2007・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/11/29 (Thu) 危険な未完の大器、あれは景虎

やっと「龍の化身」が来ました! でへっ!かと思ったら、神妙になっちゃって、もんの凄く静かに鑑賞して、緒形氏のインタを読んだとこです。 謙信でも政虎でもなく、あれは景虎ですわ  (泣くなってば!)

取り敢えず、記者会見の動画だけペッタンコして出かけて来ます。
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00038/v01367/v0136700000000416341/

さて、今聖書を拝読したわたくし、又しても 「でへっ!」 ではなく、椅子の上に正座しております。

いい時期に出たなぁ  今まで、特にここ何話だ? 高野山の後からずっとよ。 しっかり描かれていなかった部分が、本人のコメントによって明確になり、そして川中島への期待でいっぱいになりました  写真も川中島決戦撮影中のショットが一番イイっ  (拝むよもぉ) あれは景虎その人に違いありません  (どうだっ!突っ込みたくもないイタさでしょ)

これは只の写真集ではありません。 「美意識の哲学」 を言葉と写真で解り易く説いた哲学書と申してしまいましょお  (再度拝む) この取材と文担当の朝妻氏、ほぼ広瀬氏と同化したがごとく、「パターン」にハマっておられます。 そして読んでる方も又してもその「パターン」にハマるのです。 「スター」などと言う単純な言葉では括って欲しくない (最高の褒め言葉として選ばれている事はよ~~く解るけど) この人の美意識ではちょっと違う言葉だと思います。 スターなんて、そんなにすんなり理解されるのは面白くないと考える人だと思うのよね。 この写真集で浮いているのは、「スター」と言う言葉と、実際の現代のスター達の名前。 一瞬にして景虎の世界観が消えています。

そして、緒形氏すらも 「素をみせればいいのに」 と思われていらっしゃるようです。 そうゆう意見は昔からありました。 広瀬氏がそれをメディアが利用するのを怖れていらしたように、超弱小一ファンの意見として、それはもっと歳とってからでもいいんじゃないかと思います。 彼の美意識に置いて、一つの芸術を完成させるに当たり、ある種の気ぐるみを着る必要があったら着ればいいと思うのです。 己を晒す事が表現の全てではありません。 その代わり、自分の求める創作の過程に置いては全てのセッティングを完璧にする為に己を晒しまくるんだから。 「Seven」(FC限定ビデオ)はその為に自分をシニカルに観せた、いつもと逆のサプライズだったと思っています。

おそらく、意外な面を観て、「勿体無いから、それを見せればいいではないか!」と思う方が多いのだと思います。 只、彼の設計図は余りに綿密で明確なので、それを狂いなく作り上げる為に、ある種 「自分をプロデュースするもう一人の自分」 の存在が必要で、本来の彼は時と場合によってどちらにも入り込めるのです。 そして、その「本来の彼」は、たまーに見え隠れするから 「ドキっ」とするのであって、いつも大っぴらに晒していたら案外つまらないかもしれません。

ちょっと勿体ぶったこの手法が個人的には大好きです。 着ぐるみの後ろにファスナーを見つけた時の喜びを知ったら辞められません(笑)

彼の追求するものは、今も昔も一貫して変わりなく、その異彩から誤解を受けがちだけど、誰よりも基本的で普遍的なものを追求しているんじゃないでしょうか? 今回数々の縁が重なり、景虎とGackt氏自身が実はよく似ていたという結果は、偶然ではなく、必然だったのかもしれません。

今まで謙信に関して、好きではあれどつかみどころがなく、理解出来ない部分は全て 「変わった人だったんだろな」 で終わっていた方は多いと思います。 今回 「風林火山」 によって、景虎は何故そこまで極端に生きたんだろう?の疑問が自分なりに納得出来、そして着ぐるみの後ろのファスナーがちょっと開いてました。 「いい意味で大人にならなくてもいい」 初めてそう思う事で、景虎とその中の人の縁は呼び合ったのかもしれません。 見事にそれが写真というアートになりました。

週末に又じっくり観て、今度は萌えよ~っと(笑) てかなんか意味が分んない話になちゃった。


Yさん&Mくん! 情報ありがとうございます♪ 読むもの多くて嬉しすぎ! (アマゾンは大変遅れております。12/3発送予定に変更になってるよ。) 折角お二人から情報を頂いたので、分け合いましょう~♪
http://www.nichigei-bungei.info/archives/2007/11/2.html
内野氏のインタとっても興味深いです。 勘助も又途中から人物設定が曖昧になって来ました。このインタを読んで川中島に臨む事をお勧めします☆ やっぱり役者さんは違うわ! 高野山の撮影現場の写真も楽しめますよ♪

明日早いのでコメントのお返事明日になります。ごめんなさい! コメントありがとうm(__)m

スポンサーサイト

18:32 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/28 (Wed) 「龍の化身」前夜

まずは今日のニュースだけペッタンコ。
「龍の化身」は今日発送されたとメイルが来たが、アマゾンめ~! 「N/S EYES ON 」 は明日発送だってさ。 (凄い売れ行きみたいね!) 本屋で買った方が早かったか?! と思ったら売り切れ売り切れ!

■今日の「龍の化身」出版の記者会見の記事 (これが一番丁寧)
http://beauty.oricon.co.jp/news/50003/
■宇佐美マニアに嬉しいのはこれ
http://www.chunichi.co.jp/
chuspo/article/entertainment/news/CK2007112802067896.html

■でも! 公式サイトのこれが一番ジ~ンと来るよ♪
http://www3.nhk.or.jp/taiga/blog/index.html
■タナボタなNHK出版。予約だけで2万冊だってさ。
http://www.nhk-book.co.jp/recommend/gackt/
■今後の雑誌発売予定 (音楽雑誌です)
11/29 日 「FOOL'S MATE」 1月号
11/29 日 「ARENA37℃ SPECIAL」 vol.40
■ステラ
「みな、心して出陣にそなえよ!」 で 「はい!」と買って来てしまいました (ここまで来たらバカにあらず) ネタバレると嫌だから、亀さんのインタを読んで武田側の決意も知っておこう!と思ったら、なんかも~怖いもの観たさで 「風林火山・晴信燃ゆ」 が観てみたいよ 


今朝テレ朝で会見の様子観ました。 それはいいとして、「え?」 と思ったら、同じ事をコメしてくれた方がいらせられました(笑)
テレ朝さんは、NHKが「風林火山」の製作を発表した後、去年のお正月特番に 「風林火山」 をぶつけて来て(へ???) だったんだけど、 今回、それも今日、今度は「天と地と」を50周年記念だかなんだかに放映するって発表しましたとさ。 何かメリットがあるんだろうか? 謎。
キャストが又凄いのよこれが! 毘沙門天=北大路欣也さんって何? 「華麗なる~」で復活した欣也さんが毘沙門天の役?! 分らん…。 これ観たらタナ~カ君も神に見えるかな???

http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20071128-288637.html
取り敢えずは 「二匹は居ないでしょ」 と言いたいのさ。


月曜から、いつもの倍の拍手! どうもありがとうございますm(__)m ひょっとして皆様 めちゃくちゃムカついてない??(笑) 「決戦前夜」 の 「我こそが毘沙門天なり!」 の意味が全く伝わってないと思われますよね  あの極端な自己犠牲的発想を 「狂気」 だって言ってるのにさ。(違うのか??) あれは悔しいなぁ。 川中島ではきっと動く 「龍の化身」 が拝めるでしょう!うん!そうに違いないっ!

20:23 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/27 (Tue) 補足不可

「決戦前夜」の補足を書こうと思って、「いったいどの部分が省かれたのさっ!」 と勢い良くノベライズ本の 「関東出兵」 と 「決戦前夜」 を読んでみたら…え?えぇ~~  省かれた重要な部分があるのかと思い込んでたのに…無い!ないの~ 

この話ってば何が言いたいのかさっぱり解りません。 自己補足して、ご贔屓の意図を汲み取り汲み取り頑張って観なきゃいけないんでしょうか? 物凄く頑張ってるんですけど今 

さっき頂いたコメのお返事にも書いたところなんですが、「関東出兵」 と 「決戦前夜」 は、勘助と景虎~政虎の負の部分を先にクローズアップし、次にそれをどう乗り越えて最終成長するかを描いた、「対になるエピソード」 のハズだと思ってるのは私だけでしょうか??  

両回共に解り難く、自己補足しないと意味を成さない作りってばどうでしょう(呆) 「関東出兵」 で 「大森・田中」とハンコを押して、「決戦前夜」で修正液付けた「大森・田中」のハンコを上から押して…結果何も残らないどころか、きっちゃないハンコと修正液の跡だけ残っちゃったみたいな出来に思えます (変な例え)←変で充分じゃ。

川中島に向かって、ここをしっかり描いてないとキツイな~。 でもまあリセットしたかのようなキャラで皆出て来るんだろうから、もう別モノとしてラスト3回は観よう! と思ってはいたけど、こうも製作者側に深い意図すらも無いと解ると、後は役者さん達の真意を受け取る感性が自分にあるか?の問題になって来ると思います。

このキャストを揃えるのはもう不可能です。 それを思うと後は クランク・アップした時の彼らの言葉を思い出して、彼らがどんな人物として存在したのか?をしっかり観る事にします。 この位の気持ちで観れば、結構 ウットリな場面もあると思うので、この際開き直る事にしました。 NHKの功績は残らなくても、視聴者には名作として残るのです  後々まで語り倒してやりますわ 


明日は、今日あったハズの 写真集発表会の模様がチェック出来そうですね♪

 http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20071127-288479.html

「自画自賛」 結構じゃないのよ (エッヘン!)

23:18 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/26 (Mon) チベットは風林火山の香り

こんばんわ♪ 「決戦前夜」 を再度観る時間が無いので、今夜は他の話。 

今さっき、付き合いでチベット研究家??の講演会みたいなのに行って来ました。 ポタラ宮が観れたらいいな~ と思って。 そしたら、チベットって風林火山してたんですよ!  

モンゴルは昔の日本みたいだって事で映画の撮影にもよく使われますが、チベットの郷愁と言うのは、もっと大昔、誰も観た事が無い日本はこんなんだったんじゃないか?と想像させる何かがあるの 山間に突然現れる正にターコイズ・ブルーの湖の畔に広がる山と大地と雲の境目が判らない世界は、(これを川中島に見立てたらどんなに美しい映像が撮れるだろう? ) なーんて思う程、壮大で純度の高い「エレメンツ」そのものでした。

あの景色を観てたら、「政虎の肩にたなびく薄布が、川中島では何に観えるのか?」 が楽しみな私としては、ひたすら生き物を超えた自然要素(エレメンツ)に近いものに観えるんじゃないか と思ってしまいました。 
「エレメンツ」とは「要素」の意味ですが、一般的に 炎 ・風・ 水・ 大地 ・ 空 を指します。 「風林火山」自体がエレメンツだし、OPの題字にも出て来ますよね。 政虎は「空」の文字の部分に名前が出て来ますが、あれが天駆ける龍を意味するのなら、あのたなびく白は天へと続くものであり、 「勘助を由布姫に還す者」 の意味もあるのかなあ? と主催者の意図など何処吹く風でウットリしてましたとさ。

あー風邪薬飲んだら眠い!一人ウットリ意味のないまま明日の準備をしまーす。

昨日の記事いっぱ拍手ありがとうございました m(__)m 演出になんて負けないわよね~~!(もうイタイのは通り越そぉ) 又いっぱい褒めるわっ 

23:30 |風 林 火 山 | trackback(1) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/25 (Sun) 「風林火山・47」景虎から政虎へ見事な脱皮

最初にアイタタタ  の極みである事をお断りしておきますm(__)m 

取り敢えず今日の内に叫んでいいですかぁ? 最初の10分良かった~~~  (ここはハ~トを飛ばすんではなく泣きが入ります) 小田原城に何か恨みでもあるんじゃないか?と思えるタナ~カ・フィルターをかけても尚! あぁ良かった!「良くやった!」とかじゃなくてもぉ感動しちまいました。 巧くなったねー(泣) 多分来週からあのOPを聴くだけで泣ける様になるかと思われます。 (どーよイタイでしょ!)

遥ちゃんの気丈な声の張りと、眼にいっぱいの涙で 「夫はあなた様を裏切ったのではなく見限ったのでございます!」 いつもより顔色も悪く、やつれた政虎さまは、表情の作りが細かくなって来ましたよ。 家臣達が去った後、立ち去り際に「此度は儂の負けじゃ」 のトコ!あの表情がよかった~~(しみじみ近所のオバチャン状態再来) あの時代に自分の立場をものともせず、己の非を肯定出来る器こそが名将たるものなんでしょうね。
 
桃と甥っ子とのシーンも安心して観てられました。 んでもって 「我死すとも、我が心がこの地を守って~(だっけ?)」 越後の民になりたかったんですけど (笑って下さっても良くってよ) んがしかし! 「それが守護としての覚悟にござりまする」 ここっ! ここはそこで切っちゃダメっ! 秒単位の妙なのよそこが! タナ~カ君にはワビサビとかリズム感とかって観念は無いのかね??? あそこは口惜しや~~

この「間」が肝心なシーンを…まぁ巧く撮れてたと思い込んで、出陣時の口上を聴くと、最初の戦の時とは全然違って、時の流れと景虎から政虎へ成長したその人間の中身まで観えるかのようでした。  「我こそが毘沙門天!」 と今回言っても、何故この人はそこまで人を超えなくてはならないのか?その下に政虎の命を賭けた覚悟があると解ると、「コイツ未だ言ってるよ」ではなく、この人が上杉謙信になるんだと…説得力がありました。 景虎と謙信の間には微妙に未だ埋っていない隙間があったけど、今回はそれがすんなり地続きの一人の人間像となりました。 あぁお素敵。 (いいわよ!何とでも言って頂戴!) これが…これが東山氏だったら号泣したのにな~~あぁ口惜しや~! その分ラスト3回で号泣してやるわぁ。

今回は川中島の前のエエ話合戦でしたが、 真田様と長野氏の話もジーンとするトコだったのに、武田コントに挟まれた上にあの、とんでもない蛍のシーンで、佐々木氏の静かな熱演が気の毒だったなー。 繋ぎ方が変だから、折角の涙が不自然になってたよ。 今回全員のメイクが濃いと思われた方ありません??あれがタナ~カ・マジックですのよ
北条も親子で舞って綺麗にさようなら。 結局あの眉間の傷は消えなかったのね。 氏康さん、前回なんか切羽詰った感と言うか、全体的に緊張感の出し方が違うようで、ああゆう場面より、竜若丸のエエ話とか、今回みたいなゆったりした流れの方が合ってる気がしました。

このエエ話合戦に信玄が混じれないは何故でしょう? (何かエエ話あったっけ? ああ鬼美濃さんの話があった!)。 リツと香坂の話は置いといて、内野氏の声は貫禄から老いに変化し、あの方ほんと~に実力派なんだけど、肝心な部分でコミカルに走らされて、個人的にはちょっと残念。 本人の意思じゃないだけに…。 あれが好きな方も多いんでしょうね。 それはシュミの問題だから仕方ないっか。 伝兵衛に碁石金三すくいするのにかける時間の長さが今回の大河。 あれ目当てで観てる人って多いのかな? ちょっと重い話だから随所に入れてるんだろうけど、話の流れが切れる切れる。 

でもでも来週の予告のあのライティングの感じってば東山氏のお力の予感??  どんだけ同じ人物撮ってあんだけ違うんでしょ? 「風林火山紀行」 観ただけで泣きそうなんですけど…柏崎も行ってみたい…。 高知県知事選は一生忘れないよ全く。
何か色々思ったけど、最初の10分で頭がスパークしたので一晩寝てからにします。 って充分わめいたな。 あ~~ん後3回で終わるのが勿体無いよ~~よ~(エコー)

22:21 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(8) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/25 (Sun) テンプレ変更と話題の東山氏

チョコレート色ってば見飽きたので、テンプレ変えてみました。
暗い。 景虎ちゃんが古い (多分伝兵衛の妄想のトコだと思います) 最終回に向けて華々しくしようと思ったんだけど、どーもイラスト描くのに時間が掛かり過ぎました 
ま、ちょっと気分も新たに (政虎になったし、勘助もなんだか納得出来て来たし) の心意気だけ買ってやって下さいませ。
先週思わぬ収穫があったから今日も楽しみだな 


さて、Mくんから貰った情報によると、「時代劇マガジン」が立ち読むに値するとの事で、裏方事情大好きな私は購入してしましました。 ( Mくんいつもありがと  ) ネタバレない様に慎重に演出家対談を探しましたところ、なんと!そのメンバーが清水の御大、タナ~カ君、そして東山氏ではありませんか!「風林火山」の悲喜交々を知るに相応しいお三方!(奇跡なのか嫌味なのか分かりません)

まずお写真を観たたけで、誰がどの方か判るのが笑えます。Tシャツ一枚のデップリおじさんが清水氏。 襟がダレ~っと伸びたポロシャツの中になんだかヘンテコリンなTシャツ着て、サラリーマンズボン(パンツではない)履いてみえるのが田中氏。そして東山氏ってば皮パンですよ!皮パン!! ちょっと観が完全にアパレルか美容関係の方に見えます。 ここでもぉ全てが理解出来ました。

やっぱり彼ら演出陣も、あの脚本には苦労されたようです。 田中氏は乗り遅れて参戦。評判がいい「決戦!海の口」が初演出だそうです。 東山氏はなんと!時代劇の演出は初めてだそうですが、一話から助監督としてずっと付いてみえたそうで、ドラマの事情はよく把握されていたようです。初演出は、原作がやっと出て来た「勘助仕官」。 オリジナルと原作が繋がる回 (かなり辻褄が合わない「変身モノ」の脚本だった感じ。清水氏が一部書き直しをお願いされたようです) の担当で、苦労されたとか。 でも観てる側は「やっとここまで来たーー!」感があったのを覚えています。 そう言えばGackt氏も観てて、この回でやっと安心したとの発言がありましたよね。(「風林火山」になったから)

その東山氏のお話を読んでると、彼は越後側の美味しいお話をして下さってます。 緒形氏が 「越後潜入」の台本を読んで監督に、どうして自分は景虎を気に入ったのか? と質問されたそうです。 東山氏は、台本だけではその理由が分かりにくいのはよーく理解出来るし、又説明もしにくかったそうですが、この問題は緒形氏が景虎の着ぐるみに入っている人物を大変気に入られた事によって、「利では動かない宇佐美も又同じ様に景虎を気に入った」と解釈していらっしゃるようです。 東山氏! 裏話ありがとうございますm(__)m 東山氏万歳コールが又起こる訳です。一部で。

面白い話がいっぱい出て来ましたが (営業妨害と転用になるので、後は終わってから購入されるのをお勧めします) ラスト3回の編集には、東山氏も加わってみえるので楽しみですよね~♪ 兎に角折角のシーンは彼に任せておくれ!清水の御大! て事は前回と今日の分を田中氏が演出してみえるのは 「吉」 と出るのかも~~ ←明るい  だってその間に御大と東山氏は編集してるんだもん! わ~~やっぱり川中島よぉ~
けどアタクシ一つ変な文字を読んだみたいな気がしたんだけど…気のせいにしよう。

02:29 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/23 (Fri) 関東事情の補足と 「アンビバレンスな英雄」

残りも4回だけになった愛すべき「風林火山」。 自分でもなんでこんな事書いてるのか謎です。 こうなったらラスト4回をおもいっきり楽しむ為に、ちょっと補足を書いておきたいと思います。 てか自分が分からなかった事なので、調べてみました。

前回唐突な場面展開ばかりか、裏付けも殆どされて居なかったので、台詞の重みや意味が全く活きていませんでした。 北条氏康とは「竜若丸事件」に代表される「儀」の人なのか? 景虎がその人を「外道の極み」と言うのは驕りのせいか? 全てを「あの時の景虎は驕ってたから。それはそれで良く表現出来てたよ。」で解決するのは単純過ぎると思いました。(この際そこで解決しようと思ったのは自分なんだけど)

宇佐美に至っては、資料も少ない事から裏付けすら出来ないので、今回は北条氏と景虎~政虎に関して少し。(違ってるトコあったら教えてね)

当時足利幕府は、関東は都から遠いので、出張先として「鎌倉府」を置いていました。 もちろんここには足利一族が配置されて「関東公方」という役職を持っていたのです。 「関東管領」と言うのは、この「関東公方」の補佐として置かれた役職。要するに、幕府直々の命を受けた、大義名分のあるお仕事だったのです。 上杉家は代々この職を継承して、足利幕府の出張先と力を合わせて関東を統治して来たんですね。 あの道楽憲政さんもお役人&都文化まみれな感じが良く出てました。

ところが戦国の乱世は、世の秩序なんて「関係ねー!」とばかりに「関東公方」の存在は有って無いも同然の存在となり、相方の「関東管領」もこの間放映された様に北条氏康に叩きのめされて、越後に逃げ延びる始末となったのです。 これ、誰がおかしいかは明白ですよね?

上杉憲政の親玉は足利晴氏だったんだけど、晴氏は亡くなります(以下「父」」)。 その後継者は嫡男の藤氏(以下「兄」)。彼には弟の晴氏(以下「弟」がおりました。 普通「兄」がそのままその座を継ぎますが、「弟」はその座を巡って敵対します。 北条氏康は「弟」が外孫に当たった事から、彼を公然と祭り上げて、関東統治をぶん獲りに出たんですね。 北条氏が「大儀」と呼ぶものは 「勝手に祭り上げて、ステイタスを利用する」 と言う頭脳的な「大儀」のようです。
氏康も「大儀の人」で、竜若丸のエピで、ええ人イメージが定着してたので、ちょっとガッカリしましたが、景虎の「大儀」と相容れないのは当たり前だと分かったんでOKとしましょう。

北条が後ろに付いた「弟」と敵対していた「兄」。 前回景虎が関東に攻め入った時、北条氏康は、房総半島に居ましたよね。知らせを受けて焦って帰って来ましたが、あれ実は上総の里美氏が「兄」に付いていたんで、「ウザイヤツ成敗」に行ってたんですと。
上杉憲政が、景虎ちゃんとこに逃げて行って遊んでたので?、関東では氏康はウハウハ状態だったんですね。

氏康にしてみれば、「今は「弟」が関東の統治を任された「関東公方」だからいいじゃん!何かご不満?」 と大儀を翳すわけですよね。 これも彼の策で、言い分でしょう。 でも、「父」亡き後、正式にその座を継ぐのは「兄」が当然。 それを助けるのが現職の「関東管領・上杉憲政」であるのが普通ですが、それを力で追い出した北条氏は果たして「大儀」はあっても「正義」なのか?

そこで、前回の「驕った景虎」が吐いた台詞 「北条など外道の極み!」 が彼の本音であり、17回も関東に攻めて来たのは「正義」の為なのでしょう。 朝廷と足利幕府を重んじ、その命令を受けてしか動かない景虎はアホみたいでしたが、戦国の世と言う特殊な無法の時代に、見せかけの「大儀」を利用して私利私欲を貪るなど、正に「外道の極み」だと思った、その思考回路が良く分かります。
 
景虎が関東に赴くなり、多勢の関東勢が景虎に味方して、その数10万と言われたのも、氏康のやり方に不満を抱いていた関東衆がそれだけ多かったと思われます。 氏康が「所詮烏合の衆」とバカにして篭城を決め込んだのも、関東情勢を一番理解していて、自分に向けられる反感がどの程度のもので、纏まりのないものかも良く知っていたのだと思います。

ドラマでは描かれていませんが、景虎は道中、氏康が大儀とする「弟」を古川御所から追い出し、代わりにちゃんと「兄」を入れる事をやり遂げています。 これが一番やらなければならない事なんですよね。 それから自らも上杉政虎として関東管領職を継承し、正式に「兄」と共に関東統一を目指すワケです。 ここがカットされているので、どうして北条成敗が出来てないのに関東管領だけ継承すんの??と思われた方も多いと思います。

上杉憲政の 「(北条成敗の理由など)まあどちらでもよいわ」 は彼の関東での戦いの長さ、越後での待ち遠しい時間の長さに「大儀」にも「正義」にもうんざりした感が篭っていました。

その北条氏康の 「信玄と信長は表裏常なく、頼むに足りぬ人物だ。 謙信だけは請け合ったら骨になっても義理を通す人物だ。それ故、肌着を分けて若い大将の守り袋にさせたい」(wikipediaより)との発言があるそうです。 氏康も又、戦国の世における自分の義務を全うしただけで、政虎ほど極端な事は妻も子もお家もある身では中々出来ない事だったと思われます。

謙信が独身を通したのは、宗教心もあったでしょうが、身軽であり、彼の信念を貫く為に血族を犠牲にするのではなく、自分の中の何かを犠牲にする事を選んだのではないかとも思いました。 それこそが宗教心から来る当然の謙虚さであり、現代人の欠点でもある、あれもこれもしたい、どうせ生ませたなら全てやってみたい。皆が持っているモノは自分も手に入れたいとする貪欲な精神への警告でもあるような気がしました。

そして同じような道を選んだ勘助は、政虎とは真逆な感性から身軽さを選び、人に心酔し人の為に自分を犠牲にした人だと思います。 勘助の裏切り行為に思える様な行動こそ、彼の 「自分の信頼を捨てても誰かに尽くす」 事だったのかもしれません。 だからこそ、雪斎の前で堂々と己は誰の為に尽くすのかを宣言したようにも思えます。 あれは軍師の言う事ではなく、一種の自殺行為ですが、あれを言わせてこそ人間山本勘助が成立するんじゃないか?とこの頃思うようになりました。


この二人のストイックな人物の美しさは、片方は極端に人間臭く、片方は神憑りな存在としてその対極の美も堪能出来ますが、どこか愚かで哀しい、正に 「アンビバレンスな英雄」 として最後の決戦を飾ってくれる事でしょう。 時間的な理由や、視聴者層の幅の広さ、等などの理由によって(そうゆう事にしておこう)製作側が矛盾を起こしても、その存在を確固たるものに確立したが為に、 「そんな勘助おかしいよ!」 「景虎急に誰になったの?」 と視聴者に言わしめる事自体が素晴らしい成果だと思います。 彼らは視聴者に短期間でその人格までをも心から納得させて、その行動パターンや思考回路までをも想像させる存在になったんだから。

美術さんと衣装さんの丹精篭めた仕事が映えるだろう川中島。 彼ら彼女ら若いスタッフが普段許されないチャレンジを、「異端のヒーロー達」によってその才能を披露する事が許された今回の「風林火山」。 見どころの一つは、ラスト3回の裏方さんの稀有なお仕事振りでも充分楽しめると思います。

勘助の彼の歴史を語る重みを表現した衣装。 全身黒尽くめで派手ではありませんが、その細部に至る仕上げの見事な事! 布地の選び方、同じ黒でも濃淡の配置の妙。 勘助の最後を飾るに相応しい意味のあるものだと思います。 黒の重厚感は、罪を背負い、影を持ち、這い上がって来た彼しか着れない一色。 そこに勘助ならではの情に厚い人間臭さを、その濃淡で表現した出で立ちの徹底振りは馬具にまで及びます。

政虎だから許される斬新な南蛮甲冑、戦闘モードの髪の変化。 頭巾の代わりの名目で、右肩だけに白くはためく薄布。 それが何に見えるか? 締めくくりの勘助を導く裏方さんのセッティングは完璧です。

                   + + + + + + + 

今回、イマひとつ納得出来なかった部分を、史実を調べる事で理解出来たのは、内野氏ファンであられるYさんのコメントがきっかけでした。 ホントにどうもありがとうございましたm(__)m

19:31 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(7) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/22 (Thu) 「ステラ」~次回の観どころ

昨日は飲み会だったので、「ステラ」 がバッグの中にあるのに読めなかった~ これ結構苦痛でしたわ。

んでもって読んでみたら、全てネタバレと考えた方がいいと思われるので、 「続きを読む」 から先はネタバレOKな方&この際ネタバレてないと、いきなり観ても解んないよ な方だけお願いします。

えっと、それから政虎さまの中身(既に着ぐるみ)の方が自ら後推奨の、韓国でのフェスティバルの模様がTV放映されたものをペッタンコしておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=gllTOba1304

↑ここまでドラマーだけ頻繁にカットインさせる映像って観た事ないわ。 これ誰ですか?  ところでお屋方様は何ヶ国語話せるようになったんでしょうか? 

北陸、東北地方はもう雪いっぱい降ってますね。 現地は慣れとは言え、大変なんだろうな~。 明日は晴れるそうだから良かったね(頑張れ天気予報!) 
「景虎ちゃんが雪に閉じ込められてる」 のが好きです (なんか変態チックな響き) 普通、戦国武将が 「雪に閉じ込められて動けない」 なんてアホみたいだけど、あれが似合うのは珍しいキャラだと思われ。 お天気までは変えられないのを彼は疑問に思わなかったのか? 
最近直江が凄く好きです。 ちょっと前流行った 「鈍感力」 によって生きているようなあの大雑把さが好き  細かい事に気が付かない方が人生幸せです。 お陰で浪は可愛そうだったけど、裏を返せば、彼女程幸せな人間も居ないでしょう。 あそこまで心酔出来る人物に普通出逢えないから。 勘助が由布姫に出逢った事で人生が狂ったのと同じでしょう。

19:12 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/20 (Tue) 景虎~政虎 視点だけの「関東出兵」

なんだかな~。来週も「クレヨンしんちゃん」で脳内変換して準備しとけば、案外よかったりして~ とかなんとか思いながら、「関東出兵」をもう一度観てみました。

前後の繋がりを全く無視してこれ一話だけを観ると、演出は置いといて、案外面白く観られる事が解りました 
そして景虎さまはやっぱり頑張ってたよ  (ええ、この際 笑ってやって下さい  ) アイタタタ~な視点なので予め宜しくです。

再度観てみると、景虎さま今回全般に渡って今までより声のトーンを低く設定して、前へ響く 精錬潔白なイメージを消し去り、喉の奥に飲み込む様な…お腹に押し戻して体内に共鳴を起こして出すかのような声使いをしてらっしゃいます。 景虎の驕りをまずこの声の変化で表現しているかと想像出来ますが、この撮りがかなりバラバラなのに一定のトーンで話してるのには驚きました。 勘助や信玄の様に、急に威厳のある腹声に変えるのではなく、目立った変化ではない、あくまで自然な流れで発声が変わっています。 (静かな キターー!) 
声が何処に向かって響くか計算して、単に「低い」とか「腹式」とかでは無い辺りは、ミュージシャンであり、ヴォーカリストだな~と思って、リピートして聴いちゃいました。 禍禍しささえ感じちゃいます。

21:50 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/19 (Mon) ソウル 動画

こんばんみ 

夕べの悪夢を忘れる為に、 「風林火山」 ファンの為の景虎講座???

17日に行われた、韓国はソウルでの 「2007 Mnet KM MUSIC FESTIVAL」
動画が観られるので、ペッタンコしときます。 ファンの方はもう観たよね~

早くも 「風林火山」 の役者さん達は、別々のドラマで全く違った役を演じてらっしゃいますが、 景虎さまも本業にお戻り。 そして 「アジアを統一するのじゃ!」 のほんの序章ざんす。

こちらからどぞ

ついでだからこれも貼っとこう。 琵琶を当て振り無しで弾けるのは当たり前な映像

22:57 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/18 (Sun) 「風林火山・46」 伝兵衛 出兵

でよかったんじゃない? 今回のタイトル 
予め 「クレヨンしんちゃん」 で脳内変換して想像しといてよかったけど、 たな~かクンはレンズを通す事を前提としたセット及び衣装、メイク、演技、手を加えてない風景まで、もお森羅万象を玩具に変身させる特殊な才能があるね。 この際誰よりも浮いてる信玄のルックスだけが、あの演出にピッタリだと思ったのは私だけでしょうか?

そのたな~かクンの偉業は予め準備してたんで、置いといて、 あの脚本の壊れ具合ってばどうでしょ? 問題だよもお。問題作だよ!! 多分今回で 「どーした景虎?てか誰?」 な方が多いと思いますわ。 勘助崩壊後、越後に頼みの綱を…な視聴者はどんなもんでしょ? え?オマエは懲りてないのかって 懲りてないよ~ 

何を描きたいのか??全く理解不能な回でした。 勘助、信玄、景虎、氏康、主要メンバーの誰一人として 「なる程ね」 と思って観られる人が存在しなかったってのは問題でしょ?
詳しくは明日書くとして、(日曜は色々忙しいのさ) 香坂にあれだけ今後の武田側の未来予想図を語らせて伏線張りまくるのに対して、 越後側の唐突振りは、「軍師と軍神」 の更に上を行く 「急にどうなったの?」 状態。 歴史に詳しい人とか、予習組とかでもこの展開はなんじゃこりゃ? な創りじゃないっすか? 普通にTVを楽しく観てる人は 「何回か見逃したっけ?」状態だと思われ…。

贔屓目だと言われても本望ざんす! 脚本と演出に負けてなかった景虎さまは褒めてあげたいもんだ。 浮いてるガランガランな小田原城で、一人お酒なんぞ飲んでる景虎さまの奢り高ぶり具合はお素敵でしたよ。 杯から落ちるお酒の零し加減も、不敵と言うより本当に満足そうな田舎から出て来たオコチャマな顔も、この人物を語るに当たってとっても説得力がありました。  (それどーよ!と突っ込まない様にお願いします)

中越地震の募金テロップが哀しく流れましたとさ。 あの!景虎(あえて景虎)と同一化した彼の心意気を観てあげてくれる人は居るんだろうか?? あのテロップの意味を一番理解していないのが流してる側だよ。 募金はお済みでしょうか? 遠い過去に存在した「義」の人からのメッセージです。

23:02 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(9) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/17 (Sat) 「N/S Eyes On」 と 「ステラ」

来週の水曜も又「ステラ」のお世話になりましょう。

来週の 「ステラ」の表紙は Gackt氏です (影虎じゃないの  つまんなーい! )
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/index.html

インタも掲載されるそうです。 「それは恋なのか 上杉政虎と伊勢」 ←どっちでもいいからチャンとした話にして! あの脚本家氏の好みだと、「こいつにも一つ恋話でも」 ってな扱いにされたら困るぞ! 成田氏との逸話に絡めるんならシッカリ書いてくれ!(期待薄~~)  でも、こうやってインタが残ると、本人はどうゆうつもりで演じて(成り切って)たかが明らかになって嬉しいよね  唯一の救いになるかも? 高野山再びか??
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/toku_1.html



さて、昨日は松山くんのお陰でと~っても盛り上がったんだけど、今日は色々メイルが来たりetc…他人様のご意見ってーのが聞けたのね。 それで再度確認したんだけど、私ってばやっぱツボがずれてる様で…。
昨日の「N/S Eyes On」発売で盛り上がったのは、緒形氏のインタが掲載される事で、撮影時の話や役柄をどうゆう気持ちで演じたか?とか、二人でどの位相談しながら場面設定ごとの役作りをしたか?なんかを知れるかも?! な期待がある事。 Gackt氏の「漢の美学」についてのインタが、今までオンナを売り物にしている女性ばかりを撮って来たカメラマンにとって、いかに彼が斬新な被写体だったか? んでもってそうゆう人の美学とはどんなんか? そりゃあ興味があっただろうな。 と思って楽しみなワケ。 野村氏がカメラマンとしても「神」かどうかは、ハッキリ言ってあれだけじゃ分かりません。

表紙の写真はどーでもよかったの。 「龍の化身」の表紙写真は格別な作品だと思うので、「神」として神棚に上げる予定 (本棚のスペシャル・スペース行き)。  けど、「N/S Eyes On」の表紙写真が「キレイだよねー!」「見直したよあの美しさ」とかメイルを貰った時に、初めて自分のズレを再確認しましたのさ。 「キレイ???うっそー!全然本人が出てないじゃん!」 とか返信するのは鬼でしょうか?  当然 「キレイだよ!オカシイんじゃない?眼ぇ腐ったんとちゃう?」 とか返って来たけどね(笑)  

あの場所設定や色彩や気だるい危なさの演出は、Gackt氏ファンが敬愛する塚越健治氏のセンスより好きですむしろ。 でも、あの場面にあの衣装でいいのか? とか、その顔自体見飽きたとか、人形じゃないんだから魂映そうよ!とか、あれが美しいとは思わないんだよね。 どれを観ても同じ、まるで判で押したがごとくの隙の無い写真はつまらないと思ってしまいます。 隙も無いけど魅力も無いのよ。個人的には。 だから中身の写真はあんまり期待しないでおこうと思います。 

でも野村氏は新たな世界の開拓者になってくれるかもしれないから要チェック!って事にしておこっと。 写真じゃないけどいつも楽しみで、結果も満足なのはやっぱり広瀬 充 氏だな  彼はもうず~~っとGackt氏を追いかけているライターで、自分の仕事も投げ捨てて、彼の内側を覗かせてくれる唯一の人物だと思います。 毎ツアーごとに発売される「ツアー・ドキュメント本」こそ「神棚」行きのシロモノなのです。

一人はよく知らないけど、Gackt=景虎=シャア なのかも?? と思いたち、赤い彗星とやらの名言を調べてみたら、
「俗人は、自分はついついこう言う人を知っていると言いたくなってしまう嫌な癖があるのさ。」
「人の心の中に踏み入るにはそれ相応の資格がいる。」
「見える・・・私にも敵が見えるぞ 」 等などいっぱい出て来たけど、それモンだわ~(笑)

16:55 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(5) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/16 (Fri) 宇佐美 景虎を語るだってー!

  臨時ニュースをお伝えします  

やだーー!松山くん ありがとーー

今、ちょっと動揺して手が震えておりまして、巧くキーが打てません。

こんばんわ♪ Mステおハイド様の話ではなく、たな~か君のお素敵演出を想像するとうな垂れていた我々に (この際道連れじゃ) 大天使松山くんより朗報です 


■ http://nseyesserver.aa0.netvolante.jp/new/photo/sp1.html
こんな雑誌が出るんだってーーー  (幽体離脱)

宇佐美が景虎を語るんだってーー (宇宙の彼方へ)

■んでもって野村氏 (「龍の化身」のカメラマンさんね) のその雑誌と「龍の化身」についての雑感が…もーさ、この人で完結するわ。「風林火山・景虎」
こちらのサイトの 「BBS」 を読んで下さいませ。
「写真集発売」 2007.11.15/Thu from 野村誠一  氏ご自身のコメ部分です。

http://nseyesserver.aa0.netvolante.jp/new/pv0/index.html

やっぱり駆け抜けた 「瞬間」 なのね (泣く) 時代の一瞬を切り取ったのね(号泣)
女の子を撮ってる人が「漢(おとこ)の美学」についてインタビューするってのも興味深い話ね。

■お宝を 確実に購入したい方は (それ私!) 通販予約開始されてました♪ (回し者じゃないけど確実でしょ。ア○ゾン)
http://www.amagle.com/browse/4584203423/


■それから、この間「龍の化身」の帯が読み取れなかったアナタ! これなら読めるよ♪
http://nseyesserver.aa0.netvolante.jp/new/photo/sp2.html

松山くん! キミの事は永遠に大天使か愛人か? う~ん 「必殺お助け人」と呼ぶよ 
皆様 ご一緒に美味しい情報は分け合いましょ~~
松山くん! ありがとう いただきます!←(給食か!)


あーー予約したらホッとして脱力かと思ったら…楽しみで… 緒形氏はなんておっしゃってるんでしょうね?! 「実はエゴプラ臭くて、あの猛暑の中大変でした」とかは黙っててね 
でも不思議なもので、女性のカラダを撮る第一人者に、ああもツボな写真が撮れるとは! 今回のムックシリーズをOKしたのは、本人もあの写真を気に入ってるからなんだろな。 終いにゃ緒形宇佐美までインタ受けてらして…「龍の化身」が相当な予約数叩き出してるみたいだから、それもあるだろうけど、本編のドラマで出し切れていない部分もあるんだろな?と思ったりして。 だってとことん満足の行く作品なら、絶対それだけで完結させたいって思うのがアーティストよね~!

これで「小田原城」がうっそみたいなド素人映像でも、ご本人の6月からの成長の確認と、景虎からの脱皮の瞬間が観られればいいや。 そんな!国営のサラリーマン氏の影響なんて受けないから と今日は思っておこう。

21:35 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/14 (Wed) 宇佐美のあの台詞

今川家ファンの皆様! この間の桶狭間、いっぱい読んで下さってありがとうございました m(__)m
( 余程あの義元様の最後にムカついた方が多かったのね  ) と結果は哀しかったけど、同士がいっぱい♪ とちょっと気が治まりました。 今後も観続ける為のご協力ありがとうございまする 


さて、桶狭間では義元様と寿桂尼様、そしてケッタクソ悪い坊主になってしまった元勘助の事だけしか書かなかったので、ちょっと補足しておきたいなと。(勘助ゴメンよ!キミのせいじゃないのに) 

いよいよもってとんでもない 「武田オンリー良ければいいのさ展開」 になって来た、クライマックスでぶっ壊れか  「風林火山」ですが、 さっきお友達から 「決戦前夜」も た~なか君だと  が来ました 
早速イモムシ寺に知らせに行ったら、流石にもう知ってみえた。 コメント書こうとしたらメンテナンス中なので、自己解決しよっと。


この間の宇佐美と平蔵のシーンが気になったんですよね。 「寅王丸はしくじった」 「山椒魚は悲しんだ」 なんだかいきなり「山椒魚」思い出しちゃった。 平蔵はカッパに見えるし、 「寅王丸様の仇は~」とかワケの分かんない事言ってるし。 ここでも宇佐美は見事に 「武田偉い!」 脚本によって潰されかけてます。 あれだけ 「裏があるぞ」 と説明している様な設定で、勘助も 「そんなの解ってるぞ」って言ってたのに、何故か 「じゅけいにぃ~」になり、あっさり 「ホントは越後は武田には敵わないんだよ~。今川なんて口先だけで始末したぜ」 な設定に塗り替えられてる気がするのは被害妄想では無いと思います。 (その原因はこの間書いたけど。)

そこでです。 宇佐美が 「そちには向かぬ!」 と軍師になりたいなどと軽々しい事を言ってはならないときつく平蔵を咎めておいて、 「それでもと言うなら … 儂に仕えよ。」 この台詞に、飄々とした感さえあった宇佐美のただならぬ情を感じませんでした? 

決っして平蔵の全てを否定して見捨てた訳では無いと言っている訳ですが、 今回サラリと宇佐美を演じてみえた緒形氏にしては、あの!間を取った台詞、何かを篭めて大事に出て来るあの台詞に、 宇佐美と言う人物を演じる緒形氏のプライドを感じました。 

まだ終わってないので、この辺にしますが、酷~  演出は無視出来ても脚本は無視出来ないよ~ ←インド人もビックリ! (NHK仕様の古さっ!)

23:41 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/13 (Tue) 勘助と景虎の成長の違い

今、( そう言えばオフィシャル!) と思って「風林火山」公式サイトを覗いて来たら、義元様と寿桂尼様の、「そうでしょう!そうでしょう!そうよね~~~ 素晴らしかったです!」 と心で叫ぶ (偉いぞ自分!心で叫べたよ。 近所迷惑じゃなかったよ。) インタを読んで、 その下調べや自己解釈を完成させてからの役作りに感服していたら、 一番下に勘助からの挑戦状が届いておりました。 

やっぱ根に持ってたのね、勘助…。 なり切ってる内野氏が言ってらっしゃるんだから、そうなんでしょう。 んでもって許せなかったのは寿桂尼様で、越後のえの字も出て来ない。 これは意外じゃ~。やっぱ「じゅけいにぃ~~!」 が本心だったんだ。 だとするとガッカリさ。 これで勘助にお別れ出来ます。 ありがとう勘助! アナタのお陰で景虎さまは成長出来たよ。 前半も面白く拝見したよ! 越後編も高野山もありがとう! でもちょっとだけ期待せずに最後の川中島を待ってるよ。 だって主人公だもん。

23:22 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/12 (Mon) Hey3 ってやっぱり…

やっぱあんなモンだよな。 アレンジしても。 元歌があれだもん。 好みじゃないのでパス。

どーでもいいけど今日の bass と drums は誰だったんでしょう? Jukenが居ないよ~!
どっかのヘルプに行ってるの? 去年の白金箱の中身はJukenが美味しかったけど、今年は何なんだろ? 景虎モノに走って欲しいけど、普段着だったって話しを聞いたし(笑)←不確か。 
取り敢えず有り得ないでせう。

1年振りの登場は、まあお疲れ様って事でシュミに走ってもいいさ。 来週から放送は佳境だもん。(であってくれ!)

あ!そう言えば、撮影中のMステとかは、MCの声が出てたよね。 撮影モードだったんだろな。 今日は又元の 「究極の引き芸」 by 松っちゃん   に近くなってましたね。

でも意外に 「私の景虎さまを何処に隠したのーー!?」 とは思わなかったな。 別人だったからさ。
そして又シラケたファンに帰って行くのか……。 そうそう楽しい事なんて無いのね。


    +++ 拍手パチパチありがとうございます m(__)m +++

  ふふっ!昨日は皆様もお怒りだったのねーー!そぉよね~~!


    ★★ hyde channel 今日から配信されてます ★★
   
     http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00456/v03096/

    どんだけ可愛い生き物よアナタ! 

21:36 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/11 (Sun) 「風林火山・45」 策士策に溺れるは…

脚本家氏~!アナタよ あーなーたっ!  (演出は策もない。)

あの義元様の最後が、なーんで萩乃よりちんけな扱いなの~!?  期待はしてなかったけどビックリだよ。 来週なんてきっと小田原城で私TVに物投げるかも? 実在する謙信の杯まで作ってる小道具さんと言い、衣装さんと言い、役者陣と直接コンタクトを取る裏方さん達の仕事っぷりは素晴らしい心意気を感じます。役者さん達と同じくらい感じます。 その集大成を 「総合芸術」 に纏め上げるハズのヤツーー!
視聴率なんて取れるワケないじゃん! なんだ?あの小田原城の映像は?来週が恐ろしいよぉーー!
結局電波景虎で終わったらどーすんのよぉ! と、先に来週の予告から怒りを込めてみた。


「雪斎遠慮は要らぬ、さあ、飲め!」 これは義元様らしくていいけど、パ~ンで終り。 あれって腰抜かしておわり? あのー、例えば小山田さんがどうやって殺られたかは、具体的な描写が無かった方がよかった。 でも今回桶狭間よぉ! 視聴者が何を期待してるかもっと解りましょうよNHK! 結局、所詮輿に乗って戦に出る人って事なんでしょうか?  今川家の立場を考えれば優雅さは必要だけど、最後は武将にしましょうよぉ! 信長が出て来るドラマじゃないから(シルエットで舞ったが)、あくまで勘助の策略に負けたって言いたいワケ? 指一つ動かさずに義元様を始末したワケ? 勘助、いや道鬼は?

私も寿桂尼様だったら城の表鬼門に埋まるわよ! 悔しかったんだろうなー。 あんな昔の人の取った一つの行動から、今の世でも彼女の無念が理解出来る。 伝わってますよ寿桂尼様全国に伝わってます!  「元信!こたびのはたらき、生涯忘れぬぞ」 アタシもだよ。 寿桂尼様~~(泣) と思わせる藤村さんは凄いっ!

23:13 |風 林 火 山 | trackback(1) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/10 (Sat) 熊さんからGackt氏へ嬉しいコメントが!

越後ファンの皆様こんばんわ

松山くんと、匿名希望のRさんから投稿を頂き、「これは是非に皆様と共に喜び合いたい」 といきなり行動力が出る私。 みんな本当に力いっぱい真剣に観て楽しんでみえるのね~と感慨深かったです。 どうもありがとうございます

速攻サイト管理人様にご連絡したところ、快くリンクの承諾を頂きました。 土下様どうもありがとうございます m(__)m
ご紹介するサイト様は、「日本どころか世界に一個しかない(笑)大橋吾郎のサイトにようこそおいでくださいました。」 と歓迎して下さった、愛すべき越後の重臣のお一人、大熊朝秀を演じていらっしゃる、大河ドラマの常連! 大橋吾郎さん のファン・サイト様です。 あの抑えた渋い演技と隠し切れない個性に興味を持ち 「軍師と軍神」 にて皆様の同情を買いまくった大熊ですよ! 今は武田に行ってしまわれて涙ですが、 今度は愛するが故に真正面から戦いましょう!の大熊  越後三大御膳、虎御膳、うさ御膳、熊御膳の一角を担う大役だったのに(何故にランチ・メニューが又出て来る?) なんでーー と思っていたところ、何処にも露出していない情報が しかもなんとも在りがたいお言葉です。 心して飛んで来ましょうね。 読んで来て頂ければ引用不可なのが解ると思います。

皆様の大熊に対する思い入れや、大橋氏に対する想いをコメントして来て下さると嬉しいです。景虎さまもお喜びでしょう。  もっと喜んで下さるのは管理人様と大橋氏ご本人でしょう  大河を個人を繋ぐ大切な絆になるかもしれません。 blogからサイトにも飛んで隅から隅まで拝見させて頂いて下さい。 全く違う俳優さんの世界に出会えます。 それにしても 「風林火山」 越後に縋る事になった理由がよく分ります。 皆さんいい関係を築いての越後の結束だったんですね


飛ぶに当たっての注意事項ですが、勝手に記事を引用しないようお願いします。 (んな人居ないけど一応)
では 世界に一つだけの園 大橋吾郎氏 ファンサイト様 へGO~

ここでも度々登場する大熊ですが、この投稿を頂いてから、書きかけだった宇佐美と大熊の関係と心情の謎が書けました。 愛しい越後の同胞、そして上杉家の誇りを捨てない大熊が、あのギラギラ黒坊主な晴信に何を吹き込まれたのか? どーしても知りたくなってしまいます。 (景虎がいけないんだけどね)

尚、大橋氏は声優さんとしても活躍しておられます。所属事務所の公式サイトをリンクしておきますが、そこにUPされている大橋氏を観たらビックリ!ですよ! あの化粧は大熊仕様であって、ご本人はと~~っても男前 声サンプルの声は大熊とは又違った魅力です。是非こちらも飛んでみて下さい。
   メディアフォース  様です。

では今宵はめくるめく優しい熊さんの世界にどっぷり浸かって来て下さい。

最後にもう一度、リンクのご協力を下さった「大橋吾郎ファン同盟支部」の土下佐ヱ門 様 と、投稿下さった松山くん&Rさん どうもありがとうございました。

19:56 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(2) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/09 (Fri) 解けない謎

前回の「信玄暗殺」の感想に未だ宇佐美の謎があるけど分らない。と書きましたが、 その謎は皆様の中にも(あれってどう取るべきか?)と思ってみえる方がいらっしゃるんじゃないでしょうか? (そんな暇無い?)

「信玄誕生」
にて、高野山から連れ戻された景虎と重臣の会議(?)中、宇佐美が彼らしくない感情を露にしての退場。 直江もその「らしくなさ」に宇佐美殿いつになく…と言いながらも、今の越後は結束を増しているとフォロー。 その後の景虎の微妙な表情。 この一連の台詞や表情が何を意図しているのかイマイチ分らなかったのです。 過去形で書くと、今謎が解けたかのようですが、 今も未だ決定的に「これだ!」と思える解釈は出来ていません。 (な~んだ)

只、一つ言えているのは、この頃の脚本のタリラリラ~振りに、又、あらすじとは言えども「信玄暗殺」を「宇佐美の策略は失敗した。」の一言で済ませてしまう製作者側の真意など、どーでもいいわ  と思う今日この頃。 「風林火山」をここまで根性入れて観れたのは、役者さん達のプロの技と心意気だと思います。 それを思うと、視聴者が思い入れたっぷりに勝手に解釈しても誰も怒りはしないでしょう。 このシーンに限らず、勝手に自分が面白いと思える解釈でいいんじゃないだろか?と。 散々勝手な解釈ばっかり書いてて今更言うのもなんですけどね 

さて、その宇佐美が初めて怒りを露にした理由。 これにはいくつか解釈の方法があると思います。 一つは単に武田の汚いやり口に腹が立った。 もう一つは景虎が思い悩んでいたとは言え、一国の主が出奔するなどと言う事は本来あってはならないと釘をさしたかった。 そして最後の一つは宇佐美自身、未だ若い景虎の心中を読み切れないまま、出奔騒動を事前に食い止められなかった&その間に大熊が謀反を起こした自分への怒り。 この辺りが宇佐美を「怒り」という形に駆り立てたと思われます。 大抵の方がこの辺りで解釈されているんじゃないでしょうか?(私にはこれ以上思いつかない)

11:58 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(5) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/08 (Thu) 投稿頂きました!やっぱり景虎は…

+++ 緊急企画 昨日のコメント欄見逃さないでね +++

スクープ  を頂きました コメント欄 に書き込んでくれてるけど、 それじゃ勿体無い と思って急遽ここに揚げておきます (貴重なコメありがとう!) まずは コメント覧 で貴重なコメを確認。 そして自分の目で確認してうっとりしましょ~ 

「龍の化身」の帯に書かれたコメントを読みとってくれましたわ。 早速探しました。 「拡大する」 をポチっとしてみると読めますよ! 皆が思ってた事だろうけど、実際に本人の口から言われると感慨深いな~~~(しみじみ) 今後が益々楽しみです。

こちらから
 行ってらっさい♪ 
○○様ホントにありがとう (涙)  皆様で分かち合いましょうこの「き・も・ち」 

■ ここって越後で盛り上がる為なら、誰のblogなんてどーーーでもいいので投稿歓迎! 
   「これ書いて!」とコメしといて下さいませ m(__)m そうそう! みんなで「良くやった!」
   と手を取り合って泣きましょうね~最後。(そうなってよNHK!) 


+++ 追記 +++

来週の「ステラ」今イモムシさん宅にお邪魔してリンクから飛んでみたら、松井氏のインタになってて???と一瞬ビックリしたんだけど、11月21日発売がG氏のインタ掲載です。私のように間違えないようにって…私だけか。 来週は北条特集のようです…て事は本編は……。

22:39 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(10) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/07 (Wed) ガンダム好きはいいけど…

今川ファンのみなさ~ん  日曜日には 「うぉのれかんすけぇえええ~~!」 と顔が歪むまで目を見開き、そのまま10秒間。 ドライアイの自己検診にしてしまいましょう。 その後きっと泣けるでしょうから目は潤いますことよ。 と投げやりなわたくし。 今日は今川家最後の「ステラ」を購入。 藤村さんのインタだけ読み始めたけど、これって読まない方がいいかも?と急遽お片付けしました。 やっぱり役者さんの役への想い入れって凄いな~と思った処で止めておきました。 後は藤村さんがどう桶狭間を演じて下さるか観てから読む事にします。 それに引き換え……。 ひょっとしたら大森氏の意思自体も曲げられてるんじゃないか? とさえ思えて来ました。
でもいいも~ん!越後が最後まで、あの越後たるところを魅せてくれればもう満足とします


それはいいのね、そうゆう開き直りをしたから。 今度はアルバムよ! 私ガンダムって全く知らないんですよね。 それで、カヴァーと言われてもなぁと調べたのがいけなかった 

以下 収録予定曲 発表してあるので未だ確認してない方覗いてみて下さい。 ガンダム・マニアじゃなきゃ何のこっちゃ分らないでしょ?

21:26 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(5) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/06 (Tue) ガンダムだってさ

こんばんわ なんだか一昨日、昨日に渡って書いた 「信玄暗殺」の感想ですが……勘助がこの場に及んで…と哀しくなって、この際ネタバレもあったもんじゃねー と公式サイトへ行って「あらすじ」を覗いてみました。 一行読んで帰って来ちゃったもんね。

『宇佐美(緒形拳)の信玄暗殺の謀略は失敗し平蔵(佐藤隆太)は越後へ逃げた。』 だって。
えーー 宇佐美の謀略は失敗したんかい?! 信玄は確かに無事だったが、それが目的じゃあなかろう? そうサラっと書かれちゃうと、しかも製作側に書かれちゃうと…。 あ、でも実はこれこれしかじかって書くと先々が読めちゃうからわざとこうやって書いてあるのか。 暗殺は失敗したもんね確かに。 それだけの話だ。
うん。 (勝手に納得)

そんな事はどーでもいい! 今日のNEWSは 「Gackt ニューアルバム発売決定!」 12月19日 New Album「0079-0088」(ダブルオーセブンティーナイン・ダブルオーエイティーエイト)

関連記事は こちら からどうぞ
もう一個あった! こちらも 

ガンダムかー。 まあ時間なかったからなぁ。 HEY3が初披露になるから必見ですわ! でも心配はやっぱり 「私の景虎さまを何処へ隠したのーーー!?」 と思う可能性大…。 HEY3出演は、11/12(月)20:00~20:54 フジテレビです。   あの忙しい中何時レコーディングしてたんだろ? それは凄い事だな。
この時期、新たなファンの方もいらっしゃるだろうに、ガンダムはどんなもんだい?? 曲が良ければいいけどねー。 楽しみにしておきましょ 

さて、この間ワケが解らないだろうと思いつつも書いてた「越後に舞い降りた縁」ですが (基本的にタイトルって深く考えて無いので特に意味ありません。スミマセン  ) に幾つかリクエストを頂きました。 どうもありがとうございますm(__)m  あくまで個人的な意見なので、一つのきっかけにして頂ければありがたいです。
そんなの興味ね~!な方はスルーしてください~!

22:03 |今現在某残念な人 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/04 (Sun) 「風林火山・44」 宇佐美 対 寿桂尼



個人的な注目は今川家と宇佐美だけだったんです。 そしてその宇佐美の行動には前回から謎があったんだけど、その謎は今ひとつ…又観てからにします。

今回の策略は、誰のものでもない、宇佐美と寿桂尼の物言わぬ共謀であり、その裏で実は宇佐美対寿桂尼の頭脳対決が行われていたように見えました。(そんな人居るかな?)そして、宇佐美に裏まで読まれた寿桂尼は、勘助のおっとろしい恨みを一身に背負う事になるのです。

宇佐美は平蔵を捨て駒に使ったわけではなく、最初から成功を見越したワケでもなく、その策略を今川に押し付ける為に、わざわざ平蔵にまるで台詞を教えるがごとく段取りを教え、彼のヘタレ部分も見抜いていたのでしょう。 最後に逃げて来る時に、寿桂尼の差し金だと言う事も命じていたんじゃないでしょうか? 山本勘助の様になりたいと願い出た平蔵の取るだろう行動と、それに勘助はどう反応するか、宇佐美は予め読んでいたんじゃないかと思うのです。 宇佐美という男、勘助(道安)の事はよくよく知っている人物です。

一見大失敗に見えるこの計画、実は大成功だったように思います。 寅王丸がどうなろうが宇佐美の知った事ではなし、自分が影で糸を引き、平蔵と寅王丸、そして実は寿桂尼を使って、武田の敵対心を今川に向けさせた。 雪斎が居たら使えない業だったでしょう。 ここが今川家の決定的なダメージだったと思います。

23:52 |風 林 火 山 | trackback(5) | comment(6) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/04 (Sun) 越後に舞い降りた不思議な縁



いきなりですが、タイトルに期待しないでね。( なら別のにしろって話ですが、名前出したくないんで ) これは「風林火山」ファンの為の裏トピックのつもりなんだけど、解りずらいと思うのであしからず。 マニアだと自負する方のみ読んで下さいませ。

何時頃だったか、その業界に詳しい友達と話してた時に、「Gacktってさ、最近茶々とよく居るってよ。」と彼女。 そうゆう類の話に興味の無い私は「ふーん茶々も大変だね。」と答えただけでした。 茶々と言うのはGackt氏のバンドのメインギタリストで共同プロデューサーでアレンジャーでもある、彼より年上のその筋では有名なミュージシャンなのです。 華奢でお美しい方ですが、この2人、お互いを認める余り、音楽に関しては絶対譲らず、意見が食い違う度に大喧嘩する事で有名です。 どうして他の人とは喧嘩にならないかと言うと、Gackt氏の音創りとは想像を絶する世界で、一般のミュージシャンやプロデューサーでは何を要求されているのか理解不能なんだそうです。
 
この人達は、曲を作る場合「絵」や「映像」が見えるんだそうな。Gackt氏が「ここはこうしたいんだ」と言う時、それはツーカーじゃなきゃ理解出来ないんだそうですが、それをやると「絵」が変わるんだそうで。 それで茶々氏は「ああ、ここに橋を架けたいんだ。でもここに赤い橋はどうかと思う。」なんて一般人にはワケの解らない会話で作業が進んで行くんだそうです。 通訳としか喧嘩にならないんですね、早い話。

その普段なら気にも止めない話を聞いた時に「ふーん」と言いながら、(初めての現場で余程大変なんだろなー。自分の気が紛れる相手じゃダメなんだ。戦いだなきっと。)と思ったものです。 そして最近TV雑誌に掲載されたインタビューに吸い寄せられました。 「僕はダイジョウブですか?」 は どなたの言葉? 今だかつてそんな言葉がこの人の口から出ようとは思ってもみませんでした。 「迷った時には必ず緒形氏のところへ行って、こう訊くと、真っ直ぐな目で「ダイジョウブ」とにっこり笑って下さる」 そうな。 「この笑顔を見たいが為に頑張れる。」 あの、アナタどなた?? と思う発言をさせる緒形氏も、昔は出来ない共演者には、例え子役であろうと容赦ない事で有名でしたよね。 そんな2人がそんな会話?
この間大騒ぎした「ステラ」に川中島ロケの時の小さな写真が掲載されてましたが、あのGacktが「ガクちゃん」になっちゃってまぁ、緒形氏の肩に寄りかかる様にフニャンと笑ってるんですよね。 絶対有り得ない写真です。ミュージシャンとしては(笑) たか○由梨もド○小西も、見たら「商品のイメージダウン」と訴えるかも?(笑)

 

00:25 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(4) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/03 (Sat) 今川ファンのみさな~ん!



こんにちは  毎週土曜ってどんな気持ちですか?「明日はどうなるかな~」って一番盛り上がる日なんですよ私。 ←今やシラケたGacktファンから熱烈な大河ファンに成り上がったあたくし(せせら笑い)

今日は朝一で見つけた情報をペッタンコしてからお出かけ。 後から又他のエントリー書きに来ます。

今川家ファンの皆様!買いよ! 11月7日発売「ステラ」
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/f_kazan45.html

寿桂尼さまが今川家と共演者たちをお語り下さるそうです。 「わが雪斎と義元くん」  ここで萌えるのは何萌えって呼ぶんでしょ? 今川萌えだけじゃつまんないな。 藤村さんが語られる、現存する唯一の長期形ドラマの良さは必読でしょう。 流石ベテラン大女優!な読み応え充分なインタが掲載されそうですよ

「特に第44回と第45回は『今川の巻』みたいになっているでしょう?」だって~ 「そこに越後が絡んできて」 だって~ 明日と来週じゃん!

「ガタさんは、もう幼なじみみたいなもの」 越後は「ガタさん」 とか 「ガクちゃん」とかやっぱり 「我」 と 「画」 が肝心なのね! 妖しいくせに、なんか可愛いあの親子みたいな変な二人

そして今川祭りの後は、怒涛の如く続きますよダメ押し豪華映像&エピが
「ステラ・先物情報/ Gackt インタビュー」
http://www.nhk-sc.or.jp/stera/

やはり政虎時代の 「関東管領の就任式での成田長泰との逸話」 はエピソードとして取上げられてるんですね! あれってドラマに入ってたらヤダなーと思ってたんだけど、本人の意図を考えると、あの逸話は景虎の狂気を表現出来るチャンスだし、謙信に成長する上で一番大切なエピソードになると思うの。 雪斉の「慈愛攻撃」に撃沈した感のある勘助が、「おまえガキだな」と心の中で言える唯一の相手?景虎はここで大人にならなきゃ!

13:14 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(1) | 【PAGE TOP】↑


2007/11/01 (Thu) 今日で3ケ月

ある事情でblogを書き始めてから今日で3ケ月になります。 普通こうゆう事は「1周年です!」 とか 「5年経ちました」 とかって時しか書かないんだろうけど、私の場合、もう任務完了で止めてるハズだったんです。

ネタが無いので 「風林火山」にハマっていた事をなんの気なしに書き始めたところ、今日までどうにか続いております。 これも、通って下さる方、コメント、メール、拍手等など下さる方のお陰です。 よもやまさかURLを知らせたお友達以外の方が来て下さるとは思ってませんでした。

美容ブログとか、ファン情報ブログとかにすれば、世間様のお役にも立ったでしょうが、生憎その手の情報は少なく、単にTV観て思った事をお友達向けに勝手に書き始めたところ、8月は3人しか知らなかったURL。 今見たら9月10月でカウンターが 8,136件にもなりました!皆様どこからいらしたんでしょ?って位ビックリです (*゚Д゚*)  全くもってありがたい!どうもありがとうございますm(__)m  

それだけ「風林火山」が面白いって方が多いって事ですよね! Gackt氏も好評って事でいいんでしょうか と又勝手に喜んでしまいます。 取り敢えずは 「風林火山」 が終わるまでは続けますわ (あ!今「どんだけ根気が無いねん!」と声が…)  長くblogやサイトを続けてみえる方々をほんと~に尊敬する今日この頃。 文章書くのもだけど、ネタ発掘って難しいのね。(今頃気が付く)

そして今日、又新たに刺激的なコメを頂きました。 「アンビバレンス」と言う懐かしさを感じる言葉   昨今は、殺伐とした世を反映して、犯罪心理用語として使われる時しか聞かないような気がします。 元々英語の「ambivalence」で、何て言うんだろう?説明が難しいんですが、 「一人の人間の中に存在する、対極に在る2つの側面をもつ感情」ってとこでしょうか? 「個の中の極端に矛盾した感情」ですよね。 もっと分り易く言うと、勘助が景虎に対して、景虎が勘助に対して抱いている感情の事です。(でたー!やっぱりそこかって?)←そうそう。 いつも同じものに惹かれるのです
素晴らしいテーマを貰ったので、これは又書く事にします。  

さて、毎年恒例の「PLATINUM BOX Ⅷ」の予約が始まりましたが、毎年「騙されてる感」が拭えない…。 去年はとうとうお友達に観せて貰っちゃったけど、今年は「大変良く出来ました」なので買おっと。 丁度USBメモリ欲しかったから、オマケが「ライター型ハードケース付きオリジナルUSBメモリ(512MB)」ってのは実用的。 毎年こ~ゆう実用的なのがいいな。

シラっと感が漂うプラチナム・ボックス情報の次は 「龍の化身」の表紙写真が余りにもツボだったので、カメラマンの野村誠一氏について知りたくなるのは当然よね!

以下例によってWikipediaより抜粋

野村 誠一(のむら せいいち、1951年 - )は、群馬県出身の写真家である。 恋写と名付けた女性グラビアのシリーズで知られる。 また、多数の女性アイドル等の写真集を撮影している。
1982年、講談社と協力し、少年漫画誌の企画としてアイドルグラビアの読者投票コンテスト『ミスマガジン』を創設。専任カメラマンとして活躍するほか、『恋写』のシリーズタイトルを付けた多くの雑誌グラビアや写真集撮影において、ポートレート撮影の第一人者としての地位を確立。  1988年 1988年度講談社出版文化賞受賞。
[編集] 著書
女の子の撮り方(1987年 講談社)
野村誠一オフィシャルサイト
http://www.so-net.ne.jp/bitway/nseyes/
Diaryに 8/10 千曲川にいます。
      9/ 2 いま風林火山の撮影 がありました。

女の子の撮り方って…オフィシャルサイトに行くとグラビアアイドルの水着写真の山  この人があれ撮ったってど~よ

21:59 |日常の雑記 | trackback(0) | comment(0) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。