2007・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- |スポンサー広告 | 【PAGE TOP】↑


2007/10/29 (Mon) 「風林火山・43」坊主が軍師に上手に坊主の悲を見せた

「高野山」でコケても、気を取り直しましてよ! と言いたいところですが、テンションは非常に低いです 

「信玄誕生」は、本来なら名を取る男と実を取る女の話を絡めながら、第三次川中島、大義名分を掲げた策略、越後に降って湧いたこれ又新たな権力、晴信他武田家臣の出家、ついにキレた宇佐美の計画、等などを描いたエピソードだったんだろうけど…盛り沢山過ぎるのにも慣れたとは言え…。 でもそれはいーの。もおいいの!問題なのは、な~んか山を下りた勘助が、又元の「お屋形様LOVEモード」に突入。 しかも二人の本心はズレまくってると思われる。 涙を流して 「お屋形さまぁ~~~!」な勘助。 アナタがおバカなのが素敵に見えるのは、どーも由布姫あってのものだったのね。 彼女って重要な役どころだったんだわ。 と再度認識。

晴信が由布姫を忍んで、どんなに自分も辛かったかを涙ながらに訴えても、ぜーんぜん伝わらない。 勘助が懐からボロ布?を出して涙をぬぐい、あぁお屋形様はなんと立派なんだろうと感動モードに突入するや、その嘘臭さは増長する。 「信濃守護になるを望むは由布のためでもある。これで由布が愛した諏訪の地を、誰はばかることなく堂々と治めて行ける。守ってやれるのじゃ!」 嘘つきめ。 「それは詭弁ではありませぬか!」はここにも入れましょう。
多分晴信は由布姫がもう居ないから感傷に浸れるのであって、基本手に入らないものが欲しい人。 居たら居たで、扱いに困ってただろうと安易に想像出来るのが、「嘘つきめ」になるのよ。 勘助の想いは別だから伝わらない。 晴信は自分も出奔したかったけど、責任があるから不可能だったんだよー。と立派な君主っ振りを強調します。 領土と民の為に自らを律するんだって。 対越後対策の策略を嬉しそうに話してた時と全然話が違うじゃないのさ。 女もウザかろうが、この男達もウザい! リツの「お侍の出家など、ただのうわべを飾るもの」「殺生もお止めなされ」 に百万票! 個人的にはリツが存在したのはこの台詞の為かと。

スポンサーサイト

20:20 |風 林 火 山 | trackback(0) | comment(10) | 【PAGE TOP】↑


| TOP |

Twitter=■Rue■からリンク

■ Rue ■ Reload

Profile

年季が入ったRock fanの悪意の無い 「言いたい放題blog」
ファンは何にトキメキ何に感動し、そしてどんな時冷めるのか?
日々感じた音楽観、どーでもいい出来事etc~浮き沈み激しく週刊程度更新中。

「Rue」

Author:「Rue」


★★ご注意★★

このブログに掲載されている人物イラストは写真加工ではありません。

「Rue」又はご懇意にして頂いているイラスト作家様の許可なくお持ち帰りされる事はご遠慮下さい。


Recent Entries

Categories

Comments

Favorite

Archives

Mail 

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。