2007・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/12/16 (Sun) 「風林火山・50」 手の届かない聖域を求めて

終わったね。 何にでも終りがあるんだけど、うさみんじゃないけど、終りが全ての始まりという事でちょっと元気を出そうと思います。

言いたい事はいっぱいあるけど、役者陣!ほんと~~に頑張った! プロ根性を見せ付けてくれたあなた達には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 それぞれの個性を活かし、共演俳優さんから影響を受け、それぞれが、どんな小さな役でもその人個人を創り上げた 「役者あっての風林火山」 だったと思います。 この作品が後世まで語り継がれる事があれば、それはキャスティングの妙だったと思います。 それしかありません。 どんな破壊活動があろうとも、最後までその人として在り続けた役者陣に乾杯です 

もぉ不満は書かずとも、皆様嫌という程目の当たりにされたでしょうから、書かないけどさ(今日だけかもしんない仏心は??) どんなにアホだバカだと言われてもいいっ!

よくやった~~~ あたくしアナタのファンである事をおおっぴらに言う事にず~っと抵抗がありました。 がぁ 明日は堂々と言ってあげましてよ!「 大河のGacktってよかったね~ 」 と。 後に上杉謙信となる人物を具体的に感じられたのは今回が初めてでした。 今まで謙信マニアが居たお陰で、色々想像はして来ましたが、具体的な人物像が浮かんだ事はありませんでした。 が、意外に近いところにそんな人が居たんですね。 あの神憑った人物を他に誰がやれたでしょう (言わせて言わせて!) 貫禄は他に出せる本物の役者さんが沢山いらっしゃるでしょうが、あの神秘性と激しさが同居した人物像は、誰にも醸し出せなかったでしょう。

熱演内野氏が、勘助がボロボロになっても尚、政虎目掛けて前に進もうとするその先に、霞んだように浮かび上がる馬上の政虎。 あのシーンは勘助が素晴らしかった一年だっただけに、その勘助にとってついぞ手が届かなかった神の聖域に至った軍神を見た瞬間だったと思います。 そしてその軍神は勘助自身が成長させた事を忘れてはいけません。 政虎はあの時何を思っていたのでしょう? 尚も前へ進もうとする勘助を置いて、身を翻して消えていく後姿は、その人生を一睡の夢と言ってしまう人物に他ならない、幻影のような存在感がありました。

プロの乗り手が乗っている騎馬隊は基本通りに綺麗に乗れているので、美しくはあれど、迫力がありませんでした。 政虎の騎乗姿は荒々しく、ドラマチックで、戦場においてはあの乗り方が説得力がありました。 観ていて気持ちがいい演技とは別の技術を披露してくれました。 勘助他乗馬に慣れている役者さんの馬が遅く見えたのは、あの重心を定めない無茶な乗り方にあります。 そういった隠れた技術を取得して、その上で、あの激しくも妖しい雰囲気を広大な大地全体に振りまく存在感は俳優さんでは不可能な事だったかもしれません。

いや色々言いたい事はあるけど(シツコイ!) 本当に素晴らしかった!一機打ちのシーンも乗馬の技術に気を取られる事なく、只一人の憎悪の対象目掛ける表情も説得力がありました。 知らない内に立派になったんだね。 と近所のオバチャンが復活したのは、ドラマが終わってからでした。 あれだけ文句の付けようの無い 「異質で偉大な武将」 を具体化した功績は誰が何と言おうとも褒めるべきだわ 
海外ツアーが2本も入った中、レコーディングも平行して、よくあんな事が出来たと近所のオバチャンは物語とは別に涙が出そうになりました。 

こんなに一つのドラマに熱中した事はかつてありません。 全ては登場人物の魅力にあったと思います。 今回初めてその素晴らしさに触れた役者さんの作品はこれからチェックして行く事にします。 そしてミュージシャンに戻ったGackt氏は、多分今まで通り一部景虎の要素を抱えたまま、あのオーラを振りまいてくれる事でしょう。 映像の世界で一回り成長させて頂いた彼にどんな変化があるか?とても楽しみです。

今日は本日のお話の内容に敢えて触れませんが、「風林火山」 によってお知り合いになれた方々、毎度ワケの解らない話にお付き合い下さった方々に心からお礼申し上げますm(__)m

スポンサーサイト

23:05 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2007/12/16 (Sun) 慈愛攻撃を玉砕せよ

一昨日の夜中から昨日にかけて、昨年亡くなった友人の一周忌に行って来ました。 他の友達も一緒のトンボ帰りだったから表参道に行ってる暇もなかったよ。(当たり前!)
2年半、明日があるかどうかも分らない友人と対話しながら、色々教えられる事がありました。 それはもう戦国武将と話をしているようなものだったんです。 彼らに諦めなどという言葉が無いのは確かです。 そして改めて愛すべきものを発見する力がありました。

今、勘助をあちらの世界へやる気満々なNHKの最後の大アピールの中、脚本の中でどうしても解せなかった事、 勘助、そして実は景虎も同じだったある事について書いておきたいと再度思ったわけです。 あ~今日が最終回なんて嘘みたい。


「風林火山」の中でいとも軽々しく台詞に挿入されていた 「慈愛」 と言う言葉。 脚本家氏はこの言葉の意味をどういうつもりで使っているんだろう? と毎回思っていました。 おそらく脚本家氏の 「慈愛」 は、辞書に書いてありそうな(実際調べてないので分りませんが)「親が子に対して、いつくしみ、かわいがる様」 を想定して書いてみえたのでしょう。 毎回取って付けたような、とても軽い言葉に聞こえました。

 

18:30 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。