 思われている方も又同志だと言いたい事も解って下さいませ♪ 「今」 は所詮 「今」 だし、今後も変わらなくても、それ又全く問題無い事だと思います☆ 「風林火山」 は永久に不滅ですv


さて、今日は 「滝登り」 に参加されている方の為にテンプレ変えてみました。 今出来ました。 カスタマイズがいい加減なままなので、仮に。
あ!それから私が最近一番ウケたお言葉を拝借します。 お馴染みのSさんより(ダメだったら消すので教えて下さいね) 皆様の「滝登り現象」への応援コメ。

「鯉は登竜門を登りきったら竜になるそうで、皆さん頑張ってください(本当に滝登りするのは鮎や鰻ですが)」 最高~~!(笑) 心から労をねぎらって下さってるんですが、面白過ぎ! 間違っても鰻になって帰って来ないようにお願いします(笑)

寒いね~。今日昼間出かけてたから寒かった~~! 皆様お風邪に気を付けて下さいね! (松山くん はよ治ってね。 L change the world よ♪)

23:59 |イラスト | trackback(0) | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/26 (Sat) Visual Rock の品格

最近 「景虎症候群」 に陥ったお見舞い申し上げたい??方達から、熱~いメイルを頂く時、必ずと言っていい程書いてある事が、「Gacktさんの歌も聴いてみましたが、歌から感情が伝わって来ません。 何を訴えたいのか分りません。 景虎からは伝わって来たのに…」 的な事なのです。

いつもお返事書く時にどう書けばいいのかな?と考え込み、結局 「個人の感性とシュミの違い」 で終わってるんですけど (お返事した方々、分り難くてスミマセンm(__)m てか私じゃ分んないと思うよ  )

確かに個人の感性の違いなんでしょうけど、逆に質問したい事があって、「感情が伝わる歌」 って具体的にどうゆう歌なんでしょう?? もっと言うと、音楽って感情が伝わらなければいけないんでしょうか?? 変な例えですが、お洋服買う時に、デザイナーの意図や何を表現したいか考えて買うでしょうか? 絵にしても、映画にしても、音楽にしても、結局自分の好みであって、アーティスティックな作業の結果を鑑賞する時って「好き嫌い」の嗜好の問題だと思うんですよね。 ある人には、一つの曲から色々なメッセージが伝わって来るだろうし、ある人には何も伝わって来ないのは当然だと思います。 伝わったところで、それが表現者本人の意図する事かどうかも分りません。 正解なんて無いんだと思います。 だから 「音楽」 という手法が選ばれているんだと思うんだけどな。 違うのかな?? 私は個人的にそうゆう、ちょっと勿体振った処が好きだから、全部が全部 「これこれしかじかで、こうですーー!」 的な全部見せますなものは好きではありません。

もう一つ、何かからメッセージなり感情なり、何かを受け取れるかどうか?の半分は自分に理由があると思います。 私の場合、全く分らない音楽とか、映画、絵等など確かにあります。 どこがいいのか全く分らないけど、世間では高く評価されているアートって沢山あります。 それはそれで存在価値があるんだけど、私には分らない世界なだけで終わらせます。 伝わって来ない事に未練なんぞこれっぽっちもありません。

あくまで想像なので、気分を悪くされた方がみえたらごめんなさいね。 景虎ファンの皆さんの中に、「こんなに好きなのに、本業に戻ってしまって帰って来ないなら、こっちから行ってみよう。 でも景虎みたいに好きになれない。 それって残念!」 って思いがちょびっとあるんじゃないでしょうか? なんだか文面からそんな残念な思いを感じます。
もし、その想いが少しでもあったなら、あの役は大成功だった証拠であって、残念な事ではありません。 あの作品はずっと残るんですから、表現者として同じ人を好きな同志です!


景虎さまの中の人はヴィジュアル・ロックと呼ばれる、音楽と視覚効果の融合芸術で世に出ていらっしゃいました。 いつの間にか、世間は 「ヴィジュアル系」 という変な言葉を作ってしまいましたが、その時点で最初の彼らの志からムーブメントはあらぬ方向に変わって行ったように思います。 「系」 って何? 違う物も一緒くたにしたから 「系」が付いたように思います。 バンドの全盛期でさえ、その紛い物と比較されてたくらいですから、今現在突出する存在が無いのは当たり前だと思います。 

変な話、大変失礼に当るかもしれませんが、あの美●さんが「わたくしも元祖ヴィジュアル系よ。」 とおっしゃるのも、某3人組のお一人が 「元祖ヴィジュアル系」 と呼ばれるのも間違いではないと思いますが、あくまで 「系」 に違いはありません。 ご近所の幼稚園児も 「●●君はビジュアル系だから」 って呼ばれてますしね。 言葉ってそうやって変化して行きます。 でもそれに気が付かない世間の認識が、伝説的な大きなバンドを2つをカムバックさせる理由の一つになったと思います。

同志達よ!拘りましょう! 我国独自のVisual Rockが勘違いされて長い今、海外に堂々と持って行けるオリジナルはごく僅かしかないでしょう? そこは拘りましょう。 
淡々とした低音、それはある時は感情さえ無くした異形の存在のようで、ある時は悲壮感に充ち、又ある時は狂気そのものになり…ファルセットは会場の天井を押し上げる様に限りない空間を作る。 ベールの様に降りて来るあの空気は今も変わらないでしょう? 演じるのではなく、その存在そのものが、魂を振り絞るように歌いながら暗黒の空に還って行く。 あんなに繊細な存在って在るかしら?
どうしてあんなに痛々しいのか? 何がそんなに哀しいのか? 理由など突き詰めなくなくとも、決して代わりになる存在は無い事を知っている同志の皆様! そして 「風林景虎」 に果てしない魅力を感じる皆様! 「悪意と悲劇が紡いだ宴」 と  「義に生きる潔癖」 はどちらも 「一種の倒錯」 と言う意味では同じだと思います。 どちらも極端に純粋で哀しいから美しい。 決して代わりが見つからない存在です。

今何か残念な気持ちが心の何処かにある景虎ファンの皆様。 凛とした佇まいが痛々しいあの愛すべき存在は、多くを語らず、多くは姿を見せず、あくまで敵として未練の欠片も残さず、煙ったような大地の果てへ駆けて行きました。 もう二度と還っては来ません。
彼の多くを観せない美学はドラマでも完成されていました。 それを美しいと思った方は必ずや何かをきっかけに、又もう一人の本来の彼に逢える日が来るでしょう。 その美学は独自の拘りに固められた難攻不落の要塞です。 彼らが作り出した新しい世界のプライドだと思ってもいいと思います。 そこのところを解って下さい。 (オマエもな!って声が聞こえそうだわ!)

21:54 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(5) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/25 (Fri) 「めざまし」 で再会

今朝の「めざましTV」でうさみんに再会♪ カッケー!70歳であのお素敵振りって何??景虎さまの中身の人が「色気がある」って言ってた意味が解るわ。 ちょっと痩せられたのかな? それがシャープな印象になって、このお方からも優雅さと狂気を同時に感じられるな。

昨日 「ゆうせん」 から来る雑誌を見てたら、「ライラの冒険」 に関してのコメが載ってたからコピって来ました。 「極北の大地カナダ、僕はシロクマと出遭った。 1年後、映画の吹き替えは初めてで自信がない。 でも、大好きなシロクマの役だから。 シロクマ君、どうぞよろしく」 この方ってもう役を選ぶとかって次元じゃないんでしょうね? このお仕事も 「縁」 を感じてなんだろな。 「ゲゲゲ」 もそうだったし。 「風林火山」 も熊野古道散策番組からのご縁を感じてだったしね。

そう思うと、宇佐美という役にまだまだ残る謎の数々って、案外単純な理由で解決が付くような気もして来ました。 宇佐美と言うより、ぬらりひょんと言うより、シロクマと言うより、あれは緒形拳以外の誰でもないとか? そうゆう次元の解決への糸口があるように思いました。 全てを受け入れた人がやる事って言うの? 
今朝のうさみんカッコよかったv しみじみ渋いだけじゃなくって凄い雰囲気のある人だな~♪ 景虎ちゃんの中身の人が惚れちゃうのも解るっ! 
普通、70歳の俳優さんが、腰のリハビリと、シロクマの声の吹き替えの話してたら、あんな雰囲気になんないよね~。 情けなーくなると思うのよ。普通は。 華があるなぁうさみん♪ 宇佐美と違って艶消しじゃなかったよ☆

そう言えば、「龍の化身」 の野村誠一氏、次の被写体は 「横綱朝青龍」だって! 水着の女性には飽きて戦う漢に目覚めたのか? でもなんで朝青龍? 龍繋がり?? お楽しみにって…見てみたい気もするけど(別の意味で)

23:59 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/23 (Wed) おにぎり様 降臨

昨日から気になってるわよね? あのニュース。 越後のおにぎり様発見のお話! タイムリーだよねぇ N●K??
新潟日報
http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=2&newsNo=107674

謙信没後、しかも1年後のおにぎり様! こりゃ同じものを景虎さまも食していらっしゃった!と思うと、写真をマジマジ。 そう言えば名物 「笹だんご」 も 「風林火山紀行」 で宇佐美の時代に戦の常備食だったってナレーションがあったわよね。

「御館の乱」 について少し補足しときます。
1578年、謙信が病没すると、景虎と景勝は家督を巡り対立しました。(これが「御館の乱」) 景勝(卯松ちゃんよ♪)には、上杉景信(虎御前はこの人の叔母さんだった説もある)、本庄秀綱(本庄実乃爺ちゃんの息子、上洛の際に、太刀持ち役を務めた!)北条高広(長尾家→武田家→北条との同盟によって又長尾家、と身を翻したが、武将としては秀でたものがあり、関東方面の政治や軍事を任された) 達譜代の家臣の支持が付き、北条&武田の同盟軍による援軍が派遣され、当初は景虎が優勢だったそうです。

んがしかし、春日山城を抑えた景勝は城内の黄金(謙信が持ってたんだね)を使い対外工作に成功 (賄賂と言う)武田勝頼(四郎)の支持を取り付けて景虎を孤立させました。 四郎はそんな大人になったのか…。 信玄の訃報を聞いた謙信はお箸を落として(この人よくお食事中設定があるのに、ドラマではお箸で遊んでた)涙ながらにその死を惜しみ、「今こそ武田を攻めましょう」 と言う家臣に対して 「四郎ごとき成敗に値しない」 と言った逸話は有名ですね。

翌1579年、雪で北条からの援軍が来れない中で御館城は落城、景虎の妻は弟・景勝の降伏勧告を拒んで自害しました。(ここでも哀しいお話) 景虎は兄の北条氏政(氏康の息子)を頼って小田原城に逃れようとしましたが(因果は巡る)、その途路、鮫ヶ尾城主、堀江宗親の謀反に遭って自害を余儀なくされました。

謙信から寵愛を受けた北条からの事実上の人質、キラっキラな美青年としても有名な上杉景虎に関しては、こんな突拍子もない笑える記事もありました。
「こちらから」
ええ~~?!な、そこのあなた!でもご安心下さいませ。(別に喜んでる方はその方面で喜んで下さいませ?/笑) 近年、新史実が色々出て来てますが、長塚孝氏の研究によって、「北条氏秀」と「上杉景虎」は別人という説が通説になっているそうです。 その為、現在学術的には「北条三郎」と表記されています。 「上杉景虎」が越後に赴いた頃、「北条氏秀」は江戸に存在していたそうで、氏秀は北条綱成の次男であると考えられているそうです。 「上杉景虎」が「北条氏秀」を名乗ったことを証明する史料も存在しないそうです。 て事は 「美貌の上杉景虎」って謎の人物なんね。 なんかお素敵v 
その謎の人物が立て篭もってたお城の 「おにぎり様」 が降臨されたのよ今回! このタイミングで凄い話っ! 

21:25 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/22 (Tue) 砂糖菓子も又必然

■ 書きかけでenter2回も押しちゃったんで、変なトコで切れてた方ごめんなさい ■


さて、いつもの自分が何処かに飛んでいる皆様こんばんわ♪ お見舞い申し上げます 

昨日の記事にもいっぱい拍手と拍手コメありがとうございましたm(__)m 感謝してます。 で、大丈夫ですか?皆様?(笑)
拍手コメの中に面白い(と言っていいのかどうか?)コメントを下さった方が3名程いらっしゃいました。 Sさん! Rさん! Cさん! そ…それはお気のd…じゃない!良かったですね~  ←(悪魔!)
こちらのお三方は、ご自分が (私ってひょっとして景虎…好き?)と自覚症状が出たのが12月になってから、Cさんに至っては最終回…お見舞い申し上げますm(__)m  Sさんは 「嘲笑から始まった」 そうです。 これ又お見舞い申し上げますm(__)m 一緒にどうしていいか解らない「風林 休 火山 症候群」 を楽しみましょうね♪ こうなったらとことん楽しだ者勝ちですって!(多分) どうもありがとうございました♪


さて、そんな愛すべき依存症の方々の中で、昨日ペッタンコしておいた、ミッシェル・ポルナレフの「渚の想い出」(「思い」じゃなかった)が気に入ったけど、スペルが分らなくて検索出来ませんとのお問い合わせがありました。 思いの他気に入って下さった方がいらしてよかった~♪ 他の曲もペッタンコしておきます。↓に。 ベストアルバムが出てるせいか、iTunes Storeで単品買いも出来ますよ♪

この曲が頭に浮かんだ時は、丁度 「龍の化身」 が発売になった頃で、あの盛り上がりの中で、ちょっと話題的にズレ過ぎていたので、先送りになってしまいましたが、実際にゴソゴソ探して聴いてみたら、今頃?!ってくらい意外な事に気が付きました。 そしたら、松山くんが同じ事をコメしてくれてたんで、(あぁ、やっぱり小さい頃にあんなモノ聴いてた子は、景虎さまの中身に辿り着くのは当たり前だわ。) と思ったワケです。 実は偶然松山くんも小さい頃にミッシェル・ポルナレフを聴いて洋楽に行って、それから長い年月経って、例のバンドに至ったお人だったんですって! でもそれって凄く分る! 
我々表をチラっと見てるだけですが、その印象から考えて、「風林火山」の頃、緒形氏のお話をされる頃、「なんだか可愛いじゃないの」 と初めて思ったのね。 素がちょっと見えたと言うか、景虎の着ぐるみの背中のチャックが見えたみたいで、それこそマカロン食べたみたいな感じがしたんです。 その時頭の中に流れたのがあの曲。

23:11 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/21 (Mon) 砂糖菓子

この間 「訪ね曲」 な~んて(それじゃどの曲か大概分らん!)な事を書いたら、とっても親切にメイルを下さった方がいらっしゃいました。 Yさん本当にありがとうございましたm(__)m 絶対情報は無いと思ってたのでか・ん・げ・き♪ 手がかりが掴めるかもー?♪ 改めてお礼申し上げます。

それから、「風林火山」も終わってロクな事書いてないなぁ…と思ってたら、なんだかこの頃拍手をいっぱい頂いています。 「風林火山」で最高に盛り上がってた時と同じ位! これは何事?! と思ってふと考えた。 そうか!皆さまきっと 「風林 休 火山 症候群」 仲間なんだわっ! 想いばかりが募り、その想いすら何なのか解らず、何していいのか解らない…でもなんだか胸がお財布の中身と反比例していっぱい♪ なんじゃないんでしょうか? 何はともあれどうもありがとうございますm(__)m 

しかしなんだわねー。 多数10年程前に行ったっきり遡って来れない方々がみえるし(笑) 私?行って来ましたよもちろん(行き来するってより、同時に存在してる気がするけど) でね、改めて思った。 10年前の作品を今聴いても観ても、斬新でいちいち感動するのよ。 あんな事普通考えないし、考え付いたとしても…やれない!(笑)  10年後に色褪せるものなど何一つ作ってはいらっしゃいませんでした! て事は 「風林景虎」 も又10年、20年経っても、「あの時代はああだったんじゃない?」的な扱い方はされないと思います。 突飛なようで、実は最も普遍的な美を秘めた世界は、やっぱり他に類が無いのです。 あれは誰かがやらねばならなかった事で、誰も出来なかった事のように思います。 神秘の英雄にはこうあって欲しい! 幾種類もあるその理想像の中の一つ、一番実現不可な一つを観てしまったんだから、魂離脱する人も居るわよ、そりゃ。

なんだか最近褒めモードから脱出出来ないな、珍しい(ボソっ) でもね、眼力ビシバシも嬉しいけど、最近ちょっと見た事無い表情を観たでしょ?(ぬらりひょん?のお陰で) その時に頭の中である曲が流れたの。 小さい頃近所のお姉ちゃんが、若い頃買ったアルバムだってくれた中に入ってた、ミッシェル・ポルナレフの 「渚の思い出」。 バンド時代もフレンチ・ポップスの要素が自然に溶け込んでて(なんてセンスなんでしょv)って喜んでたけど、「渚の思い出」のフランス語の響きが、な~んとも言えない幸せと、ハァトがちょっとチクっとする、忘れてしまってた感覚を想い出させてくれたのです。 どんだけ変なんだ?この頃?…書いてて気持ち悪いよ自分!  メレンゲ、マカロン、みんな甘くて嫌いだけど、たまーに「フランボワーズのマカロンなら食べたい♪」とか言ってみたくなる事ってない?ないか? そーか…。 

今日は「Ju te veux 」 と 「au revoir」 の日にしよっと♪ そう言えば今日って旧暦では謙信公のご生誕日だ!(旧暦だからホントは来月ね) ジ~~ン。

渚の思い出

21:48 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(21) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/20 (Sun) ヤマイは続くよどこまでも

「篤姫」 に「誇り」と「驕り」を教えて貰いました。 毎回何か勉強のようです。 華が無いぞ~~!

レコーディングが始まったと知ったら、途端にホッとして、又 「風林火山」 を観始めてしまいましたわ。 (エヘっ) 本放送では色々文句言って観てた回を見直して、涙がバラバラ落ちて来たり…とっても変な現象が起こっております。 良かったな~v しみじみ。 この寒さが又ね、春日山城を思わせて…雪に閉じ込められた景虎さまを想うと… 「風林 休 火山 症候群」 恐るべしっ!  でも、あそこで終わるからいいのよね~わびさびの世界だわ。 もう観れないのがいいの、日本人の美徳v うっとりv

23:57 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/19 (Sat) 特注超大型トランクは余裕です

http://www.shwalker.com/shanghai/contents/spinterview/200801/index.html

今度は中国で何やら巨大なトランクを広げてらっしゃいますが、ここで(アハハ)と内心思っても、ホントになるから怖いわよね。 でも 「またー」 と呟く歪んだ愛情は皆あると思うのよね?

今年のツアーは想像を絶する規模になりそうだけど、それは楽しみにしとくとして (景虎効果でのチケット争奪戦は恐怖 ) この記事の 「ヴィジュアルバンド論」 はと~っても言えてると思う。 その主張としても、あの~、バックは考えて★ぃ。

もちょっとお仕事してから帰ります。 時間あったら又夜に。

あ!今日からレコーディングに入ったんだっ♪ばんぜ~い!!! 発売は春かv 春…いい響きねぇv でもいきなり歌入れって事はベースはもう前から作業が進んでたんだね。 リズム隊は誰が来てるんだろ? リズム隊も固定メンバーになんないかな~とは思うけど、あのお方に付いて行くのは大変だろう。うん。 てか、よくギタリスト2人が残ってると思うべきか?

ある暇人からメイルが入って、面白い動画があるとURLが貼り付いてるけど、今観れないの。 代わりに観といてねー!下に貼っとく。 面白くなかったらゴメン。

で、今からお友達と食事に行って来まーす。

14:19 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(13) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/18 (Fri) 「めぐりあい」 に見えるもう一人の軍神

「情熱大陸」 がちょっと見れる、某動画サイトの 「紅白」。 あれやっぱりYさんのご意見通り、コメント流しながら観ると最高盛り上がるね(笑)

さて、「RETURNER」(あ~全大文字表記って嫌い)も、今までやって来た事と、今からもやりたい事の要点を巧くシングル向けに纏めた秀作だと思うけど、 「めぐりあい」 って期待してなかっただけに、これ又中毒状態が続いてます。

景虎完結後、これ聴いててねと降って来た 「めぐりあい」 は 「風林火山」で得たものを必ず自分の音楽に持ち帰ると宣言した事が、もう具体的に感じられる素晴らしさ!
この曲って哀愁漂う哀しい曲なんだけど、いつもの彼のダークだったり悲壮感に圧倒される歌とは全く違う 「あたたかみ」 があるの。 あからさまな誰もが持ち得る暖か味とは違って、何がどうあたたかいのか表現し難い、苦難の果てに生まれたあたたかみ。 そしてそれには新しい可能性が提示されていると思うのね。 

新鮮なんて言葉は陳腐な、何て言うのかな? 歌唱法を変えてから、それが自分のものとして確立した事がそもそもの原因の一つなんだろうけど、 余裕が違うの! あのエンジェル・ボイスと呼ばれるファルセットもいつものとは確実に違う♪ 大サビのファルセットとギターとの絡みがたまんないわ~~(泣) 続く地声での高いキーも、近年無かった皮膚から染み入る叫びを久々に聴いた感覚。 

でも、それらの「哀」には、高い処から粒になって光が降り注ぐような、崇高なあたたかさが存在する気がするの。 そうそう、丁度景虎が人を超えてまで得たものの裏に常に孤独が存在したかのような「哀」 と 「愛」 の対比みたいな。 ドラマと同時進行のアレンジ作業とレコーディングだったから、大いに影響されている可能性はあるかと思います。 ある意味この曲って裏の景虎を感じられる最後の作品かもしれません。

「紅白」でのパフォーマンスは、軍神となった景虎(あえて景虎)の表の顔で、「めぐりあい」 は、ドラマでは描かれなかった、軍神が背負った孤独と虚しさを垣間見る事の出来る唯一の表現作品なのかも? だからこんなに「今」囚われるのかも? と、例によって思い込みながら聴いてます。


他人様の曲をカヴァーなんて永遠に無い事だと思ってたけど、「ガンダム」の富野監督が、オリジナルを歌ってみえる故井上大輔氏を偲んで 「彼は戦友だった。 彼の歌をGacktが拾ってくれて嬉しい」 と涙された記事を読んだ時に、ひょっとしたらただのカヴァーじゃないかも? と思ったのは気のせいじゃありませんでした。 「戦友に捧げる歌」 何故に巡り合ったのか? 2人の出会いにはちゃんと意味があったと、今なら解るとアムロは語ってます。 間違って買ったアムロ!いいよキミ! (誰だか知らないけど)

それにしても、このバンド(あくまでバンド形態なので)のサウンドは何時聴いてもたまらん! 次のツアーにはリズム隊、RYUとJukenのスケジュールを押さえて下さい! 申し訳ないが、最近いらっしゃるbassistは存在空間が違い過ぎると思うのって私だけだろか? 

11:55 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/17 (Thu) 13年前と…最近思う事

阪神大震災からもう13年かぁ。 まるでついこの間の事のようです。 お友達がいっぱいあちら方面出身だったから大変でした。 友達の弟くんなんて、高速が折れたトコで止まってたバスに乗る予定だったし、大阪からポリタンクに水入れたのいっぱいトラックに積んで日本海側から救援に行ったお友達も居ました。 
私は電話連絡係と、保存食や衣類買って来てダンボール積めしてたっけな。 上越だけじゃなくってまだまだ元の生活に戻れない方々がいっぱいいらしゃるんですね。 忙しい普通の日常はありがたい事なんだろうなーとこんな時だけ反省します。 ちょっと高いし、馬鹿みたいだなと思ったけど、景虎数珠くらいでしか寄付は出来ないから注文してよかった。 一日も早く心安らぐ生活に戻られますように!


さて、話題を変えて、昨日いっぱい拍手や拍手コメが入ってたんで、「何書いたっけ???」と思ったら、あ~~なる程! 皆さんも「百八つの煩悩」が目覚めたんですね!ヤッター!自分だけじゃなくって安心しました(笑) 皆様ありがとうございましたm(__)m
「風林火山」 ってとことん後を引きますね。 あれ以上何かをやって欲しいとか、今川スピンオフを!とかも思わないんだけど、「良かったよね~」といつまでも言っていたい気分。 「篤姫」 もそんなに悪くはないんだろうけど、圧倒的に魅力があって、「来週が楽しみ~♪」とワクワクドキドキする味を占めてしまうと、もう妥協は出来ません。

Gackt氏ファンとしては、越後はあの程度の描かれ方で良かったし、(もっと観たかった)とか(もっと越後を掘り下げて欲しかった)とは思いません。 敵役で、あんまり出て来ないけど、強烈に印象的で、もっと知りたい、もっと観たい、もっと勘助と絡ませればいいのにと思うけど、それが実現されない処に、独特の魅力を感じます。
「紅白」は正直あれだけの作品の後、心配だったけど、又もや嬉しい裏切りに遭い、あれを最後にスッパリ次に行ってしまうところが彼の最大の魅力だと思います。 いつまでも今の自分に満足していないで、次に行く。
次の活動の結果が届くまで、「風林火山」は「休火山」ではありますが、今からもず~っと愛おしく思って、時々発作を起こしながら(今起こしてるけど/笑) 次代に語り継ぐ「リアルタイム世代」として大切にしようと思います。 前も書いたけど、いい音楽や映画と同じで、終わったなんて事は無いんですよね。 ツアーやロードショーは終わっても、それがかつて無いものだったら、次世代まで愛され、リアルタイム世代は語りまくるもんね。

私があんまり興味が湧かない「篤姫」を観るのを忘れなかったら、一応何かしら書くのは、自分がよそ様にお邪魔した時に「篤姫レビュー」が書かれていると、ちょっと嬉しいからです。 去年一年幾つかの「大河」を取上げたblogerさんの元へ通わせて頂きました。 今覗いて見た時に、「篤姫」のレビューが書いてあると、「風林火山」も又生きてるなと何故か実感出来るんですよね。 なんでだろ? 別に書く書かないと、「風林火山」とは全く関係ないのに…。 

今日は「鞍馬天狗」も観ましたよぉ。 時代劇が始まったら一応チェックは昔から変わりません。 でもなんか特撮モノみたいだった(笑)

今景虎さまの中身の人の昔の写真を観てたら、あの方って昔っから景虎と似てたんだな~とつくづく。 一つ決定的に違うのは宇佐美が居るか居ないかかな?

うさみんのサイトに「ぬらりひょん」を演じることについて短いコメントがあります。 彼も又幾つになられてもチャレンジャーで、縁と感性を大切になさる方なんだろな。 もう一つ、興味深い言葉が! 「坐辺師友」を見て下さい。 70歳にして「刺激」を隣に置く人ってお素敵♪

http://ogata-ken.com/framepage-top.html

23:59 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/16 (Wed) ザ ・ 商魂

ところで、DVDってお幾らだっけ? と思ってア●●ンに行ってみたら…高っかー!Liveを控えたわたくし、アイタタなお値段なのね。 どっちか一つ(後編に決まってるが)ってワケには行かない…う~ん全部観直したいっ! 等など考えながら、(「総集編」 なんて誰が買うの?) と読み読み…え?!

NHK大河ドラマ 風林火山 総集編

出演: 柴本幸, ガクト(Gackt) ←(この辺どんな話なんか分んないと思わない?/笑)
【映像特典】
●特別編集「勘助、最期の暑い一日」
俳優陣・スタッフの熱き日々の様子をドキュメントタッチで伝える大河ファン必見のメイキング!

だってさ!何この 「大河ファン必見のメイキング」 って?? こうゆー事しないで欲しいな大河くらい…一気に購買意欲が無くなりましたとさ。 で…でも何が写ってるんだ?(小声で)

22:21 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/15 (Tue) 「オンベイ シラマンダヤ センチキ ヤソワカ」

「百八つの煩悩を一つ一つ焼き尽くすという意味がある」 と言うありがたい景虎さまのお言葉とは逆に、百八つの煩悩が眼を覚まし、何故か今頃、今月一ヶ月だけNHKストリートに登録しました。 もっと早く入ってればよかったー! 着メロもオープニングテーマにしよっかな?(バカ!) だって 「めぐりあい」 だと白い目で見られるんだもん 

愚か者っ!小市民の懐を滅ぼしてまで何の為にDVDまで待っておる!
生きる為じゃ~! お屋方様も勘助も忘れられ~ん!

「僕も、自分の中の煩悩を払いのけ、心の中の忌まわしいものが消えるように願いながら、真言を唱えていたんだ。」 そーかそーか。 早くアルバム製作始めてね!そうすれば皆さん落ち着くから…。

毎日やたら忙しいと、心に潤いが欲しくなりません? どうにか録画出来た回(機材故障中の為)を見直し、中の人のLive DVD を鑑賞し、ノベライズ本を読み…疲れて帰って来るのに、こーゆう元気はあるのよね。 明日の活力よ~! 

携帯サイトは、ネタをばらしちゃいけませんときつく書いてあるので、バラせませんが(当たり前)うさみんは感無量でクランクアップなさったようです。 (そんな事は書いてないけど、容易に想像出来る事が別の人のコメントにあった。これならよかろう。想像だからあくまで虚構の世界だ。) 終盤に近付くに連れて、変だなー?あんなに最初語ってたのに…?と思ってたのは、腰の事で取材出来なかったんでしょうね。 よかったv

そう言えば、「篤姫」 の公式サイトの 「よくある質問」 に堂々と 「「風林火山」のホームページが見たいのですが? 」 と質問してる方がいらした。 「よくある質問」 なんだろか? で、1月末日で公開終了だって。 今の内に目が変になる位眺め回し、読み込んでおきましょう。

夕べも景虎さまの中の人の世界に浸ってたら、創作意欲が湧いて来ました♪ 週末は素材用の写真撮りに出かけよっと! あ!景虎さまの中身用に貯蓄もしなきゃ。 歩きだ歩き、近場で済まそう。 
さて、さっき見たIKKOさんに触発されて??お手入れでもして寝ましょっと♪ (効果がありゃーいいが…)

23:51 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/14 (Mon) 訪ね曲

訪ね人ならぬ訪ね曲があります。 「ゆうせん」 でたまに流れてたんだけど、気になって聞き耳を立てようとする度、周りが騒さくて未だにヒントさえありません。

情報量が余りに少なくて曲の限定なんぞ出来ないんだろうけど、心当りのある方教えて下さいませ!お願いします m(__)m

多分ゆうせんでは、「J-Rock」のチャンネルで流れてたと思います。
ヴォーカルが、DASEIN の Ricky とかって人だとほぼ断定していいかと思います。
ドラムスもツーバスのドコドコヘビメタなんで、ひょっとしてDASEINの曲なのかもしんないけど、彼らってとうの昔に解散してるよね?
Rickyにしてはかつて無い程高いキーの部分が多い。 基本ヘビメタで、DASEINのような打ち込みシンセの音じゃなかった。 そんだけの情報しかありません。 

え?何故今頃? 気分転換に流しとくのに良さげだからマトモに全部聴きたいな~と思って。 そう言えばDASEINって日光江戸村で変な漫才モドキな事やってた動画があったな~。 特別に好きなワケじゃなかったけど、あのわざと歌謡曲した歌メロと打ち込みと大仰なドラムスのアンバランスさが結構好きだった。 精神が大衆歌謡曲なのとは真逆でお素敵だったな。 歌詞が知的だったし。 彼らって頭のイイ人達だったのかなあ?(全く知らないし)

今音楽ファイルの整理してたら、「秘密」が出て来た!これもいいな。 ついでに??chachaのソロもiPodに入れようと思って…忘れかけていた「Kagero」の存在を思い出したっ!!いかんいかん!これGackt氏歌ってたんよね。すっかり忘れるトコだった。 これ聴こっと♪
けど、昔のプログレオタクが泣いて喜ぶお人をサイドに回すってばなんて贅沢!(ウットリ) 

22:14 |音のある生活 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/13 (Sun) 薄~い!

薄い 「篤姫」 を取り敢えず今日も観てみました。 完全に朝ドラのノリじゃないでしょか?あれ?
「慈愛」 の次は 「役割」 らしいですが、観てるのが大人なんで、その辺はわざわざ 「今回のキーワードです的」 な提示をしない方が好き。 ヨーロッパ映画って絶対それ言葉にしないから好き。 比べる対象じゃないけどね。 聡明さを強調するのもいいけど、それが朝ドラっぽさに拍車をかける。 緊張感が全くないドラマだなぁ。 とことん去年の今頃に戻りたい(シクシク)

頼みの調所、平幹二郎氏、積み重ねって凄いな~と 「樅の木は残った」 状態の大木に宿る強大なエナジーを感じました。 だから余計に、調所があそこまで、於一に拘るのは不自然だったよーに思います。 あのメイクさんの仕事は良かったな♪
「ど…毒をくれ~!」 と投げやりにTVに向かって言いそうな薄さの中に、只一人濃い己と 「毒」を持った役者さんが出てたのに…今日でお別れ。服毒で。あ~あぁ。

西郷は誰だか知らないけど、雰囲気あるのに、大久保が原田泰造の意味がわからん。 ユウスケ・サンタマリアとか原田泰造って、個性が在りそうで全く無いのが使いやすいのかな? 高橋英樹氏は安心して観てられるけど、いきなり民放になる気がするのは私だけ? どーもあのお方はお江戸にしか存在してはならない気がします。

「薩摩お由羅騒動」 のお由羅が正統派の涼風真世さんってのは吉と出るのかね?(別に答えが欲しいワケではありません。今年は) この際コテコテの妖女でも出して貰わないと清々し過ぎて観てられませんわ。 
斉興の側室お由羅が、我が子を後継にと思うのはどこでもある話。 けどこの場合呪詛を使って斉彬の子供を次々殺害して行くワケだから、演出によっては盛り上がるハズなのよね。 今日なんて現に藩士が6人も切腹申し付けられてるのに、なんて清々しいお話!

今後、坂本竜馬役で、玉木宏が出て来るんでしょ? そしたらこの際宮崎あおいじゃなくって、上野樹里でも良かったし。 瑛太と三人で 「のだめ」 やればいいっしょ?ってくらい、ど~でもいい視聴者です。 どーでもいい事でも書いてるのは、心躍るネタが無いからなのよーーー! いっその事先週の北大路氏の着ぐるみ姿の番組の方が 「とことんダメ」 って意味では割り切れると思う中途半端な 「篤姫」。 ここ何年もこの軽いノリだったから、戻ったと思えばいいのかしら? 視聴率なんて絶対取れないと思うけど。 さあ、何回まで観るの覚えてるかな? 去年の日曜8時はドキがムネムネだったのに…(古っ!)

さ~~「毒」を得る為にマリスでも観ましょっとぉ♪ やっぱ景虎って洗練されたマリスみたいだったよなーとつくづく思う今日この頃。

23:31 |TVの時間 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/11 (Fri) うさみん退院

すっかり 「うさみん」 と呼ぶようになってしまった緒形氏、腰の圧迫骨折を手術なさってたんですね。 生真面目な方なのに、お正月の 「ぶろぐ」 が更新されてなくて変だな~?? と思ってたら! 「白野」 の時は大変だったんですね。 て事は 「風林火山」 で無理なさったのかしら? 
http://ogata-ken.com/framepage-top.html

ところで、G氏は力いっぱいメイルしてたんだろか? まずは退院めでたしめでたし! でも今からリハビリかぁ~。 「ぬらりひょん」 も入ってるし大変そうだな。


ところで、この頃 「四十九年一睡夢 一期栄華一盃酒」 文字面観ただけで涙出そう…末期の 「風林 休 火山」 症候群! DVD鑑賞はどんどん遡ってバンド時代に突入(一番危険地帯!)

20:27 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/10 (Thu) iTunesStore の めぐりあい

「タモリのヒストリーX」 を観ながら、iTunesStoreに通常版の 「めぐりあい」 を購入しに行ってみたら…。 ええー?!音割れがあるって苦情があって、リストから外されてる! まぁ音割れしたの買うよりいいけど、通常版 「めぐりあい」 に中々めぐりあえませんわ。

夕べは「DRUG PARTY」DVDで一人で盛り上がって、次に 「めぐりあい」 リピートが始まって、お陰で今日は眠いです (風林休火山症状)

そう言えば以前ANNの35周年記念企画ライヴで、オタ度の高いパフォーマンスがありましたが、私あのオタクっ振りの度合いが分りません。(ご承知のように余りに 「ガンダム」 を知らないもんだから)
この声真似っていか程なの? ガルマ・ザビ、 ギレン・ザビ 誰? ま、お陰で名アレンジ曲が聴けたからいいけど♪♪ 
「紅白」 の時 「よくあの長台詞を噛まないよね」 とか言われたてたけど、当たり前だよねぇ。 鍛え方が違うわ(趣味で)
http://www.youtube.com/watch?v=a87gJSNm9t0&feature=related
ちょびっつ懐かしいルックスだな~。 このエクステ嫌いだった(笑)

今、マダム小池栄子が、「花魁」 の語源は 「おいらのネエさま」 って意味だって言ってる! この動画にも一人居るな、おいらのネエさまが(笑)

22:29 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/10 (Thu) 風林 休 火山

だだいま~。なんだか完全にお正月ペースが終わると忙しいわ (働け!働け!)

「風林火山」 が終わって、水曜にステラを買う事もなくなり、本屋さんに意味なく毎日寄るのも終了。 
紅白でトドメをさされ、心置きなく幕がおりましたが、燃え尽き症候群を発祥するかと思えば、逆なのよね! 
なんて言うのかしら? この勢いを何処へ持って行けばいいんでしょ? 誰かいい方法教えてっ

取り敢えずは、「DRUG PARTY」 DVD観てから寝よっと

00:16 |風林 休 火山 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/07 (Mon) ベテランに何かが起きている

テンプレ変えたらやっぱトラブルあるようなので、仮に一番最初に使ってたのにしときます。 新しいのその内作ります。     

昨日の北大路氏の怪演!と言いたいが、演も何も次はもお 「バカ殿」 のゲストしかないくらいに凄かった。 今日職場のオッサンも驚いてたっけな~。

そ…そしたらわれらが「うさみん」こと緒形氏までこ~んな事を!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080107-00000007-sanspo-ent

仲良しの室井滋さんが出てるから?夏の続編はすんごい豪華キャストなんだけど、特殊メイクってば…うさみん 「風林火山」 で汚染されたかしら?? 「鬼太郎」 は元々好きで、実は特に 「一反もめん」 がだ~い好き 今度は景虎さまじゃなくって 「一反もめん」 との共演を楽しめばいいのか?? (どっちも好きだけど不毛) 「ぬらりひょん」 は鬼太郎版 信玄VS謙信みたいなものなんだけどね~。 うさみん遊び心在り過ぎ(笑)


夕べ見逃した 「情熱大陸」 にやっぱ美味しいシーンがチラっと出て来たようです。 探しに探して…見つけた!! ここ観れない人多いみたいだから貼っとくね。(このテンプレ検索に引っかかりにくいみたいだから今のうちじゃ!) Rさんと読んでて実はSさんだったSさん!ちょっとだけど萌えるわよ♪ と動画を貼ったら、プラグインが作動しません。 コメントレスも出来ないので、URLだけ。 URLだけだとすぐには観れないんだよな。

21:17 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/07 (Mon) 時代劇3本

こんばんわ。 今夜はバカみたくTVを観ました。 「あんみつ姫」 「篤姫」 「天と地と」。

私ってば、物凄くレベルの高い事ばっかり望んでたのね、N○Kに(今更伏せてどーする?) ゆる~い時代モノってコメディーはまあ置いといて、哀しくなるわ。

「あんみつ姫」 はちょっとだけ観たけど、中条氏と京本氏が出てて、もちょっとで 「必殺」 面白版になりそう…なーんて事は全くなく、途中から 「篤姫」 にチャンネル変えたら、あのOPの背景デザインってばクリムトのパクリですか? テーマ曲も全く印象に残らなかった。
あおいちゃんと瑛太くんが若いので、清々し過ぎて…てか後半どうするんでしょ?? 平幹二郎氏だけが、「あぁ大河だわ」 と思わせてくれました。 流石だの~。

その流石のベテラン、北大路欣也氏は 「天と地と」 で、いったい全体ど~してあの役をOKなさったんでしょ? 役はOKとして、ど~してアレ着ちゃったんでしょ??? 謎。 「華麗なる一族」 に続いて 「僕誰の子?騒動」 がお好きなのか? 
ほんと~~に去年一年間の有り難味を再確認致しましたわ。 ジェームス三木氏で期待した人残念でしたね (言い切ってるし) 

一年間何か張り詰めてたんだな~(今更ウットリ) 緊張感の無い時代劇って残念さが倍増なのよね。 普通のドラマより何故か残念度が高くなるの。 今日は 「風林火山」 ちょっと見直してから寝ましょっと。 「篤姫」 は早期脱落決定的だわ。 

あ!「情熱大陸」 見逃したっ!何か面白いモノ映ったかな?? 

00:03 |TVの時間 | trackback(0) | comment(3) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/05 (Sat) 明日から大河も時代が変わる

景虎完結の為、次のテンプレ出来るまで拝借して来ました。 不具合あったらお知らせ下さい。

                  + + + + +

明日からは 「篤姫」 が始まるのね…と思うと…。

「愚か者!一国を亡ぼしてまで何の為めに戦う!」
「生きる為じゃぁ! ぅ我が思う御人の為めじゃ~!」
勘助の妄執が余りに純粋であったが為に、それはもぉ 「欲」とは言えない。 それと同じ様に、挑戦状を叩き付けたかのような晦日の景虎パフォーマンスは 「我」 を超えて真っ白だった。

ど~よこのオタクっ振り!自分でも怖いわ。 そのくらい 「風林火山」 ってばよかったよね~。 あんなドラマに次いったい何時出逢えるんだろ? 「風林火山」 の1年かけた影響下で、紅白観たら変になってしまいました。 ドラマファンや役者さんのファンの方によっては顰蹙モノだったのかもしれないけど、あそこまでやったらいいっしょ?

「紅白に大河はナシでしょ?」 「万が一あったら局の要請だよね」 などなどぬかしておりましたワタクシ。 ドラマ自体のファンの方々に失礼であってはならない! Gackt氏の己の正義を貫く為にも、それはあってはならないとさえ思ってました。 でも、全てを超越したお姿を拝見して、自分がとっても常識人??もとい、小さい人間だった事を自覚しましわ。 いかーーん!そんなんではいかん!と。

だからどーするってワケじゃないけど、取り敢えず毎年恒例の事で、「篤姫」 を観始めはします。 何処まで続くかわかんないけど。 あ、それから明日はテレ朝でも新春時代劇があるのよねー。そーよね~。 
でも、単発の視聴率の意味って謎。 広報の手柄は確認出来るけど、沢山の人が観て沢山の人ががっかりした場合も、視聴率が良かった!って喜ぶんだろか?? そーゆー意味じゃ 「風林火山」 視聴率こそ取らなかったけど、コアなファンに受けた功績は近年無かった事じゃないかなぁ。 色々あったけどあっぱれあっぱれ! このドラマが残した功績にはそれこそ妄執してやりましょう! なんだか千葉氏が役者引退宣言の後で 「晴信燃ゆ」 に出演なさる気持ちが解る気がします。 


22:59 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/04 (Fri) もう一つの「風林火山」・「RETURNER」映像

今回はパフォーマンスは別として、「紅白」で使われた本編映像がとても好きってお話。 詳しく書きたいのは山々ですが、ちょっと時間が無いので、忘れない内に思った事のみ。 映像の順番が前後するのはご容赦下さいませ。

昼間やってた「総集編」が (自分で作ったものをああもスッパリバッサリ切って貼れるか?!でもあの短時間じゃ仕方ないか)と諦めたのに、「紅白」の映像は短さの中に隠されたものがピュアでいいな~と思って観ていました。

前半景虎の成長、それに関わる勘助と宇佐美。「いずれ成敗仕ります」 のシーンが、多分ご本人お気にだろうなぁと思っていたので、ここでまずツボに入る。景虎の印象的なシーンが綺麗に入っていました。

今回のテーマ、和洋折衷と女性目線の戦国の生き様に合わせて後半の映像は選択されていました。
別段勘ぐりもせず観ていた頃、平蔵が勘助の分身であり、生き残る者の象徴のように見えていました。 だから勘助を殺すのは彼なのかも? と脅威を抱いていた頃がありましたが、これは正解だったようです。 でも製作側の大人の事情で?平蔵の扱いが変わってしまい、その結果、観る者には、確かに平蔵が生還したかどうかは、はっきりとは描かれていません。 おふくを出す事でそれを匂わすだけに留まっています。 ヘタレ平蔵は世の見本の様に家族を持ってから、余計に私の中でもう一人の勘助として完結しました。

でも、そのヘタレ具合と、意味の無い扱いにされた平蔵がこの舞台に出て来てはいけません! 彼の存在は一般的であって、突出した存在感も潔さも無いんです。 ここはヒサです。 ヒサと子供達のシーンが出て来る重要性は、戦に出た人を待つ女の象徴として、ヒサが一番この物語で説得力があると思います。 ドラマの中での存在感は別として、彼女の役どころ自体はとても重要で魅力的でした。 馬場を相手に唾を吐いた回などは、今後この夫婦がどんな大きな存在になるかと思ったものです。 本来そうだったのかもしれない? とこの紅白映像を観て再度思ったものです。
彼女は実は登場人物の中で、誰よりも強い女だったのかも? メインのミツやリツに負けない強い女であり、母でした。 彼女達の子供の名前に十吾郎、ミツと付けてある事も、その人達の魂が未来へと続く象徴です。

もう一人、待つ強い女、由布姫。彼女も又母でしたが、まるで戦国武将のごとく、志半ばで世を去ります。 最後まで生き残ったヒサと平蔵と対照的に、由布姫の悲劇は原作から考えると物語の一番肝心な部分です。 戦国女性の戦いで敗れ去る者、でもそれは敗北ではなく、己の天命を全うした者のみに与えられる、夢叶わぬ故の哀しさと美しさがあります。 あのファルセットに相応しいシーンだと思います。

大井夫人が亡くなったシーン。晴信がそこに居なければならない理由。
仏門に入り、人間の全てを怖れる事もなくなった大井夫人が、それでもなお「貴女が見えない」と漏らす印象的な台詞。 その大井夫人の最期に天敵晴信が直接触れる大切なシーン。 あれも又戦国の母のあり方。 仏門に生きた人間の最期として、仏門に生きた景虎だからこそ重要なシーンでした。

板垣でなく、甘利の最期。
裏切った振りをして、敵陣に只一人乗り込んだ甘利は、単騎で信玄の本陣を衝いた政虎と同じ心意気だったと思います。 
笑って「若…」とその幻を見ながら逝ってしまった板垣も特出するべき人物ですが、ここであえて甘利というのは、笑って去って行く男の象徴は勘助でなくてはならないからだと思ってしまいます。 景虎にとって、そして演者にとって、勘助の最期は理想であり、理想の漢の生き様と死に様だったのだと思います。 その勘助を脳裏に焼き付けておく為に、敢えて彼の最期のシーンは別カットを入れ、板垣の印象でそれを薄れさせないようにしたようにも思い込めました。(もの凄い思い込み)
実際問題板垣のシーンは映像的に彼好みではなかったかもしれません。 後ろから矢の方が好きだし。 甘利セレクトは個人的に拍手でした。

信繁の最後、柿崎と共に映し出される。
まずこのシーンは色彩的に美しい。 赤い兜の柿崎は、プロモ・ビデオに出て来た戦士のようです。 本編を観ていた時も、スローモーションが不評でしたが、それは信繁を観ていたからでしょう。 柿崎の画としての入り方は美しかったし、あの赤と眼がよかった! 景虎にとって天敵であった信玄の弟にして、兄に対する「義」の心を貫いた信繁は、取上げられるべき人材だったので嬉しかったです。

そして、政虎と卯松のシーンも。 再度観ると景虎~政虎、随分変わりましたね。

宇佐美。 Gackt氏独特の第三者解釈において、この場合宇佐美が第三者のように見えました。 めずらしく、自身が第三者ではなく、景虎であり続け、宇佐美の目を通して観ているような構成は美しいし敬愛を感じます。


出陣の時、右にかかり乱れ龍の旗、合戦場とライヴ会場を同じに見立てるミュージシャン魂。兵士達の乱れの無い動き、例によって完全主義精神満載の緊張感は、あの短い時間で、出来る限りの事がやれていたと思います。 なんせ生だし。

「紅白」を通して観ていたら、いきなりあれが出て来ると、最初もぉ笑ってしまったくらいの大仰さでしたが、後から録画を冷静に観ると、どれだけ手がかかって、どれだけ大変な事だったか
よーく解って、「いっそあの流れで笑ってよかった」と思う出来でした(どんな愛?)

「もう一度会えるから約束したから」 までがご自分とライヴ映像 
「溢れるほどの愛で優しく包んで」 に上の映像と毘沙門天に祈る景虎の映像が全部入っています。
「永遠の眠りをください」 でライヴ映像に戻ります。
「溢れるほどの愛で優しく包んで」 がテロップで出ている場面は、祈る景虎と宇佐美のいつもの顔。 秒単位で計算する彼には意図があったのでしょう。多分だけど。

カメラが回り込んで後ろ姿を捉えた時、右に政虎になってからの白い毘沙門天の天衣と言われる薄布。 左に景虎時代の血の色をしたビロードの布。 多分ビロードの方は、歌う時に前から観た時、あの布が無いと形にならないので付けたんだと思いますが、天に羽ばたいて
いきそうな白い薄布と、血が滴り落ちるようなビロードは、景虎という人が、その両の肩に背負った天性の二面性を表しているかのようでもあり、又、景虎と勘助の生き様のようでもありました。

カメラアングルもご本人の細かい指示によるものだそうなので、全て意味のあるものだと思います。それが単に「そうじゃなきゃ美しくないから」って言われても。


00:15 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/03 (Thu) 「紅白」 舞台裏

お正月休みも今日まで。 帰省してみえる方や実家に帰ってみえる方も今日はお帰りの日ね。 気を付けて帰って来てね。 今から初めて出先より携帯更新してみます(見えなかったらゴメン!)

意味のない格式や常識を破壊した 「紅白」 の舞台裏がちょっと覗けるエントリーがあったので、ご紹介。 評判を呼べば呼んだで何かと言われますが、この際いっそ気持ちが良くなってきましたわ! 何が違うかって一つだけ 「覚悟」 なんだろな。

ご紹介するのは、もう毎度覗いてみえる方も多いかと思うけど、一応、「風林火山ファン」の為に。 「Returner」のPVで監督をされた下村氏のblogです。 あの兵士の中におられるのは存知上げておりましたが、お疲れさまでした。 下村氏は映画「どろろ」でもアクション監督を勤めてらっしゃいます。 あのPVも好きですが、今回も充実したようで、その様子が我々一般人にも伝わるblogって便利ね! 折角なので、みんなで拝見しましょっと。
http://blog.livedoor.jp/uden1/archives/50970855.html

ちなみに、「Returner~闇の終焉~」PV撮影時の様子は、5月9日のエントリーで読めますよ。
http://blog.livedoor.jp/uden1/archives/2007-05.html

共演者?「しょこたん」は、こー思ったらしい。
http://yaplog.jp/strawberry2/archive/19192
 

+ + 追記 + +

今回のバック・メンバーは、chachaとYOUは別くくりとして、ベースがNell様(どこの人か知らないが) blogに紅白後の事が書いてあります。 
http://blog.livedoor.jp/nellsama/archives/51382128.html

ドラムスはMINAMI様(これ又知らんがな)公式サイトにdiaryがありました。
http://www.loopash.com/minami/topics.html

だそーです。 Jukenって布袋さんトコのサポート行ってるんだよねー 布袋様とか毘沙門天様とか新年早々七副神とはおめでたいJuken早く帰って来て! やっぱりネエさま以外は185cm越えの大男がいい!(ボソっ)


数多い敵の接近を感じると 「褒めモード」 に突入するのがヤナ自分(爆)←気持ち悪いけどこれが治らない~ あー気持ち悪い。
昨日は拍手の嵐!ありがとうございました m(__)m

14:05 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(10) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/02 (Wed) 景虎さまからいつものアノ人へ

「紅白」 の余波は思いもかけぬ凄さですね。 現在15時時点で某最大動画サイトにて、再生回数が8位、91,815回です (おっぱっぴーじゃないけど全世界で。)
大河ファンや音楽ファンの間では色々言われ続けましたが、結局今までの 「紅白」 の常識を打ち破ったってか、みんなあのレベルを欲っしてたって事でしょう。 エンターティメントとして、あのレベルだったら日本国中、いや世界中が喜んで観るって結果が出たんだと思います。 

某巨大掲示板にも物凄く久し振りに行ってみたら、観てなかった人達が、評判を聞いて動画サイトで観るパターンが多いようです。 これって世間様の実情って事で、よかったよかった  報われない努力が多かった人だから、昨日は(ホントかなあ??誰が言ってんの??)状態でしたが、はっきり世間様の正直な意見に触れると、「あぁ良かった!」 と又近所のオバチャン復活! 「上杉さん宅の政虎ちゃん!凄いわよ奥さん!観た? そーよあの変わった子。血ヘド付けて飛びたがってた子よぉ!」 とかなんとか春日山城下も盛り上がってるだろうて。(そんな事は言ってない!)  

会員サイトでは新年の日記と 「紅白」 出演直前に撮られたと思われる、お屋方様最後のお姿での動画が配信されています。 これ両方共 「風林火山」 を観続けて来た同志の方々にもお見せしたい程です。 ちょっとウルウルします (私だけか??) 彼の 「風林火山」 解釈というのは本当に繊細で、(あ~~~!皆様にも読ませたい~!) あからさまに作品解釈として書いてあるワケではありませんが、文面のそこここに、戦国の儚さと、だからこそ生きる意味と実感がある、現代人が最も見習わなくてはならない大切なものが沢山詰まった時空である事がちりばめられています。

あの 「紅白」 での景虎は、第四次川中島後の彼だったように観えました。 声色の落ち着きと言い、貫禄と言い、異分野での新人ではなく、自分の羽ばたく空での自由と自信に満ちていました。 でもね、「紅白」 出陣前夜の日記には(こんくらいは書いていいだろう) 最後に 「景虎」 とサインされていました。 彼はやっぱり最後まであの 「景虎」 だったのです! なんか嬉しかったな~~

うちのblogの拍手コメにも、個人的なメイルにも、「やり過ぎ、見世物意見」 が結構ありましたが、(それは人それぞれの意見でご最も!) イロモノでない事は、あの「風林火山」映像の編集で解ったと思います。 昨日のコメントの部分にも書きましたが、あんなに短いながらも、歌詞に合わせて美意識の塊として仕上がっていたと思います。 「紅白」 の常識としては、「引く」くらい(笑)の大仰さだったかもしれませんが、エンターティメントってあんくらい、もぉ笑うか、固まるか、泣くくらいじゃないと 「革命」 は起こせないって事なんだと思います。 いかにも彼らしいやり方です。 ちなみにわたくし最初笑いました。 皆様どんなリアクションだったんでしょ??

さ、お正月くらいは、素直に褒めときましょっと  景虎さま 「風林火山」 ありがとうございました m(__)m 一生宝物にします。 そして今日からは又いつものアナタの歪なファンです。 同志の皆様!(「風林火山・景虎ファン」も勿論!) 素直にでも歪にでも極端に反発しながらでも、やっぱり気になって追いかけていく価値のある、今時めずらしいサムライよね~~!(お正月ウルトラ・スペシャル褒め倒しヴァージョン)←最初から素直に褒めればいいのに、昨日はラルクのアルバム聴いたよ (いやそろそろ聴く時期だったんだけどね) キャ!こっ恥ずかしいので、とっとと消えましょっと。

17:01 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2008/01/01 (Tue) 新年は 「めぐりあい」 で

あけましておめでとうございます 門松 本年も宜しくお願い致しますm(__)m

新年は 「めぐりあり」 で明けました。 夕べの 「紅白・最後の景虎」 は、なんでいきなり手の平返したごとくに好評なんでしょ??気持ち悪いんですけど。 (新年早々毒吐きまくりそうなので、以下省略) 合戦場に見立てたライヴ・ハウス設定は予想もしなかったな。 今年はLiveよ~~ どっか一箇所くらい当たるっしょ??(「風林火山マダム達」が多いって言うから甘いかしら?)

「紅白」 に関してはちょっとこっ恥ずかしいので、「風林火山」 の師匠、琉河さんの在り難いエントリーにTBさせて頂きました。 共に一年間 「風林火山」 でそれぞれの役者さんの成長を見守り、ある時は涙し、ある時は怒髪した仲間です。 是非飛んでみて下さい。 こちらから

22:27 |音のある生活 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。